2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【星の涙】ここはパイロット養成所77【人の想い】

1 :通常の名無しさんの3倍:04/03/25 01:40 ID:???
管制室
(本スレでストーリーが展開して新規参入しにくい場合や意見がある方は是非ココにおいでください。雑談も可)
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1080058999&st=555&nofirst=true
アクシズ鯖落ち時は
ttp://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/comic/288/1068325908/l100
詳細情報集積所
ttp://jbbs.shitaraba.com/comic/288/

画像保管庫(仮)
ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Name/2598/

■用語辞典■
ttp://cgi2.synapse.ne.jp/~threedays/words/ziten.cgi

新規参入したい方は管制室においでませ。

2 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/25 01:41 ID:???
>1
ありがとう、お疲れ様だ。

3 :お調子者の女中尉:04/03/25 01:49 ID:???
>1
お疲れ様……ねっ♪

4 :赤いマフラーの女性:04/03/25 01:52 ID:???
>1
実行タイミングはベストでしたね♪

>前スレ続き

そう、ですね……殲滅戦だけではありません。
追撃・防衛・遊撃・その他……
私は何でも、こなせますわ。

5 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 01:55 ID:???
>1
御疲れ様。

>4
……そう。(顎に手をやり、しばし思考中の模様)

6 :茶髪:04/03/25 01:59 ID:???
>4
………。
(黙って見てる様子。)

7 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/03/25 02:02 ID:???
>4
ほうほう・・・・何でもできるんですね?
そう言う人が居ると便利ですよね。
(ニコニコ)

8 :赤いマフラーの女性:04/03/25 02:03 ID:???
>5-7
そういう事、です。
御解り頂けました?
(にこにこしながら茶髪のほっぺをぷにぷにしている)

9 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/03/25 02:05 ID:???
>8
そう言う人はうちの会社に居ないですからね・・・・・
来てもらえるのなら来て欲しいですね。

10 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 02:06 ID:???
>8
……何でも出来るのは、分かった。

(ふと湧き上がるインスピレーション)…………じゃあ、何が出来ないの?

11 :グレイお兄さん ◆DkiyhL22xI :04/03/25 02:09 ID:???
>前998
(自分の腕と胸の中、そう漏らした少女をひたすら優しく、
 そして穏やかに抱き締め続ける。)

「そうか………良かったよヘルト、俺も嬉しい………」

(言葉は不要と言うべき、既に言うべき事はお互い言い尽くした。
 他に誰も居ない部屋で、甘える少女と甘えられる男。
 男…グレイは思った、自分は正直…不似合いな事を
 しているのでは無いだろうか?
 汚れたこの手で、この少女を抱く事が出来るのか?
 しかしその考えもすぐに消える、事実…目の前には
 自分に身を委ねる少女の姿がある。
 
 不吉な考えは止そう。
 今はただ、この少女に答える為に。






 そう、時間は確かに止まった、この時、この場所、この二人の。)

12 :茶髪:04/03/25 02:10 ID:???
>8
………ぅ…。
(恨めしそうな視線を赤マフラーに送るとせールスマン方面に視線を移し、警戒。)

13 :赤いマフラーの女性:04/03/25 02:12 ID:???
>9
でも、安くは買い叩かないで欲しいですわ。

>10
んー……敢えて言うならば、私は操艦指揮は大した事ありませんし…
砲台撃てって言われたり、ザクを動かせって言われても困ります。
経済の計算は出来ませんしそのセンスも無し。

結局、軍略だけです。

>12
きゃーかーいー。
(抱っこ)

14 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 02:14 ID:???
>13
……別に、政治家になれなんて言うつもりも無いけど……

…………(何かが、彼女の心の片隅に引っかかる)…………貴方は、誰?

15 :茶髪:04/03/25 02:17 ID:???
>13
……ぅ〜…。
(流石に恥かしかったのか顔真っ赤にしてる。)

…養成所に唯一欠けてる人材?
(遊ばれつつもある意味鋭い所をついてたり。)


16 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/03/25 02:17 ID:???
>12
そんな目で見ないでくださいよ。
助けたいのは山々なんですけどね・・・・・そちらの女性の機嫌を損ねて買ってもらえないなんて事にはなりたくないですからね。

>13
世の中には高くても買う価値があるものが有りますからね・・・・
それを買う時はお金を惜しむ気はないですよ。

17 :赤いマフラーの女性:04/03/25 02:19 ID:???
>14
誰であるかなんて、意味が有るかしら?
私はシシュカ=ワールシュタット、今はシシュカよ。
そう、今はね♪

>15
年上のお姉さんは御嫌ぁ?
わぁ、お肌もすべすべ〜
(抱いたまますりすり)

>16
うふふ、なら、どれぐらいで買ってくれるのかしら?

18 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 02:21 ID:???
>17
……え?

自分が誰かという事に意味が無いと言うの?(NTでなくても頭上の『?』が見えるよう)

19 :茶髪:04/03/25 02:22 ID:???
>17
…………ぅ…。
(まだまだ、遊ばれてますねぇ)

>16
……逆…でしょ?
(ぼそっと。)

20 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/03/25 02:24 ID:???
>17
そうですね・・・
僕なら相手の言い値で買いますね。
(頭の中で「対象:ショタコン成分を配合の模様」と記憶して)

>18
偽名が多いんじゃないんですか?
偽名を使い続けてるうちに本名が分からなくなったりして。
(ニコニコ)

>19
何か?

21 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 02:27 ID:???
>20
(そちらを向いて)ううん、偽名なんてわたしもいっぱい使っている……

…………だからこそ、『自分は何者か』は大事だと思うの……

22 :赤いマフラーの女性:04/03/25 02:28 ID:???
>18
そうです。
私のこの才能以外に、一体何の存在理由が有りますか?
有るとすれば、私にとったら気を使う美容ぐらいです。
(笑いながら自分のほおをさする)

>19
いやん、照れてる照てるぅ。
うふふどーしてほしい?
(ネコ笑いしなさんな)

>20
だぁめ、私は一切値段を提示しないの。
相手が私を正当に評価できないのなら、売られてあげないわ。

23 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 02:30 ID:???
>22
…………まるで、貴方は人でなく演算機のよう…………

……それに、貴方の自己評価が間違っていないと言う保障もない……

24 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/03/25 02:34 ID:???
>21
自分が何者か・・・・・ですか。
(自分自身、偽名は多いが本名を使う事が多いのでそんなに気にしていなかったらしい)

>22
それはそれは・・・・・・・
そういう相手と商談をするのは本当に楽しいですよ。
(楽しそうにニコニコ)
貴方はとても優秀な方だ。
もし僕なら・・・・・かなり良い待遇をしますね。

25 :茶髪:04/03/25 02:34 ID:???
>20
……自分の胸に聞いてみるといいですよ。
(赤マフラーの言葉で…裏で何の話をしているか確信をもってしまった模様。)

>22
…………_| ̄|○
(結構落ち込んでます。)

26 :赤いマフラーの女性:04/03/25 02:38 ID:???
>23
演算機? 失礼ですわ、私は私。

あら、良いんですよ?
この私の自己評価、正しいと思うか思わないか、それはアナタ次第。
それも含めて買うか買わないか判断してください。

>24
具体案を示して頂かないと、ね。

>25
可愛い、この髪の毛ももっと手入れすれば…もっと綺麗なのに……
(ちょっと残念そうに髪の毛を弄る)

27 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 02:41 ID:???
>26
……一つ、言っておく。

既に、私から話を聞いて2秒で貴方を買わないと決定した人がいる。私たちより、ずっと人材を求めているはずなのに。
でも、貴方を迎えれば必ず牙をむかれると、そういう判断をしたの……

28 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/03/25 02:44 ID:???
>25
そう落ち込む事ないですよ。
美人に色々してもらってるんですから・・・・・喜んでみたらどうですか?

>26
そうですね・・・・・
まず、ガイアまで安全に護衛しますしガイアに着いた後も身の安全は保障します。
その後はGCGの特別オブザーバーか参謀をしてもらいましょうか?
それと・・・・・彼みたいな貴方好みの秘書もつけましょうか?
(茶髪を指差して・・・・ニコニコ)

29 :多忙な少年:04/03/25 02:47 ID:???
(午前中の授業が終わり、生徒達は昼食を取る為宿舎に戻るものもいる。
 そんな頃………昼食も取らずに、木陰で遠くを眺めている少年が一人。
 爽やかな風は彼の虚ろな瞳を潤してはくれなさそうだ………。
 遠い、手の届かない所へ行ってしまった誰かを見るような。そんな瞳。)

そう。僕は、一人じゃあそこにある雲でさえも触れることは出来ないんだ………

(少年は顔を歪めた。悲痛な……身体に穴が空いてしまった様な……そんな表情(かお)。)

【僕達は助け合う為に……もう何も失いたくない。
 その願いを叶える為に、僕達はお互いを守り抜く事を決めた。
 なのに……君はどこへ行ってしまった…………?
 守り抜くって……っ………決めたじゃないか………?
 そう思っていたのは、僕だけ……?
 パズルは欠けてしまった。もう、このパズルは完成しない――――
 
 ―――――――なら、俺はどう生きればいい………?俺………は……?】

………フィン……どうして………っ……。

(少年は両手の平で額を押さえ、俯く。溢れた涙が草を濡らし、光を浴びて輝く。
 だが、その光は決して人を癒さない輝きだった……。
 太陽の照る時間は、辛く、痛いほどに長かった。)

30 :茶髪:04/03/25 02:50 ID:???
>26
…………。
(少しは捕虜らしくして欲しいなぁ…。)

>28
…………。
(ジト目。)
(……過大評価しすぎてるように見えるね…。)

31 :赤いマフラーの女性:04/03/25 02:52 ID:???
>27
あははっ、なら今直ぐ帰って言ってあげて下さい。
『そんな肝の小さい人に雇われるのなんて、こちらから願い下げ』と。
人を見る目が無いわ。
其の人、コッチと、コッチが、弱いんじゃないかしら?
(頭と、心、というより胸を指差す)

>28
ふぅん……作戦上ではドレだけの戦力を扱えるのかしら?

>30
唇も潤んでて、暖かぁい
(唇をぷにぷに)

32 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/03/25 02:56 ID:???
>31
そうですね・・・ガイアの兵力は少ないですよ。
護衛艦隊は一個艦隊辺り3隻ですからね・・・・・・・今の所、4個艦隊で13隻ですね。
まあ、MSは強力ですよ。

33 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 02:57 ID:???
>31
(むっとしたよう)……彼は、あなたのような不安定な人材を望まないだけ。

そう、貴方には『確実性』が無いの。
どんなに高精度で大火力な銃でもあたらなければどうという事は無い。銃なんて撃ててあたればそれでいい……
……特に、彼は今、分の悪い賭を強いられている。これ以上不確定要素は増やせないと、そういう事だと思う。

34 :茶髪:04/03/25 03:01 ID:???
>31
……ぅぅ…。
(マジで涙目だったり。)

35 :赤いマフラーの女性:04/03/25 03:03 ID:???
>32
へぇ……それを全部、好きなように動かせる?
もしくは、動かす立場にある人間に口を挟めるの?
其れ次第、だけど……
いいわ、考えておきます(にこり)

>33
うふふ、だからバカって言ってるんです。
大火力で高精度な銃でも当たらなければ…… それは確かにそう。
けど私は銃じゃないの。銃は兵力。
私は撃つ人間。
どんな弱い小銃でも、その小銃で最大限の効果を上げられる人間よ。
不確定要素にするのは…自分に責任が有るからよ。
私には一切の責任はありませんもの♪

>34
えい♪
(キス…)

36 :茶髪:04/03/25 03:06 ID:???
>35
…!
(流石にそれは嫌なようで、ビンタしようとする奴。)

37 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 03:08 ID:???
>35
…………(腹を決めた、ようだ)

やはり、貴方は不要よ。

組織のうちに置いては兵器も人も変わりはしない、ううん、兵器は責任を取らないけど人は責任を取らないといけない。
仮にも指図を生業とするのならその生業の責任を取る覚悟が必要。
でも、貴方にはそれが無い。失敗しないとか、そういうレベルじゃない、ただの言い逃れでしかない。

38 :赤いマフラーの女性:04/03/25 03:14 ID:???
>37
あはははは、何とでも言うが良いわ。
私は、私の失敗によって死ぬ事になんら恐怖を感じない。
それが責任追及の為であっても、実際に戦死しても。
私の感じる恐怖は、私に正しい理解を示せない輩の指示によって死ぬ事よ。

私は本来指図を生業としないわ。
私は、尋ねられたらその場において最高の案を出す。
たったそれだけ。
本来は……尋ねられなかったら口一つ出さない。
尋ねられたら、答える。
その答えを使うか使わないか、決めるのは私じゃないの。

私はこの才能を最大限に発揮する限りにおいて、死ぬ事にすら未練を感じない。
使った事すらない怖いものに怯えるアナタ達とは……心の構え方が違いますわ♪

>36
……いったぁい。
(涙目で見る。本当に泣きそうな面)

39 :茶髪:04/03/25 03:16 ID:???
>38
悪戯は程ほどにしてください。
…こういうの、苦手なんですから…。
(本気で苦手そうではある。…ある程度、距離を置く。)

40 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 03:19 ID:???
>38
…………(その言葉を反芻し)……

……?

…………!?

じゃあ、貴方は未知なる物に恐怖を感じないの?

41 :赤いマフラーの女性:04/03/25 03:24 ID:???
>40
私が何だと思ってますの?
私は軍師。
この才能は常に磨き続けられなくてはいけないの。
軍略とは常に古く、常に新しい。
未知なるものが存在しない限り、我に発展ありえず♪

>39
くすん、可愛かったから……
撫で撫でして一緒に遊んでただけなのに…
(膝を抱えてベッドの上にうずくまる)

42 :籠の外の許婚:04/03/25 03:25 ID:???
>29
どうしたんやぃな?
顔暗いで……?
(苦笑して横に腰を下ろす)


43 :多忙な少年:04/03/25 03:27 ID:???
>42
え……………?

何でもありませんよ……。

(その顔はまだ涙の筋を残している。)

44 :籠の外の許婚:04/03/25 03:29 ID:???
>43
せやけど……泣いてたやん?
(影から見ていたらしい。
  バツが悪そうに多忙の方を見る)

45 :茶髪:04/03/25 03:30 ID:???
>41
……キスは度が過ぎてますよ。絶対。
せめて程々にして下さい。
(墓穴である。)

46 :多忙な少年:04/03/25 03:30 ID:???
>44
う、うん………。

何か……僕、一人になっちゃった気がするから……。

47 :アサギ:04/03/25 03:31 ID:???
(>43-44を物陰から見て…なにやら荷物を取りに行った様子。)


48 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/25 03:32 ID:???
>41
……そう…………

ともかく、上には否定的な意見を上申する事にする。
>39
頑張って。(なんとなくサムズアップ)

(そして、帰っていった)



…………つ、疲れる…………(珍しくへこたれる)

49 :籠の外の許婚:04/03/25 03:35 ID:???
>46
……そら、この前の戦闘で死んだんは大勢居るわ。
せやけど……なんつぅたら良ぇのんか……
敵になってもうた訳やぁ、あらへんやん?
アンタが生きとぉて、忘れへん限りは……その、死んだんが、その……
なんや、アンタと一緒に居た奴の、生きとった意味っちゅうの?

そういうの……残るんちゃうかな?
(体育座りの膝に顔を埋める)

50 :赤いマフラーの女性:04/03/25 03:38 ID:???
>45
良いじゃないですか、キスぐらい……
(ころんと転がったまま拗ねてる)

>48
うふふ、お好きなように、見たまんまご報告なさって下さい。

51 :多忙な少年:04/03/25 03:44 ID:???
>49
……………。

(空を見つめる。そして、振り向く。)

僕達は………ね?
ここへ来て色々と変わった。それでも、捕虜として養成所に捕まって……生徒として……
こうして過ごしてきた。
僕達5人、僕、ヒート、ホームズ、ヘルト……そして、フィン………
僕達は手を繋いで歩いてきた。
けど、当然のように繋がっていた手が離れてしまった。

こんな気持ち……初めてだ。耐えられないほど……苦しい……

52 :籠の外の許婚:04/03/25 03:48 ID:???
>51
……あ、そぅや。
私が何時も一緒にいた、格好良い御兄さん覚えてる?
(わざわざ、標準語に戻してしゃべり出す)


53 :多忙な少年:04/03/25 03:51 ID:???
>52
え……?

えっと……えっと………。
あの………青い……目をした人ですか。
あ、違ってたらごめんなさい……。

54 :アストレイ三人娘:04/03/25 03:55 ID:???
(後から>51の方によって来て)
「師弟揃って…難しいとは思うけど、戦争なんだから、早く慣れないと辛いわよぉ。」
「…感傷に浸ってたら次は自分の番…ってエリカさんも言ってたしねぇ。」
「………当日終わった後ビービー泣いてたのによく言うわね…二人とも。」
(わざわざ励ましに来た様子。)

55 :籠の外の許婚:04/03/25 03:58 ID:???
>53
そう……よ。
彼は養成所を脱走して、敵になってしまった。
けれど……
出て行くときに何て言っていたか知ってる?

私達と一緒に居た事自体が、苦痛だったんだって……

彼と私は、一緒に見えて全然一緒じゃなかった。
いっちゃn大切な場所で、全然繋がってなかった……
け、君は違うやろ?

一緒やった。
心も、死ぬまで一緒やったんと、ちゃうの?

(寂しそうに笑う、笑うに連れて、訛りが元に戻っていく)

56 :籠の外の許婚:04/03/25 04:02 ID:???
>55
あら、ども。
(小さくてを振る)

57 :多忙な少年:04/03/25 04:05 ID:???
>54
でも……!
やっぱり……辛い………ですよ……。

(徐々に潤み始める瞳。)

>55
何で……苦痛だったんでしょう……。
あの人の笑顔……作り物には決して見えなかった。

(唐突に振り向いて、声をあげる。)

と、取り戻してあげられませんか!?

ぼ、僕が………フィンに出来なかった事……
何も出来ずに、手の届かない所へ行ってしまったフィンに………

(涙が瞳に浮かぶ。)

貴方が……あの人に……っ!
か、簡単じゃない事はわかってるんです……でも、あの人は……まだ……います!

58 :アストレイ三人娘:04/03/25 04:07 ID:???
>56
「…あ、どうも〜。」
「アンタもから元気でもいいから元気出しなさいよ〜。」
「空元気じゃ駄目でしょ!」

>57
「ハイ、泣かない。」
「だからこそ、守るためにも強くならないとね。」
「自分の力なさを後悔しないようにって感じで。」
(女三人でショタ風味の少年囲むなと小一時間(略))

59 :籠の外の許婚:04/03/25 04:14 ID:???
>57
心の底から作り物やぁたんや……
ワシぁいまだに好きや。
世界で一番愛しとぉ。

せやけどや……人間が、怪物と一緒に暮らせるか?
彼が怪物なんとちゃう。
彼にとって、私等が怪物やったんや……

>58
空元気は、直ぐ剥げ落ちるしのぉ……

60 :多忙な少年:04/03/25 04:16 ID:???
>58
僕は……そこまで前向きにはなれません……
胸が……痛い……とっても……。

(そういって胸に手を置く。)
>59
そんな………っ……

僕は信じたくない!人が人をそんな風に思うなんて……!
嫌だ!絶対に嫌だ!

(大きく首を振る。)

61 :アストレイ三人娘:04/03/25 04:19 ID:???
>59
「……深刻ね…。」
「…バルトフェルドさんに相談…」
「あ、無理無理。多分意味無い。」

>60
「…だからって落ち込んだままじゃしょうがないでしょ?」
「…天国の彼女も、悲しんでるんじゃないの?」
「二人とも…たまにしかいい事いわないんだから…。」

62 :籠の外の許婚:04/03/25 04:24 ID:???
>60
……ワシぁもぉ彼を苦しめとぉない!
一緒に居ると苦痛やぁ言うとぉのやど!?

>61
うっさいわ!
あぁ、もう、あほたれっ!
ミイラ取りがミイラになってもうたやないか……
(涙が浮かぶ)

63 :多忙な少年:04/03/25 04:28 ID:???
>61
それは……そうだけど……

大きな目標……失っちゃったし……
こ、怖くて……手が……震えるんだ……。

今だって……戦いの事考えると、震えが止まらない。
し、シミュレーターでさえ……画面に電源が入るだけで、手に汗を握って……っ。

(喪失感と……恐怖。種のように植え付けられ、フィン。彼女の死によって種が開花してしまったようだ。)

>62
う………っ

うぁ……ごめんな……さ……ひ……っ

(溜まっていた涙がポタポタと頬を伝う。)

64 :アストレイ三人娘:04/03/25 04:29 ID:???
>62 >63
(かける言葉も無いようで…そそくさと逃げて行く3人。)


65 :籠の外の許婚:04/03/25 04:33 ID:???
>64
逃げるなぁ、あほっ!
いい逃げする気かぁ!(涙目)

>93
……悪かぁた。
怒鳴ってすまんの……。
私だって連れ戻す気や。

私一緒に寝とりゃせぇへん。
抱いてもらぁてもおらん……。

アンタは、せめて、解りあえとぉたやろ?

66 :多忙な少年:04/03/25 04:40 ID:???
>64
(既に気付けもしない。)

>65
は……は…ひ………っ

じ、……ん……ぐっ……

(涙が頬を伝い、言いたい事も言葉に出来ない。)

で、も……時間……くだ……さい……っ。
まだ……まだ気持ちの整理……つかなくって…っ!

う、あ……うぁぁぁぁぁぁ…あ…あっ…!

(額を両手で抑えて、声を漏らして泣き始める。)

67 :籠の外の許婚:04/03/25 12:13 ID:???
>66
悪かった、ホンマにゴメンな。
泣いとぉたから声掛けたのに……
私の方が引きずっとぉたな。
泣かんといてぇて。

(ぎゅっと肩を抱く)

ほら、暖かいやろ?
彼女もな、天国であったかぁしとぉから。

泣いてたら……彼女かわいそぉやろ?

68 :多忙な少年:04/03/25 23:12 ID:???
>67
う……う………ん……

ひぐっ……ひ……っぐ。

(泣きじゃくる少年。家族に等しい存在を失って、それが唯一の支えだった彼にとって
 彼女の死は何よりも辛い……。しかし、少年は再び前に向き直りつつあった。
 それが、新たなる悲劇を繰る返すかも知れないことも………
 だが、前を向き続けなければならない理由はちゃんとある。
 もう………二度とこんな思いはしたくない………無力では居たくないと思う一心であった。)

69 :籠の外の許婚:04/03/25 23:34 ID:???
>68
ワシぁな、アイツと一緒に彼を絶対引き摺り戻すんじゃ。
せやがアンタは、引き摺り戻すんじゃない。
引き摺られたらあかんから、引き摺られんときゃぁや?

70 :多忙な少年:04/03/25 23:43 ID:???
>69
は……はいっ………

(流れた涙を服の袖で拭う)

どうも……有り難うござ……い、ました……
こ、こんな……僕の為……に……。

71 :籠の外の許婚:04/03/25 23:48 ID:???
>70
互い様互い様。
気にせぇへんといて……
ワシかて話聞かせてもぉたんやし。

72 :多忙な少年:04/03/25 23:53 ID:???
>71
は……い……

授業……始まってしまうので……っ。
しっ……失礼………しま……す。

(泣きつかれて目を腫れさせたまま、そう言って去ってゆく。)

73 :籠の外の許婚:04/03/26 00:00 ID:???
>72
……
(その背中を見送ると、膝に顔を埋める)

74 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/27 00:43 ID:???
(その頃……炊き出しの現場で)

種馬「ほぉ?お前、茶髪のこと知ってるのか?」
……はい。
甲「しかしあいつも良くやるよな〜〜」
乙「こんな可愛い彼女ほっといてさぁ」
…………
乙「で?二人はどこまで?」
甲「ああ、あいつ他所に本命がいるって話もあったな……あんたが?」

………………(///)………………

(どっかへ走り去っていく)

残った面々『大当たり……だな?(顔を見合す)』

75 :謎の牛:04/03/27 00:52 ID:???
ブモモ…ゴホゴホ…。
(その後ろのほうで、目立たぬように風呂敷を被って炊き出しの材料を食い荒らしている)


76 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/27 00:57 ID:???
>75
(その材料を点検に来たのだが………)

………牛…………!?
(流石に引いてる、流石に。)

77 :帽子を被った整備班女生徒:04/03/27 00:59 ID:???
>75
(颯爽とその場に現われ)
最近続いてる食糧荒らし!
今日こそ年貢の納め時よっ!!

(ビシッと指差しするが・・・)
あれ?あのバカじゃなかったの・・・?

(ギコハロの仕業と思い込んでいたため、謎の牛を見て呆然)

78 :使用人風な女生徒:04/03/27 01:00 ID:???
>75
残飯の整理ですかー?

精が出ますねぇー♪

(悠長に笑って見ている。)

79 :種馬 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/27 01:01 ID:???
>75-77
……

…………お前、カレーのスパイスと牛肉、すきなのか?

80 :謎の牛:04/03/27 01:01 ID:???
>76
・・・・・・・・・・。

・・・・・・ブモ・・・。
(お邪魔しました とでもいいたげに鳴くと、
袋入りの乾燥マッシュポテトや、コンビーフ缶を持てるだけ抱えて、二足歩行で逃げ出す)



81 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/27 01:04 ID:???
>78
残飯じゃ無い、食材だ食材…
>79
…共食い………だよな…………?
>80
……あ…っておい待つんだ、そこの牛!
(とりあえず抜刀して追いかける、端から見ると…
 二足歩行で逃げる牛らしき生物と抜き身の刀を持つ危険人物だ。)

82 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/03/27 01:08 ID:???
>80
ウシィィ!!
(ショットガンを携えて登場)
最近、食い物が無くなるのは己の仕業か!!
(ガシャッ!←ポンプアクションの音)

83 :種馬 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/27 01:08 ID:???
>80
……お前、実は牛じゃね〜〜だろっ!?(銃を抜く)

84 :使用人風な女生徒:04/03/27 01:08 ID:???
>81
そうなんですかー♪困りましたねぇ♪

(ニコニコ顔のまま、頭をぽりぽりと掻いている。)

でも、牛さんって二足歩行で歩くんですかー……って。
行っちゃいましたねぇー♪

>77
よろしければ牛さんの食べ散らした物、お掃除いたしません?

(満面の笑みのまま雑巾を持ち出して、帽子の目の前に突き出す。)

85 :謎の牛:04/03/27 01:08 ID:???
>81
モー!?
(凄い剣幕で追ってきてるのがわかると、缶詰を投げて攻撃)
ブモ・・・ブモモ!
(思いついたように、風呂敷にマッシュポテトと残りの缶詰を入れ、腹に巻きつけ四足歩行に)

86 :謎の牛:04/03/27 01:10 ID:???
>82 >83
!?(ピキーン)
(殺気と、硝煙の匂いを感じとったのか、走りがジグザグに変わる)


87 :帽子を被った整備班女生徒:04/03/27 01:10 ID:???
>80
・・・はっ。
(何とか我に返るが)

牛が立った!?
(今度は驚愕によって動きが止まる)

>84
・・・え?あ、何?
これであの牛を倒すの?
(混乱しててわけの解らないことを口走る)

88 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/27 01:11 ID:???
>82
俺を撃たないで下さいよ、教官!
(流石は強化人間、かなりの速度だが息切れ一つしていない)
>85
牛にやられる訳にはいかん、止まれェェェッ!!!
(思いっきり顔面に当たるがお構いなし、更に加速して
 追いかける奴が一名)


(映像イメージ サ○エさんエンディング)

89 :種馬 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/27 01:11 ID:???
>85
ぬん!(マンストッピングパワーと言うにはオーバーだが牛相手だとどうだかいまいち不明な.44リボルバーマグナム弾が空気を切り裂き牛(?)に襲いかかる)

90 :使用人風な女生徒:04/03/27 01:14 ID:???
>87
いえ♪牛さんのお掃除じゃなくてですねー♪

(それを笑顔で言うのは少し怖い。)

あちらの食べ散らした食材の方の…でも、牛さんって二足歩行で歩きます?

(二つの考え事を同時に考えている所為か、伝えたい内容の途中に、
 聞きたい内容が割り込んで、わけのわからない会話に。)

91 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/03/27 01:16 ID:???
>86
二本足か4本足かどっちかにしろ。
(構えて・・・狙いを定めて)
ビフテキにして食ってやらぁ!!
(引き金を引く・・・・銃口から飛び出したのは散弾ではなく一粒玉のスラッグ弾だった)

>88
そんなヘマはせんよ!


92 :帽子を被った整備班女生徒:04/03/27 01:18 ID:???
>88>89
あ〜〜〜、なんか凄い事に・・・。

>90
何だ違うの?

え?食材が二足歩行?
あの牛、解体待ちだったわけ?
(更に混沌とする会話)

93 :謎の牛:04/03/27 01:18 ID:???

>88
・・・・・ブモゥッ
(舌打ちっぽく鳴くと、走りながら小さい路地がないか見ていく・・・市街地に逃げ込むつもりらしい)
>89 91
(巨体に似合わぬジャンプ力で飛び上がり初弾を避けると、ブロック壁の影へ。ここを走り抜けてやり過ごすつもりのようだ)

94 :種馬 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/27 01:20 ID:???
>93
ぬおぉぉぉっ!待て待て待てぇ!(飛毛脚で追いかけるが……)ぬおっ!?(壁を攀じ登る壁虎功に失敗、したたかに顎を打つ)

95 :使用人風な女生徒:04/03/27 01:21 ID:???
>92
牛さんを解体したら晩御飯にしかなりませんー♪

あ、今日はあの喫茶店で晩御飯にしましょうかねー♪

(いきなり晩御飯の話に。)

96 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/27 01:21 ID:???
>89
町に入ります、誤射だけはしない様に…!
>91
…なら結構、流れ弾で落ちるのは虚しい…。
>93
俺から逃げられると思うなよ……牛!
(何か妙に燃えてます、懐から拳銃。
 市街地に入る前に止めたいらしく、パシパシ撃って来てますよ)

97 :帽子を被った整備班女生徒:04/03/27 01:23 ID:???
>95
結構使い道多いわよ?
骨とかもスープの出汁取るのに良いし。

ん〜〜〜ここんとこ外食多かったからなぁ・・・。
でも部屋、今散らかってるし・・・。
素直に天馬行った方が良いかな?

98 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/03/27 01:23 ID:???
>93
な・・・・飛んだだと!?
(飛んだ牛に唖然としながらも視線は追い続けて)
それで隠れたつもりか?
(この男が持つショットガンの口径は10ゲージ・・・・・・・貫通力と威力は一般的な12ゲージよりも高い。
壁に向かって発砲・・・・・壁ごと撃ちぬくつもりだ)

99 :お調子者の女中尉:04/03/27 01:25 ID:???
>93
(偶然に居合わせるこの女。丁度、牛の正面にあたる場所。)

わぁお♪何でこんな所に牛が?

(嬉々とした顔で、牛が突進してくるにも関わらず、無防備である。)

100 :使用人風な女生徒:04/03/27 01:26 ID:???
>97
んー?なんならお掃除しましょうかー?お部屋♪
私に出来る事ってこれぐらいしかないんですぅ♪

101 :謎の牛:04/03/27 01:29 ID:???
>96
…ブモ!?
(そのうちの一発が、蹄を掠めるが止まったら命がないと思っているのか、逃げつづける)
>98
・・・・・!(キラーン)
(この牛、NTか?ってな具合に、どこから壁をぶち抜いてくるかわかるはずがない銃弾を、紙一重で避けていく)

>99
ブモォオ?!・・・・モオォ!
(いきなりあわられた中尉に驚いたようだが、近くにあった別の何かにも気が付いたらしい)
ブモ!
(中尉の手前30センチほどで急旋回、路地に不法駐車されているワッパに飛び乗るつもりだ)


102 :帽子を被った整備班女生徒:04/03/27 01:29 ID:???
>100
ん〜〜〜〜どうしよっかなぁ〜〜〜?
やってほしい気もあるけど、やっぱいいわ。
人が触ると何がどこ行ったか解らなくなりそうだし。
それ以前にわたし以外が下手に触ると危なそう・・・。

103 :お調子者の女中尉:04/03/27 01:33 ID:???
>101
とぅ!って、ぇぇぇぇぇっ!?

(ジャンプしてやり過ごそうとしたが、牛が止まって旋廻した所為で
 牛の背中に後ろ向きに跨ったままである。)

うわっ……牛も速いのねぇ!

(背中にしがみついたまま感心している。)

104 :戦闘工兵志願甲乙 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/27 01:33 ID:???
>101
『いやそれありえないっす!?』(種馬が足にしているバギーで追い付いたが……)

甲「なんかあるか?」
乙「…………スタンガンとサウナの領収書と読みかけのペーパーバックとゴキブリホ○ホイと……駄目だこりゃ」

105 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/03/27 01:34 ID:???
>101
なんと!?
(壁の向こう側に来て見ると無傷な牛がワッパに向かっていくのを目撃)
乗せてたまるかぁ!待て、ビフテキの元め!!
(食う気満々で追いかけていく)

106 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/27 01:37 ID:???
>101
(壁を貫通して来た弾が頬を掠めたが、尚追う)
……全く……止まらんと解体するぞ、牛!
(再び銃口を向けるが…)
>103
……………………



…ナゼオマエガソコニイル……………
(仕方無いので、牛の足へと撃ち続ける)

107 :謎の牛:04/03/27 01:38 ID:???
>103
・・・・・・?
・・・・・ブモモ!?
(とりあえず、背中の違和感が何か気がついたようだが・・・止まると危険なのは、目に見えているのでキニシナイらしい)
ブチブチ・・・
(うーん・・・電源ケーブルを噛み切って…どうやら、キーがないので強引にエンジンをかけたらしい)
ブモモ!
(発進)
>105
(これで引き離せるかどうか、気が気じゃないので振り返っている余裕なんてない)

108 :使用人風な女生徒:04/03/27 01:38 ID:???
>102
そうなんですかー♪
機械だったら疎いんで困ってますー♪

一応パイロットなんですけどぉ……前もシミュレーターが始まった20秒後に
木に激突してそのまま、ばぁぁぁぁん………!

って♪誰にも撃たれないまま撃墜してしまいましたー♪

(何が面白いのだろうか。)

109 :帽子を被った整備班女生徒:04/03/27 01:42 ID:???
>108
機械とか工具とか以外にも色々とね・・・。

・・・(汗)
流石にそれはやばいんじゃない?
木にぶつかってMSが撃墜って、そうそうありえないし。

モビルトレースシステム搭載型にしてみたら?

110 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/03/27 01:43 ID:???
>107
人質つきか・・・・なりゃ。
(ショットガンに麻酔弾@即効タイプを込めて立ち止まり)
ダライラマダライラマ・・・・・・・・・・
(息を整えて・・・・狙いを定めて牛を撃つ。
よしんばお調子者に当たっても死ぬ事はないだろう)

111 :お調子者の女中尉:04/03/27 01:45 ID:???
>107
器用なのねぇ……♪

(感心してる場合じゃないぞ。)

112 :使用人風な女生徒:04/03/27 01:47 ID:???
>109
何でですかねぇー……?

吸い寄せられるように木にぶつかるんですよねぇ♪
そのまま地面に激突して関節部分からぽっきりとか♪


もびるとれーすしすてむ?
……どこかで聞きましたねぇー♪あれー?

113 :謎の牛:04/03/27 01:50 ID:???
>106
(飛び乗ったワッパに何発か当たってるが、致命傷ではないもよう)
>111
ブモ・・・。
(ワッパの速度が出ないうちに、体を倒して中尉を地面に降ろすが・・・)
・・・ブ・・・・モォォ・・・。
(直後>110の麻酔弾が命中、その勢いでアクセルを思いきり踏んづけ、急加速し雑木林の方角へ)

(直後、ワッパが木に衝突したと思われる爆発音が)

114 :帽子を被った整備班女生徒:04/03/27 01:50 ID:???
>112
っていうかコンピューターの方が警告音出さない?
よっぽど高速で動いてない限りそれで何とかなりそうだけど・・・。

MFの操縦システム。
MSみたいなスティックやレバーと違って、
パイロットの動きがそのまま機体の動きにフィードバックされるシステム。
慣れないとアレだけど、慣れたら結構簡単らしいわよ。
体丈夫じゃないと難しいかもだけど。

115 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/27 01:52 ID:???
>113
……やったの…か………?
(ひたすら走ってた男→1)
(爆発のあった方向へそのまま向かう)

116 :ナレーション:04/03/27 01:54 ID:???
>115
が、そこにあったのは、こげた風呂敷やマッシュポテトの一部とワッパの残骸だけ。
牛そのものの姿は見当たらなかった。

117 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/03/27 01:56 ID:???
>113
よっしゃ・・・・・・今夜の飯はビフテキだ♪
(邪悪な笑みを浮かべつつ、爆発のあった場所へ)

118 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/27 01:56 ID:???
>116
…………チッ…本当に牛か…?

………そうだ、アイツは………
(そのまま近くに居ると思われる
 お調子者の女中尉の姿を探し始める。)
ニュミフェイ中尉、大丈夫か〜?

119 :お調子者の女中尉:04/03/27 01:57 ID:???
>113
わっ。

(バランスを崩して地面に転がり落ちる。)

あ、あぁー。う、牛さーん!

(叫ぶが、時既に遅し。走って爆発の場所へ向かう。)
>116
あ、あれれ……牛さんは?

120 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/27 01:57 ID:???
>117
(両手を上げて「やれやれ」のポーズをとってみる)
逃げましたね、アイツは化物だ(苦笑

121 :使用人風な女生徒:04/03/27 01:59 ID:???
>114
うーん。分かりません。
速いのか、速くないのかもわかりませんからー♪

あ。私が目が追いつけないって事は速いんでしょうか?やっぱり♪

身体は丈夫ですよー♪
格闘も……まぁ少々♪

(そこだけ曖昧に言う。)

122 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/03/27 02:00 ID:???
>117
何だって?
(物静かなの言葉に牛を探して)
・・・・・・・・・逃げられた(涙)
(牛の姿が見つからず、脱力)
腹の音「ぐうぅぅぅ〜〜」
急に疲れたな・・・・・・・・腹減った。
ついてねえぇついてねえぇ・・・・・・・
(とぼとぼと帰っていく)

123 :帽子を被った整備班女生徒:04/03/27 02:03 ID:???
>121
それは、色々と・・・問題ありそうね・・・。

動体視力低いとパイロットやるのきついわよ?
ま、慣れだと思うけど。

格闘技やってるなら尚の事MFむきじゃない?
MSに拘りたいってんなら別だけど。

124 :お調子者の女中尉:04/03/27 02:03 ID:???
>118
あ。教官さん……

(そちらを振り向く。少しすると……何故か膨れっ面。)

125 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/27 02:04 ID:???
>119
ん……無事だったか、良かったな。
(苦笑しながら刀を納める)
>122
俺なんか何も出来てないですよ。
…タフラック、貴方は運が悪かった…それだけですよ、教官。

………俺も帰るか。
(そのまま走って帰る奴、お前は何がしたいのかと小一時間(ry )

126 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/27 02:06 ID:???
>125
済まない、
>119へのレスは、実質>124と判断してくれ。
更に追加で
「尤も、お前が怪我するとは思えんがな…」
を文末に脳内で追加してくれ。

127 :使用人風な女生徒:04/03/27 02:06 ID:???
>123
というよりは、目移りしちゃうんですよね♪
カメラ多くっておろおろーって♪

もびるふぁいたーですか……考えてみます♪

さぁ♪ここまで来たので一緒にお片づけしましょ♪

(るんるんと箒を持って、片付けし始める。)

128 :お調子者の女中尉:04/03/27 02:08 ID:???
>126
(だが、まだ膨れっ面。その原因は……)

何で発砲したの!?牛さんに当たって、死んじゃったらどうするのよ!?

(だそうだ。)

129 :帽子を被った整備班女生徒:04/03/27 02:08 ID:???
>127
ああ、全天視界モニターが合わない性質なわけね。
たまに居るのよね。視界が広すぎて落ち着かないとかどこ見ていいのかわからないっての。

そうね。
(そう言って片付けを手伝い始めるが・・・)
そう言えば何でここに居るんだっけ?
ま、いいや。

130 :使用人風な女生徒:04/03/27 02:15 ID:???
>129
へぇ♪そうなんですかぁ♪

(自分が良い例だということにも気付かない。)

え?掃除をするために来たのでは?

(そんな訳はない。と、突っ込む人も居ない穏やかな午後であった。)

131 :お調子者の女中尉:04/03/27 02:20 ID:???
>128
(の続き。)

もう……っ!
キライ!キライ!

ばっかやろーっ!
(事情も知らず、無意味に腹を立てて帰ってゆく。)

132 :メガネをかけた生徒@フェンリル:04/03/28 00:12 ID:???
(ゆっくりと瓦礫をどかすガンダムタイプのMSが一機)
 ――やっぱり居た、俺が今どかす瓦礫の下だ
(パイロットはそう言いながらレバーを引き、小さめの瓦礫をどかす
 そこにあったのは死体、いやそうであったモノか
 頭も体も潰れ、かろうじて人型を保っている赤いナニカ)
頼む、丁重に運んでくれよ
(外の人間にそう指示すると、その場からゆっくりと離れだす
 AEMAの襲撃から約十日、彼・リーディス・S・ラザフォードが行っていたのは
 『生存者の捜索』という名の『死体探し』だった)
―――チクショウ、本当にゴメン
(悔しげにつぶやき、モニターの隅に写る『ほかの人には見えない女性』を幻視する
 その女性は悲しそうな目でこちらを見ていた)

133 :隻眼の生徒(27):04/03/28 01:59 ID:???
(なぜか炊き出しを手伝っている男が一人)
なんで俺がこんなことを……
(ブツブツ言いながらジャガイモの皮むき中)

134 :籠の外の許婚:04/03/28 02:01 ID:???
>830
(どけた瓦礫先を、対人レーダーで探索中)
……やっぱ。
生存者ぁ居らんらしゃぁな…

135 :???:04/03/28 02:04 ID:???
>134
突然、足元に金属製の杭のような物が何本も生えてくる。


136 :籠の外の許婚:04/03/28 02:08 ID:???
>135
……何、やろ。
誰か居りょんのかぁ?
(外部スピーカー)

137 :メガネをかけた生徒@フェンリル:04/03/28 02:10 ID:???
>134
このあたりには生存者はいねぇよ
生きてる人間の『声』が聞こえない、死んだやつばっかりだ
…ま、死んだやつも大体は見つけたけどな
(苦笑して空を仰ぎ見る)

>135
(頭を向けて、バルカンのトリガーに指をかける)
なんだ…?

138 :???:04/03/28 02:11 ID:???
杭が数メートル四方に四角く地面を囲うと・・・・直後爆音。
一瞬、現場は砂煙に包まれる。


139 :籠の外の許婚:04/03/28 02:15 ID:???
>137
仏が……返事しよぉたらえぇねゃけどなぁ……

>138
な、なにゃっ!?
(椀部ガトリングガンを開く)

140 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/28 02:19 ID:???
>139
わー!ま、待った撃つな!
俺だ俺!
(砂煙の中から姿をあらわす、あちこち塗装剥げたり、凹んでるGゾヌ。でてきた場所には、結構深そうな穴が)


141 :メガネをかけた生徒@フェンリル:04/03/28 02:23 ID:???
>139
まぁ、俺はマジで聞こえるんだがな
ある程度だけd…!

>138
(トリガーを発射ギリギリまで引き絞る)
この…!

>140
って教官、何やってんですか?(汗
(トリガーから指を離す)

142 :籠の外の許婚:04/03/28 02:24 ID:???
>140
……何や、きょ、教官かぁ。やめてぇやホンマにぃ。
あとちょっとで撃ってしまぁとこやったわぁ。
(銃身を格納する)

>141
……聞こえよぉ、んか?

143 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/28 02:30 ID:???
>141
この下、昔廃線になった地下鉄があるんだ。
古過ぎて公の地図からも消えてるらしいが。

(でてきた穴を良く見れば、確かにレールが敷かれてある)

元々、車両搬入口跡らしく壁も薄いんで、
穴開けといたほうが後々便利じゃないかと、作業MS用の杭型爆弾で穴開けてみたんだが・・・。

この有様なわけだ。

>142
いやー、こっちもいきなり撃たれるような場所に出るとは、思わなかったからねぇ。


144 :メガネをかけた生徒@フェンリル:04/03/28 02:35 ID:???
>142
ん、ああ
NTの力ってやつだろうな
俺は特に死人のが聞こえやすいらしいが(苦笑

>143
わざわざ今あけないでも…
それに地上の様子を確認してから穴あけてください(汗
誰か作業してたらどうするつもりだったんスか?

145 :籠の外の許婚@ガンダム/改:04/03/28 02:38 ID:???
>143
崩れても知りまへんでぇ、教官(汗)
(穴を覗き込む)

>144
ふーん……そっか。
(余り言葉を載せない方が良いと判断する)

146 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/28 02:43 ID:???
>144
音響センサーで、何かないか一応確認はしたつもりなんだが…。
センサーそのものが壊れてたのかな。

>145
造り見た感じはまだ大丈夫そうだったぞ。
実際、どこから入って来たか知らないけど数人の子供やホームレス保護して、最寄の脱出口から外に出したし。
(何時の間にそんなことしてたとか、あんまりつっこまないように)

147 :メガネをかけた生徒@フェンリル:04/03/28 02:46 ID:???
>146
確実に壊れてますって、俺ら作業してましたし(汗

>145
そういうこった
…まぁ、昔取った杵柄みたいなもんだろ、うれしくないけど
(穴を覗き込む)
……下の方、俺らのMSでも降りられますかね?

148 :籠の外の許婚@ガンダム/改:04/03/28 02:49 ID:???
>146
ホンマに大丈夫やろぉか……
(何となく、ずっと下を見てる)

>147
降りられ……そうには見ぇけどなぁ。

149 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/28 02:51 ID:???
>147
Gゾヌでも、センサーの一部取っ払って、やっとだし・・・
(よく見れば、確かに特徴的な円柱形のアンテナがなく、バックパックも一回り小型なモノだ)
・・・10Mオーバーは確実に引っかかる。
  ~~~~~~~~~~~~~~
>148
「ミシミシ…ガランッ」
(いかにも、錆びた鉄柱が重量に負けて折れました・・・という音が)


150 :メガネをかけた生徒@フェンリル:04/03/28 02:54 ID:???
>148>149
やっぱり無理か…降りるしかないな
(コクピットを空けて、下を直接見る)
……拙いかな、流石に(汗
ていうかコレ今回の戦闘じゃない分もいるな…

151 :籠の外の許婚@ガンダム/改:04/03/28 03:00 ID:???
>149
げぇ……やっぱ、無理かなぁ。
コレ絶対危ないてぇ。

>150
落ちぁせぇへん?
(こっちもハッチだけは開く)

152 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/28 03:04 ID:???
>150
中は、所々ぬかるんでたり生身じゃキツイな、きっと。
>151
Aパーツ外せば、ガンダムならギリギリいけると思うけど・・・止めとくか?
(すごく不恰好になるのを承知の上での発言かは定かではない)

153 :メガネをかけた生徒@フェンリル:04/03/28 03:06 ID:???
>151
落ちる落ちないより、持ってかれるかもな
意識とか魂とか
(目を細めながら、下を覗き込む)

>152
作業用のプチモビ持ってくるしかないか…
ああ! 気になってきた!

154 :籠の外の許婚@ガンダム/改:04/03/28 03:09 ID:???
>152
あかへんのですぅ、これコアブロック機能外してもぉたんで……
(データを操作してデータを送る)

>153
生身で……降りる?
パイロットスーツ着とりゃぁ、平気そうやけぇど。

155 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/28 03:13 ID:???
>153
確かに、禍禍しいモノ感じるって、誘ったNT部門の連中、みんな逃げてったしなぁ・・・。
(今更になって言うか・・・)
>154
なるほど・・・。

そろそろGゾヌも足回りの整備必要だし、装備変えてくるためにも一旦引き上げるか。
もちろん、地上通って。


156 :メガネをかけた生徒@フェンリル:04/03/28 03:14 ID:???
>154
見ての通り今日はノーマルスーツじゃない(私服)んだよ
それに準備とかしないと拙いから、な

>155
つれてこなくて正解です
コレは…『経験者』じゃないと持ってかれるかも
でも気になるんだよなぁ…

157 :籠の外の許婚@ガンダム/改:04/03/28 03:17 ID:???
>155
そ、ですねぇ…… 一度戻って準備したほぉがよさそやなぁ……
教官も来るんですやろ?

>156
私服かぁ……なら無理やろなぁ。

ん? ……ま、まさかコレが(おばけ)出るとでも?

158 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/28 03:20 ID:???
>156-157
・・・・・そういえば、逃げられて保護できなかった子供が何人かいたが・・・。
(おいおい、それを先に言え)

嗚呼、もちろん行く。
みんな逃げるもんだから、俺と後はタンク課の連中ぐらいしか人手裂けないし。


159 :メガネをかけた生徒@フェンリル:04/03/28 03:32 ID:???
>157
多分、な
つうかマジで意識が強すぎる…今回の戦闘じゃないな、これは…

>158
………それを早く言ってくれ!!!(汗
仕方ない、俺も…ッ!!
(コクピット内のシートに倒れこむ)
完全に直ったはずなんだけどな…?
悪ぃ…傷が治りきってないみたいだ…後頼みます

(養成所のほうに戻っていく)
頭痛ぇ……

160 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/28 03:36 ID:???
>159
嗚呼、早く治せよー。

とにかく帰るしかないか。
(瓦礫の上を器用にジャンプ飛行していく)


161 :籠の外の許婚@ガンダム/改:04/03/28 03:41 ID:???
>158
序、冗談なりませんて、教官……

>159
あ……
アンタは行くんかぁ?

……聞くン遅かったかの?

162 :自称17歳の教官:04/03/28 23:58 ID:???
さーて、メンテ待ちに装備をマトモなのに変えとかないとな・・・。

若水…粗塩…気休めだが、お守り。
(明らか心霊スポットに行くときのような私物じゃん)

装備は…まぁ、ありあわせで十分だよな、MSだし。
(軽めの防弾チョッキ、懐中電灯付きのヘルメット、ナイトスコープ、軽機関銃)
あとは…非常食の、カ○リーメイト、チョコレート味を2つと。


163 :作務衣の生徒 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/29 00:05 ID:???
>162
聞きましたよ、教官。幽霊退治にいくそうで。(いつもの作務衣に日本刀)

164 :自称17歳の教官:04/03/29 00:11 ID:???
>163
き、気のせいだ。
あれはきっと、ただの迷子だ・・・足だってあった・・・・・・・はず。
(帰還後、すっかり話が広がっていて、自分も多少怯えてる)

来るのか?
ほとんどのMSが使えないような場所だが・・・。

165 :作務衣の生徒 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/29 00:17 ID:???
>164
はい。どうせMSはまだそれほど使いこなせないし、ならこの刀のほうが銃より意味があるかと……それに私には『これ』が有ります。(ふところから伝説のマジックアイテム『成田山のアミュレット』を取り出す)
後は……勇気だけですね。(お前は島村さんちのジョーか)

166 :自称17歳の教官:04/03/29 00:21 ID:???
>165
技能でカバーするなら、まぁ、構わないけど。
しかし、みんな逃げるとはなぁ・・・。
(銃にカートリッジをはめ、セーフティーが降りてるか確認)

167 :作務衣の生徒 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/29 00:29 ID:???
>166
逃げましたか。そうですか……

……幽霊切り殺しても殺人罪は適用されないですよね。

168 :自称17歳の教官:04/03/29 00:35 ID:???
>167
もう死んでれば、多分幾らでも大丈夫だ。
こっちも一応、寺の息子とかいう生徒に頼んで、弾に経文刻んでもらったけど効くんだか、正直不安だ・・・。

・・・あの、映画みたいな幽霊吸い取る掃除機さえあればなぁ。(遠い目)

169 :作務衣の生徒 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/29 00:46 ID:???
>168
なるほど、それは効き目がありそ……

せっかちな神父「HAHAHA!話は聞きました。及ばずながらこの私、ファザー・セガールも悪魔払いにご同行いたししまショウ!」

……ああ、そんな映画もありましたね……

170 :使用人風な女生徒:04/03/29 00:47 ID:???
>168
掃除機は使ってませんが、箒ならありますよ♪

(どこからともなく湧き出てくる。)

171 :自称17歳の教官:04/03/29 00:52 ID:???
>168
だからさ・・・・悪魔払いじゃないっつうにさ。
本職だから、いざ本物来たら頼りになりそうだけど。

>170
箒で…どうするんだ。



_| ̄|○ ハゲシクサイサキフアン・・・。

172 :使用人風な女生徒:04/03/29 00:57 ID:???
>171
箒でお掃除できませんかねぇ………♪
あ♪火炎瓶とかどうです?

(嬉々とした顔で、服の袖から火炎瓶登場。)

173 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/29 00:58 ID:???
>170
おおレディ、それでは蹄鉄の用意もお願いしたい。
>171
HAHAHA、大丈夫ですよ。ワタクシも伊達や酔狂で従軍神父はしていまセン。

では、参りましょう。

「……その、肩に担いでいるでっかい十字架に見えるのは何ですか?」

ハイ、大きな十字架ですが、何か問題が?「いや、いいです……」

174 :自称17歳の教官:04/03/29 01:03 ID:???
>172
こっちがやばくなるから、爆弾の類は自粛してくれ・・・。
間違って悪性のガスにでも引火されたら・・・俺ら、燻製になるよ。

>173
(………人手不足とはいえ、人選間違えたかな…)


175 :使用人風な女生徒:04/03/29 01:13 ID:???
>173
え?何で居るんですか?

>174
駄目ですかぁー?ねぇ♪ねぇ♪

176 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/29 01:34 ID:???
サア、参りましょう!迷える子羊達を導く為に!
>174
「教官……行く所まで行きましょうか……」(ぽんと肩に手を置く)
>175
HAHAHA、魔女は蹄鉄を嫌うのデス!

177 :作務衣の生徒 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/30 17:58 ID:???
……あ〜〜、ものすごく不安になってきた……(メンバーをふと見て)

178 :ついてない&刀女:04/03/30 22:25 ID:???
つ「おーい、雪風も連れて行ってくれないか?」
刀「何で私が・・・・・」
つ「実はな・・・雪風は幽霊関係はダメなんだよ」
刀「こ、こら!それを言うな!」
つ「5年前には肝試しの時に立ったまま気絶してたんだぜ」
刀「だから言うなーーー!!」
つ「うぎゃ!?(雪風に木刀で殴られた)」

刀「言うなと言ったはずだ・・・・・(頭から出血して倒れてるインディを踏みつけてる)

179 :色黒の生徒:04/03/30 22:41 ID:???
…何かこう、凄いメンバーが集まってるな、オイ…。
(何故かZAFT軍のパイロットスーツに身を包んでいる。
 …いや、確かに危険な場所だから解るが、私物かよソレ…)

180 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/30 22:46 ID:???
うっし、装備確認済んだヤツから突入!
(真っ先に、穴の中に突入していくのだが・・・)

「バシャァァァン」

(出口付近に出来ていた水溜りか何かで、転んだっぽい)

181 :色黒の生徒:04/03/30 22:49 ID:???
>180
オーケー、行くぜ俺!

………のわ…っ!?
(…教官を思いっきり踏みつけて転んだらしい。)
…ってぇなぁ……教官、大丈夫ですか?

(何というか、お前早く教官の上から退けと、ディアッカ。)

182 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/30 22:50 ID:???
>180
おやおや、これはいけませんねぇ。(でっかい十字架を右肩に、怪しいズタ袋を左手に)
「…………先に行きますよ?(暗視スコープ装備)」

183 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/30 22:58 ID:???
>180
幽霊が何だ・・・・もう24なんだ。
それに幽霊なんか居るはず無い・・・・
(何時もの刀と木刀とハンドガンに加えて十字架やら妖しいお札やらを持って穴の中へ・・・)

怖くない・・・怖くない・・・・(小声)

184 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/30 23:00 ID:???
>181
MS乗ってて・・・良かった…なぁ・・・。

「ザバァァ」
(メンバーが通過したのを確認し、立ち上がると、そこらへんの廃材で即席の橋を作る)

さて…進むか。


185 :色黒の生徒:04/03/30 23:04 ID:???
>184
………危なかったぜ(汗
(流石はコズミック・イラのパイロットスーツ、
 MSの装甲にぶつけようがダメージが殆ど無い)
済みません教官、気を付けます。
>183
(後ろからいきなり声をかける。
 妙に間延びした声で。)
大丈夫ですかぁ?なんかブツブツ言ってません?

186 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/30 23:10 ID:???
(ガササッ)
ふぅん!(べちょっ)

……鼠か……(血しぶきとか肉とかの付着した十字架をボロ布でぬぐって)

187 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/30 23:12 ID:???
>185
!?きゃぁぁぁ!!
(いきなり声をかけられれば当然驚く。
しかもこの状況・・・・反射的に持ってた木刀を振り回す)

188 :ふくかん:04/03/30 23:15 ID:???
(職員室)
 あれ?
(人気がないのでちょっと首をかしげる副官)
 お出かけ、ですかねぇ。
(とりあえず、仕事が終わってるのでボーっと外を見ている)
(なんだかどこかから湧き出して養成所の外に逃げていくねずみの群れ)
(それをやたら追っかけまわしてる黒猫ファミリー)
(なんかそれにびっくりしてスリップ、思いっきりドリフトする霊柩車)
(カラスがカーと一声ないた)
 なんか不吉ですねぇ。あ、親指立てなきゃ。
(霊柩車を見たら親指を立てろ、の迷信を何とはなしに守る副官ではあった)

189 :作務衣の生徒 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/30 23:16 ID:???
(暗視スコープで周囲を見ていたが……)

……あ、これは……(構内の保守点検用のバギーが乗り捨てられているのを発見)

…………鍵がかかって……
神父「どれ(もぐりこんでがさごそ)……っと(エンジンを直結始動する)」…………貴方何者ですか…………

190 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/30 23:16 ID:???
>185
嗚呼…それより、変なガス溜まってないか、確認して進めよ
ガスたまってるか確認するには、ろうそくが良いらしい・・・。

>186
……。
(サーチライトに映った神父を見て、黙り込む)

>187
嗚呼・・・幸先、本当に不安だ・・・。
(ゆっくりと、進行方向を複合センサーで確認しながら三人の後を進む)


191 :色黒の生徒:04/03/30 23:17 ID:???
>187
うおぉぉあっ!!!???
(記憶に浮かんだのは数年前のある一日、自分に少女が
 ナイフを付き立ててきた時の事だ。
 だが目の前の女性は素人では無い、木刀でも人を殺せるだろう、
 ディアッカは知らないが、感じ取る事は出来た。)
ちょ…っ!待てよ!
(………白刃取り、取れるか………?)

192 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/03/30 23:19 ID:???
>188
……………
(それを横目に見ながら仕事してる香具師、
 何となく冷や汗かいてるが、気にしちゃぁいない。)

……何か…嫌な予感がする……(汗

193 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/30 23:22 ID:???
>191
は!?
(相手に一撃を加える寸前で相手が養成所の生徒だと気がつく・・・・木刀は色黒の目の前で止まった)
お、脅かすな・・・・・危うく病院送りにするところだったぞ(汗)

194 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/30 23:24 ID:???
サアみなさん、御車の用意が出来ましたよ?(乗るように促す)

195 :色黒の生徒:04/03/30 23:25 ID:???
>193
(そりゃあまぁ、振り向いて暗闇の中に真っ赤な人型が
 見えれば……その反応は当然な訳で。)
え、あぁ…済みません。
…けど教官、幽霊に木刀なんて利くんですか…?
(サラリと幽霊の単語を出す、信じない主義らしい。)

196 :怪しい女:04/03/30 23:26 ID:???
(黒く長い髪を前に垂らして、すり足で歩いてくる。)

おーぉ……ぉ……ぉぉっ……

(養成所生徒の面々の近くを歩いている。)

197 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/30 23:26 ID:???
>189 >194
お・・・バイクか。
いざって事態があっても、安心だな。

>191 >193 >195
(そんなことをしているうちに、何時の間にかGゾヌが再び先頭に)

ん?・・機影!!
(真下に味方がいないのを確認すると、前方数十メートルに現れた、人型の鉄塊にマシンガンを叩き込む)


198 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/30 23:31 ID:???
>193,195,196
さぁ、お乗りなさいな。

199 :怪しい女:04/03/30 23:35 ID:???
>198
お……

(そう言って普通に乗り込む。)

200 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/30 23:36 ID:???
>195
ユ・ウ・レ・イだと?
(その単語を聞くと冷や汗を開き始めて)
いや、不審者だと思ったんだ・・・・・・
例え幽霊でも気迫で追い払うのみだ。
(怖いのを表に出さず、普通を装って)

>196
今度こそ出たぁぁーーーー!!
幽霊こわ・・・・
(「幽霊怖い」と叫ぼうとするがそれよりも早く立ったまま気絶して)

201 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/30 23:38 ID:???
>196 >199
(死角になっていて、気がついていない)
>200
ん?何を一人で騒いでるんだか・・・。

(先ほどマシンガンで蜂の巣にした物を確認するため、前身)

なんだ、作業用MSのスクラップか。


202 :色黒の生徒:04/03/30 23:40 ID:???
>196
>199
……あ〜っと………メンバーに居たっけか………?(冷や汗

>200
気迫って………何て解り易い教官なんだ……
仕方無えなぁ…………よ…っと。
(とりあえず担いでバギーに移る。
 何と言うかこう、幽霊(?)と同乗ってのは問題だと
 思うのだが本人は気にしてない様だ。)

203 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/30 23:43 ID:???
>201
あの〜〜、狭い所で大きな音立てると……耳が……(ちゃっかり耳栓して)
>119,200,202
さぁ、行きますよ。

画面の向こうの視聴者『神父――!後ろ後ろ――!!』(彼の真後ろに座った怪しい女を指差している)

204 :怪しい女:04/03/30 23:44 ID:???
>202
(激しく頷く。)

お……っ!お……っ!

>200
おぉ……?

(首をかしげているだけ。)

205 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/30 23:48 ID:???
>203
あ、すんません。
敵かと思って。

>204
んー?一人増えてる?・・・なわけないよな。
さ、行くか・・・。
(バギーに先行して、奥を目指す)

206 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/30 23:49 ID:???
・・・・・・・・・・・
(気絶して固まったまま、座席に座ってる)

207 :色黒の生徒:04/03/30 23:52 ID:???
>204
そ……そうなのか………?
…とにかく、宜しく頼むぜ…
(物凄い汗)
>206
………駄目だな、これは。

208 :怪しい女:04/03/30 23:55 ID:???
>207
ええ♪よろしくで……あっ♪

声……出してしまいました……。

(黒い髪を前にたらして、あからさまに落ち込んでいる人間。
 どうでもいいが……よく見ると箒を抱えている。)

209 :色黒の生徒:04/03/31 00:00 ID:???
>208
…………お前さぁ……声出したらバレバレだろ…
(因みに最近、天馬の厨房でアルバイトしていたこの男。
 既に結構な人数と顔は合わせている様だ。)

…とりあえず、その髪を上げてくれ。
教官だって倒れちまったぞ、不気味だ(汗
(自分もヘルメットを外す)

210 :使用人風な女生徒:04/03/31 00:03 ID:???
>209
気分でも……と思ったんですけど……駄目だったみたいですね♪
むー。

(鬘を取ると、その鬘を見つめて。)

血とか……付けといた方がよかったですかね?

211 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 00:06 ID:???
>208
(勿論、そんな事全く気にしていない)

212 :色黒の生徒:04/03/31 00:08 ID:???
>210
……頼む、止めてくれ、教官が発狂する。
俺はまだ死にたくない、仲間の死体を運ぶのもイヤだ。
(思いっきり頭を抱え込んで喋る奴、想像してしまったらしい)


213 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 00:08 ID:???
(そのまま直進し、2回ほど道を曲がったところで止まる。)

ん?
前方に見えてるのは・・・・人影か?
(ライトが届くか、届かないかの所に、人らしき形がぼんやり見える)


214 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 00:10 ID:???
>213
……はて?(車をとめる)

「何でしょうか……」しっ、なにやら……怪しい。(お前にいわれたくは無い)

215 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/03/31 00:12 ID:???
(雪風が気絶している頃、地上では)
アタタタ・・・・・・
久し振りの死んだ振りはきついな。
(頭から出血しながら立ち上がると医務室に歩いていく)

216 :使用人風な女生徒:04/03/31 00:12 ID:???
>212
そうですか………残念です。

ところで……教官さん?どこにいらっしゃるんです?

(くるくると車内を見回す。)
>213
んー。誰でしょうかねぇ……

217 :謎の人影:04/03/31 00:13 ID:???
>213-214
白っぽいそれは・・・一瞬こちらをちらっと見ると、奥へ逃げていく


218 :色黒の教官:04/03/31 00:14 ID:???
>216
(自分の隣の>208を指し示しながら)
この人だ、この人。
…幽霊、苦手らしい。
>213
…ん……何だ…?
(ヘルメット被り直し、手には…スコップ。)

219 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 00:15 ID:???
>217
ぬうぅぅんっ!!
(いきなりアクセルを踏み込み、急発進で追いかける!)

220 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 00:15 ID:???
>216
・・・・・は!?
(やっと気がついた)
あれ?私は・・・・・・・

221 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 00:18 ID:???
>214
(外部スピーカーにて)
奥に消えたな・・・。

>216
(なんだ、一人増えたと思ったら・・・。
単に、入り口で転んだんだろうなぁ・・・。)
>218
(そのまま少々前に進むと…突然、顔が青ざめる)

…なぁ、普通、人間が水の上歩くと・・・波紋たつよな?
………この道塞いでる水溜り・・・静か過ぎや・・・しないか?


222 :使用人風な女生徒:04/03/31 00:20 ID:???
>218
へぇ。そうなんですか。

(気付かなかったのか。)
>220
ずっと寝てましたよぉ?

ここは車の中です♪行き先は……地獄?幽霊船……?

(誰もそんなこと言ってないのに、適当に喋り始める。)

223 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 00:21 ID:???
>221
くっ!逃げたか!

ええいいまいましい、この私の目の黒いうちは貴様のような怪しい奴を野放しになど……

…………HA?

224 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 00:23 ID:???
>222
地獄に幽霊船・・・・・・イヤァァァーー!!
(持っていた妖しい御札を辺りにばら撒く)
悪霊退散悪霊退散悪霊退散!!

225 :作務衣の生徒 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 00:23 ID:???
つぅうう……(助手席にいるのだが、急発進で頭をぶつけた)

226 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 00:23 ID:???
>219
嗚呼・・・渡っていきやがった・・・。
ま、いいか。
(通信機の周波数をバギーと合わせて)
すぐに追いついてやる・・・。
(多少、前かがみになって、ホバー走行ともジャンプ飛行ともつかない動作で走っていく)

227 :色黒の生徒:04/03/31 00:24 ID:???
「>218の俺は生徒だ、良いな?」
>220
ん……教官、起きましたね。大丈夫ですか?
(目の前に居るのは赤服の男、しつこい様だが恐いかも知れない。
>222
あぁ……ってやめろ、止めてくれ頼むから(汗
>221
え?何ですか教官!?
(最初は聞こえなかったが、何とか最後は聞き取る)
………確かに、ホバー…とかじゃ無いよな。

228 :色黒の生徒:04/03/31 00:28 ID:???
>224
あぁもう!言わんこっちゃ無い!
(全面的に命中、良い事が無いディアッカ。)

229 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 00:28 ID:???
―少し前―
(ノーマルスーツで肩にショットガンをかけ、腰に木刀を挿しながら『穴』に降りてくる)
……ッ! 入るとなおさらだな……
(冷や汗をかきながら、ライトをつけて進んでいく)
これじゃあ『勘』は使えないが……一番思念の強い方向に進んでいけばいいかな?
(ゆっくりと歩き出す)

230 :使用人風な女生徒:04/03/31 00:28 ID:???
>224
あーっ。掃除するのが大変だからやーめーてーくーだーさーいー。

(車内で箒を自在に動かせずに、暴れているように見える。)
>227
え?私何かしました?

231 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 00:31 ID:???
>230
掃除だと?
(相手の言葉に気がつき)
幽霊が掃除するのか?
人間だよな・・・・・?

232 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 00:33 ID:???
>223
「ガッシャァァァァァァン」
(神父の操縦するバギーが曲がった所をスピード故に曲がりきれず、積んであった物資に突っ込む)

・・う・・・・うう。
ん?カメラが黒っぽくて見えな・・・これ、なんだ、オイルか?
(物資のコンテナ群にめり込んだまま、ワイパーでメインモニターの汚れを取る)


233 :茶髪:04/03/31 00:33 ID:???
>229
……それにしても不気味な穴だね…これ。
(ノーマルスーツに拳銃と例の趣味全開の剣持ってついていっている。
…ライトは当然持ってるが。)

234 :色黒の生徒:04/03/31 00:34 ID:???
>230
だからさぁ……挑発するなって、
巻き込まれるのは俺なんだぞ…?
(チワワ顔で懇願する男が一名)
>231
落ち着いて下さい、人間ですよ。

(間に挟まれる形の為、強制的に仲介ポジションである。)

235 :使用人風な女生徒:04/03/31 00:36 ID:???
>231
え?幽霊?人間?

何の話です?私は私です。
たとえ幽霊であろうと、それは変わりません♪

(ある意味で問題発言。)
>234
長髪?これは鬘ですよ?

(わざとだと思いたい。しかし、そうでは無さそうだ。)

236 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 00:38 ID:???
>234
人間か・・・・・・・ほ。
(人間だと気がつき落ち着いて)
まったく・・・・人騒がせだな。
(内心、ほっとしてる)

237 :籠の外の許婚:04/03/31 00:39 ID:???
>229
あ、置いてかんといてぇよぉ。
(上からジオン製ワッパで降りてくる)

238 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 00:40 ID:???
>235
私は私・・・・・か。
やっぱし幽霊なのか!?


239 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 00:41 ID:???
>233
…刀一本くらい貸してくれてもいいじゃねぇか…
使わないとは思うけど、よ
(ゆっくりと進んでいきながら)

>237
ってお前もかよっ!
ワッパか…あと2人乗れるか?
一直線だから前の連中と相当離れてると思うし…

240 :色黒の生徒:04/03/31 00:41 ID:???
>235
そっちの長髪じゃ無い…………
(再び頭を抱え込む)
挑発…provokeの方だ、挑発。
(無駄だと思いながら、一応言ってしまう悲しいサガ。)
>236
…はぁ…………。

……ん…そろそろ結構来たんじゃないか…?

241 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 00:41 ID:???
>232
おやおや、大丈夫ですか?(車をとめて振り返る)

242 :籠の外の許婚:04/03/31 00:44 ID:???
>239
ワッパ……あと二人くらいは乗れよぉよ。
けどワシ運転粗いでぇ?
(その場で一回転)

243 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 00:45 ID:???
>241
アポジにカスが詰ったみたいだけど、まぁなんとか・・・。
さ、進みますか。

手元の資料だと、あと一つ曲がって、50mもいけば、終点のはずだ。
(バギーの横を、オイルまみれのままギッコンギッコン歩き出す)


244 :使用人風な女生徒:04/03/31 00:47 ID:???
>238
やっぱり?

私ってそんなに幽霊っぽいですかねぇー……?
>240
provoke………それが蒸発って意味なんですか?

(わざとっぽい。だが、わざとじゃない。言うだけ不毛なのかもしれない。)

245 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 00:49 ID:???
>244
ハ・・ハハハハ・・・・
幽霊なんか居ないんだ・・・幽霊なんか・・・・・
(乾いた笑い声・・・・・プッツン寸前?)

246 :茶髪:04/03/31 00:51 ID:???
>239
養成所に持ってきてるの、これとかなり高価な小太刀1つだけで
先日実家に残り送り返したから………ゴメン。

>242
…僕もお願いできる?

247 :色黒の生徒:04/03/31 00:51 ID:???
>244
蒸発はevaporateだろ…?(汗
挑発って言うのはだなぁ…(以下、何故か講釈)

(不毛な闘い、それを一人続ける孤独の戦士ディアッカ。
 遥か彼方、獄寒の地の友は、遠い…w)

248 :使用人風な女生徒:04/03/31 00:55 ID:???
>245
……………

(瞬時に黒髪の鬘を被り。)

バァ!

(無闇に驚かそうとする。)

こんな感じですかね?ユーレイって。
>247
そういえば……トマトはトマト……ですよね?

(話を聞く気が全くない奴。)

249 :謎の人影:04/03/31 00:58 ID:???
角を曲がった所で見えてくる人影。
通路の右端に現れたかと思うと、今度は少し先の左端に、また少し先の右端に・・・と誘っているかのように最深部のほうへ

250 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 00:58 ID:???
>243
ふむふむ、そうですか。(ゆっくりと車を進めていく)

251 :色黒の生徒:04/03/31 01:00 ID:???
>248
トマトは……tomatoだな。


………俺、一体何やってんだ……_|~|○

252 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 01:01 ID:???
>242
頼む
(ワッパに乗り込んで、許婚の肩を掴む)
出来るだけ急いでくれ、あんまり永く居ると危ない

253 :作務衣の生徒 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 01:01 ID:???
あ、この車、ガスクロマトグラフィ(ガスを分析する装置)積んでますね。
>249
(装置に気を取られてて気付いていない)

254 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 01:02 ID:???
>248
・・・・・・・・人間か。
はぁ・・・・・自分が情けない。
(今までの自分の怖がり様を思い出して情けなくなってくる)

255 :籠の外の許婚:04/03/31 01:02 ID:???
>246
よっしゃよっしゃ、早ぉ乗りぃや。

>252
振り落とされへんといてぇや?
(前の暗闇を睨む)

256 :茶髪:04/03/31 01:03 ID:???
>255
…ありがと。
(最後尾に乗り込む。…眼鏡の肩は片手で掴む。)

257 :使用人風な女生徒:04/03/31 01:05 ID:???
>251
物知り博士ですねぇ♪

>254
情けない………ですか。

(一瞬表情を曇らせ)

そんなに気に病むこと無いと思いますよ♪

(再び笑顔に変える。)

258 :色黒の生徒:04/03/31 01:07 ID:???
>257
……ありがとよ………
(再びチワワ顔になると、それっきり黙る。)
>254
………………

(車に揺られている、そんだけ。)

259 :籠の外の許婚:04/03/31 01:08 ID:???
よし……
(大きく深呼吸……)

っけぇ!
(アクセル全開、というより速度全開。
 障害物を寸前で避けながら速度を上げていく)

260 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 01:08 ID:???
>255
努力はするぜ…
あと700、800mってところか

261 :茶髪:04/03/31 01:10 ID:???
>259
……………結構な速度だね…これ。
(懸命に体のバランスを取りつつ。)

262 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 01:11 ID:???
>259
くっ!
(屈みながら、風に抵抗する)
ぶつけるなよ、あと少しだ…!

263 :謎の人影:04/03/31 01:12 ID:???
>249
(こっちはこっちで、ライトがあてにならないので、音響センサーに切り替えているため気づかず。
>253
へぇ、そりゃ便利だな。
流石、ここで拾っただけはある。


264 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 01:14 ID:???
>263は俺です。


265 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 01:15 ID:???
>257
そうだな・・・・・
子供の頃から・・・・と言っても14歳より前の事は覚えてないんだけどね・・・・・幽霊とかは苦手だったんだ。
まあ、もう24だから怖がる必要も無いか。
(笑顔に安心して)

266 :籠の外の許婚:04/03/31 01:15 ID:???
>261-262
そぉれ、3,2,1……ゴール!

(盛大に急ブレーキを掛けて止まる)

267 :茶髪:04/03/31 01:18 ID:???
>266
……げぇっ!
(急ブレーキがかかる瞬間即座に後に飛び退く。……着地に失敗して転ぶが。)

268 :使用人風な女生徒:04/03/31 01:18 ID:???
>265
へぇーそうなんですか♪

>258
博士って呼ばせてもらいますね♪


それじゃ♪おやすみなさーい♪

(鬘を被って寝始める。前に垂れたままだと、どうも薄気味悪い。)

269 :色黒の生徒:04/03/31 01:20 ID:???
>265
………
(黙って聞いている)
>268
博士ってオイ………って、良く寝れるよ………(汗

270 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 01:22 ID:???
>269
(>268を見て頭痛がしてきた)
やっぱし幽霊だ・・・・・・・・

271 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 01:23 ID:???
>266
うぉぉ!?
(投げ出され、受身を取るのを微妙に失敗しながら着地)
痛たたた…

272 :籠の外の許婚:04/03/31 01:24 ID:???
>267 >271
……早すぎたかの?
(ひょうひょうとしながらワッパを止める)

273 :茶髪:04/03/31 01:27 ID:???
>271
…大丈夫?

>272
……早すぎじゃないけど急停止は危険が多いって…。
(微妙に疲れた声で言う。)


274 :色黒の生徒:04/03/31 01:31 ID:???
>270
…教官、落ち着いて下さい。
それに第一……こんな暗闇で帯刀してる教官も恐いですよ(汗

275 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 01:32 ID:???
そろそろ、行き止まり・・・・・・・ってぇー、なんだこりゃ。
(駅のホームだったモノと思われる廃墟には、大量の作業用MSが整然と並んでいる)
ザクIより珍しそうな代物だなぁ・・・。


276 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 01:34 ID:???
>275
ほほぉ、これはこれは……MS墓場?

……墓場……ハカバ……ハカバキタロー?(古すぎ)

277 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 01:36 ID:???
>274
ふふ・・・・確かにな。
骨董品だ・・・だが切れ味はまだ現役だ。

どうやら終点のようだな?

278 :籠の外の許婚:04/03/31 01:36 ID:???
>273
まぁー……ワシぁ実際に怪我してへんし、大丈夫やろw

>274
んやぁ、肌が止みに溶けこんどるでぇ〜
(ワッパで近づく)

279 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 01:39 ID:???
>276
嗚呼…俺の故郷のコロニーでも、よく再放送やってましたね、キタロー。

って、そうじゃなくて、なんでこんなモンが。
ここ数十年の、汎用機とはかなり違うような・・・。

ちっこいのは、なんとなくボールに似てるけど。


280 :通常の名無しさんの3倍:04/03/31 01:39 ID:???
>277
ええまぁ、養成所だけでも日本刀使ってる人間は多いですからね。
…それじゃ、始めますか。
(片手にスコップを持つと、バギーから降りて
 周辺の探索を開始。)

281 :色黒の生徒:04/03/31 01:40 ID:???
>280は俺だ、中の奴がミスし過ぎだ、悪ぃ!

282 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 01:42 ID:???
>275
…ここが終点か……
(ゾクリ、と背中を舐められるような気配)
……近い……
(ライトを持ちながら、作業用MSの間から奥へと入っていく)
多分奥の方です、やばい気配がする…

283 :茶髪:04/03/31 01:43 ID:???
>278
…はは…は…。
(乾いた笑いをしつつ周囲をライトで照らし、探索開始。)

284 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 01:43 ID:???
>280
刀は使う者の技量が命だ。
私はそこいらの連中とは格が違うよ。

(こちらも降りて探索開始)
古いな・・・・・・インディのよりも古いか。
当たり前だな・・・・・

285 :冷凍庫?:04/03/31 01:45 ID:???
その、「奥の方」の線路の切れた先。
人が数人入れそうな、巨大な冷蔵庫が、大量の電源らしきケーブルを繋がれ、鎮座している。



286 :色黒の生徒:04/03/31 01:46 ID:???
>284
えぇ、それはよく解りますよ。
(そうとしか答えない、何故なら。
 既にその前例を良く知っているから、伊達や酔狂では無い者の)
>282
後続か?どうした?
(追うように奥へと向かう)

287 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 01:46 ID:???
>279
古いですねぇ、色々と。

あ、これなんて宇宙世紀以前の二足歩行型作業用モデルのレプリカって奴ですか?いやぁ、従軍神父やってたころ足代わりにしてた歩行戦車の民生用モデルもあるじゃないですか。
(中の人のイメージを投影するとレ○バーになるんですが……)
>280
(ちなみに、一緒にいる作務衣も日本刀を携えている)

288 :作務衣の生徒 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 01:47 ID:???
>282-283
あれ?何で先輩達が……?

289 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 01:49 ID:???
>285
コイツか……?
いや、本体はむしろコイツの後ろ……
(後ろの壁を睨む)

>286
武器構えててくれ、開けるぞ
(冷蔵庫に手をかけ、力を込めてゆっくり引っ張る)

290 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 01:51 ID:???
>287
レプリカというか・・・これって、実機じゃないですか?
見た感じ、駆動系もフィールドモーターやら、パルス流体ではないようだし・・・。

錆び上がってても、ここまで数あると、正常に動くのが何機かレストアできそうだなぁ・・・。

ん?今、そこの小さいのの、コックピットのランプ、一瞬光りませんでした?


291 :色黒の生徒:04/03/31 01:52 ID:???
>289
冷蔵庫………?
ん、あぁ………OKだ。
(スコップを構えて待機、中に注目する)

292 :籠の外の許婚:04/03/31 01:53 ID:???
>289
あ、危なぁないの……?
(備え付けのガトリング砲を構える)

293 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 01:54 ID:???
>289
ふぅむ……(ものすごく嬉しそうにでっかい十字架を振りかざし、大上段に構える)

(作務衣は居合なので刀を抜かずに構える)

294 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 01:54 ID:???
>289
冷蔵庫・・・・それとも入口か?
(刀ではなくハンドガンを手にして冷蔵庫の中を見る)

295 :冷凍庫?:04/03/31 01:55 ID:???
>289 >291
開けられた冷蔵庫の中には、カチコチに凍った何やらヤバそうな薬品類や、薬草類と・・・
それらの棚と棚の間になにやら、丸っこい形をした物があるが、光があまり当たっていないため、何かまでは判別がつかない。

296 :色黒の生徒:04/03/31 01:57 ID:???
>295
……何だ…………?
…光…………誰かライト持ってないか?

297 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 01:58 ID:???
>296
ライトならあるぞ。
(ポケットからペンライトを取り出して渡す)

298 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 01:58 ID:???
>295
……クソ、そういうことか…
(歯軋りしながらライトを奥の何かに向ける)


299 :籠の外の許婚:04/03/31 01:58 ID:???
>295-296
んー……それ。

(ワッパの付属ライトで照らす)

300 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 01:59 ID:???
>296
なかったら、そこらへんに鎮座してるデカブツの操縦席でもあされば出てくると思うぞ。
実際、こっちの視界にはそれっぽいのが座席に備え付けられてるの見えるし。
(鎮座しているMSモドキの中でも、一番太い機体のコックピットを指差す)

301 :茶髪:04/03/31 02:00 ID:???
>288
後からきたんだけど…。
(そのまま冷凍庫方面に向かっていく。)

302 :作務衣の生徒 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 02:00 ID:???
>290
「いやいや、復刻版と言うことですよ」
…………あれ?今なにやら駆動音が……?
>295
(暗視スコープの赤外線モードは無意味なので外して……)
……これは……(鯉口を切る)

303 :色黒の生徒:04/03/31 02:00 ID:???
>300
はぁ……解りました。
>297
サンキュー…じゃ無かった、有り難う御座います。
(他の皆と同じく、ライトを向けて見る)

304 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 02:05 ID:???
>302
「ガキンッ」
マシンガンのカートリッジは、二つ向きを180度逆に針金で縛っとくと使いやすいんだよなぁ・・・。
(一歩下がり、脇にマシンガンを挟むようにして、念のため射撃姿勢をとる)

なんか回収しておくものがあるなら、早くしろよ。
さっきから、妙にセンサーに雑音混じってるし、雰囲気的に嫌な予感がする・・・。

305 :冷凍庫?:04/03/31 02:07 ID:???
>297-299 >301-303
その、蹲っているモノは、嘗て人だったモノだったようだ。
皮膚の殆ど変色していないが、子供が数人、寒そうに抱き合ったまま凍っている。



306 :籠の外の許婚:04/03/31 02:09 ID:???
>305
き……き、きぃ……


  きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!


(嗚呼大声…)

307 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 02:10 ID:???
>305
……ここからこいつらを出すぞ、話はそれからだ
(冷蔵庫の中に潜り込み、子供たちを引っ張り出そうとする)

>306
静かにしろ、悲鳴なんて上げんな
……子供が寝てるんだぜ、たとえ二度と起きなくてもよ


308 :色黒の生徒:04/03/31 02:12 ID:???
>305
………コイツは……酷ぇな……可愛相に。
>307
…手伝うぜ、俺もな。
(同じく中に入り、引っ張り出すのを手伝う)
誰か、適当な大きさの布を探してくれよ。
このまま連れていく訳にもいかねぇだろ?

309 :茶髪:04/03/31 02:14 ID:???
>305
……ぅわぁぁぁぁあっ!
(こちらはこちらで大声。…滅茶苦茶驚いている。)

310 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/03/31 02:15 ID:???
>305
・・・・・・・・・・・・・・・
(もはや悲鳴を出せず・・・・気絶はしてないが動く事が出来ない)

311 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 02:20 ID:???
>305
……In Nomine Patris,etFilii,etSpiritus Sancti.Amen.(父と子と聖霊のみ名によって。アーメン)

今日ここに私が来たのも神の御導き。
>306
静まりなさい。
>307
そうですねぇ。(でも自分ではやらない)
「イヤ、貴方も出すの手伝いませんか?(作務衣は手伝う)」

312 :作業用MS:04/03/31 02:22 ID:???
キィィィィィィィィウィィィィィィン…。
(先ほどから聞こえ出した、謎の高周波音)

ピポッ・・・・・・memtest・・・・・・・・・・・Now Loading・・・・

(画面の向きが向きなのでなんと表示されているか確認はしずらいが、
何機かづつ、作業用MSに電源が入っていく様子はなんとなく確認できる)

313 :籠の外の許婚:04/03/31 02:24 ID:???
>307
だ、だけどやなぁ……


それ、運び出してどぉやって運ぶねんな?
(おそるおそる)

314 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/03/31 02:26 ID:???
>308
…頼む
(引っ張り出した子供たちを順に渡していく)
一人ずつならそんなに重くない
(そして全員出した後に冷蔵庫から出て)
…まだ消えてない…なんだってンだ一体よぉ!
(歯軋りしつつ作業用MS郡を睨みつける)

>312
…来るか…
(全員に)
来るぞ、逃げろ!!
(子供の一人を抱きかかえて走り出す)

>313
嫌なら俺らが運ぶ!

315 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/03/31 02:27 ID:???
>313
そこの閉まってる売店っぽいのにでも入れば、大きいポリ袋ぐらいあるだろう。

早く・・・してくれ・・・。
なんかこいつら、今にも動き出しそうだ・・・。

316 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/03/31 02:28 ID:???
>312
…………これは…………

「私が殺す。私が生かす。私が傷つけ私が癒す。
我が手を逃れうる者は一人もいない。我が目の届かぬ者は一人もいない。打ち砕かれよ。
敗れた者、老いた者を私が招く。私に委ね、私に学び、私に従え。休息を。
唄を忘れず、祈りを忘れず、私を忘れず、私は軽く、あらゆる重みを忘れさせる。
装うなかれ。許しには報復を、信頼には裏切りを、希望には絶望を、光あるものには闇を、生あるものには暗い死を。
休息は私の手に。貴方の罪に油を注ぎ印を記そう。永遠の命は死の中でこそ与えられる。
―――許しはここに。受肉した私が誓う。
―――“この魂に哀れみを”(キリエ・エレイソン)」
(彼は――嗤う。再び戦いの内に繰り込まれたと魂が叫び出す)

皆さん……その迷い子らを速やかに車に。

317 :色黒の生徒:04/03/31 02:30 ID:???
>312
………チィ…ッ!グレイトなタイミングじゃ無ぇか…!
>314
(無言で子供達を受け取る、バギーから見つけてきた毛布に
 一人づつ包んでいく)
>313
そういう事だ、早く逃げた方が良さそうだぜ…!
(こちらは二人、スコップを投げ捨ててバギーの方向へと走る)

318 :茶髪:04/03/31 02:30 ID:???
>312
…………。
(一通りさけんだ上でそれを確認。顔色を変えて)

…何でこんな事に…
(地味に撤退開始。)

319 :籠の外の許婚:04/03/31 02:32 ID:???
>314
嫌とは言わん、言わんけどぉ……

アレ(>312)は見間違い、ちゃうやろ?
(ガトリングを構える)

320 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/01 00:17 ID:???
時に主は下って、人の子達の立てている町と塔とを見て、
言われた、『民は一つで、みな同じ言葉である。彼らは既にこのことをし始めた。彼らがしようとする事は、もはや何事も留め得ないであろう。
さあ、我々は下って行って、そこで彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう』

創世記第十章、5より7。


…………総員、乗り込んだな?(再び運転席にてエンジンをふかす)

321 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/02 00:02 ID:???
早く、早くしろ・・・。
(無人の作業用MSに手をかけて押さえているのだが、ゆっくりと押されてる)
ここじゃ、アポジ目一杯ふかせないし、あんまり持たないぞ。

322 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/02 01:15 ID:???
>321
いぃぃぃ……えっさ――!!!(急発進でわらわらと蠢く作業用MSの足元をすり抜けていく)

作務衣「あわわっわわわ!(遠慮なく揺さぶられている)」

323 :籠の外の許婚:04/04/02 01:31 ID:???
ちょいとぉっ!
仏は運びだせたんかいなぁ!?

あんまぁ時間ありゃせぇへんで、これはっ!
(ワッパでじりじり後退している)

324 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/02 01:37 ID:???
>322 >323
よし、行ったな・・・。
このぉぉ!
(手前の雑魚1体の操縦席を、殴り潰して、一歩後退)
くたばれぇぇ!!
(手持ち90mmマシンガン乱射。ドラム缶サイズなの薬きょうがごろごろ地面に落ち、通路に出来た水溜りの上で水音をたてる)

325 :色黒の生徒:04/04/02 01:38 ID:???
>322
(そのバギーの後部座席で頑張っている。
 流石に凍結した子供の遺体を自分より年下の少女や
 幽霊嫌いの女性に持たせる訳にもいかず……
 腕の中には子供の遺体を二つ、大事に抱えている。
 ……そのおかげで両腕が使えず、足だけで頑張っているのだが。)

…チィッ!速く行ってくれ!

326 :籠の外の許婚:04/04/02 01:52 ID:???
>324
教官っ、大丈b……っつぁっ!?

(脇から、資材の破片を撒き散らしながらワーカーが飛び出してくる)

こンのぉっ!!
(ガトリングで反撃するも、数が増えていく)

327 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/02 01:55 ID:???
>326
(ショットガンを持って、窓から身を乗り出し)
しっかり捕まえてろよ、後で替わってやる!
(ショットガンを、追いすがる作業用MSのコクピットに向けて撃つ)
これで効くとは思わないけどよ…

>327
いちいち相手にするなっ! きりが無ぇ!!

328 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/02 01:56 ID:???
「ガキンッガキンッ」
ダメだ、こりゃ・・・潰してる傍から後続が。
(予備のカートリッジに変えると、腕に半内蔵のミサイルを一発発射してそそくさと後退開始)
>326
ホントにきりがないな、こりゃまた・・・。
(自分を追い越していったうちの一機を背後からパンチで破壊)


329 :籠の外の許婚:04/04/02 01:59 ID:???
>327
そーは言うてもやなぁ!
えぇいっ!
(ひらりとワーカーの攻撃をかわす)

>328
教官っ! かと言うても、逃げたらこいつら追うてきませんかぁ!?
(横を走りしつつ)

330 :使用人風な女生徒:04/04/02 02:00 ID:???
ん………んーっ?騒がしいですねぇ……朝ですか?

(今頃になってバギーで目を覚ます奴。)

331 :色黒の生徒:04/04/02 02:04 ID:???
>330
危ないぞ!頭引っ込めろ!
今は何でも良いから、絶対に落ちるなよ!
(覆い被さる様に庇う。)

332 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/02 02:07 ID:???
>239
非常用の隔壁下ろすしかないか。
最も、こんな放棄されて何十年な所じゃ、そんな物使えるか怪しいが。
(ビームサーベルが引っかかるため、代用と装備してきたヒートナイフでチマチマ潰しているが、焼け石に水)
「ドンッ」
いで・・・こいつら火器までついてるのか・・・。
(後ろから、ロケット弾らしき物が飛んきて命中、前のめりに転ぶ)


333 :籠の外の許婚:04/04/02 02:08 ID:???
>332
ハッチ……ハッチは何処やがなぁ……!?

(辺りを駆けずり回る)

有った! 教官、こっちゃにありゃぁしたよぉ!!
(大声で呼ぶ)

334 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/02 02:11 ID:???
・・・・・・・・・・・
(バギーの座席で震えてる。
死体を見たのは今回が始めてだったらしく、かなりショックのようだ)

335 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/02 02:18 ID:???
>333
確か、市役所にあった資料だと、手動でも閉められるはずだ。
ハンドル回して半端でもいいから下ろしてくれ。
(迫ってくる機体を、有線ロケットパンチで遠くに投げ返して奥のほうで誘爆させる)

336 :籠の外の許婚:04/04/02 02:23 ID:???
>335
りょっかいや!
(ワッパの動きを止め、重いのを回そうとする……が)

……あかん。ワシにぁ重い。
無理やぁ、こんなの降ろせやせぇへんよぉ!
(非常に遅く降りていく隔壁)

337 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/02 02:27 ID:???
半分も下ろせれば、しゃがむのさえ出来ない<Sなら、こっちに出てこれなくなるはずだ。
がんばれ・・・てぇ、下がらんと俺も出れなくなるな。
(手あたり次第に潰した結果、自分の後ろに通路を塞ぐように残骸の山が出来始めてきている)

338 :籠の外の許婚:04/04/02 02:36 ID:???
>337

ばきん!


……きょうかぁん、折れたぁ…
(引きつった笑いとハンドルの根元)

339 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/02 02:44 ID:???
>338
・・・あっちゃぁ・・・。
(こっちも顔が青ざめてる)

しょうがない、とにかく出口まで撤退!
(敵の動きが鈍ってる間に、時限信管付きのミサイルをスクラップに忍ばせ、自分も逃げていく)


340 :籠の外の許婚:04/04/02 02:50 ID:???
>339
わぁーっ、もういややぁ!
(かなりの速度で逃げ出す)


341 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/02 02:58 ID:???
>340
出口見えてきたぞ、急げ!
さっき仕掛けたミサイル、爆発まであと30秒だ!!


342 :籠の外の許婚:04/04/02 03:11 ID:???
>341
解っとぉよ!
こないなぁ場所で死にとぉ……!?

(後ろから撃たれたランチャーのあおりを食らって転倒する)

……マジかぃなぁ…
痛ぁ……っ

343 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/02 03:17 ID:???
んっしゃあぁぁっ!(大きくバウンドしつつも突き進むバギー)

そこいらにあるはずのズタ袋に手りゅう弾がある、すきに使え!

344 :長髪の少女:04/04/02 21:47 ID:???
(どう見ても貧弱で弱気そうな少女が…ゆっくりと天馬に入っていく…。)

345 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/03 00:16 ID:???
>342
大丈夫か?
(と、その時、背面からの攻撃を告げる警報が)

こんのぉぉぉ!
(足元に転がってた鉄材で後ろから向かってきたMSを破壊)

346 :籠の外の許婚:04/04/03 00:25 ID:???
>345
あんま、大丈夫と、ちゃう……
びっこひいてもぅたぁ。

(足を引き摺りながら立ち上がる)

347 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/03 00:25 ID:???
>342
(左肩を貸して)
大丈夫か、まだまだくるぜ
(右手でショットガンを構えて、作業用MSに撃ち続ける)

>343
了解ッ!
(手榴弾を掴んで投げつける)

348 :籠の外の許婚:04/04/03 00:31 ID:???
>347
ごめんな……
へまうってもぉた。
腕、なまっとぉらしぃわ……

(肩を駆りながら、片方の手で、服の胸の辺りを掴んで掴まる)

349 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/03 00:32 ID:???
>346 >347
何はともあれ、そろそろ出口・・・って・・・出口の隔壁まで4分の1近く下りてる!?
まさか、全部の隔壁連動式なのか・・・。

(有線ロケットパンチで屠ってるが、巻き上げユニットから火花が)
そろそろ、こっちも限界か?


350 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/03 00:36 ID:???
>348
俺の背中くらいなら貸してやる、どうせ死ぬほどの怪我じゃねぇんだ
人間簡単に死なないんだ…ぜ!
(ショットガンを右手で発射してカメラに命中させるが)
コレで弾切れ…か
(右手で腰の木刀を抜く)

>349
それとも……ありうるだけにイヤだ
ぶち壊しても構いません、あけてくれ!

351 :籠の外の許婚:04/04/03 00:39 ID:???
>349
……うわぁ、今日は悲惨な星の巡りなんやろうか。
(顔が引きつる)

>350
この怪我で死にゃぁせぇへんやろけど……
コイツラに殺されるかもしれんで。
(掴まっていた手を離して、低反動のサブマシンガンを散らす)

あ、そや……ありがとな。

352 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/03 00:42 ID:???
>350
バギーとワッパなら、何とかいける、先に行ってくれ!

俺も機体捨てれば、なんとかなる。
(武器もないので、パンチで潰していくが、如何せん数が多すぎる)

353 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/03 00:43 ID:???
>351>350
し、支援します!早くしてください!
(やっとショックから立ち直り、ハンドガンを構えて作業用MSのカメラを狙って撃つ)

354 :籠の外の許婚:04/04/03 00:47 ID:???
>352
無茶言わんといてぇよ教官!
ワッパなんてぶっ壊してしもぉたんですよ!?

あぁ〜、時間無くなぁてまうっ
(腕時計を見て焦る)

>353
それより出入り口どぉにかしてぇなぁ

355 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/03 00:54 ID:???
>351
感謝は助かってからしろ
そしてそのためには――下がってろよ

(許婚を後ろに突き飛ばし、作業用MSが放つ横薙ぎの一撃を
 右腕で受けて吹き飛ばされる)
(何度か地面を転がった後に、体を起こし)

逃げろっ! 俺は問題ない!!
(そう、叫んで右腕を押さえながら立ち上がり
 スピードを落としつつも走り出す)
…右のあばらが3本、右腕も逝ってるなこれは…

356 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/03 00:59 ID:???
>354
どうにかしてって言われても・・・・
く・・・間に合わない!?

>355
な・・・大丈夫か!?
(バギーから飛び降り、ハンドガンを撃ちながら駆け寄る)

357 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/03 00:59 ID:???
>354
ったく、こっちも・・・限界だというのに。
(非常用らしき、黄色と黒の縞で囲われたボタンを押すと、肩アーマーや、脛装甲、その他装甲類が強制的に外される)
>354-355
徒歩のやつは、全員手に乗れ!
(どうやら、走るために装甲を外したらしい)


358 :籠の外の許婚:04/04/03 01:01 ID:???
>355
あかんてばぁ……
もう奥ぅ設置されたミサイルが爆発しよぉって!
(転がったまま大声を出す)

>357
置いてかんといてぇ……って。
(よろよろと起き上がる)

359 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/03 01:03 ID:???
>356
来るな、逃げるのが先だ!
……下手に死ねない体らしくてよ
(感触を確かめるように『右手で』木刀を振り)
早すぎるぜ、そんなにやばいのか…よ

>357
了か…ッチ
(舌打ちしながら>358に左肩を貸して)
いけるか? もう少しだ
(足を早めて、Gゾヌに向かう))

360 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/03 01:08 ID:???
>359
援護するから早く行け!
私は教官だ、生徒を守って何が悪い!
(>359を援護する為、作業用MSを撃って牽制する)

361 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/03 01:11 ID:???
>359
急げよ、装甲なしで戦うなんてこと、流石に俺でも・・・。
(右腕で、作業用MSを突き刺し、盾代わりして、凌いでいる)


362 :籠の外の許婚:04/04/03 01:12 ID:???
>359
ゴメン…… あぁもう、足引っ張ってばかりやがな…
(なんとか歩いていく)

>361
すんまへん、遅れやぁした!

363 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/03 01:19 ID:???
>360
っ!、じゃあアンタも急げよ!

>361
(Gゾヌの手に乗り)
全員乗せたら急ぎましょう、ここはやばすぎる!

>362
(手を貸して引き上げ)
謝るのも後だ、とりあえずここは出るぞ

364 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/03 01:24 ID:???
>362 >363
よし、乗ったな!
後から乗ってなかったいっても聞かないからな!
(二人が乗ったのを確認すると、何故か、戦場のほうに前進)
>360
よし、確保!
(盾代わりのスクラップを捨てると、指先で服をつかんで引っ張り上げる)

脱出だ!!
(軽くなった機体で、地面十数センチを器用にホバー走行、出口を目指す)


365 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/03 01:26 ID:???
>363
分かった!
(最後のマガジンを空にするとGゾヌの手に乗る)
弾切れ・・・・・後は逃げるのみか・・・・

366 :籠の外の許婚:04/04/03 01:28 ID:???
>363
そ、やね……
うん……

>364
乗っとぉよ教官!
(大声で返事)

367 :自称17歳の教官@Gゾヌ:04/04/03 01:38 ID:???
よし、出口見えてきたぁぁぁ!
(このままでは出れないので、頭部と、膝から下も、強制排除。しかし、その時)

「チッチッチ・・・カチッ・・・・・・・ドォォォオオオォォン」

やばい、爆風?!
(何とかギリギリ外には出れたが、風圧で出た瞬間、腕を前に差し出したまま前のめりにずっこける)

368 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/03 01:44 ID:???
>367
…とりあえず行くぞ、死なないだろ
(けが人を連れて保健室へと歩き出す)


369 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/03 01:45 ID:???
出れた・・・・!?
(Gゾヌがずっこけると放り出されて地面を転がっていく)
くぅ・・・つぅ・・・(上手く受け身を取るが頭を打って脳震盪を起こして気絶)

370 :籠の外の許婚:04/04/03 01:48 ID:???
>357
いたぁ……
話にならんわ、ンまにぃ。
(びっこ引きながら歩いていく)

>368
あ、ゴメンな。
改めて言うわ。アリガト。


371 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/03 01:52 ID:???
>370
(クシャリと許婚の頭を撫でて)
仲間だろ、遠慮するなよ

さて、けが人はとりあえず保健室だろ?
みんな大丈夫だと思うけどよ……
(先導して医務室へと向かっていく

372 :籠の外の許婚:04/04/03 02:01 ID:???
>371
ん……せやね。
また迷惑掛けたらゴメンな。

(とりあえず他人を連れて行く余裕は無いので、身軽で向かう)

373 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/03 02:59 ID:???
ふむ……(助手席で伸びている作務衣を揺さぶる)……頭、打ちましたか。
「……この車、嫌な位置にロールバーが有ります……」

ふ、私はこれから、あの子供らを連れて行くので……(やや(?)乱暴に載せられた子供らの凍死体をさす)

では。(そのままバギーで走り去る)

374 :色黒の生徒:04/04/03 11:03 ID:???
………カッコつかねぇよなぁ……ハァ………
(皆が去った後、使用人風な女性徒を背負って
 出口付近に立ち尽くす。
 地味にカメラ等攻撃してたらしいが、いかんせん背中の
 少女に気を取られすぎたらしい、その少女は…
 あの状況下で眠ってしまったらしい、寝息が聞こえる。)

………ぁ〜…仕方無ぇなぁ…………行くぜ。

(頭を軽く掻きながら苦笑、そのまま少女を背負って
 女性徒の寮へと向かった。)

375 :使用人風な女生徒:04/04/03 21:46 ID:???
>374
(まだ思い瞼を少しずつ開きながら、起き始める。
 右に曲がれば直ぐに彼女の部屋だ。だが、彼にそれが分かるはずも無い。)

あ〜………右れす〜右〜……

(自分がどういう状況かも知らない風な顔をして、背中で右を指出す。)

376 :色黒の生徒:04/04/03 21:48 ID:???
(そして数十分後、瓦礫等を迂回しつつ女子寮に到着。
 何とか使用人風な女性徒の部屋までやって来る。

 管理人のオバさん(大変な噂好きである)の計らいにより、
 鍵は開けられていたw)

………悪いとは思うが……
……仕方無ぇ、失礼します…っと。
(女性徒の部屋に入って行くと、
 寝床の上に使用人風な女性徒を降ろす。)

…ふぅ、これで良いな………。

377 :使用人風な女生徒:04/04/03 21:56 ID:???
>376
何が良いんれすか〜……?

(ベッドで目を擦りながら、寝惚けつつも話す。)

378 :色黒の生徒:04/04/03 21:58 ID:???
>377
いや……何がって、お前なぁ………
…まぁ良いか、大丈夫か?怪我とか無いか?
(ベッドの脇から見下ろしながら)

379 :使用人風な女生徒:04/04/03 22:03 ID:???
>378
ん………

(寝転んだ身体を勢いよく起こす。
 色黒の生徒が避けなければ、頭部と頭部が激突するであろう位置。)

380 :色黒の生徒:04/04/03 22:07 ID:???
>379
……ん…?
(うかつにも、その顔をのぞき込んでしまう。
 そして………)


…うわぁ…………!?
(直撃)

381 :使用人風な女生徒:04/04/03 22:11 ID:???
>380
ふにゃ!

(ぶつけた自分の頭部をなでなでしながら話す。)

博士〜?何でここにいるんですか〜?

(どうやら目も覚めたらしい。)

382 :色黒の生徒:04/04/03 22:14 ID:???
>381
……あぁ…!?
(額に直撃したらしく、かなり痛がっている)
や、やっと起きたか………
俺がお前を運んで来ただけだ、悪いけどな。
とにかく……お前、怪我とかしてないか?

383 :使用人風な女生徒:04/04/03 22:16 ID:???
>382
んー……怪我……ですかぁ?

(頭をなでなでしながら。視線を横に移し……)

今、しました♪

(戻す。大丈夫なようだ。)

ところで……何故そんなことを聞くのですかー?

384 :色黒の生徒:04/04/03 22:20 ID:???
>383
あ〜………悪ぃ。
(頭を掻きながら苦笑)
えっと…地下鉄跡に調査に行ったのは覚えてるよな。
(一件をかいつまんで話す。
 調査したところ、子供の凍死体が複数見つかった事、
 MSが襲いかかってきた事等)
…という訳でな、流れ弾とか食らったらヤバイだろ?

385 :使用人風な女生徒:04/04/03 22:22 ID:???
>384
はぁ……

(一見、親身になって聞いているように思える。)

それで?何が危険なんですかー?

(聞いていたのだろうか?
 相手の話す意欲を消滅させるほどの発言である。)

386 :色黒の生徒:04/04/03 22:26 ID:???
>385
………ハァ。
(まずは大きな溜息を一つ。)
とりあえず…コレを見てみろよ。
パイロットスーツ着ててこれだぜ?
生身じゃヤバイだろ、特にナチュラルならさ。
(そう言うと背中を見せる、そのZAFTのパイロットスーツ
 の背中部分は、表面が一部コゲている。
 目の前の女性徒を庇った際に受けた砲火の熱だ。)

387 :使用人風な女生徒:04/04/03 22:30 ID:???
>386
あら!大変です!

(疾風の如く薬箱を持ち出すと、塗り薬を取り出す。)

お背中、火傷してません?
火傷はこれが一番です♪

(満面の笑みでふたを外す。)

388 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/03 22:31 ID:???
>369
おいおい・・・・忘れられてるぞ(汗)
(心配になって戻ってきた・・・正確には注射が嫌いで医務室から逃げ出してきた・・・所で脱出した雪風を発見。
抱き抱えると医務室に連れて行く)
まったく世話がかかるぜ。

389 :色黒の生徒:04/04/03 22:35 ID:???
>387
ん……いや、そんなに酷くは無いぜ………?
(実際の所、火傷等殆どしていない。
 熱で少々皮膚は痛むが、パイロットスーツが焦げた程度では
 騒ぐ程では無い、コーディネーターだという事を除いても、だ。
 …しかし、その満面の笑みを見てしまった。)

…あ〜………頼む。
(笑顔に負け、スーツの上半身を開けて背中を向ける
 野郎一名。
 背中はそれなりに赤くなっているが、深刻では無い。

390 :使用人風な女生徒:04/04/03 22:40 ID:???
>389
ちょっと赤くなってますが、大丈夫です♪

(そういうと手際よく火傷を覆うように塗ってゆく。)

はい、おしまいです♪

(ふたをキュッキュと閉める。)

391 :色黒の生徒:04/04/03 22:44 ID:???
>390
あぁ…ありがとよ。
まあ、そっちに怪我も無くて良かったぜ。

……しかしお前、あんな時によく寝てられたな……(苦笑

392 :使用人風な女生徒:04/04/03 22:48 ID:???
>391
怪我はさっきしました。痛かったですよぉ〜?

(塗り薬を薬箱へと戻すと、話しながら頭を撫でる。)

眠い時は素直に寝るに限ります♪一杯眠れば背も伸びますよ?

(薬箱の蓋を閉めながら、微妙に上目遣いで見上げる。)

393 :色黒の生徒:04/04/03 22:52 ID:???
>392
俺も痛かったっての……
…ハイハイ、俺が悪ぅございましたよ…。

まぁそうだけどなぁ、もっと時と場所を選べよ?
死んじまったら、意味無いだろう。

394 :使用人風な女生徒:04/04/03 22:54 ID:???
>393
死んでしまう………?
それは困りますねぇ。薬じゃあ直せませんからねぇ……

(上を見上げて難しい顔をする。)

395 :色黒の生徒:04/04/03 23:02 ID:???
>394
そうだぜ、死んじまったら取り返しは付かないんだ。
自分の好きな事も出来なくなる、冗談も言えなくなる、
自慢出来たピアノも弾けなくなる、自分の家族にも会えなくなる。
そうなってからじゃ、全て遅いんだ。

(そこで言葉を切ると、立ち上がる)
余り女の部屋に長居するのも悪い、俺はそろそろ行くぜ。
薬、ありがとうな。
(パイロットスーツを正しく着込むと、出口へ向かって歩き出す)

396 :使用人風な女生徒:04/04/03 23:06 ID:???
>395
(出口に歩いてゆく色黒の生徒。)

あ。博士。

(止めるように声をかけると……)

博士もお体は大事にしてくださいね♪

(薬箱を胸に抱きしめるように抱えたまま笑顔で言葉を告げると、
 薬箱を棚の上に戻すべく、背中を向けて歩き出す。)

397 :色黒の生徒:04/04/03 23:11 ID:???
>396
(出口でそれを聞く、振り返って)
あぁ、お前もな。

(そして部屋を出て、ドアを閉める)
……ふぅ…

(そして、ロッカールームへと向かう。
 その表情は何処か楽しげだ。)

398 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 00:42 ID:???
(シミュレーターに入り込み、ナニカの武装の調整をやっているようだ)
……形状データは変更済み、あとはエネルギー効率か……
(ブツブツ言いながらキーボードを叩いている)

399 :ふくかん:04/04/04 00:46 ID:???
>398
 なにやてるですか?
(ひょい)

400 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 00:48 ID:???
>398 >399
…………(´−`)

(それらを実にどうでも良さげに眺めているシミュ室の主「一匹」)


401 :自称17歳の教官:04/04/04 00:50 ID:???
ホント…丈夫だよな、俺。
(左腕の骨にヒビ、肋骨何本か折れているという状況でも、
律儀に自習監督として、教員席に座ってるやつ)

402 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 00:58 ID:???
(隅の方のシミュレーターの中で、なにやら実験をしている)
ん〜〜〜〜。
これじゃぁちょっと早すぎるなぁ〜。
もうちっと増やすかぁ〜〜?
あんまり大きくなってもなぁ・・・。

403 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 00:58 ID:???
>399
新しい武器の設計です
大体出来てるんですけどパワー配分の設定が今一つで…
(キーボードを叩いて、設計を見せる)
ttp://cat.oekakist.com/midoneko/dat/IMG_000698.png
※画像はイメージです

>400
(横目で見て)
何スか?

404 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 01:07 ID:???
>401
丈夫ってって言うか、もうアレっぽいですよね〜
死にたくても死ねない、イモータル的扱いですよね。

>403
いや、「何スか?」とか言われても、そもそも僕は基本的にここの住人だし。
むしろ主って勢い?
ま、敢えて言えば…………

(>399 >401 >402)

……人、多いなぁ、って所?(´−`)

405 :自称17歳の教官:04/04/04 01:10 ID:???
>403
えーと・・・こいつは・・・このグラフィックで良いか。
(こっちもこっちで、フィールド上にAI操作の期待を出して武装のテストなのだが・・・
バズーカがまんま土管だったり、ビームジャベリンがモップにされてたり、遊んでいるように見えるほどシュールだ)

>404
本当は、療養休暇でも欲しいところなんですが、
ほら、校外学習の引率とか多くて、仕事が机からはみ出さんばかりに・・・。


406 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 01:14 ID:???
(暫くキーボードを叩いてあれやこれややっていたが)
・・・ヤメ。
も〜いい、面倒な計算やってられっかーーー!
(急にキーボードをバンッと叩くと声を上げる)

効果範囲指定して誰かにやってもらお。
(ノソノソと出て来て一服)

407 :ふくかん:04/04/04 01:16 ID:???
>403
 ふーん、グリプス戦役期のビームライフルをさらに発展させた
感じですね。
 なかなか面白そうじゃないですか?ただ、重量や内部機構をどうやって
衝撃から守るかが問題になりますね?
>404
 なにやら空疎な雰囲気ですが人生にたそがれをかんじてるですか?
>405
 なんだかこないだ生徒が書いてた「メイドもビルスーツ」とかいう
存在・運用意義が良くわからないモビルスーツの武装に似てますね?

 これ、なんですか?

408 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 01:20 ID:???
>401
怪我は完全に治して授業したほうがいいんじゃないッスか?

>404
確かに人が多い(汗
けどこんなもんじゃないッスか? 一時期はもっと人多かったし

>407
強度と重量に関しては問題ありません、コストは多少高くなるけど素材の強度も十分なんで
内部機構は見た目ほど複雑じゃありませんし、サーベルの出力が高めなんで斬撃時の衝撃も
ある程度は逃がせると思います、この辺りは敵機の強度次第ですけど


409 :ふくかん:04/04/04 01:24 ID:???
>406
 今日はずいぶん格納庫に人が多い日ですね。
(´ー`)ノシ
>408
 ビームで溶けたところを実剣で引き裂くわけですか。 
 確かにガンダリウムだろうとPS装甲だろうとビームには勝てませんからね。
 そして、表面にビームコーティングがほどこされているなら、刃が
直接コーティングを引き裂いてしまう。
 いいじゃないですか、なかなか(ほめほめ)

410 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 01:24 ID:???
>405
変ですねぇ…………僕はそんなに仕事回って来ないのに……?(;・∀・)

>406
…………何て言うか、「今養成所で開発がアツい!!」って感じですね。

>407
なんて言いますか、こう…………なんでしょうねぇ〜?⊂⌒~⊃´Д`)⊃

>408
そうだねぇ、この前の襲撃以来、シミュレーターに乗るのも厭だって子も増えたし……
まぁ、それを考えたら賑やかなのは悪くないんだろうね〜

411 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 01:25 ID:???
>409
うぃーす。
(手ではなく煙を揺らして挨拶を返す)

なんか人が多いやね〜。
生徒は少ないけどさぁ。

412 :自称17歳の教官:04/04/04 01:27 ID:???
>407
ビンゴ。

生徒が考えた武装その他の運用テスト。
一部は、仕様表だけの提出なんで、職員室にあったフリーの素材貼り付けてテストしてるけどね。

これとかこれとかこれとか。
(巨大な紙ハリセン、巨大な灰皿、食い倒れ人形が抱えているような太鼓
・・・どれも、取って付けたようないい加減な装着画像だ)

>408
仕事溜まってて、学期末までに処理しないと、休みが完全にないんだわ・・・。

>410
え?
(一瞬、顔が曇る。何か思い当たることがあるようだ)

413 :ふくかん:04/04/04 01:33 ID:???
>410
 仕事回ってこない?

 窓際族?
>411
 ま、仕事次いでってことで。
 お仕事なにしてたですか?
>412
 ・・・・・・
(実に興味深そうに眺めた末)
 教官はこの実に優れたアイディアたちに不可と落第ともう少しがんばりましょうの
どの評価をくだすですか?

 っていうかこの太鼓あたり運用法がオールドタイプのあたしにはちっともわからないほど天才的で先鋭的なんです。

414 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 01:35 ID:???
>410
いやぁ、ここんところ狙撃や砲撃戦がメインのはずなのに
おもっくそ近距離でドンパチやってましたからねぇ〜。
(携帯灰皿取り出して灰を捨てる)
ちっとは対策練らんといかんかなぁ〜と。

>412
を、その灰皿いいですねぇ。
(使う気か)

>413
戦闘中にゆっくり煙草吸う時間作ってくれる魔法の開発〜。
(真顔で言ってます)

415 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 01:38 ID:???
>409
そんな感じですかね、でも刃もつけると強度が……問題ないか
今のところの問題はライフル部とサーベル部のパワー配分です
コレばっかりはベストセッティングが無いから、個人レベルで調整にするかなぁ…
(髪をクシャリと掴む)

>410
やっぱりあの襲撃は響いてるか……ヤな空気だ
クソ、俺がでてりゃあちょっとはマシになってたのによ…

>412
相変わらず妙に仕事詰まってますね(汗
あ、そだ  あの事件以来体調とか問題ないですか?


416 :ふくかん:04/04/04 01:38 ID:???
>414
シパッ
つ●←ニコチンパッチ

シパッ
つ□←噛みタバコ

シパッ
つ◎←ニコチンアメ

シパッ
つ○←香炉



417 :自称17歳の教官:04/04/04 01:40 ID:???
>413
窓際か・・・なるほど、そんなことに。

そうだなぁ・・・強いて言えば採点不能って言いたいところだけど、
もう少しがんばりましょう・・・かな。

>414
これ、バグっぽい使い方するファンネルですよ?
(実際、画面上でMSの手から投げられたそれは、自力飛行に移るとビームカッターで仮想敵を切り刻んでいる)

画像がありあわせなんで、どう見ても灰皿ですが。

>415
まぁ、特には・・・。
教会行って、清めてきてもらったし、多分大丈夫だ。

418 :ふくかん:04/04/04 01:42 ID:???
>415
 んー、ビームサーベルに過剰な出力はあたし的にいらないとおもいますねぇ。
 結局、必要なのは磁力反発に押し勝つ腕のパワーですからぁ。

419 :ふくかん:04/04/04 01:43 ID:???
>417
 いえ、あたしがききたいのはこの太鼓のほうなんですが・・・・
(じゅんしんなめ)

420 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 01:45 ID:???
>412
「え?」と言われましても……心当たり無いんですか?
安請け合いして、何か役員を掛け持ちしちゃってるとか……(;´Д`)

>413
え"………………………………………………

…………………………………………イヤダナァ、ハハハ(゚∀゚)

>414
あぁ、なるほど…………拡散系の武器かその辺ですか?

>415
…………………………………………

(無言)

421 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 01:47 ID:???
>415
たわけ〜。
生徒一人が出たくらいでそうそう戦局が変わるか〜〜。

>416
(一際大きく煙を吐いて、やや間)
そんなんは邪道だっ!邪道!!
ってか最後のは何!?

箱から出して、口に咥えて、ライターの火を点けて、火に近づけて最初の一呼吸・・・。
そしてゆっくりと吸った煙を吐き出す。
これらの一連のプロセスなしに何が煙草かっ!?

>417
ファンネルぅ〜?
んじゃパス。そんなの使えませんや。

>420
拡散といえば拡散ですけど、目くらましですやねぇ〜。

422 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 01:51 ID:???
>417
なら問題ないと思いますけど、今のところ本人以外の気配ないですし

>418
てことはむしろライフルですか…
あとは起動時間も気を配らなきゃなぁ…
(キーボードを叩いていく)

>420>421
『一人分』だけでも変わりますよ、多分
それで死ぬ人が一人でも減れば『まだマシ』だと思います

423 :自称17歳の教官:04/04/04 01:52 ID:???
>419
嗚呼・・・これ、俺も散々悩んだんだけど・・・。
(パカっと開くと、キャタピラ状の金属板が、機体をぐるーっと一周)

携帯用の、巻き上げ式アインラッド・・・・らしい。
ディーゼルエンジン付きの。

(モニターにはエンジン吹かしながら荒野を駆け抜ける姿。カッコイイかもしれないが、実用性はないに等しい)

424 :ふくかん:04/04/04 01:53 ID:???
>420
 笑いが白いですよアズフィート教官。
 まぁあれですね。いろいろお悩みのご様子ですから仕事に手がつかなさ過ぎたとか。
>421
つ=◎=
(なにやらぼつぼつがたくさん開いた怪しげなマスク。どうもそこにタバコを刺して
吸うための道具のようだが・・・・・・ 
 手を使わずにタバコをすえますけど・・・・・・・)

425 :ふくかん:04/04/04 01:58 ID:???
>422
 加熱が一番の問題ですねぇ。あんまりながいこと使ってると本体のいたるところが
えらいことになっちゃいそうな予感です。
>423
 ひとつ、聞きたいことがあります。


 なぜディーゼルなのか子一時間問いただしました?
(にこやかに炊飯ジャーを取り出しつつ)
 一応、その子の返答内容によってはちょっと今から個人授業に。

426 :自称17歳の教官:04/04/04 02:03 ID:???
>425
実家が、植物油の精製工場だそうで、
ガソリンは無理でも菜種油なら・・・ってことらしい。

悪いこと聞いた気がしてなんともなぁ・・・。


427 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 02:04 ID:???
>421
…………僕も、拡散系持ってみようかなぁ?

>422
そうだね。あの状況は、一人でも多く戦力が欲しかった。
メガネ君の見立ては正しいと思うよ。
流石に……この程度の引っかけには躓かないね(邪笑)

>424
いぇ、回ってきた仕事は全部こなしてますゆぉ?
ただ……………………ただ…………(´・ω・`)

428 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 02:04 ID:???
>422
そりゃまぁ変わるだろうなぁ。
出る人間が一人増えればそれだけ流れ弾が増えて誤射の可能性も増える。
なにより戦死するかもしれない奴が一人増えるわけだ。
必ずしも減るとは限らんのよ〜〜。

なんにせよ、気負いすぎでないかい〜?

>424
違うっ!
煙草ってのは口だけで吸うもんじゃないんだっ!
指にもその感触を与えないと意味がないんだよっ!!
(何時まで続ける、その力説)

429 :ふくかん:04/04/04 02:06 ID:???
>426
 少しでも実家の家業がってことですか?(つД`)
 親孝行ですねぇ・・・・・・

 でも菜種油でディーゼルエンジンって動くんですか?(そぼくなぎもん)
>427
 ただなんですかー?(目を目でのぞきこみ)
>428

つ=←吸殻

430 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 02:07 ID:???
>427
ためしにやってみたらどうですかぁ〜?
今考えてるこれは、教官さんには向いてないと思いますけど〜。

431 :自称17歳の教官:04/04/04 02:10 ID:???
>429
ザクタンクも燃料、食堂の廃油を加工したの使ってるし、なんとかなるんだろう。
実際、旧世紀には軽油の代わりに、菜種油を給油するガソリンスタンドあったって話だし。

ほんじゃ、そろそろ少ない休み時間なんで、天馬にでも行ってくる。
(無事な右手を振って、キャスター付きの補助機に捉まりながら外に出て行く)

432 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 02:13 ID:???
>425
あ、加熱問題を忘れるところだった!(汗
コレは実際動かしてみての課題かな、あとはシミュレートしてみるか…

>427
何スか、その笑いは…
一人で戦況変えられるなんて思うほど増長してません、キラじゃあるまいし
……でもアイツは実際に変えられるんだよなぁ…乗ってる機体も機体、技能も怪人だし

>428
まったひねくれた返しをしてくれますね…(汗
気負いすぎ…確かにそうかもしれないですけど……
俺の理想は果てしなく遠いから、多少気負ったほうがいいんですよ

433 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 02:18 ID:???
>429
あ!そんな長い状態で捨てるとは!!
どこの愚か者だ!!
(言いながら何時の間にかその吸殻を引っ手繰って自分の箱の中に入れる)

>432
間違っちゃいないだろ〜?
理想ねぇ・・・あんまり理想高いと婚期逃すぞ〜〜。
(ケラケラ笑いながら冗談交じりに言う)

434 :ふくかん:04/04/04 02:22 ID:???
>431 
 ・・・・・・知りませんでした・・・・・(唖然)

(唖然としながらノシ)
>432
 なるほど、がんばってみてください。

 さて、それじゃあたしからちょっと質問。

 目標がずいぶん遠いとこにあるのはわかります。ええ、君の主義主張について
言ってるんです。
 
 で、どういう段階を経てその目標にたどり着こうと君は思ってますか?
>433
 ええと・・・・・・

 タバコなら何でもいいですか?(微妙に滝汗)

435 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 02:28 ID:???
>429
17歳教官と比較すると、明らかにオカシイな〜、とか感じてみたりしてたりするかもしれないだけですけどべつに…………(;´・ω・`)


>430
うーん…………ただ、武器増やすと機体が重くなるのが悩み所なんですよねぇ〜

>432
いや、断言しても良いけどそれは彼が携わってきた戦局が異端なだけだよ。
君の「考え」が正しくて、彼の「功績」が間違ってる。それが、僕の意見だね。

(苦笑しながら答える。自分自身、どこか皮肉な言いぐさになってる事に気づいたらしい)

436 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 02:31 ID:???
>434
なんでもよかないが勿体無い!
これ一本を作るために農家の方々がどれだけの労力と時間を費やしていると思ってる!?

>435

これ武器ぢゃありませんよ〜。
重さも・・・いまんとこミサイル2,3発分くらいですし〜〜。
ま、そのへんまだまだ練らないといけないんですがねぇ。

437 :種馬の娘@Z+A1 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/04 02:31 ID:???
(何時の間にかシミュに入っている)
くっ!ちょこまかとぉ!(AI操作されたスカイグラスパー(エール)一個小隊、TINコッド一個小隊との空中戦)

438 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 02:32 ID:???
>433
間違いないです、完全に
…でも婚期は逃がすかなぁ。 ……逃がしかねん(汗
そっち方面は理想なんて……………無いからなぁ

>434
段階…ですか…
『磨く』しかないんじゃないですか、俺にはそれ以外の方法が思い浮かびません
もしかしたら一生かけても到達できないかもしれませんけど、それでも俺は
――ワガママを通し続けます、狂ったようにずっと

>435
そんなモンですかねぇ
俺はとりあえずやろうとしてることも一緒だし、当面の目標はあいつですけどね
一箇所を除いてアドバンテージが無いから超える甲斐がありますよ(苦笑


439 :ふくかん:04/04/04 02:46 ID:???
>436
 はぁ・・・・・・(圧倒される)
(このあたしが・・・・・・押されている!?このプレッシャーは、何!?)
>438
 えーとですね。
 インドの行者さんの修行にですね。
 歩かず、地面をころがりながら何百キロの道を進んで聖地を目指すって言うのが
あるんですけど。
 どう思います?

440 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 02:53 ID:???
>438
危機感があるだけましだぁね。
逃がさないどころか追う気もない人間よりは、なんとかなるじゃない〜?

>439
只でさえここのところ吸える場所が減ってるってのに、
こんな長い吸殻を当たり構わず捨てる連中がいるからさらに追いやられる・・・。
自分で自分の首しめるだけじゃ飽き足らずに他人まで巻き込むなーっ!!
(叫んだ瞬間随分長くなった灰がポトリと落ちる)
うをっ!いかんいかん、汚したらここも禁煙に・・・。
(しゃがみこんで落ちた灰を集めて携帯灰皿に纏めていく)

441 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 02:55 ID:???
>436
…………マグネシウム光線とかじゃ無いですよねぇ?(’¬’)

>438
まぁ、頑張るんだね。
一カ所のアドバンテージを巧く使うってのは…………難しいかな(;・∀・)

442 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 02:55 ID:???
>439
またえらい壮絶な修行ですね、ホントに(汗
どう思うかって言われると……まず『凄い』ってのが浮かびました
それでホントに出来たらその人は……そのなんだ、『たどりつける』って信じてるんですね
――馬鹿みたいだけど、そういう考えは凄く強いと思います
デモなんでまた急にこんな話を…

>440
危機感もあるってほどじゃないですけど
……教官も相当危ないんじゃないですか?(ニヤ

443 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 02:59 ID:???
>441
ま、それは完成したらのお楽しみってことで〜〜。
ほんの数十秒時間が稼げりゃ良いんですよ〜。

>442
だからぁ、追う気もない人間がいるって言ったろ〜?
回転寿司で食べたくもないネタが目の前を過ぎていってもなんも思わんのと一緒〜〜。

444 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 03:01 ID:???
>441
その唯一のアドバンテージってのがNTならではの『直感』なんです
……一回でもやりあった人間ならソレが生かせないの判りますよね…
(沈んだ表情で言い放つ)

>443
もう末期って訳ですか……教官まだ若いのに…

445 :ふくかん:04/04/04 03:18 ID:???
>435
 もーちょっと別の悩みがありそうにおもえるんですけどね?
 勘違いの多い女のカンってやつですけど?
>440
 まいりました(どげざ
>442
 ええ。なんていうんですかね。

 結局。こういうのって。自己満足に過ぎないと思うんですよね。
 無用な苦労です。聖地に到着するのがかれの目的ですよね。
で、そこにいたるまでに自らに苦役を課す。それはいいんですけど。 
 結局。彼がまんぞくするだけで。客観的にいって、意味ない。
あなたは。
 自己満足したいんですか?


446 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 03:20 ID:???
>444
そう言うお世辞じゃ単位はやらんぞ〜〜。
(もうフィルターしか残っていない煙草を諦め、先ほど引っ手繰った吸殻を取り出して火を点ける。
 そしてその煙を思いっきりメガネをかけた生徒に吹きかける)
いらないものはいらない、それだけ〜〜。

>445
なにしてんの?
(落ちた灰を纏めているうちに冷静になったらしく、何故土下座しているのかわからない)

447 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 03:23 ID:???
>445
はい
(まっすぐと目を見て、はっきりと断言する)
――俺の理想がただの、もしかしたら誰かを巻き込むかもしれないモノだってのはとっくの昔に理解してるんですよ、俺は

でも俺はその無意味な理想に、信念とキオクと己の力でたどり着きたい
それはただの、俺にとってしか意味の無い自己満足です

448 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 03:24 ID:???
>443
ふむ…………気になりますね。
数十秒も時間を稼げれば、致命打が幾つ撃てるか分からないですからねぇ〜

>444
むぅ…………
(なんてゆーか、迂闊に口を開けない。
 何せ、そのアドバンテージすら持たないのに勝ってしまった身が故に)

>445
いや、女のカンってアテにならないとおもいますですでございます。
赤毛ちゃんと一緒に居ると、特にそう思えて仕方なくて。

449 :ふくかん:04/04/04 03:36 ID:???
>446
 いえ。まぁ。負けた、とおもっただけなのです。
>448
 あ。いえ。理想が悪いなんて一言も言うつもりはないですよ?
 ただね。
 あなたのいう「信念」も「きおく」も「力」も、所詮は道具ですよね?
誰にも影響を与えない信念だか理想に。
 何の価値があるんですか?
 あなた自身。それでいいって思ってませんよね。
 じゃあ。もうちょっと違うやり方をしたほうがいいんじゃないんですか?
そういってるだけです。
 いいですか。
 誰にも影響を与えない理想を、ただ自分ひとりが貫ければいいっていうのは。
 自分が満足すればいい、なんていうのは。
 負け犬の考えですよ。実は負けているのに、「いや。俺は勝っている」って
主張してるようなもの。
 あなた負け犬になりたいんですか。
>448
 さいですかー。
 ま、別にそれならそれでいいんですけど〜。
(ひとごとのように言う)
 ま、問題ないならそれでいいです。
 

450 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 03:41 ID:???
>446
まぁ、お世辞云々はともかく
(煙を吐きかけられて、咳をしながら)
いらないモンですかね、そういうのって

>448
何か言いたげッスね、教官(ニヤニヤ

>449
……じゃあどうすればいいんですか、俺は政治やら革命なんて出来ませんよ
(ジト目で見る)
負け犬は確かに嫌ですけど…

451 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/04 03:45 ID:???
>448
あ、その間はこっちもまともに攻撃できないし〜。
そんなに万能なもんじゃないよ〜〜。
だから教官さんには向いてないって言ったわけで。

>449
なんか知らんけど勝ったんだ〜。

>450
その辺は個人個人によるだろぅ〜。
いる人はいる、いらない人はいらない。
んでお前さんの目の前にいる人間はいらない側の人間だって事〜〜。

さぁて、整備の連中に仕上げ頼んでくるかぁ。
んじゃおつかれさま〜〜〜。
(煙を残し立ち去る)

452 :茶髪:04/04/04 03:46 ID:???
(シンプルな彼の最初の愛機、ストライクにただバッテリー強化盛り込んで
稼働時間伸ばしただけの代物を利用してシミュにチャレンジ中の様子…。)

453 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 03:47 ID:???
>449
ま〜そこまで深刻な問題は抱えてないですよ〜

(女の勘、って怖いなぁ…………アンジェも、もしかして違和感感じてたりするかな……?)

>450
あ、いや、別に…………アハハハ(’▽’;)

>451
むぅ…………世の中、そうそう都合良い話が転がってるものじゃないですよね……

454 :ふくかん:04/04/04 03:51 ID:???
>450
 知りませんよ。そんなこと。
 それは子供の考えですよね。
 自分の理想が貫けない。貫き方が見つからない。
 んなこと。知りませんよ。
 あたしはリーディスくんの、お母さんじゃないんですよ?
 じゃあ、あたしがやり方考えて、「こうしなさい」っていったとして。
それ、あなたの考えじゃなくてあたしの考えでしょ。
 人が考えた考えの尻馬に乗ってそれつらぬけばいいんですか?
 違いますよね。
 
 あなたの欠点、言いましょうか。
 考えるの。やめてるんですよ。「俺がこうするって言ったらこうする」っていう、
子供のわがままのレベルに考えが止まってる。
 血反吐吐きながら考えたらどうですか。命かけてみたらどうですか。
 戦いの中で命かけてます。っていうのは答えになりませんよ。
 自分にとって気持ちのいい考えに酔いたいだけですか?
 違うでしょう。あなたがそれだけ信じる何かは、たかだか何人かの
大人さえ納得させられない程度のシロモノなんですか。
 考えなさい。ここは学校みたいなものです。
 思考停止馬鹿を育てたんじゃあたしたちの評判が下がりますから。
 どうせあなたはその考えを捨てない。あたしたちから見ればばかげた考えに
見えます。
 そこで気概ってやつを見せたらどうですか。
 あたしたちこそが馬鹿なのだって是が非でも示してやろうと思いませんか?
 
 気合が足りない、でしたか。あの「鬼神」がよく口癖にしてたそうですね。
あえて、人のことばを借りますが。

 気合。たりませんよ?

455 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 03:51 ID:???
>451
人としてソレってどうかと……(汗
お疲れ様です、教官(軽く敬礼して見送る)

>452>453
噂をすればなんとやらっすかね……聞かれたかな(汗

456 :ふくかん:04/04/04 03:55 ID:???
>453
 んー。なんていうんですかね。
 こう。まったりしてるというか。
 昔からそうでした、っていわれるとそうかもしれませんけど。
 落着いてるというか。落着きすぎてるというか。
 めがね君とか茶髪君とかに対しては結構感情剥き出しにするんですよね。
でも。
 なんだか。なんだかなんですけど。
 こー。なーんか。隠してるというか。
 遠いんですよね。話してて。
 普通に話してると穏当で問題の無い発言に終始してる気がしますね。
 こう。 
 もんだいなーいもんだいなーい方向に向かってるって言うか。
 まぁ。大人だから、って言われるとそれまでですけど。
 なーんかこう隙がないんですよね、話してて。

 そういえば。めがね君や茶髪君に対しても。隙を造ろうとしませんよね、
教官は。

457 :茶髪:04/04/04 04:05 ID:???
(シミュがそこで停止、でてくる…。)

…あ…こんにちわ。
(挨拶。1時間も入ってないのに…息、切れてます。)


458 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 04:07 ID:???
>454
……そう来ましたか……
(自分の頭を軽く掴んで)
俺なりの、俺だけじゃない答え…か

(苦笑し、まっすぐに見て)
ならば血ぃ吐いて、この俺の生が終わるまで考え抜いて
―――てめぇら人殺しに間違いを教えてやる、覚悟しろよ
(強く、意思表明のようにはっきりと言い放つ)
……なるほど、こっちのが俺らしいや
(ニッと笑う)

>457
ウッス、オーバーワークは体に毒じゃねぇのか?

459 :ふくかん:04/04/04 04:13 ID:???
>457
 お疲れ様。がんばってますね。身体のほうはもうだいじょうぶですか?
>458
 決意表明ってやつですか。ようやく「男の子」ですね。
 一人前の「男」にはまーだちょっと遠いです。
(さらり、と受け流してのける)
 

460 :茶髪:04/04/04 04:17 ID:???
>458
………オーバーワークでもないよ。まだ一時間もやってないし。

>459
…はい。……まだ少し違和感残りますけど…。

461 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 04:18 ID:???
>455
いや、あーなってる時の茶髪君は何にも聞いてないから大丈夫。

>456
まったりしてるのは、今に始まったことじゃ無いですけど、
前に生徒から「完璧超人」呼ばわりされましたからねぇ。
きっと自分でも自覚無い内に隙を作らなくなってるんじゃないですか?

>457
やほ(・ω・)ノ

>458
ひゅー、格好良いー♪


つまり、僕の人生は間違いだと主張するわけだね(・∀・)

462 :ふくかん:04/04/04 04:23 ID:???
>460
 ま。あんまり身体を甘やかしても良くないですしね。
 楽に慣れると、あとあと苦労しますから。 
 がんばってください。
>461
 んー。そうですかー。
 
 今晩あたりあたしと寝てみます?

463 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 04:24 ID:???
>459
ぬぅ…そんなモンっすか、厳しいこって(汗
ま、目標は出来たんでちったぁ理想の大本も見えて……来てませんけど
 と に か く 
厳しいけどやりがいのある課題ありがとうございます(敬礼

>460
息切れするほどシミュレーターやるのはオーバーワーク以外の何者でも無いっての
つうかお前、怪我大丈夫か?

>461
人生は否定しません、というより出来ませんから
だから俺はアンタの戦いを否定します、アンタが鍛え上げてきた術(すべ)は間違いだって
(まっすぐと見据え、言い放つ)

464 :茶髪:04/04/04 04:26 ID:???
>462
…そのつもりです。

>463
そう言われるとそうだね…。

…完治はしてないけど問題は少ないよ。

465 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 04:29 ID:???
>462
その「寝る」の定義がなんであろうと断固勘弁願いたいです。
どんな内容だとしても、赤毛ちゃんに撲殺されるのが目に見えてますので。
どーしてもと言うならグェネぴー辺りを間者に仕立ててください。
(即答)

>463
OK、その意気は買うよ。次は、その言葉を実現出来てから言う事。
君が理想を追求するなら、僕は現実を徹底する。
楽しみにしてるよ?(邪笑)

466 :茶髪:04/04/04 04:30 ID:???
>461
…あ、こんにちわ。
(軽く挨拶。)

467 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 04:38 ID:???
>464
いや、テメェはただでさえ溜め込むクチなんだからよ
完治まで動きまわんな、マジで

>465
永い道ですけど、いつか必ずたどり着いて見せます
……ああ、やっぱりアンタは俺の敵、絶対に越えなきゃならない『壁』だ

468 :ふくかん:04/04/04 04:47 ID:???
>463
 がんばってください。
 まぁ単位にも何にもなりませんが、この課題におちたらもれなく
「口だけはた迷惑男」の称号がいっしょーあなたに付きまといますおかくごー♪
>464
 はーい♪
>465
 冗談ですよ、冗談♪
 まったくもって完璧なる貞節ぶり。感服のきわみです♪
(どこか眼光に真剣さを残しながら。あくまで冗談と言い切って、彼女は
朗らかに笑った)

469 :茶髪:04/04/04 04:51 ID:???
>467
……大丈夫。…自分の体のこと位はわかってるつもりだから。

>468
それにしても……言ってる事と口調のギャップ、相変わらずすごいですね…。


470 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 04:54 ID:???
>467
そう──

(不敵な笑みが、移り変わる。それこそ、本当に心の底からの微笑み。
 人によっては「父親の様」と表現しそうな、そんな笑顔)

──それは、大変だねぇ。

>468
あ、赤毛ちゃんが嫉妬したらどうなるか知らないから言えるんですよぉ……
僕は、あの日のスタンガンを忘れた事無いですから……(;゚Д゚)

(何がどこまでどうなのかはともかく、汗はかなりかいている。
 ついでに言えば、眼光の鋭さに気づく余裕もないぐらいうろたえている様にも見える)

只でさえ養成所異色のカップルだってんで変なところから変な情報が変な所にリークされるんです。
下手したら今の会話だけでもう………………あああ〜っ!
<(;´Д`)>

>466
と言う訳で何かの際には僕の骨だけは拾ってね?

471 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 05:01 ID:???
>468
努力は全力でします、一生かけてでも
死んでから悪く言われるのはシャクなんで(二ッと笑う)

>469
てことはそろそろ治るんだろうな?
人手不足なんだからさっさと治せよ

>470
はい、大変でしょうね
(やさしく微笑み、しかしソレでいて瞳は強く)
簡単に負けませんよ、俺は?


472 :茶髪:04/04/04 05:04 ID:???
>470
……そんな事したら又ゴミ箱に放り込まれかねませんからね。
勘弁してください。
(第一養成所時代に赤毛にゴミ箱に放り込まれた経験を持ってたり。)

>471
…勿論ね。

473 :ふくかん:04/04/04 05:10 ID:???
>467
 はいそこ突っ込みどころー。
 ホントに壁なんでしょうかね。
 実はそういうとこでなにか貴重なヒントを見逃してるかも
しれませんよ?
 そう。じつはアズフィート・クラウン教官その人のやり方に、
大事な大事なヒントが隠されているのかもです。
 理想という目標にたどりつくためにたどれる道は一つじゃないです。
 案外。逆方向に一度進んでみる。というのも手かもしれないんですから。
 前に授業でやったかな?一応おさらいしておきますね。
 軍事用語に「無力化」って言葉があります。これは戦術・戦略において相手の脅威を
完全に奪い去ることを意味します。
 いいですかね。「殺傷」を目的として作戦を行うケースってほとんどありません。
戦争ってのは目的を達成できればそれでいいんです。
 目的があいての殺害にあるならとにかく、ほっとんどの場合はだれも殺さずに
一発の弾も撃たずに目標を達成できるならなるべくそうするっていうのが普通。
軍人と「人殺し」が異なるのは、明白にこの一点にあります。
 で、アズフィート教官は「無力化」を迅速に行うために、結果としてパイロットを
殺害しているに過ぎません。OK?その辺誤解しちゃいけませんよ。
>469
 ほっといてください。なんていうか癖です。 
 こういうのは直しようが無いのですon_
 いちおーあたしも大人の女だということを認識してくださーい
>470
 んー。やっぱ気のせいですかねぇ・・・・・・・(−−;)
(かなり悩みはじめるふくかんどの)

474 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 05:21 ID:???
>472
お前はただでさえ頼りになるんだ
…信頼してるぜ

>473
む、そう来ますか……
無力化……殺害……目的…
(口に手をやり考え中)
確か授業で……あ、そうかそういうのもありか…
いやむしろ………ああ、なるほど
(口から手を離し)
ちょっとだけ……端っこだけですけど、なんとなく見えました
何度もサンキューです
まぁ、逆方向に進めるとは思いませんけどね(汗

475 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 05:23 ID:???
>471
(一度頷くと)

大丈夫、簡単に越される気も無いからね。
今のところは、僕の発言の方が信頼されるだろうし。

>472
…………ワレ、ケッシノカクゴヲカタメルナリ_| ̄|●

>473
(あー、まぁ結果的な「無力化」として説明出来るのはここ最近だけ何だけどー、まぁ黙ってよ)

…………気のせいじゃ無いですか?(・ω・)

476 :茶髪:04/04/04 05:25 ID:???
>473
…は…はぁ…すみません。
(微妙に冷汗掻いて)

>474
ありがと。

>475
………頑張ってください。…いろいろ大変だとは思いますけど。

477 :ふくかん:04/04/04 05:41 ID:???
>474
 まがんばってみてください。
 笑いものになるのはつらいですよ?
 それがいやならがんがることです♪
>475
 うーん……(消えない疑問が頭をよぎる。何か違和感を覚えるが……
 考えれば考えるほどその違和感はあやふやなものになっていく。
 結局……)
 やっぱ気のせいですかねぇ。失礼しました(苦笑)
>476
 まー見た目がみためですからしょーがないんですけどねー(うつろに斜め下45度。実はものすごく自らの外見を気にしてるという事実発覚)

478 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/04 05:43 ID:???
>475
前言いましたよね? そんなことはアンタが正しいことは理解してるって
だから死ぬ気で努力して、いつかアンタを追い抜いて、俺が正しいことを教えてやる
ソレが俺なりの想いです

>476
礼は言わんでいいから安静にしてろ
嫌な風も吹いてるしな

>477
了解っス(敬礼

さてと、それじゃあ
(シミュレーター室を出て行き)
掴んだ糸口が逃げないうちに考えますか…!

479 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/04 05:48 ID:???
>478
其れぐらいの気概を持って接してくれないと、汚れ役としては寂しいね。

>476 >477
僕も、この辺で失礼します。赤毛ちゃんにメタ撃ちされるまえに先手を打ちたいんで。

マダダ、マダオワランヨ!ヽ(`Д´)ノ≡≡====−−

480 :茶髪:04/04/04 05:50 ID:???
>477
……ははは…。
(冷えた笑い。)

>478
…確かに…そうした方が良さそうだね…今は。

>479
…。
(哀れむような視線を向けてから)

じゃあ…僕も…。
(そのままその場を去っていく。)

481 :赤毛:04/04/04 05:55 ID:???
477 :名無し生徒:xx/xx/xx xx:xx ID:???

 さっき格納庫でぽややん教官とふみ教官がスゲェエロ話してた。

478 :名無し生徒:xx/xx/xx xx:xx ID:???

>>477詳細キボンヌ

479 :名無し生徒:xx/xx/xx xx:xx ID:???

>>478
 なんか無力化するとか殺すとか殺さないとか話してた。で、「今晩寝ます?」
なんかもうフミ教官結構マジ系。教官たちエロ杉。超エロい(´Д`)ハァハァ


店のPC→□_(−−#)

(時、わりとすでに遅かったようである)


482 :青い目の許婚:04/04/04 17:46 ID:???
(付近にリヴァイアサンを隠し、ギアナの地へ。
  薬を数本携帯して来たほかは、殆ど荷物を持ってきていない)

場所……此処で良かったかな……

(いつものロングコートを羽織って辺りを見回す)



483 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 17:50 ID:???
>482
【突然、周囲が薄暗さを増す】

「……」

【その身の回りに黒い淀みを湛えた、黒衣の少女。
 音も無く姿を現したその様子は、まるで突然その場に現れたかのようだ】

484 :青い目の許婚:04/04/04 17:54 ID:???
>483
(薄暗くなると同時に、気配を探るように辺りへ感覚を散らす)

……誰です!

(後ろへ振り向くと同時に、片手で構える狙撃銃)

485 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 18:01 ID:???
>484
【黒衣の少女は妖しい笑みに唇を歪める。
 見下すように、憐れむように、慈しむように】

「アフランシから話は聞いている。
 何でも人間を辞めたいそうじゃないか……フフッ」

【影が、一段と濃さを増す。蟠りが腕のように伸ばされ、青目の頬を撫でたように見えたのは錯覚だろうか】

486 :青い目の許婚:04/04/04 18:05 ID:???
>485
(ゆっくりと銃を下ろす)

知り合いみたいですね……

(一瞬、今まで感じたことの無い影に、無意識的に寒気が走る。)

そうですよ。人間を続けてると……息苦しいですから。

(その錯覚にふと身体を避けさせる。
  その眼は、言葉に出さずして、彼方も人間をやめたのかと問い掛ける)

487 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 18:15 ID:???
>486
「だろうなぁ。
 この女も、どうしようもないくらいに弱い人間だったさ。
 だから、馬鹿らしくなるぐらいに世界から孤立して、自分を憎んで、居場所を失った。
 挙句の果てには、心まで壊れて……ふん、脆弱だ、人間など」

【まるで他人事のように話す少女。
 だが、その姿かたちは紛れも無く、コアとされたマコト・クロスのものである。
 では、彼女はいったい誰なのか】

「結局、醜く争ってこの星を汚し、自滅していくだけの存在。
 ならば私が苦しまぬように止めを刺してやるのが、せめてもの救いとなるだろうさ。
 私はその慈悲をこの世界にもたらす為の存在だからな」

【影が蠢く】

「フフ……息苦しい、か。確かにお前は、陸に上がった魚のような顔をしている。
 そのまま空気に溺れて死んで見たいと思ったことはないか?」

488 :青い目の許婚:04/04/04 18:22 ID:???
>487
(何です……多重人格?)

それは少し違います。

(違和感の正体を探るように神経を動かしつつ、口を開く)

私は……空気に溺れたサカナだと言う事すら気付いていなかった。
自分は空気で生きる。生きなければならない。
生きていけなければ、私は異常な事になりますから……
だから認めてなかった。

そして……今でもまだ、認めたつもりでも……。
本当に認められていない……。


本当、彼方の言う慈悲にすがりたいぐらいです……。

(ゆっくりと歩いて近寄る)

489 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 18:26 ID:???
>488
「ならば縋るか? このワタシに」

【影が密度を増し、蛇のように幾本も鎌首をもたげて青目へ飛び掛らんとする】

「溺れてみるか? このワタシに……フフッ」

【だが、蛇たちは未だ飛び掛らない。まるで何かを見定めようとしているかのように】

490 :青い目の許婚:04/04/04 18:34 ID:???
>489
ただし……(顎を上げる)

私が縋るのは貴方という姿じゃない。
DG細胞と言う名の本能の発露です……。

貴方は誰ですか。

(影の一つに触れるように手を動かしながら問い掛ける)

491 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 18:40 ID:???
>490
【その言葉に、意表を突かれたように一瞬の間が空く】

「……クックク……ッ……アッハハハハハハッ!!
 そうだ、それで良い。
 そうでなくてはワタシの眷属になどなれはしないさ!!」

【更に密度を増していく蛇。否、それは蛇などではなく―――】

「ワタシが誰かと訊いていたな。教えてやろう―――」

【影から、更に無数の黒い触手が青目へと伸ばされ】

「―――ワタシがデビルガンダムだ」

【DG細胞で編まれた漆黒の腕が、舌が、触手が、青目の体を絡め取る】

492 :青い目の許婚:04/04/04 18:47 ID:???
>491
(無数の触手で腕の動きをまず封じられ)

デビルガンダムそのもの……
マコトさんは喰われたかっ!?

(振り払うように身体を跳ねようとさせるが……もう動けない)

……随分と悪趣味ですね。
つ、あっ、くっ……

(力の限り腕を動かそうとしてみるが……
  其の力には全く叶わず、指先がかすかに動くのみ)

493 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 18:54 ID:???
>492
「悪趣味なのはお互い様だろう?」

【青目の肌の上を縦横に這いずり回る触手、腕、舌。
 四肢の自由を奪い、だが身を微かに捩るだけの余裕は与えたまま】

「お前はワタシにこうされたくて来たんだろう?」

【僅かに肌蹴た青目の胸元に指先を当て、喉元から顎の先までをツーッと撫で上げる】

494 :青い目の許婚:04/04/04 19:01 ID:???
>493
(動かぬ身体を動かそうとしては居る……だが、指先や首が少し動くだけで)

違う……そうじゃ……
私は、何も貴方に、こうされたかった訳では……
悪趣味なんかじゃ……

(だが、確かに、確実に喋る言葉の覇気が弱まっていく。
  なで上げる指ではなく、相手の顔を見るように首を動かしながら)

495 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 19:08 ID:???
>494
「何が違う?
 お前はDGの力が欲しかったんだろう。
 DG細胞に侵されたかったんだろう。
 ワタシに、その体を犯して欲しかったんだろう?」

【撫で上げた指が、今度は頬をなぞり、更には顎の先を軽く持ち上げる】

「だから、その細胞まで一つ残らず……」

【身を寄せ、唇の間に指を差し込み】

「犯してあげる」

【そのまま、少女の唇が青目の唇に重ねられ、その隙間から紅く蠢く舌が艶めかしく差し入れられた】

496 :青い目の許婚:04/04/04 19:16 ID:???
>495
そうです、そうですけど……

(指が頬を滑り、顎の先に来る)

こう言う事を望んだわけじゃ……

(唇の狭間に指が入る)

私はDG細胞さえ入れば……んっ……

(そして言葉が最期まで紡がれる事無く、舌によって動きを封ぜられる)

497 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 20:21 ID:???
>496
【口腔内を、のたうつ蛭のように舌が蹂躙していく】

「人間だって所詮は獣さ。オスはこういうのが好きなんだろう?」

【その言葉は少女の口から発せられたものではない。
 よく見れば、少女の背後に蟠る影が異様な形を取り、不気味に揺らめいている】

「欲望に身を委ねてみるのも面白いとは思わないか?」

【少女が喋れる筈が無い。
 その舌は青目の唇をなぞり、頬の内側を擦り、舌先に絡まるように蠢いているのだから】

「フフ……ッ」

【いつの間にか、青目を包むDG細胞の闇が濃さを増していた】

498 :青い目の許婚:04/04/04 20:30 ID:???
>497
(違うと反論する事も出来ず、身体を逃れさせる事も出来ず、微か首を振る)

な……んだ……

(その後ろの影へ目を向け、次いで自分を包むDGの影を見ようとする。
  だが、それ以上に口の中を蠢く舌に意識が集中して行く……)

499 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 20:48 ID:???
>498
「可愛いなぁお前は。アフランシの手が付いてないのが不思議なくらいだ」

【やはり声は後ろの影から聞こえてくる。
 白い手が胸板を撫で回し、時に鎖骨の上を滑り、時に鳩尾から臍の辺りを擽るように刺激していく】

「ぞくぞくするな……フフッ」

【影が笑う。
 翻弄される青目を嘲笑い、虚ろな目のまま彼を蹂躙していく少女を嘲笑う。
 そう。この影こそが、彼女をコアとするベールゼバブの意思。これこそが本体なのだ】

500 :青い目の許婚:04/04/04 20:56 ID:???
>499
(半ば声は素通り状態で、聞きながらも神経が身体全体に拡散して行く)

……っ!!

(その拡散を食い止め、寸前で、薄皮一枚の所で……
  身体を委ね掛けていた自分を、押し留めるかのようにDG細胞の舌に噛み付く)

501 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 21:07 ID:???
>500
【少女の顔が苦痛に歪む……但し、一瞬だけ】

「ハハハッ……なるほど、確かにお前は手を付けてしまうには惜しい男だ。
 アフランシがそのままのお前を愛でたくなるのも頷ける……」

【少女の背後の影が一気に肥大化し、青目の体に蛇たちが喰らいつく】

「だが、ワタシは違う。お前の骨の髄まで穢してやるさ」

【相変わらず、虚ろな瞳をした少女。
 微かに荒ぶる吐息と共に、その血のように紅い舌が青目の頬をぬらりと舐め上げる】

「美味しい……」

【それは、マコトの顔に浮かんだ表情でありながら、決して彼女のモノではない表情。
 それは媚を含んだ妖艶な微笑み。
 影が笑う。
 必死に抗う青目の姿を。
 影が嘲笑う。
 本人ならば決して望まぬ痴態を晒す、かつての『親』の仇に連なる少女の姿を】

502 :青い目の許婚:04/04/04 21:18 ID:???
>501
(為すがままに扱われ、睨む眼も次第に光を失っていく。
 だが、先の最期の反抗。それは意識が薄れていっても……確実に余韻を残すい。
 好きにされたくない……その思いが辛うじて精神の砦を築き、抗う。

やめっ……

(だが……DGの侵食は確かに感じられる。
 細胞が侵食されていく事が、直感的に理解でき、それに身体が委ねられていく。
 視界には、影がどこまでも自分を笑うのが映えて)

503 : ◆RED/7.KeZA :04/04/04 21:29 ID:???
>502
【蛇が、その体をくねらせながら次々と牙を突きたてていく】

「感じるだろう。お前の中に入りたくて仕方の無い、ワタシの体のの焼けるような熱さを。
 感じているんだろう?
 お前の中で、お前を穢す悦びにのた打ち回るワタシの体がお前を焼く熱さを……。
 ホラ、もうこんなになってる……我慢できないんだろう?」

【影は、今や青目の体の7割を覆い隠さんとしていた】

「犯してあげる……
 穢してあげる……
 包んであげる……
 抱いてあげる……」

ビシャッ……

「お前の全てを、ワタシの色に染め抜いてあげる」

【蛇が、青目を飲み込み、青目に飲み込まれ、消えていった。
 後には、ぐったりとした体を地面の上に放り出された青目だけが残されていた】

504 :青い目の許婚:04/04/04 21:42 ID:???
>503
(まだ朦朧とする意識を無理やり覚醒させて上体を起す)

終わった……?

(思い出すと怖気が走る。その肌を暖めるように腕で肩を抱き、前に屈む。
 そしてはたと気付いて手を見る)

意識が残ってる……

(だが……身体が焼けるように熱い。
 このDG細胞は、自分次第で何時でもこの身体を奪い去る。
 それを示すような熱さが、残っている)

気持ち悪い……

(腰や腹の内臓、口、肌全体に先の感触がまだ残っている。
 そして最後は、この感触を自ら求めた事も覚えている)

505 :生体兵器・アフランシ ◆RED/7.KeZA :04/04/04 21:49 ID:???
>504
「おめでとう。
 どうだい、人間のその先へ足を踏み入れた感触は」

【何時からだろうか、彼の傍にはさも当然のようにアフランシが立ち、彼を見下ろしていた】

「これで君は人間じゃなくなった。
 これで君は化け物になった。
 君は死に、君は生きる。
 どうだい、悪魔に体中を貪られた感触は」

506 :青い目の許婚:04/04/04 21:56 ID:???
>505
(アフランシが突如現れても、もう疑問をもたなくなっている)

「アフランシ……」

(近くの木に掴まり、身体を立たせる)

「……気持ち悪いんだ。
 それだけはハッキリしてる。
 化け物になれた実感は湧かないのに……」

(顔色の悪さは、それだけではない)

507 :生体兵器・アフランシ ◆RED/7.KeZA :04/04/04 22:05 ID:???
>506
「すぐに慣れるさ。
 僕の見た限りでは、君の体とDG細胞は相性が良いみたいだからね♪」

【ふらつく彼に手を差し伸べようともせず、面白そうにその様子を眺めている】

「さあ、これで君も悪魔の仲間入りだ。
 君の体を灼き続けるDG細胞が、君の命を力に変えてくれるだろうさ。
 さあ、先ずは彼らを屈服させてみるんだね。
 君ならできるよ。僕が保証する」

【そして、彼の傍に歩み寄り】

「―――君は僕のお気に入り、だからね」

【耳元に息を吹きかけるように囁き、耳たぶをそっと甘噛みして離れる】

「素晴らしい舞台を期待してるよ♪」

【青目の情欲の炎を掻き立てるような妖艶な響きの笑い声を残し、アフランシは悠然と去っていく】

508 :青い目の許婚:04/04/04 22:18 ID:???
>507
「何時もそうだ……
 貴方は、人を何だと思ってるんです」

(口ではそう言うが、顔は明らかに嬉しさを残している)

「待ってて下さいね、これを飼い慣らすまでには……
 すこし、時間が掛かりそうですから」

(知らず笑いを漏らしながら、ふらつきながら歩いていく)

509 :ハッター@DGRジャジャ ◆eAwRb9qzdQ :04/04/04 22:28 ID:???
(その様子を――遠くより――見ていた)

……修羅が、また一匹、か…………(吸殻を地面に落とし、踏みにじる。だが、上げた足跡の中に吸殻は、無い)

510 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/06 23:34 ID:???
(天馬でカレーを食べている)
うん、旨い
(うなずきながら一口味わうと、天井を見上げる)
……さぁて、難しい宿題だ……いやマジで

511 :ふくかん:04/04/06 23:34 ID:???
(天馬)
 ずずーーーーーーーーーーー
(うまそうに茶をすする女が一人)
 

512 :赤毛@バイト中:04/04/06 23:39 ID:???
>510
 あいっかわらずなやんでばっかよねー。
 
 なーんかめんどくさいこと考えてるでしょ。
(水のおかわりなんぞを入れにくる赤毛ではある)

513 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/06 23:44 ID:???
>512
ん、水サンキューな
オレのやり方に答えを出そうと考え中だ
(スプーンを皿の上で弄びだす)
あと別に悩んでばっかりな訳じゃないぞ

514 :赤毛@バイト中:04/04/06 23:48 ID:???
>513 
 へー。
 その割には最近いろいろ考え込んでばっかみたいだけど?



515 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/06 23:51 ID:???
>514
そうかぁ?
……ま、俺が気づいてないだけでそうなのかもな
(テーブルに突っ伏しながら)
お前の彼氏も結構かかわってたりするんだよな、オレの悩み

516 :赤毛@バイト中:04/04/06 23:56 ID:???
>515
 んー。
 難しいっちゃ難しい話よねー。
 
 まー実際、メガネ君みたいな考え方は悪くないって言えば
悪くないし、甘いって言えば甘いわよねー。

 あたしにはコメントしがたい問題ねー(苦笑)
 
 そもそもここにくるきっかけが「捕虜」だったわけだし。

517 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/06 23:57 ID:???
(カラカラーン)
……………………(−−))

(体の所々が焼け焦げた状態で天馬にやって来る)


店の隅|   (−−))))

518 :ふくかん:04/04/06 23:58 ID:???
>517
 どーしたですか?(きょとん)

519 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/06 23:59 ID:???
>516
甘いってのは判ってるんだがよ
…そういえばお前みたいな例もあるしな
案外悲観するモンでも無い……とは思うんだけどさ
なまじ自覚してるからなぁ、コレがおかしいってのは

>517
ん(目だけで挨拶



520 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/07 00:06 ID:???
>518 >519
…………………………………………

グスッ…………(´つω・`)σの |店の隅|

(へんじがない。ただのイジケモノのようだ)

521 :赤毛:04/04/07 00:10 ID:???
>520
・・・・・・(−−;)

ごめんってばぁ。

522 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/07 00:18 ID:???
>521
(反応が無い。それどころか…………)

…………違うって、何度も……
……やっぱり僕は…………
……………………そんなつもりじゃ……
(焦点の合わない淀んだ涙目で壁を見つめてなにやら呟いている。
 それでいて顔は微かに笑っていると言うのがなんとも…………)

523 :赤毛:04/04/07 00:23 ID:???
>522
 だからごめんってばぁ(つд`) 
 
 あーーーーーーーーー
(なんと言っていいか途方にくれる奴。
 NT能力が消えて以来、あらぬ誤解をするケースが急増していることに
腹が立ったりなんだったり)

524 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/07 00:24 ID:???
>522
はあっっはっはぁ!悲しい事があるのなら、私の無縁でなくがいいマイサンよ!(唐突に登場し、両腕を広げ朗らかに宣告)

525 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/07 00:26 ID:???
>524
(無縁でなくがいい>胸で泣くがいい)

526 :ふくかん:04/04/07 00:32 ID:???
 ま。夫婦喧嘩はほっとくとしてー。
>519
 あれからずーっと考えてるみたいですね。
 いいことです。

 そういえば。
 めがね君って、「軍」にいたこと、あります?

527 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/07 00:33 ID:???
>523
僕が……そんなに信じられないのぉ〜?ヽ(TДT)ノ
(だばだばと涙を流しながら揺れる)

>524
野郎に抱かれる趣味は無いので結構です。

528 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 00:34 ID:???
(最後の一口を食べながら)
なんか騒がしくなってきたなァ…
事件ってのはこういうときに起こるんだ

>526
無いですね、一回も
子供のころに、慰安だかなんだかで親父のコンサートについて行った記憶はあるんですが…
あんまり当時のことは覚えてないッス

529 :赤毛:04/04/07 00:37 ID:???
>524
 結構です。(きっぱり)
>527
 信じてはいるけど男と女って間違いあるもんだしこうなんていうか
メガネなくした近眼の人って言うか結構NT能力無くしてから
いろいろ見えなくなっていらいらするっていうかなんていうかぁぁ
あーもーごめんってばぁ(号泣)

530 :ふくかん:04/04/07 00:40 ID:???
>528
 さて、となると・・・・・・
 まぁ、バンガードでふらふらしてたときを除いて、軍っていうのが
どういう組織なのかをちゃんと確かめる機会にはそれほどめぐまれてないって
わけですね。
 
 ちょっとしつれーい。
(とうとつに立ち上がり店を出てくやつ)

531 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 00:49 ID:???
>530
まぁ、授業で聞いたくらいですかね…

っておーい
(途方にくれたように見送る)

あ、なんかヤナ予感が

532 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/07 00:51 ID:???
>529
あーいてーがふーみきょーうかーんでーもでーすかー

(かたやスタイル良好の美女。かたや今だお子さまに間違えられる○○。
 そんな状況で男と女の間違いを起こすと思われたのが改めてショックらしい)

533 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/07 00:53 ID:???
>527
むぅ?
>529
オォ、何と言うことだ。このワタシの愛が理解されないとは……(わざとらしくテーブルにもたれかかり、椅子に座り)

……カプチーノ一つ。(しれっと)

534 :赤毛:04/04/07 00:53 ID:???
>532
 まーそのなに。
 
 うわさにながされたあたしがわるぅございました(どげざ)
 

535 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/07 00:59 ID:???
>533
……………………(プチン)

だーっ、やっかましー!
僕に抱きついて良いのも僕が抱きつくのも僕が愛するのも赤毛ちゃんだけなんじゃー!!(メ゚□゚)

(と、>534で無防備な赤毛に抱きつくと言うか飛びつくと言うか)

536 :ふくかんからのメール:04/04/07 01:00 ID:???
(生徒全員に唐突にメールが届く)
 授業の一環として、企業軍ニュージーランド基地、それとNZ駐留艦隊
の見学を行うことに決まりました。
 詳細は後日。
(早速企業軍と直接話をつけてのけたらしい)

537 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/07 01:04 ID:???
>535
(あくまでもさわやかっぽくカプチーノを飲み干し)そうですか、そんな貴方方に神の祝福があらんことを。(店を出る)

538 :籠の外の許婚:04/04/07 01:32 ID:???
(猫背のまま店に入ってきてカウンターに座る)

店員さぁーん、おいしい御茶ちょぉだぁい。

539 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 01:37 ID:???
>538
(カウンターにカレーの皿を戻しながら)
よお
(そのままカウンターに座る)
オレはアイスココア一つ

540 :籠の外の許婚:04/04/07 01:38 ID:???
>539
あれぇ、来とぉたん?
この前はありがとなぁ。
ほんっま、あないな場所で死ねゃせぇへんしなぁ……

541 :名無し店員:04/04/07 01:39 ID:???
>538
 いらっしゃいませー。
 お茶ですね?
 いい葉っぱが入ったんですよ。
(にこやかにわらいつつ、バックに戻ると大き目の急須を手に戻る。
 注がれた茶は少し濁っている。鮮烈な、それでいてとても明るい緑。
 葉のさわやかな香りが立ち上る)

542 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 01:45 ID:???
>540
今飯食い終わったトコロだ
あんなところで死ぬのは俺でも勘弁だよ(苦笑
あ〜、そういや体は大丈夫か?

543 :名無し店員:04/04/07 01:46 ID:???
>539
 アイスココアですね。
 少々お待ちください。
(ココアパウダーに少し牛乳と砂糖を混ぜ、泡だて器で時間をかけてしっかりと練って
おいたものを取出し、改めて練り直す。
 その後、少しずつ暖めた牛乳を加え、溶かした後、氷の入ったグラスにそれを
注ぎ込み、軽くステアする。
 手間を惜しまないことがおいしさの秘訣。
 何分かして、ようやくアイスココアが運ばれてきた)

544 :籠の外の許婚:04/04/07 01:48 ID:???
>541
あぁ、えぇかおりしよぉなぁ……
(ゆっくりと飲む)

>542
あぁ、そりゃ身体は平気やったよ。
ちょっとひねったくらいで、もうどぉにでもなぁたるわ。
(脚をふらふら揺らす)

545 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 01:54 ID:???
>543
時間かけたな
(アイスココアを受け取り、一口飲む)
…其の甲斐はあるって訳か

>544
なら良かった(微笑
あんなトコあんまり長い時間居たら、体調が狂うかもしんねぇしな
……お前がNTだったら食われてたかもな、亡霊どもに
(にやりと笑う

546 :籠の外の許婚:04/04/07 01:57 ID:???
>545
……あ、あはは。
そぉいぅ冗談はよしてほしいのぉ。
(多少引きつった笑い方)

547 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 01:58 ID:???
>546
案外冗談でもないぜ、実際相当いたし
じゃなきゃ作業用MSなんて動くかよ
――まぁ、オレはアレくらいなら慣れてるけどな

548 :ボケ:04/04/07 02:00 ID:???
(ゴロゴロゴロ…と「天馬」に雷のような音が聞こえてくる。
 音は次第に大きくなり、ドスンという衝撃音とともに止まった)

(しばらくして、「天馬」にボケが入ってくる。
 開かれたドアの向うには形のゆがんだ円筒形のゴミ箱が転がっていた。
 どうやら、これに入ってここまで転がってきたらしい)

…痛い…

(そのまま、隅っこの席に着くとボケーっとしてる)

549 :籠の外の許婚:04/04/07 02:01 ID:???
>547
そぉやなぁ……
MSまで動いとぉたし。

な、あの凍死体、どぉなった?
(お茶をちびちび飲みながら)

550 :名無し店員:04/04/07 02:03 ID:???
>544
 気に入っていただけたようで、何よりです。
(うれしそうに笑う。
 実際、すするごとに、鮮烈な葉そのものの味わいが口の中を通り過ぎてゆく。
えぐみ、渋みなどというものはなく・・・・・・飲むごとに、体の疲れも
心の曇りも晴れていくような、そんな味わいだった)
>545
 時間をかけないとココアバターが十分に溶けてくれないんですよ(苦笑)
 本当はもう少し寝かせるともっと良いのですが、さすがにお客様を
何分も待たせるわけにはいきませんから。

551 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 02:05 ID:???
>548
………今度は何だ?(汗

>549
ああ、あの子供か
……詳しく聞いてないんだが、とりあえず警察行ってそこで調べてる
死んでからどれくらいたってるかも不明だ、何されてたのかも、な
(忌々しげに呟くと、ココアを一口飲む)

>550
ホットココアならもっと旨くなってたって訳か
今度からホットを頼むことにする

552 :籠の外の許婚:04/04/07 02:08 ID:???
>548
なんやぃな、そりゃ痛いやろぉに…

>550
また今度も入れてぇなw
(味オンチ…)

>551
……なんや、死体に手ぇ出させたんか。
埋めといてやりゃぁえぇのんに……(ぼそり

553 :名無し店員:04/04/07 02:16 ID:???
>548
 ゴミ箱?
 
 少し待っていてくださいね。
(店内に戻って救急箱を取ってくる)
 痛いところはどこですか?
>551
 いえ、むしろ寝かせる時間が大事なんですよ。
 練ったあと10分から15分ほど寝かせるだけでいいんです。
 一度溶かしてさえしまえば、あとはアイスにしても十分味が出ますよ。
ホットにしてももちろんおいしいんですが、冷たくして飲みたいときもあるでしょうし。
>552
 はい、喜んで。
 
 それにしても・・・・・・
 子供、ですか?(事情が飲み込めていないらしい)

554 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 02:20 ID:???
>552
オレもそう思う
けどよ、真実を突き止めてやら無いのも可哀想だろ?
……あ、そういえば
(立ち上がり、「天馬」の隅にあるピアノに座った)

(一呼吸置いて、指が鍵盤の上を走り始める
 それは静かで悲壮な、それで居て決して寂しさは無い「送りの曲」
 名も無いソレをただ華麗に弾く)

555 :ボケ:04/04/07 02:25 ID:???
>551>552
(ボケーッとしている)
>553
大丈夫です。
(すりむいた肘を隠す)
お水ください。

556 :名無し店員:04/04/07 02:32 ID:???
>555
(苦笑)
 そうですか。
(無理に手当てしようとはせず、水を持ってくる)


557 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 02:35 ID:???
>554
(そうして“レクイエム”は終わりを告げる)
ま、ただの自己満足だけど、さ
(カウンターの席に戻り、ココアをまた一口飲む)


558 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 02:49 ID:???
>553
ん、ああ知らないのか
市街地の地下に通路があってな、そこで子供の氷づけ死体が見つかったんだ
……ほかにもいろいろあったんだが、とりあえずはこんなもんだな

559 :名無し店員:04/04/07 02:57 ID:???
>558
 氷付けの、死体?

 ・・・・・・かわいそうに。
 
 いろいろなこと?

560 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/07 03:06 ID:???
>559
何があったのかはまだわからないけどな
まったくどこの馬鹿なんだ…
あとは作業用MSに追いかけられたりとかな。、100機もいると流石にうざかった
(ため息を一つして、天井を見上げる)

さてと
(アイスココアの最後の一口を飲み)
勘定ここに置いとくぜ
(勘定を置いて天馬を出て行く

561 :お調子者の女中尉:04/04/07 03:58 ID:???
(兵士が格納庫の彼女の下へと駆けてくる。走ってきたらしく、息が少々上がっている。)

「中尉……養成所による企業基地見学が実施される事。既に耳にしていますか?」
ん?あー。聞いてるわよ。一応、ね。
「中尉にも担当があるのですか?」
んー
今のところ聞いてないわ。
「それでは、案内の方の手配を……」
あっ。パスパス。私は整備にいそがしーの。
「機体を使う機会なんてあるんですか?」
いや。なんとなく、ね。
この際だから「模擬戦でもやりましょー」って雰囲気になるかも知れないじゃない♪
「考えすぎですよ。それにしてもその機体……昔使っていた白ガンブラスターじゃないですか。」
うん。模擬戦だったらこっちでもいいでしょ?
そういうことで!案内の手配のほうは御願いねぇー♪
「全く………虫のいい……。」
何か言ったぁー?
「いえ。了解。」

(とぼとぼと歩いてゆく兵士を尻目に、ご機嫌で白ガンブラスターの整備をする中尉。)

562 :長髪の少女:04/04/07 04:23 ID:???
(…天馬に…静かに来店する…。)
……紅茶…お願いします…。
(端っこの席を選んで座る。)

563 :名無し店員:04/04/07 04:33 ID:???
>560
 ありがとうございました。
(丁寧に挨拶する)
>562
 いらっしゃいませ。アッサム・ティーでよろしいですか?


564 :長髪の少女:04/04/07 04:36 ID:???
>563
……はい…。
(因みに、出されたメニュー表には一切目を通していない。)

565 :名無し店員:04/04/07 04:40 ID:???
>564
(気にしない。注文があればそれに答えるのみ)
 お待たせしました。
(目の前で紅茶を入れる)

566 :長髪の少女:04/04/07 04:44 ID:???
>565
……ありがとう…。
(ゆっくりと紅茶を口にし、飲み干すと…勘定を聞く前に税込みで丁度の値段を
手にとってレジに行く。…値段を提示される前に丁度の金額を出している…。
付近にNT能力者がいたなら彼女の…その力がわかるかもしれない…。)

567 :名無し店員:04/04/07 04:46 ID:???
>566
 おどろきましたね・・・・・・
 あなたは確か、メニューを見ていないはずなのに。
 何で値段がわかるんです?(びっくり)

568 :長髪の少女:04/04/07 04:51 ID:???
>567
…………それは…。
(微妙に焦ってる。…単に店員の心を「読んだ」だけ。
なんて言う訳にも行かないから。)

…ここに来る前、パンフレットを見て…
(パンフレットにティーの値段が書いてある。…これも…
「読んで」得た情報である。…しかしそこまで注意している
人間が多いとは思えないため逆に不自然。)

569 :名無し店員:04/04/07 04:53 ID:???
>568 
 あのパンフレット、読んでる人がいたんですねぇ・・・・・(ひたすら関心)

 そういえば、あなたのことははじめてみますが、こちらの生徒さんですか?

570 :長髪の少女:04/04/07 04:56 ID:???
>569
…これから…養成所に入学届け出しに行く所です…。
(小さい声で言う。)

571 :偵察中:04/04/07 05:00 ID:???
>570 
 ・・・・・・・・(ーー;)
(後ろからひょっこり現れる)


 ええから、いくで。
(仕事の都合で到着が遅れたようである。
  案の定面倒を・・・・・・とさとった男が一人)

572 :長髪の少女:04/04/07 05:03 ID:???
>571
……はい…。

(そのまま店から出て行こうとする。)

573 :名無し店員:04/04/07 05:08 ID:???
 ありがとうございました。
(見送りつつ)
 
 それにしても、入学前からチェックしていただけるなんて
光栄ですね。
 がんばらないと。
(根っこのところを勘違いしたままうなずく。

 ところでわきで抱き合ったままラヴってサボってる
先輩は無視か。おまい)
 


 
 

574 :偵察中:04/04/07 05:09 ID:???
>572
>長髪
(ひとまず養成所への道を歩きつつ)
 あのな。
 おんどれの能力は人のそれとちゃうねん。
 あからさまに出したらあかん、ゆうとるやろが。
(げそー)

575 :長髪の少女:04/04/07 05:12 ID:???
>574
ごめんなさい…。
…あの艦で…使い慣れすぎちゃってて…。

隠す努力はしてるんです…。…でも…そういうの…苦手で…。
(申し訳なさそうに言う。)

576 :偵察中:04/04/07 05:18 ID:???
>574
 ・・・・・・・( --)y-〜
(不意にタバコを踏み消すと、足もとの小石を踏み砕いてみせる)
 わいは・・・・・・体を強化されとるからな。
 改造されてからしばらくは・・・・・・
 加減にずいぶん苦労したわ。 
 ドアノブ握りつぶして、服きるんにも往生してな・・・・・・
 
 今でも、ずいぶん窮屈な思いしとるわ。
 
 ええか。
 わいのこの「力」にせえ、おんどれの「力」にせえ、人には
ないもんや。
 迂闊に使えば、居場所なくすことにもなりかねへん。
 保たれとるバランスを、たやすく崩しかねへんもんや。
 
 はよ、隠すことに慣れることやな。



577 :長髪の少女:04/04/07 05:20 ID:???
>576
………。
(コクっと頷いてみせる。…前いたところがいろんな意味で安全すぎて
なんと言うか平和ボケしている彼女であった。)

578 :偵察中:04/04/07 05:25 ID:???
>577 
(無菌培養・・・・・・ちゅうとこか。
 ・・・・・・
 問題がおこらなええけどな・・・・・・
 読心、予知。
 人間社会の根幹を揺るがしかねん能力。
 
 ・・・・・・まったく・・・・・・ 
 えろう面倒なもんばかり抱える羽目になっとる
気がするんやがな。
 デビルガンダム、それにこのじょうちゃん。
 胃がこわれてまうわ。
 
 なんにせぇ、見捨てるわけにはいかんけどな)
(内心でぶつくさつぶやきつつ)
(のたのたと養成所に向かっていく)

579 :色黒の生徒:04/04/07 22:12 ID:???
(天馬にて、窓際の席で課題を片付けている。
 ノートパソコンの画面に表示されている内容は
 「砲戦使用MSによる対高機動MS戦の対処法」。
 苦手では無い筈だが、イマイチ進んでいないようだ)

………フゥ

(溜め域を一つつくと、一旦ノートパソコンを閉じる。)

580 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 22:16 ID:???
うぃ〜〜す、コーヒーいっちょ〜。
(いつも通りくたびれた服装で天馬に現われる)

>579
ん〜〜?
がんばっとるなぁ〜、少年。
その辺は良く聞かれるし実戦でも必要な部分だからなぁ〜〜。
(一応狙撃・砲撃戦担当)

581 :色黒の生徒:04/04/07 22:19 ID:???
>580
あぁ教官、お疲れ様です。

まぁ、こういうのは結構好きですよ俺。
一応好きなMS搭乗時ので良いって言われたんで
バスターを想定してるんですけど、なかなか難しいですよ。
アカデミーの頃は殆どやってなかったからなぁ………(苦笑

582 :ちんぴら:04/04/07 22:21 ID:???
よぅ。
(天馬に入ってくる)
飯食う場所でまで勉強かよ。
(とかいいながら色黒の隣に座る)

583 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 22:22 ID:???
>581
あれなら散弾あっただろ?
アレを上手く使えばいいんでないの〜?
ま〜最終的には慣れの問題かもしれんけどなぁ〜。

ロングライフルももうちょっと連発できればなぁ〜〜。
(連発する武器じゃありません)

584 :グェネビア:04/04/07 22:22 ID:???
(´Д`|||)おみずくだすぁい

(ふらふらしながら天馬に入ってくる)

585 :色黒の生徒:04/04/07 22:25 ID:???
>582
よう、そう言うなよ。
俺最近単位数足りなくてな、留学生だしヤバイんだよ。
(冷や汗かきながら苦笑)
>583
バスターは結構運動性も高いんで、撃墜自体は
普通に出来るんですけどね。
だから防御面での戦術を煮詰めたいんでけど…
こちらは文章にすると、そう簡単にはいきませんよ。

586 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 22:28 ID:???
>582
お〜ガンタンクのあんちゃんご登場〜。
最近どうよ?

>584
しなびれてるなぁ〜。
吸うか?
(子供に煙草を勧めないように)

>585
ふ〜〜〜ん。
お前さんもアクティブタイプなわけね。
いっそのことパッシブタイプに切り替えてみたらどうよ?
案外上手くいくかもよ〜〜。

587 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/07 22:33 ID:???
(流石に抱きつきっぱなしだと気恥ずかしい位には回復したらしく、ぼけーっとノートPCを眺めている。
 傍らにはまだ湯気立ち上る緑茶。天馬の緑茶も木馬の緑茶と同じくらいには愛しているようだ)

588 :ちんぴら:04/04/07 22:37 ID:???
>585
 家で(・∀・)ヤレ!

 なんて野暮なことはいわねえがな。

 って、単位ヤヴェっつってっけどなにがヤバいわけよ?
(ずうずうしく聞いてくる)
>584
 ちょいと飛ばしすぎたな(苦笑。どうもバイクに2ケツしてきたらしく)
>587
 うっす(挨拶)
 あいっかわらずぼーーーーーっとしてやがんのなー。

589 :ちんぴら:04/04/07 22:39 ID:???
>586
 キャタピラいためねぇでドリフトかませるぐらいにはなりましたよ。
(全備重量50トンオーバーの機体でドリフトをするな)
 両方のキャタピラ逆に回しゃあ一気に回せますからね。
 なかなか捨てたモンじゃないっすよ、ガンタンク。
(なんだかんだで気に入ってしまった男が一人。
 だが・・・・・・どうも乗り方を間違えている悪寒大である)

590 :グェネビア:04/04/07 22:41 ID:???
>586
 かあさんにおこられてしまいますo(__o)
>588
 MSよりものすごいってどういうことですかー
(赤信号のたびに加速。交差点でジャックナイフターン。
 しかも唐突にウィリー。生きた心地がしなかったらしい) 

591 :色黒の生徒:04/04/07 22:42 ID:???
>584
随分調子悪そうだな………否グゥレイトってか…?
>586
スナイパーですか?
別に嫌いじゃ無いですけど、俺に向くかなぁ……
(そこで、以前ある傭兵とシミュで対戦した時を思い出す)
……そうですね、2プラン作ってみますよ。
>587
…………?
(事情を知らない奴の数→(1) )
>588
まぁ確かにここでやる俺もアレだけどな…。

俺の上司が酷ぇんだよ…補習なんて受けようもんなら………
…その時は、誰でも良い、出来れば可愛いコに祈って貰えれば…
(チワワ顔でガクガクブルブルしてる元ZAFTのトップガン一名)

592 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/07 22:44 ID:???
>588
…………「シャキーン( `・ω・´)」としてた方がお好みで?

(全く「シャーキン」とする気なぞ無さそうにノートPCを眺める)



……何時でも何処でも馬鹿は居るもんだねぇ。こんなの、採用しないってば……

593 :赤毛:04/04/07 22:45 ID:???
(ちなみにそのころ赤毛は)

(・Д・ )・・・・・・・(ぼぉ〜)

煤i>∀<///)〜〜!!
(一人百面相しつつ照れつつ喜びつつ無心だか下心だかありありで
キャベツの千切りをしていた。
 
 まぁなんだ。しあわせなんだなおまえは)

594 :使用人風な女生徒:04/04/07 22:45 ID:???
(掃除道具を抱えて天馬へと入店。)

お掃除おしまいです♪

さて、今日も飾りますよー。

(既に数十個に及ぶ猫人形を配置してゆく使用人。)

595 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 22:47 ID:???
>589
へぇ〜、大したもんだぁ。
しっかしドリフトねぇ・・・ちゃんとその後地ならししないと次からその場所使わせてもらえなくなるぞ〜。
今度は背面撃ちとかもマスターすりゃ死角が減るやねぇ。

>591
避けるのが苦手なら標的にならなきゃいいってねぇ。
そこそこ動ける機体ならこまめにポジション変えていきゃいいし。
ま〜今までやった事ないなら難しいかもしれないけどなぁ〜。

>593
プハーーー
(一連のやり取りを見てから煙を大きく吐き出し)
ここは見世物小屋もかねてたっけぇ〜?

596 :ちんぴら:04/04/07 22:49 ID:???
>591 
 実習はそつなくこなせんだろ?
 あとは筆記だろーけどよ。一通りノート暗記するとか、図書館とか行って
先輩の論文読むとかよ、いろいろ対策あんじゃねーの。
 自力でがつがつやったってうまくいかねーぜ?世の中要領よ、要領。

 テクばかりは反吐吐きながらやらねーとみにつかねーけどな。
(げそー。なんだかんだで毎日しごかれているちんぴらである)
>592
 なんつーか戦場とぜんっぜんイメージ違うのな。
 
 なんか妙なモンでも見つけたのかよ?
(立ち上がり、近くまで来るとノートPCを覗き込む)

597 :グェネビア:04/04/07 22:51 ID:???
>594
 ねこはけーん・・・・・・・(カウンターに突っ伏しつつ横目で猫を見る)


598 :赤毛:04/04/07 22:52 ID:???
>595
煤i´Д`;)

厨房|ミ

(音も無く神速の逃亡。見られているとは思わなかったらしい。
 ところで千切りぐらいしまったらどうだ赤毛よ)

599 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/07 22:54 ID:???
>595
まぁ、見せ物として成立するくらいには個性的な彼女だと思ってますよ………… ´`´`´`(´▽`)

>596
まぁ、公私混同はしない主義だし〜

あぁ、これ?
ちょっと、やたら熱気溢れる整備科の子がねぇ…………

(ノートPCのモニタには、胸元と顔くらいしか本体が見えない程に
 ゴチャゴチャのゴテゴテに追加装備をまとったV2が浮かんでいる。
 その姿は「V2デンドロビウム」と言うか「V2ディープストライカー」と言うか…………)

「FullBreaker−RayStorm」だってさ…………また随分と「熱い」名前だよね…………

600 :ちんぴら:04/04/07 22:55 ID:???
>595 
 まぁタンクっすから。前にドーザーブレードつけりゃ整地も効くってわけっすよ。


 こないだフミ教官に「せっかくだから」っつって、500メートルクラス滑走路の
整地訓練までやらされたんすけどああいうのありっすか(げっそり。根気のいりすぎる
訓練だったようである)

601 :使用人風な女生徒:04/04/07 22:55 ID:???
>597
ん?興味ありですか?

(そういってグェネビアの突っ伏した顔の前に猫人形を置く。)

頭のボタンを押すと、途端に大合唱が始まってしまうので………メッ♪ですよ♪

(完全に子供扱いの忠告。)

602 :色黒の生徒:04/04/07 22:56 ID:???
>595
やっぱそうですかね…その方向で色々模索してみますよ。
色々考えといた方が便利ですからね。
有り難う御座いました
(礼をして笑う)
>596
実習は良いんだが……最近色々アレだろ?
イロイロ手を打って来た、最後にコレ片付ければ追い付くんだよ。
だから自然とな…俺は俺の生活を守りたいんだ。
それじゃ、人も増えてきたし…今日は部屋戻るわ、
考えたい事も色々あるんでな………又な。


(勘定を済ませて、店を出る。)

603 :ちんぴら:04/04/07 22:56 ID:???
>599
 うっわ!かっけえ!
(センスが珍走なちんぴらである)
 超かっけーじゃねっすか教官!
(トランペットを見つめる黒人少年の目)

604 :グェネビア:04/04/07 22:58 ID:???
>601
 ぁぅ?
(まだ脳みそシェーキングから立ち直っていないらしい)
 ぁぁー
(なんとなく手を伸ばして)
(うっかり倒してしまうわけで)
(立て直そうとして)
(ぽちっとな)
(にゃー)

605 :ちんぴら:04/04/07 22:59 ID:???
>602
 哲学してんな、シンプルな俺にはわっかんね。
(ぞんざいに手を振りつつ)
 守りてえ、だから強くなる、じゃだめなのか?
(見送る)

606 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 23:02 ID:???
>598
ありゃ?終わっちった?
もうちょっとおもろくなると思ったのに〜。
(向き直ってフィルターだけになった煙草を灰皿に捨てる。
 珍しく最初のポケットで見つかった箱から新たな一本を取り出し咥えると、
 ライターを探り出す)
あれ?こっちかぁ〜?ここもない・・・おろ?
(胸ポケット、内ポケット、ズボンのポケットと探していくが一向に出て来る気配がない)

>599
お熱いですねぇ〜。
それで煙草に火がつけば申し分ないんだけどなぁ〜。

>600
まてまて、前につけてもドリフトしたら横に移動するんだから意味ないだろう〜?
それとも前後左右につけるか?
でかくしたら盾にもなるかもなぁ〜〜。

オートで走らせれば寝てられるじゃんよ。
あ、火ぃない?

607 :使用人風な女生徒:04/04/07 23:02 ID:???
>604
はわっ……。


「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「――――――――ニャーア―――――!!」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


(店内にある数十個の猫人形が大合唱。
 数秒後。使用人風がとめるものの、数秒間の間は店内が不快な鳴き声に包まれた事だろう。)

608 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/07 23:04 ID:???
>603
正直に言うよ。デザインはこの兵装量にしては綺麗に纏まってる。
でもね、

デンドロ以上に高額兵器が特盛り。つまり蝶高い。

しかも、

操作方法は両手両足に加えて指三本を細かく動かせと来た。
両肘も加えるとか言ってた様な…………


…………乗りたい?

>606
火、つけられますよ?
こうスタンガンとかスタンガンとかスタンガンとかで…………

>607
⊂⌒~⊃。Д。)⊃
(唐突な泣き声にひっくり返る)

609 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 23:04 ID:???
>602
まーがんばれ〜。
手ぇ抜いたら死ぬだけだぁ〜〜。

>607
やっかましいっ!!
(両手で耳を塞ぎつつ)

610 :ちんぴら:04/04/07 23:07 ID:???
>606 
 暴れるだけ暴れてから取り付けて整地しなおしっすよ。
 ぐるぐる回ると地面がめちゃくちゃになっちまいますから。
 
 前後左右にドーザーブレードっすか・・・・・・

 フルアーマーガンタンク?
(よからぬ妄想が沸いたようでにへっとする)
>607 
 な、な、な、にゃんだっぁぁぁーーーーーーーー!?
(にゃー地獄に呆然)
 な、なにがおこった・・・・・
(耳がきーんと)

611 :ぐぇねびあ:04/04/07 23:07 ID:???
(致命傷。グェネビア身重く横たわる)

612 :ちんぴら:04/04/07 23:09 ID:???
>606
・・・・・・
(どうも耳がまだキーンとしてるらしく)
(ぼーっとしながら、やけに機敏かつ手早くそれで居て妙に複雑な動作で
ジッポに火をつけてみせる)

613 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 23:10 ID:???
>608
あーっ!何ぃーーーっ!!?
(耳を塞いでいるので聞こえない)

>610
あんだってっーーー!?
(耳を(ry

614 :使用人風な女生徒:04/04/07 23:11 ID:???
>608>609>610
あ……うるさかったみたいですね。ゴメンナサイ。

(ぺこっと頭を下げる。)

>611
ん?あれー?
だいじょーぶですかー?

(顔の前でヒラヒラと手を振る。)

615 :赤毛:04/04/07 23:12 ID:???
(ちなみに騒音のためこちらも厨房で昏倒中。
 ・・・・・・脳がもろいな。赤毛よ)

616 :ぐぇねびあ:04/04/07 23:13 ID:???
>614
 ひゃくまんびきのねこがばいくでばいくできいろくひかるおはなばたけの
かわのむこうからとてててとてととてたてたー
(意識不明瞭。ショック症状)

617 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 23:14 ID:???
>612
おぅ、悪いねぇ〜。
(耳は塞いでいても動作は問題なく見えるわけで、
 顔を近づけて煙草に火を点ける)
プハーーーー。
さんきゅ〜。

>614
ん?
止まった?
(恐る恐る耳を塞いでいた手をどける)
なんなんだそれ・・・?

618 :使用人風な女生徒:04/04/07 23:18 ID:???
>616
とてててとてととてたてたー……ですか。

ちたててちてたてたてててたちたー?

(通じると思うほうが間違いだ。本人でも何語を喋っているのやら不明。)
>617
一匹が鳴くと、周囲の人形も鳴くんです♪
カワイイですよね♪

619 :ぐぇねびあ:04/04/07 23:20 ID:???
>618 
 いえとてててとてととてたてたーです。むしろろーてんぽでもあらしっぽいですよね


 おちゃください(ひくひく)

 ああもう0001001001100011100110011001010
(とうとう機械語でしゃべりだすやつ)

620 :ちんぴら:04/04/07 23:22 ID:???
>617
 そんかわりっつったらなんすけど、タバコもらえねっすか?
 切らしちまって(苦笑)
>618
 ああ。かわいいっちゃかわいーけどよぉ。
 
 その合唱機能だけはなんとかなんねーのかと子一時間(ry

 目覚ましならいいんだがよぉ・・・・・・・

621 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 23:24 ID:???
>618
やかましいとしか言えんなぁ〜〜。
そもそも用途は何よ?

>620
む・・・しゃーないなぁ〜。
(一本差し出すがすぐに引っ込めて)
ただし!条件がある。

622 :使用人風な女生徒:04/04/07 23:27 ID:???
>619
お茶ですね♪かしこまりました♪

(店員でもない人間が何故かお茶を出している。
 とりあえず苦そうなお茶が運ばれてくる。)

80FAE342F938CB394889483930DE489CBAA……

(何故か16進数で喋り始める。)
>620
目覚ましですか………だとしたら、止める時だけ一つずつ押さなきゃ止まらない方が
面白そうですね♪

>621
用途………ですか?

………………………………。

和み系です♪

(ようは役立たずである。本人も用途など知らなかったであろう。)

623 :ちんぴら:04/04/07 23:30 ID:???
>621
 条件ッすか?(なんかやな予感すんな・・・・・・)
>622
 確実にめぇ覚ませるな。
 全部消すのが大変だろうけどよ。
(猫館と化した感のある天馬の様子を眺めつつ)

624 :グェネビア:04/04/07 23:32 ID:???
>622
 ありがとうございます
(ずず)
 F・ssvwf^s$・ケレZユ&。」 GJ・z-タ 纃Bqネ{Cpレァj・dフ=毋ネ・Lア:凉~ウΖdzゥソキモ〜!!!!
(もはや意味不明。どうやらものすごい苦さであったようだ)

625 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/07 23:33 ID:???
⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ヒクヒク

626 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 23:33 ID:???
>622
・・・あ、そ・・・。
(なんとも言いがたい感情に飲まれ、それ以上言葉をはっせない)

>623
一つ、フィルターまで残り2mm以下の長さまで吸え
一つ、ちゃんと灰皿に捨てろ
一つ、灰もこぼすな
一つ、喫煙OKの場所で吸え

以上、守れるなら・・・(それでもやだけど)やろう。

627 :使用人風な女生徒:04/04/07 23:36 ID:???
>623
爆弾………じゃ、ちょっと物騒ですよね。

むー用途ですかー……

>624
ぎもまでらのこまままったきもなびしさまてらぽぽぴん。

(必死で会話を試みようとしてみる馬鹿が一人。)

628 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 23:38 ID:???
>624
ところで・・・こいつらどこの言語で喋ってんだ〜〜?

>625
あれま、寝ちゃってるかぁ〜。
疲れてたのかなぁ?
(気絶と睡眠くらい見分けてください)

629 :ファンネル同伴の少女:04/04/07 23:38 ID:???
・・・・・何、この柔らかそうで、かつ数学的で苦い感覚は。
(店内で展開されている異質な空気に、入店を戸惑っている)

630 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/07 23:43 ID:???
(いつから居たのかカウンターに厨房側から突っ伏している)
モウイヤダ

631 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/07 23:47 ID:???
あ〜、なんかだれたぁ〜。
ちょっと一休みぃ〜〜。
(奥の方の席に座ってゆっくり煙を燻らせる)

632 :ちんぴら:04/04/07 23:49 ID:???
>626
 わかってますよ、んなこと。
 フィルター際が一番成分濃いんすから。(とかいいつつ普段は半分しか吸わない人)
(さっそく一本もらってふかす)
>627
 いや。用途とかじゃなくてだな。
 っていうか爆弾だったら今ごろ確実に店が消し飛んでるな。
(的確に覆い尽くさんばかりに猫だらけになった店内を眺めつつ)

 いっそ喫茶「ねこ」とでも改名するか?
>630
 ぃょぅ

633 :名無し店員:04/04/07 23:51 ID:???
>630
(´-`)っ○ .oO(ワイヤーあるけど・・・吊る?)

>632
(´-`) .oO(猫・・・・)

634 :使用人風な女生徒:04/04/07 23:52 ID:???
>632
そういえばこのお店の名前なんていうんでしたっけ?

んー?まぁ構いません♪

さてさて。思い立ったら即実行です♪

爆弾、目覚まし………えぇとえぇと……

(猫の人形を数個抱えて天馬を去る。)

635 :ファンネル同伴の少女:04/04/07 23:53 ID:???
>634
・・・・猫・・・マニア?・・・・新手の、ゲリラか何か?
(それを横目に見ながら、決心をつけて入店してく)


636 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/07 23:55 ID:???
>632
(激しくあきらめたような表情で顔を挙げ)
───オレはな、ちんぴら。店長になど、ならなければよかったんだ

>633
イヤ良い、こんなところで死んではかつての戦友どもに
申し訳がたたない

>635
いらっしゃい、今のはテロリストだ

637 :ちんぴら:04/04/07 23:55 ID:???
>633
 おっす。
(挨拶) 
>634 
 。。。。。。
 待て。本気か。
(突っ込もうと追いかけるがどうにも後の祭り)

638 :名無し店員:04/04/07 23:58 ID:???
>636
(´-`) .oO(もう降りるのは多分、無理なんだな・・・)
>637
(´-`)ノシ

639 :ヘッドホンの用務員:04/04/07 23:58 ID:???
(首にヘッドホンをかけた線の細い青年が、用務員の服装のまま天馬に入ってくる)

ようやく仕事にもなれてきましたね……。

(静かに入店して、気配薄く席につく。
 養成所の生徒や教官の中には、最近になって彼が用務員の仕事をしているのに気づいていた人もいるかもしれない。
 マザーバンガードに乗っていた人なら、南極で会った彼のことを覚えているかもしれない。
 しかしそれにしても、印象の薄い人物である……) 

640 :ファンネル同伴の少女:04/04/08 00:00 ID:???
>636
ずいぶん、物騒な話ね・・・。
(カウンター席につくと、メニューを眺めてしばし悩む)

チョコパフェ、ひとつくださいな。
(悩んだ割には平凡)

641 :ちんぴら:04/04/08 00:02 ID:???
>636
| いや、あんた以外につとまらないとおもうんだがよ。
| 間違いない。っつーか他の奴だったら2日でノイローゼになってるな。
\_  __________________
    ∨
日 ▽ U [] V
≡≡≡≡≡≡≡  ∧ ∧
 V ∩ [] 目  (゚ω゚=)
__ ∧∧ ____ |つ∽__.
  (  ,,)日
― /   つ―――――――
\(__.ノ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄

>632
(存在に気づいてなかった奴)

642 :籠の外の許婚:04/04/08 00:12 ID:???
>639
……なぁ、にぃちゃんみたいん、何時来よぉたんやぁ?
(カウンターに突っ伏して眠っていたが、
  眼を覚まして顔を上げる)

643 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 00:16 ID:???
(席について、コーヒーを頼む)

>642
はい? (突然話しかけられ、一瞬慌てる)

……まぁ、NZに着いたのは結構前ですけど、養成所で働き始めたのは最近ですねぇ。


644 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/08 00:20 ID:???
>638
ああ、そんなことは理解している
だがな佐藤、オレは少しの平穏が欲しいんだ

>641
| 判らないか、ちんぴら。そんな推薦より
|  オレは平穏が欲しいと思うのだ
\________  __________
               ∨
日 ▽ U [] V
≡≡≡≡≡≡≡  ∧ ∧
 V ∩ [] 目  (ー −)
__ ∧∧ ____ |つ∽__.
  (  ,,)日
― /   つ―――――――
\(__.ノ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄


645 :籠の外の許婚:04/04/08 00:20 ID:???
>643
そぉなん?
……全然記憶に残ぉとらんのぉ。

ん〜?
(顔をまじまじと見る)

646 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/08 00:20 ID:???
>640
テロリスト [terrorist]

テロルに訴えて自分の政治目的を実現させようとする者。

テロル
〔恐怖の意〕あらゆる暴力的手段を行使し、またその脅威に訴えることによって
政治的に対立するものを威嚇(いかく)すること。テロ。


三省堂提供「大辞林 第二版」より

猫人形どもに一斉に鳴かれるというテロを使い
この天馬を猫屋敷にし、あわよくば改名しようとする政治目的を実現させようとする者。
――ならあの女はテロリストだ、間違いない


……チョコパフェか、少々待っていろ
(奥に引っ込み、調理を終わらせて持ってくる

647 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 00:23 ID:???
>645
(まじまじと見られて、青年は頬を赤らめ視線をそらす)

な、何を見てるんですか? 僕の顔に何かついてます?

(どうやら青年の方は籠の外が誰だか分かってない様子)

648 :籠の外の許婚:04/04/08 00:27 ID:???
>647
なぁんか……見たことあるよぉな気ぃするなぁ……
気のせぇかの。
(サングラスを外す)

649 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 00:33 ID:???
>648
え?(汗
い、いや、気のせいですよ、気のせい(汗

(相変わらず籠の外の正体には気づかない。
 「知った顔」と言われ、「ひょっとしてレッドスペースの関係者?」と誤解。
 即刻逃げるべきか、しらばっくれるべきか、迷いつつも脂汗ダラダラ)

650 :臨時ニュース:04/04/08 00:34 ID:???
(天馬のテレビ。丁度、ニュース番組が始まっていた)
 ニュースです。
レッドスペース軍がブルーアース領インドの都市ボンベイに対し、戦略レーザー兵器の照射を
行った模様です。
 照射は軍港地域に対して行われ、現時点での死傷者数は明らかになっておりません。
 現地のミワ記者からのレポートです。
(映像が切り替わる。
 ボンベイ上空からの映像だ。
 港湾地域の一角に・・・・・巨大な蒼い円が出現していた。
 直径、6キロに及ぶクレーターだ・・・・・)
 ご覧ください!
 軍港施設と船舶が、完全に消滅しています!
 衛星軌道上から照射されたソーラレイによって、全てが蒸発してしまっているんです!
 
 再照射を恐れた船舶が、次々に残った軍港設備から逃げ出しています!

(ここで映像が切り替わる。
 地上に突き立った巨大な光の柱の映像。
 それにともなう水蒸気爆発が、地上の施設をなぎ倒していく風景。
 あまりに、その映像は非現実的すぎた。核とも、コロニー落しとも
異なる類の、それは絶対的といっていい『破壊』)
 
 ブルーアース政府はこの攻撃を「きわめて非人道的」と非難の声明を出し、
「今後レッドスペースが同様の手段をとるならばこちらも応じざるを得ない」
と、報復攻撃の可能性を示唆しています!
 以上、現地からミワからのレポートでした!
(画像が途切れる間際、モニターの片隅に・・・・・次々に撃沈されていく
船舶の群れが移った。レッドスペース潜水艦隊による、待ち伏せ・・・・・・)

「現地からのミワ記者の報告でした。
 ボンベイに関しては、続報が入り次第報道の予定です。
 次は、スポーツニュースのコーナーです。
 ビクトリアスタジアムにおいて行われたベイ・ムーンズとティグレスの試合の結果は・・・・・」

651 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/08 00:37 ID:???
>643>645
ぃょぅ、珍しいのが二人で話してんな
(後ろからいきなり話しかける)

>647
…つうかお前が来てるって話は聞いてたんだが……
結局顔あわせてなかったんだよな(汗
――久しぶり、ヴェイア(微笑

>650
(無言で画面を睨みつけ、壁を拳で鈍く叩く)

652 :籠の外の許婚:04/04/08 00:38 ID:???
>649
なんやぇな、顔色悪ぅのぉ。
熱でもあるんかいな?
(オデコに手を近づける)

>650
うっわ。こりゃひっどいなぁ……
(それだけ)

653 :ファンネル同伴の少女:04/04/08 00:41 ID:???
>646
恐ろしく、可愛いテロね・・・ぱくっ。
うーん、やっぱりここのパフェは美味しいわ。
>650
・・・・ぱくっ。
(確かにしっかり見てるはずなのだが・・・特に気にしている様子はない)

随分派手にやってるわねー・・・ぱくっ。


654 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 00:41 ID:???
>651
(微笑みつつ、無言で会釈)

お久しぶりです。
僕も、これからどうするか悩んでて、養成所で働き始めたのはつい最近なんですけどね。
……まだ、この先どうするべきかは分かってないんですけど。

>650
(そのニュース、その映像に……表情が、こわばる)

……なんて、ことを………。

(握った拳が、フルフルと震える)

655 :籠の外の許婚:04/04/08 00:41 ID:???
>651
ぃょぅ〜 ノシ
……なんや、知り合いけぇ?

656 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 00:41 ID:???
(天馬に入店)
>650
おうおう・・・派手にやったようだな・・・・・

>651
おい、どうした?

657 :ちんぴら:04/04/08 00:41 ID:???
>644
 いっそ武器持込不許可とか、乱闘する奴つまみ出し令とか出したらどうだ?
ずっと平和になるんじゃね−の?
>650 
 うぁ。ぶっそうだなぁ・・・・・(それだけ)
 そーいやベイムーンス、今年は勝てんのかねぇ。
 俺は100敗は硬ぇと思ってんだけど(そっちが大事か)

658 :若者 と 執事 ◆xINQuiet4U :04/04/08 00:42 ID:???
(いつの間にか。と言うかずっと居たのだがコロニーレーザーの臨時中継を見て思わず呟く)

……………………「羨ましい」なぁ。

659 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 00:43 ID:???
>652
(視線はTVに釘付けになったまま。視界を遮ろうとした許婚の手を、無言で押しのける)

だ、大丈夫です、大丈夫ですから……。

(そういいつつ、視線はTVに釘付けのまま。
 顔色は真っ青に……)

660 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/08 00:46 ID:???
>653
可愛くない、オレの胃が壊れる

>657
とっくの昔にやっている
しかしな、その手のことは大抵オレの居ないときに起こるんだ
それに……今俺が悩んでるのは猫人形のことだ
……まさか追い出すわけには行くまい

661 :片待つの女性:04/04/08 00:47 ID:???
>650
(別の場所でそれを見ているであろう。)

…………嫌ね。何人死んだと思ってるのよ………。
戦争。武器。政府。大義。

………皆……ダイッキライ。

662 :ファンネル同伴の少女:04/04/08 00:48 ID:???
>660
胃が壊れると、食事制限掛かるからつらいわね・・・ぱくっ。
私も一度、強化の反動で胃潰瘍で入院したことがあって・・・(以下くだらない話が数行

変に捨てたりしたら猫好きの人に、睨まれるわね・・・ぱくっ。



663 :籠の外の許婚:04/04/08 00:49 ID:???
>657
あんたなぁ、羨ましぃて、それぁいくらなんでもしっつれいやろに…

>659
……知り合いとかでも、居ったんかぇ?
(流石に声が小さい)

664 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 00:51 ID:???
>663
(すでにスポーツニュースに移ってしまったTVを、なおも呆然と見つめたままで)

……ええ、知り合いですよ。
あの攻撃を、やった方が、ね……。

(大きくため息をつき、TVから視線を外す)

……やはり、あそこを出てよかった、のでしょうね。
僕が僕らしくいるためには……

665 :ちんぴら:04/04/08 00:52 ID:???
>660
 とりあえず鳴かせるなと命令したほうがいいぜ、間違いねぇ(断言)
 
 なんか喉渇いたな。カクテルくんね?

666 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/08 00:52 ID:???
>655
おう、まぁな
(画面を見ながら沈んで、否、怒りを押さえ込んでいる)

>656
別に何でもありません、ただ
――何度も同じことを繰り返すバカどもにあきれてるだけです
(凍るような目で、吐き捨てるように言い放つ

667 :ふくかん:04/04/08 00:54 ID:???
(ひょっこり)
 まったく派手なことやってくれますねぇ・・・・・・
(ぶつくさ)
>666
 あーらら。なんだか殺気まるだしですねぇ。

668 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/08 00:56 ID:???
>662
経験者か……因果なものだな
というかオレルールの外側なんだ、アレの扱いは

>665
…聞いてくれる可能性が低そうなのは気のせいか?
とにかく相談してみるさ

カクテル…リクエストは無いのか?


669 :籠の外の許婚:04/04/08 00:56 ID:???
>664
ふぅ〜ん……せやけどまぁ、めちゃ良い作戦やろぉね。
作戦上は、の。
(わざと相手の反応をうかがっている)

670 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 00:56 ID:???
>666
人間ってのは基本的に馬鹿なんだよ。
無論、中には賢明な人も居るがな・・・・・・

ま、あれはブルーアースの基地だからいいがな。

671 :ファンネル同伴の少女:04/04/08 00:57 ID:???
>666
(小声で)
あんまりそうやってイライラしてると、うちの雷執事みたいに禿げるわよ。

>667
あ、ちょうどいいところに・・・パフェに刺さってたクッキー食べる?
レーズン入りって、ちょっと苦手なのよね、私。


672 :ちんぴら:04/04/08 00:59 ID:???
>668
 ちがいねえ(苦笑)
 
 そうだな・・・・・・スクリュードライバー。 
 そういう気分だ。

673 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 01:00 ID:???
>669
一人殺せば殺人者、一万人殺せば「英雄」……ってことですか?

(弱々しい微笑みを浮かべる青年。
 一概に否定できない、自分は安易に否定できる立場ではない……その苦悩が、微妙な表情を取らせてしまっている)

674 :籠の外の許婚:04/04/08 01:01 ID:???
>666
あんまおこんといてぇよ。
何時もの表情さ何処行きよぉたんや?

675 :若者 と 女執事 ◆xINQuiet4U :04/04/08 01:02 ID:???
>663
へ、何でですか?
(純粋に、何で咎められたのかが分からない様子)

「……………………」



676 :籠の外の許婚:04/04/08 01:03 ID:???
>673
……戦争しとぉんや。
自分の被害はなるべく少のぉ、
敵の被害は出来るだけ多く……
しゃぁない、やろ?

……気ぃ、おとさんときぃや。

(相手の表情を見、自分のちょっかいを少し後悔)

677 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 01:07 ID:???
>676
そう、ですね……。

(力なく微笑む。

 かつて、戦場で出会った者全てを全滅させ続けた兵士がいた。
 彼はその戦いぶりから、「英雄」と呼ばれた。
 その、二つ名としてはストレート過ぎる呼称は、彼にとっても誇りだった。
 ……「彼女」の「歌」に出会うまでは。

 そして、その、かつて「英雄」と呼ばれていた青年は……
 今こうして、大量の殺戮の様子を見て、心を痛めている。
 自分自身も同じ穴のムジナであることを自覚しながら……)

678 :ふくかん:04/04/08 01:10 ID:???
>671
 えんりょなーくいただきまーす(ぱくり)
(゚д゚)ウマー


679 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/08 01:11 ID:???
>667
近いこと経験してるんでね
あいつらにだけは信念を突き通す自身がありません、今ならなおさら

>670
対象が何であろうとあいつらがやったのは虐殺
……ダブリンと――オレの故郷と同じことをまたやったんだ、あいつ等は

>671
…オレだって怒りたくねぇよ

>674
……お前もあの地獄を経験すりゃわかるさ
必ず、な


680 :籠の外の許婚:04/04/08 01:12 ID:???
>675
……そぉかぇ。
そやぁたら私の前で二度と口ひらくなや、このドサンピン。
(中指を立ててサングラスの裏から睨む。
  完全に。それ専門の世界故の肝の据え方)

>677
……よぉしゃ、酒のもっ!
店員さぁん、酒ぇ!

681 :籠の外の許婚:04/04/08 01:14 ID:???
>679
悪かぁたの、私ぁどうせそんな惨状眼で見たわけやあらへんわ。
(口を曲げる)

682 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/08 01:15 ID:???
>672
了解だ
(手際よく、スクリュードライバーを作って出す)

>680
せめてどんな酒を注文するか言ってくれ
大雑把に言うなら、ビールから泡盛まではあるが

683 :ふくかん:04/04/08 01:15 ID:???
>679
 ンじゃ、メガネ君も同じ穴の狢ですねぇ?
 
 一つ聞きます。
 なんで、レッドスペース軍は今回ボンベイにソーラレイなんかを打ち込んだんでしょうねぇ?

684 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 01:16 ID:???
>679
……………。

(怒りを顕わにするメガネの様子を、寂しそうな表情で眺めるヘッドホンの青年)

>680
お、お酒ですか!?
ぼ、僕、お酒はちょっと……!(大慌てで拒絶の姿勢)

685 :ちんぴら:04/04/08 01:17 ID:???
>680 
 たしか、俺ボトルキープしてるぞ。
 ウォッカなんだけどよ。
 そいつも出すか?
(ぐるり、と回転椅子回してそちらを向く)

686 :籠の外の許婚:04/04/08 01:17 ID:???
>682
未成年が飲んで良ぉて、アルコールが強ぉて…

よぉは気分よぉ酔えるやつっ!(人差し指を立てる)

687 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/08 01:19 ID:???
>681
そりゃそうだ、あんなのみたら性格歪む(苦笑
だからって訳じゃないが
(冷たい目で見て)
『良い作戦』とか冗談でも抜かすんじゃねぇ、サンピン

>683
同じ穴の狢……か(目を伏せる)
……勝つために、ですか?

688 :若者 と 女執事 ◆xINQuiet4U :04/04/08 01:19 ID:???
>680
えーと…………?

(傍らに居た女執事が許嫁に近寄る)

「出来ればそう言う言動は謹んで頂けないでしょうか?
 …………もちろんお互いの為にですわ」

689 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 01:20 ID:???
>679
あの様子だと軍港設備を上手い具合に直撃してるから死んだのは大半が軍人ぐらいだろう。

そうか・・・・・・俺はダブリンを見たことは無いんだ。
シドニーなら見た事が有るがな・・・・・

690 :籠の外の許婚:04/04/08 01:21 ID:???
>684-685
飲もっ。飲んで気ぃ晴らそっ。
気分が沈んでかなんわっ。

>687
うっさいっ、ぐちゃぐちゃ抜かすなや。
皮肉を皮肉とも理解できんほど頭に血ぃ上らせて、どないするつもりゃ?
えぇ? 怒んは勝手やけぇどね、阿保晒すわけにゃいかんやろぉに…

691 :ちんぴら:04/04/08 01:24 ID:???
>684
 まぁなんだ。俺はお前が誰だかシラネ。
 だがあれだ。そういうションベンくさい顔されると酒が拙くなる。
 おごる以上は飲メ(・∀・)!
>690
 だ、な。

 マスター、ウォッカと氷、それと水と・・・・・・なんでもいいから割る奴!


692 :籠の外の許婚:04/04/08 01:26 ID:???
>688
てめぇが悪い。詫びぃ入れてからにしてもらぉかぁ?
常識の欠如した戯けはどっちゃね。
なぁにが互いん為や。
先に言うておいて、筋通せや。

693 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/08 01:26 ID:???
>686
未成年が飲めるの酒なぞ存在しない……甘酒は飲めるか

>685
出すなら早目の方が良いだろうな
しかしうちは喫茶店のはずなんだが…

とにかく
(適当な一升瓶を出して)
日本酒だ、安物だが問題ないだろう
ビールは後で持ってくる

>691
(奥に行って、ビールと一緒にウォッカと氷、水を持ってくる)
これでいいな


694 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 01:27 ID:???
>690-691
(完全に飲まねば許されない空気に、脂汗ダラダラで、しかし逃げることもできずにまな板の鯉状態w
 ここで逃げ出せるような性格ならこんなに汗はかかないw)

695 :ふくかん:04/04/08 01:28 ID:???
>687
 そう。そのとおり。
 勝つため、です。
 ええ、もちろん兵士は「恨みを晴らすため」とか思ってるかもしれませんけどね。
ま、ブルーアースによる無差別潜水艦戦抑止とか、大規模な通商破壊作戦とか、
いろいろ理由はありますけど。
 単純に言えば「勝つため」それだけです。
 
 君はこういう行為に喧嘩売ってるんですよね?
 じゃあ、単純に腹を立てるだけじゃいけません。
 こういうのから「真実」を汲み取らなきゃいけません。
 
 それにしても。メイファちゃんもずいぶんはでにやってくれたもんですねー。
 嫌いになりました?彼女のこと。
 

696 :ちんぴら:04/04/08 01:31 ID:???
>693 
 ちゃんぽんとは・・・・・・あんたさっさと酔わせる腹だな。
 さすがだ(何がさすがなのか) 
 
 うーーーーーーーし、今日は腰をすえて、飲む!
(ボトルをがっしりと掴みつつ)
 一番機、出るっ!
(冷凍庫に突っ込んであったためかとろみをおびぎんぎんに冷えたウォッカを
ショットグラスに流し込み一気)
 っかーーーーーーーー!
>694
 ほれ、次お前!
(グラスにウォッカを流し込みつつ)
 ストレートがきついならオレンジジュースも在るぞ?
(じわり。とつめよる)

697 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 01:33 ID:???
>696
………せめて、割ってください(滝汗

698 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/08 01:33 ID:???
>689
それでも嫌なものはいやなんで
ダブリンは…今は結構マシになってます、混戦の影響もあるでしょうけど

>690
………ああ
(自分の目の前で、両手を思い切りあわせて)
ッシャァ!
愚痴るのは後だ、飲むぞ

>695
理解してますとも、大体は
でもね、もう本能レベルで嫌なんです、こういう行為が
……そういうの、アンタは全然ありませんか
それとオレにはメイファを嫌いになる理由が無い
俺が嫌いなのは――
――ミネラ・ラオ・ザビ・ダイクンです


699 :籠の外の許婚:04/04/08 01:34 ID:???
>693
ありがっとね♪

>694>696
そぉれ、一気!一気!一気!

700 :若者 と 女執事 ◆xINQuiet4U :04/04/08 01:35 ID:???
>692
えーと、えーと…………?(汗)

「敢えて多くは語りませんが、ヴァイス様の発言に絡んできたのは
 貴女からだったと記憶しております。
 ヴァイス様の何を知ってて頭ごなしに否定するかは存じませぬが
 その行動の何処が筋が通ってるのでしょうね?
 それでは「逃げられた」のも仕方ないとコメントせざるを得ませんわ」

(失礼します、と言って若者の横へ戻る女執事)

えーと、どういうこと?
「ただの世間話でございます」

701 :ふくかん:04/04/08 01:39 ID:???
>698
 100万人殺すのが嫌い、でもそういうことをする連中相手なら
殺してもかまわない。

 それって結局「あいつらが殺すんだから俺も殺す」っていってるような
もんですよ。
 
 ええ、こういうのが嫌いっていうのはあたしにもあることはあります。一応、ですが。
 でも。
 そこで、「だからいいんだ」って考えるのを止めたらお仕舞いじゃないですか?
 あの一撃も、あなたがライフルで一人を殺すのも同じ「殺人」。
 ならば、むしろ「何故」殺すのかを考えるべきでしょうね。
 
 ただ・・・・・・今は頭が沸騰してるでしょうから。
 
 酒でも飲んで頭を冷やすことですね〜
 

702 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 01:40 ID:???
>698
そうか、マシになってるか・・・・・良かったな。

俺がシドニーを始めてみたのはUC224年・・・・・・ある作戦に参加しててな。
シドニー湾のセツルメントの残骸の中で戦闘をしてた。
分かるか?
79年に落っこちたセツルメントの残骸が100年以上立っても中でドンパチできる強度を保ってたんだ。
そんなのが落ちるってのは・・・・怖いよ。

703 :ちんぴら:04/04/08 01:40 ID:???
>699
 おっとっと、空のグラスはルール違反だ!
(運ばれてきた日本酒をグラスに注いでやる)
 

704 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 01:41 ID:???
(不機嫌な表情で入店)
う〜〜、まだ頭ん中がじゃりじゃりする……(顔の左側、つまり機械化されたあたりをとんとんと叩きながら)

…………酒くれ酒!

705 :(・∋・):04/04/08 01:42 ID:???
>704
つ□←スピリタス(注・ほぼ100パーセントアルコール)

706 :ヘッドホンの用務員:04/04/08 01:44 ID:???
>699
うう……(汗

(囃されるままに、オレンジジュースで割ったウォッカを一気飲み。
 しかしカクテルと呼ぶにはアルコール度数強すぎw
 ……嫌がっていた割には、かなりあっさりと飲んでしまった、が……?)

707 :籠の外の許婚:04/04/08 01:44 ID:???
>700
……黙らんかこのチンピラ風情がッ!!(怒声)

ハンッ、ごちゃごちゃ抜かすなや阿呆が。
そんなボンクラ相手に理解なんて必要あるけぇ。

>701
教官もしっつこいなぁ!
御酒まずぅなるやんかぁ〜!
(一気のみ)

708 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/08 01:47 ID:???
>701
ええ、矛盾してます
……どうやらオレはあいつらが絡むと復讐騎になるみたいですね。未だに
とにかくこれからあいつらと戦うことになっても、自分の信念を貫きます(苦笑

そうっスね、今は頭冷やします…

>702
まだ完全ではないですけどね
……いや、もしかしたら永遠のあの時は帰ってこないのかもしれません

(手元の酒を一杯一気で飲む)

>707
…お前も頭を冷やせ、何をしているのかは知らんがな


709 :ふくかん:04/04/08 01:49 ID:???
>702
 まるで墓地でしたもんね・・・・・・(戦闘経験がある奴)
 
 あなたの時代には、そういう事件があったりとかしたんですか?

710 :若者 と 女執事 ◆xINQuiet4U :04/04/08 01:49 ID:???
>707
「覚え置き下さいませ。貴女が思っている安全は、意外なほどあっさり壊れるものですから。
 えぇ、ヴァイス様と彼との間に「本当の」違いはどれ程有ったのでしょうね?」

(それだけ言うと、会計を済ませにレジへ)

あれ?もう行くの〜?

(その後を付いていく気の抜けた若者)

711 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 01:50 ID:???
>705
おうよっ!(きゅっと飲み干す)



…………(ポン)うぢゃ!?
(機械部分が発火!?)g2sふぁ5$#Dkhかksg+hf/scbぬえascfvvすあ32,4sjかsけいうcし……(そしてひっくり返る)

712 :籠の外の許婚:04/04/08 01:51 ID:???
>708
んふふ〜 ワシぁ冷静やぁ?
こんなもんはコントロールして出すもんやて。
それ程んこっちゃないて。

……で、一気のみせぇへんの?
(にやにや)

>710
お似合いやで、このチョンボ頭。
好きんだけ吼たえとれや。

713 :ふくかん:04/04/08 01:51 ID:???
>707
 中途半端にのこしたままじゃ、いつまでもぶつくさいうことになっちゃいます
からねぇ。くだまき酒は余計まずいもんだとおもいますしー。
 
 あー。みんなのむならあたしものみますねー。
>酒飲んでる連中全員
 なにかたべますー?つまみなしもさびしいかとー。

714 :(・∋・) :04/04/08 01:53 ID:???
>711
つ□←氷水

つ■←いぐすり

715 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 01:58 ID:???
>714
…………それより濡れふきんくれ……


:::;,, <ヒヲケサナイト……
_○___



716 :(・∋・):04/04/08 01:59 ID:???
>715
つ■ヽ
   川    ジュ−
   :::;,,
   _○___


717 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 01:59 ID:???
>709
セツルメント国家議会軍にガーノー提督っておっさんがいたんだが・・・・・・
こいつが軍事政権を取りたいが為にガイアに難癖つけてガイアに進攻してきやがったんだ。
その時はイルミナ−ティが協力してくれたから何とか勝てた。

その後だ。
ガーノーの腹心のバイス准将が極秘裏にプロジェクトレイブンと言う計画を発動しやがったのさ。
これでクーデターを起こして軍事政権を樹立させるこんたんだったらしい。
それを阻止する為にイルミナ−ティはライトニング部隊を編成、地球に派遣したのさ。
ライトニング部隊には・・・・俺と雪風の親父が参加していたんだ。

718 :ヘッドホンの用務員?:04/04/08 02:00 ID:???
(酒を一気飲みして……ドンッ! と音を立ててグラスをテーブルに叩きつける)

………不味い酒だぜ、全くよ……!!

(なんだか、目つきが凶悪になって、今までの温厚な雰囲気がないんですが……!?)

いいじゃねぇか、コロニーレーザーでもコロニー落としでも、何でも使えばよ。
人殺しに貴賎があるってぇのか? ええ?

(誰にともなく絡むヘッドホン。顔に浮かぶは不敵な笑み)

719 :籠の外の許婚:04/04/08 02:01 ID:???
>718
おぉっ! のみっぷりが良いなぁ。
もっと飲もうやぁ!
(酒飲みの赤い顔で後ろから飛びつく)

720 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/08 02:02 ID:???
>712
ほう、そこまでコントロールできるとは流石だな

一気飲みは今やった
オレはあまり飲めないからな、進めすぎないでくれ…
(水割りをちびちび飲みだす)

>718
残念だが、あるんだヴェイア
――ああ、お前はそういう主義か、クズ以下だな

721 :ふくかん:04/04/08 02:02 ID:???
>717
 二段構えだったのか、それとも一度目が失敗したから二度目を試みたのか、
気になるところですね。
 それで?

722 :ちんぴら:04/04/08 02:06 ID:???
>718
 をを!?
 くそ、負けるか!
(グラスにどぼどぼと酒をそそぐ。 
 ワンフィンガー、ツーフィンガー・・・・・・・

 指五本分・・・・・

 ワンチョップ?)

 おらああああああああ
(一息に飲み干す。それ。度数40度のうぉっかですよ?)
>719
(さらにグラスに酒を注ぎ込む奴。
 日本酒ーーーー)
>720
 んだからお前も飲め。
 いいから飲め。

 なんつーかな。殺すとか殺されるとか割とうんざりなのな最近の俺はよ。
 戦争やってる連中なんぞ、ほっときゃいいじゃねえか、ええ?
 来る連中だけ叩いてりゃいい、違うかよ?!

723 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 02:10 ID:???
>721
俺が参加していたライトニング部隊は地球に降下した後、リオデジャネイロを初め、プロジェクトレイブンの拠点を幾つも潰した。
そしてリオデジャネイロの後、補給の為にシドニーに行ったらセツルメントの中に敵の部隊が居たのさ・・・・
単機で偵察に出ていたGセイバーは黒いMS・・・・・レイブンに大破させられた。
まあ、その時は敵が少なかったから小規模な戦闘で済んだがな。
その後、キリマンジャロに向かう途中で俺のダチが大破したGセイバーを修理ついでに改造してGサードセイバーにしちまったよ。


724 :「英雄」だった用務員:04/04/08 02:11 ID:???
>719
(飛びついてきた許婚を引き剥がし、グラスを握らせる)

てめぇも飲め、この女装野郎が!(ニヤリ

(持たせたグラスに酒を注ぎ、飲むように促す)

>720
(メガネの言葉に、邪悪な笑みを浮かべる青年。
 つい先ほどまでの青年とは全くの別人な表情……。
 いや、NT能力を持っている者からすれば、そこにいる人物は全くの別人の精神としか感じられないだろう)

いかに効率的に人を殺すか、それが戦争の本質だろう?
ああいう大規模破壊兵器ってのは、その延長線じゃねぇか。
養成所で人殺しの訓練してる連中に、非難する権利なんてねぇや。

人一人殺せば殺人者。でも一万人ブチのめせば「英雄」……ってね。(ニヤニヤ

(先ほどと同じセリフを、全く違う意味合いで口にする青年)

>722
(ニヤリ)

負けねぇよ!

(こっちも自分で酒を注いでイッキのみ)

725 :ふくかん :04/04/08 02:13 ID:???
>723
 なるほど。アンブッシュを受けたわけですか。
 そういう状況になると、いろいろきついですからね・・・・・・。

 そして、あなたの父親さんはどうしたんですか?

726 :籠の外の許婚:04/04/08 02:15 ID:???
>722
おぉ、あたりめぇじゃろがぁ!

>724
うっさいわ、このヘッドホン魔人!
ワシぁ女装すんのは愛故じゃっ、解るかこン朴念仁!
(渡されたグラスを一気のみ)

727 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/08 02:18 ID:???
>724
オレもそう思う(微笑
だが、ことは単純ではないのだろう
まったく、因果なものだ
(また一口飲む)

>724
――なるほど、あの男と同類というわけか
(人格の相違、それに気づき、独り言のように呟く)
貴様と話すことは無いようだな、おとなしくしていろ


728 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 02:19 ID:???
>716
…………

   γ ⌒ ⌒ `ヘ
  イ ""  ⌒  ヾ ヾ  ズガァァン
/ (   ⌒   ヽ  )ヽ
(      、 ,    ヾ )
 ゞ (.    . ノ. .ノ .ノ
  ゝ、、ゝ.....| |..., , ノソ

…………はうわ(ショートした機械部分が爆発、気絶する)

729 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 02:21 ID:???
>725
俺の親父じゃなくて雪風の親父だ(汗)
モンタナ・S・深井・・・・・・俺はマスターチーフと呼んでいる。

その時は二人とも母艦であるライトニングに護衛をしてた。
ま、敵が母艦まで攻撃してこなかったから二人とも無傷だったがな。
修理と回収が終わったGサードはそのままキリマンジャロ攻略に投入、
その時は俺たちはGサードの為に陽動任務をしてたんだぜ。
もう、機体はボロボロだったさ。

その後も東欧やトーキョーとかでも戦って・・・・・バイス准将のクーデター部隊「グレムリンシープ」をシドニー湾まで追い詰めた。

730 :ちんぴら:04/04/08 02:21 ID:???
>727 
 あーおまえ飲むと冷静になるタイプだろう。
 あーなんかきにくわねー。
 そういうネタはぬきっつーはなしなのにー
( =∀=)σ
 メガネ野郎!ちょっといいとこ見せとけや!
(お約束がきてしまいました)

731 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 02:22 ID:???
>728
・・・・・・・・・・・
サイボーグなんてろくな事にならねえな(汗)

732 :(・∋・):04/04/08 02:22 ID:???
>728
(;・∋・)

(バックに引きずり込む)

(ドライヤーで乾かす)

(なんか直してる)

(着付け代わりにスピリタス飲ます奴)

733 :「英雄」だった用務員:04/04/08 02:23 ID:???
>726
愛だとぉ?
ンなモンは犬にでも食わせてドブに捨てとけ!

(ひどいことを言いつつ自分も杯をあおる)

>727
(メガネの言葉に、ふと何かを思い出すような仕草をして、ニヤリと笑う)

ああ、思い出した。
確かお前、「非殺」とかなんとか言ってる奴だったか。
「アイツ」と一緒で、立派なモンだなぁ、偽善者さんよぉ。

(馬鹿にするかのような笑み。
 同じ人間がここまで違う表情、ここまで違う種類の笑みを浮かべられるのか、と驚かされる)

734 :ちんぴら( =∀=):04/04/08 02:25 ID:???
>724
 負けるかこん畜生!第2養成所のうわばみとおそれられたこの
オレがぁ!
(撃墜数三)

735 :籠の外の許婚:04/04/08 02:28 ID:???
>733
ひどぉい! あんたぁそりゃないてぇ!
ちょっとこっち向きんしゃい。
(頬を掴んで向けさせようとする)

736 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/08 02:31 ID:???
>728
……フン

>730
そういわれても性分なのだから仕方無いだろう
……まったく仕方ないな
(コップをとりあえず受け取る)

>733
ああ、そうだ
オレは偽善者だ、間違い無くな
だがな、ヴェイア……
貴様に俺の戦いをどうこう言われる筋合いは無い


737 :ふくかん:04/04/08 02:33 ID:???
>729
 おれと雪風のオヤジ、なんていうから結婚してるのかきょうだいなのか
とかおもっちゃいましたよぉ。
 ま、それはとにかくですね。

 世界中文字通り駆けずり回る羽目になって・・・・・・
 
 たいへんなんですよね、そーゆーの。
 昨日は香港、明日はサンフランシスコ・・・・・・
 転戦だけでも疲れるのに。
(うなずきながら続きをうながす)

738 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 02:35 ID:???
>732
〜○〜〜〜
(なんかびくんびくんと波打っている)

739 :(・∋・):04/04/08 02:39 ID:???
>738

     丿   ,;⌒⌒i.
  ノノノノ⌒ヽ (   ;;;;;)   ____
 (゚∈゚ )  ミ)     ,,:;;;)  |       |
/⌒\/(   ) ヽ| |/ |;,ノ |  →病院|
( ミ   ∨∨  | /  .,i  |____|
 ノ  /     | | ,,i; ,, . ,;‖
( \/ヽ ,,,丶, | |,,,;.    ;i, ‖ヽ
 \ ) ) ..   ,,   ´ヽ (,, ‖丿.,,,
 ///   ,,   ,,  .. ´ヽ ‖,,, ..,
`ヾ ヽミ ,,  .、 ヽ .. ヽ丶,.ヽ‖、,,

 結局病院に連れて行こうとする香具師


740 :「英雄」だった用務員:04/04/08 02:39 ID:???
>734
おおぅ、いい飲みっぷりだな!

>735
じゃぁなんだ?
「愛は粘膜の生み出す幻想だ」とでも言えば納得するか、オイ?w

>736
おうおう、ご立派なこった。
せいぜい頑張りな!

(手にしていた酒を一気にあおる。
 そして……唐突に、テーブルに崩れ落ちる。

 ……やがて聞こえてくる、静かな寝息。
 言いたいことだけ言って、勝手に自爆してしまったようだ。
 揺すっても何しても起きる気配はない……w)

741 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 02:45 ID:???
>737
かなりの強行軍だったからな・・・・・・疲れたぜ。

シドニー湾まで追い詰めた後がまだグレムリンシープは強力だった。
だが、議会軍の協力もあって攻撃を開始したんだ・・・・・
俺とマスターチーフはポンコツのフリーダムでセツルメントの残骸内に突入したGサードの援護した。
残骸の奥でGサードとレイブンの勝負に邪魔が入らないようにもした。
この戦いでとんでもない事が分かったんだ。
レイブンは・・・・・・無人機、モビルウェポンだったんだ。
仕草、思考、感情・・・・それらを備えた人間に最も近いAI。
それの開発もプロジェクトレイブンの目的の一つだったらしい。

この戦いでバイス准将は戦死。
グレムリンシープも散り散りになった。
プロジェクトレイブンの壊滅を確認してからしばらくして、俺たちはガイアに戻った。
それから5ヵ月後、混線が起きちまった・・・・・

742 :籠の外の許婚:04/04/08 02:51 ID:???
>740
コレでもかぁ?
(喰らいつくようにキスしようと顔を近づける)

743 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 02:52 ID:???
>740
(>740に顔を近づける>742を見て)
アーメン・・・・
(十字を切ってる)

744 :ふくかん:04/04/08 02:53 ID:???
>741
 地獄から地獄へ。
 地獄を終わらせるために地獄の釜の底であがき続けて・・・・・・

 全てが終わったと思ってみれば、また地獄、ですか。

 むしろ、「いらっしゃいませ」とでもいうべきでしょうかね。
(苦笑をもらしつつ)
 ガイアは・・・・・・どうなったんですか、混線で。

745 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 03:00 ID:???
>739
(病院からドールハウスに転送された)

あ〜〜う〜〜

メモリーナ「何を考えて余計な手間増やすかなこいつは……(氷嚢乗っけながら)」

746 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 03:02 ID:???
>744
ふ・・・・・・もう地獄にも慣れちまったかな?

ガイアは・・・・・混線直後は自衛の為に戦ったよ。
難民とかを受け入れて少し苦しかったがそれも何とかなった。
戦った敵もほとんどが俺達にとっては旧式のMSで残りも未知のMSだったが勝てた。
しばらくすると防衛隊からコーストガードに格上げされてイルミナ−ティの戦力も編入しちまった。
そして・・・・今に至るって訳だ

747 :茶髪:04/04/08 03:06 ID:???
(…天馬に駆け込んできて…自分の足に足引っ掛けて派出にすっ転ぶ奴。
…極めて無様。)

748 :ふくかん:04/04/08 03:06 ID:???
>748
 あくまで独立国家だった、ってことがプラスに働いたってことですかね。
 
 ガイア製のMS,気になるとこですねぇ。
 実際、どんなかんじです?まだのったことないんですよねぇ。


749 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/08 03:09 ID:???
>740
ああ、がんばるさ

(そして手にもった一杯の酒を一気に飲み干し
 >742を巻き込むようにして英雄の上に倒れこみ、そのまま寝てしまう)

750 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 03:10 ID:???
>747
……大丈夫か?(そのあとからやって来た。やはり足元がおぼつかない)

…………なんか、頭痛に効くハーブティとか無いか?(顔色が悪い)

751 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 03:15 ID:???
>748
俺の乗ってるフリーダムでさえUC196年に正式採用された機体だ。
性能は一級品さ。
換装システムであらゆるフィールドに対応できるGセイバー。
宇宙空間では高い機動性を誇るIセイバー。
扱いやすい主力機Jセイバー。
Gセイバーをアップデートさせてどんな任務や戦況にも換装システムで対応できるGサードセイバー。
そして、高機動で頑丈なフリーダム・・・・・
こんなところさ。

752 :茶髪:04/04/08 03:17 ID:???
>750
…あ…何とか…。
(ゆっくり立ち上がる。)

……あったら僕も欲しい位だけど……。

753 :ちんぴら(=∀=):04/04/08 03:20 ID:???
んーだぁ?だらしねえ・・・・・・
(酔いつぶれた二人を見下ろしつつ)
 
こりゃ−−−×ゲームもんだなー
(二人を引きずって天馬近くにたっている街路樹に吊るしてしまう)
(そのままそのねっこあたりで爆睡開始)

754 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 03:22 ID:???
>752
……どうせそっちもあれのことだろ?
こんなにガンガン来るのは混線してきた時以来だぜ……

……そう言えば、『本命』はどうした。

755 :ふくかん:04/04/08 03:22 ID:???
>751
 あたしの「ブラック・ウィドウ」とやらせてみたいとこですねぇ・・・・・・
(うなずきつつ)
 さて、あなたがなんでここにきたか確かめておきたいとこですけど、
かたづけなきゃならないしごとがあるんでそろそろいきますね。
 それじゃ、また。楽しいお話をきかせてくれてありがとうございました。
(そのまま天馬を出る)

756 :茶髪:04/04/08 03:24 ID:???
>754
……勿論光の柱…の件だよ。

…いまだ行方不明…だね。まずあそこにはいないだろうけど…。
(表情、暗いです。)

757 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 03:28 ID:???
>755
ああ、いいぜ。
シミュレーターなら何時でも相手をしてやるぜ。
(ふくかんを見送りつつ)

何でここに来たか?・・・か・・・・
ちっ・・・・・まさか雪風の事を探ってたのはここの連中か企業なのか?
(小声でボソッと呟く)

758 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 03:30 ID:???
>756
だよな……

……え?何言ってるんだ?
こないだからここにきてるじゃないか。

(説明しよう!彼女らはフレイが茶髪の本命だと誤解しているのだ!)

759 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/08 03:52 ID:???
どうするべきか・・・・・・
やはり、ジャックに相談するべきか?
(ぶつぶつぶつぶつ・・・・・・・・・・)
(呟きながら天馬から出て行く)

760 :茶髪:04/04/08 19:57 ID:???
(次の日…天馬の脇の椅子に座って深い溜息をついている奴。)

761 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 20:08 ID:???
>760
あ……(たまたま見つけた)k……(今は違うんだっけ)……ア〜スラン♪(声をかける)

762 :茶髪:04/04/08 20:11 ID:???
>761
……君がその偽名、調べた方法が気になるけど…
それはそうと…これ。
(新規製作したエールダガーのOSディスクを差し出す。)

763 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 20:44 ID:???
>762
ん?あの時一緒にいた眼鏡の人に聞いたの。(横に座る)

これ……わぁ、ありがとう♪

764 :茶髪:04/04/08 20:52 ID:???
>763
…なるほどね…。
(何故か溜息。)

………一応、シミュレーターでの君のデータ参考に作ったから
普通のよりは馴染むと思うよ。
(口調は普通。…しかし何故か心がどこかに行っちゃっているような雰囲気である。)

765 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 20:58 ID:???
>764
…………熱でもあるの?(茶髪の額に手を当てる。ひやりと気持ちいい……はず……)

766 :茶髪:04/04/08 21:01 ID:???
>765
…………熱?…何で?
(熱はない。…その手もそこまで気にしちゃいない。
例のソーラレイ事件の事でも考えてるのだろうか。
声そのものも微妙に心が入っていない。)

767 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 21:08 ID:???
>766
熱は無いみたい……お腹がすいているの?って事でもなさそうだし……

(えと、ノリがフレイでなくてユリカだとか言う突っ込みはご容赦。シェリルにならないだけマシです)

…………やっぱり、赤青戦争のことね…………

768 :茶髪:04/04/08 21:12 ID:???
>767
…まぁ…ね。

……青い方も随分ひどい事やってきたのは知ってるけど…
例の攻撃は明らかに度を過ぎてるし…今後どうなる事かと思うと…ね。


769 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 21:27 ID:???
>768
うん……うち(新連邦)はどうなるんだろ……

770 :赤毛:04/04/08 21:32 ID:???
 う〜ん・・・・・・ねこ・・・・・・が・・・・・・・(うめきつつ目を覚ます)

 あ〜〜(ようやく目を覚ます)

 いったいなにがどうしたってーの?
(ふらつきながらでてくる)

771 :茶髪:04/04/08 21:32 ID:???
>769
…新連邦の場合…アメリアとかムーンレイス側の方を警戒した方がいいと思うけど…。

…地球そのものに大きな被害が出ない限りはそこまでの問題にはならないと思うし。
まぁ…僕にも今回の件であそこも遠距離大量破壊兵器の準備始める事だけは容易に推測できるけどね…。

772 :茶髪:04/04/08 21:38 ID:???
>770
……ボンペイに…コロ二ーを利用したらしき巨大なビーム兵器が放たれたって
例のニュースの関連の話だけど…もしかして…ニュース聞いてない?

773 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 21:42 ID:???
>771
そうよね……
(茶髪のほうに向き直り)ここだけの話、一部で『フ号兵器』という大量破壊兵器の噂が流れていて……

…………オーブのほうには内緒にしてね?ほかのどんなMSよりも強力なビーム砲を装備したMSのチームだって言うの。

774 :色黒の生徒:04/04/08 21:45 ID:???
…さ〜て……教官に課題も出したし、
今日もグゥレイトに働くかぁ…………
「ガチャ」
(天馬のドアを押し開けて入ってくる厨房のバイト一名。
 店内を軽く見渡して、状況を何となく把握、
 認識は「………ヤバそうだ、何か知らんが」)




「バタン」
(ドアを閉じて、汗だくでその場から逃走。
 その後天馬に届いた連絡には
 「頭が割れるように痛いので休みますゴメンナサイ」とある)

775 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 21:47 ID:???
>774
?(御互いにとって幸運な事に、彼女は色黒に気がつきませんでした)

776 :茶髪:04/04/08 21:48 ID:???
>773
…うん。
(国防軍側に報告しなくても…モルゲンレーテには報告するけど。)
………まぁ…そういう事になるとは思ってたけど…。

>774
……………?
(状況、つかめてません。)

777 :使用人風な女生徒:04/04/08 21:49 ID:???
>774
頭が痛い………ですか。
そういう時はお茶を飲んでゆっくり休むのに限りますね♪

(後にバイトでも無い人間に読まれる。)

そういえば………ディアッカさんとはどなたでしょう?

(色黒の生徒の名前も知らない人間が一人。)

778 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 21:54 ID:???
……………………(´−`)つ且

…………ズズー( ⊃○⊂)

……(´−`)つ且コトリ


(´−`)

(場の流れなど知らずマターリマターリ)

779 :赤毛:04/04/08 21:56 ID:???
>茶髪
 いえ、ぜんぜんちっともまったく・・・・・・
 
 え?どういうこと?
(首を傾げつつ、テレビのチャンネルを回す奴)
(そのうち、ボンベイ攻撃の映像をやってるチャンネルを引き当てる)
・・・・・・


 マジ?
(滝汗)

 っていうか。そのコ、だれ?
(フレイのほうを見つつ言う)

780 :名無し店員:04/04/08 21:58 ID:???
>774
(´-`) .oO(さぁ・・・誰だろう)
(おいおい)


781 :茶髪:04/04/08 22:00 ID:???
>779
うん。
…今頃各国で大量破壊兵器の生産に関する案件とかが
議題に上がってるんじゃないかな?

…彼女は…フレイ・アルスター。今は…新連邦の人間で…昔の知り合いだよ。

782 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 22:02 ID:???
>776
私……あんまりあの人たちのこと……
>779
(ぺこり)あ、こないだこっちに研修の為にやって来たフレイ・アルスターと言います。

783 :赤毛:04/04/08 22:04 ID:???
>778
煤i>∀<)つ旦
(すかさずお代わりを持ってくる人)
>781
 あーーー。
 港まるごといっちゃってるわね、あれ・・・・・・
 
 核じゃないけど・・・・・・
 よくもまぁ・・・・・・

 しかも追い討ちつき・・・・・・
 鬼ね。
>赤毛中尉
 あー、フレイさん、ね。
あたし、アンジェリーナ・ロッソ。よろしく〜

784 :使用人風な女生徒:04/04/08 22:08 ID:???
>780
あ。店長さんです。

(何時もいるから勝手に名前が店長に。)

785 :茶髪:04/04/08 22:09 ID:???
>782
…………。
(表情、暗めになる。)

>783
正直…何らかの方法での…即時報復か…その大量破壊兵器の即時放棄がなされない場合
即刻報復措置を取るという形の声明にならないのが不思議な位だよね。ホント。

786 :赤毛:04/04/08 22:11 ID:???
>785
(テレビ放送を見つつ)
> ブルーアース政府はこの攻撃を「きわめて非人道的」と非難の声明を出し、
>「今後レッドスペースが同様の手段をとるならばこちらも応じざるを得ない」
>と、報復攻撃の可能性を示唆しています!

 してるみたいよ?


787 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 22:12 ID:???
>782
あぁ、知ってるよ〜
何かと有名だからねぇ〜

>783
Σ且⊂(´−`)
(しっかりキャッチ)

788 :茶髪:04/04/08 22:15 ID:???
>786
……でも……可能性を示唆してるだけだからね…。
裏を返せば今後同様の手段を取らなければ、その兵器保持してても
非人道的報復攻撃はしないかもしれないって事だし…。ブルーアースにしては
随分と大人しい対応に見えるけど…。
(手元のコーヒーを飲む。)

789 :赤毛:04/04/08 22:21 ID:???
>787
つ■←お茶うけ羊羹
(阿吽というか。なんというか。
 
 ごきげんだな赤毛)
>788
 つまり、準備中か・・・・・・

 あるいは、どこに狙いを定めるか、まよってるってとこ?

 うーーーーーー。わかんにゃーーーい(アホ晒しage)


790 :茶髪:04/04/08 22:29 ID:???
>789
………まぁ、そんな所じゃない?

…いずれにしてもろくでもないことになりそうだけど。

791 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 22:29 ID:???
>789
■⊂(´−`)

パク(´∩`)

■(´−`*)

792 :赤毛:04/04/08 22:30 ID:???
>791
(*´▽`) でれーん

793 :茶髪:04/04/08 22:33 ID:???
(突然携帯が鳴り出す。)
「…あ。…はい。……えっ?…わかりました。…わかりました。…」
(電話をかけつつ、席を立って勘定を済ませて…電話を切ると)
「…あ、ちょっと急用が入ったから…」
(さっさと出て行ってしまう。)

794 :ふくかん:04/04/08 22:37 ID:???
(茶髪と入れ違いに入ってくる)
>791 
 どもー。

795 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/08 22:37 ID:???
>791-792
あの二人……(いいなぁ)……
>790
(ふと時計を見て)あ!そろそろ行かないと!
じゃあまたね。(あわただしくあっていき……戻って来て)じゃあ……ね(茶髪のほおにキスしてから改めて去っていった)

…………やっちゃった…………(///)

796 :長髪の少女:04/04/08 22:38 ID:???
………。
(天馬に…おどおどしつつも入って来る。)

797 :ふくかん:04/04/08 22:39 ID:???
>795
(´∀`)ノシ
 はじめましてー♪

798 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 22:40 ID:???
>792
(´−`*)

>794
ども(´−`)ノ

799 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/08 22:43 ID:???
(何時ものようにアタッシュケースを持って入店)
さてと・・・・・インディを待ちましょうか。

800 :赤毛:04/04/08 22:44 ID:???
>794
 ふーみーちゃーん(−−#)
(じとり)
>798
(*´▽`)〜♪
(見つめあい宇宙)

801 :ふくかん:04/04/08 22:46 ID:???
>798
 とりあえず、企業軍NZ基地の見学ですけど。
 一応本決まりってことになりました〜

 で、とりあえず引率おねがいしてもいいですか?
>800
 たかが冗談を本気にするほうがわるいんでーす(平然。年の功か)

802 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 22:49 ID:???
>800
それに関しては赤毛ちゃんが悪いに一票(´−`)

>801
……………………(´−`)


はいぃっ!?僕がですかっ!?Σ(゚Д゚ )

803 :長髪の少女:04/04/08 22:52 ID:???
……。
(端っこに座って…付近の微妙に張り詰めた空気に怯えてる。)

804 :ふくかん:04/04/08 22:54 ID:???
>802
 んーそうですよ何か問題あります?

 あたしはここに来て年季浅いですし−。
 ホントならシェイド教官が一番いいんでしょうけどあの人所長になっちゃいましたよね?
 物静かな教官はああいう人ですしー。
 生徒まとめるパワーとか、生徒と企業兵士の間でありそーなすったもんだをどうにか
まとめられそうなパワーとかーいろいろ考えるとー。古株ではー。
 ってわけで。指名です。

(・∀・)σ

805 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/08 22:54 ID:???
>803
・・・・・・・
(挑発の隣に座り)
ちょっといいですか?

806 :長髪の少女:04/04/08 22:55 ID:???
>805
…何…?
(相手をじっと見る。)

807 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 23:00 ID:???
>804
…………(´Д`|||)


出来ればご勘弁ねがいたいのですがどうでしょう?
_| ̄|●

(企業に対してイロイロと後ろめたい香具師)

808 :赤毛:04/04/08 23:00 ID:???
>801
 ぐ・・・・っ(たじろぎ)
>802
 アズまでそういうーーーー

======(つД`)
(どこへ逃げる)

809 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/08 23:02 ID:???
>806
僕はガイア・ソリトンカンパニーの者なのですが・・・・・・
(ポケットから名刺を取り出して渡して)
どうでしょう?
我が社の製品を何か買いませんか?
(人待ちの間の暇つぶしに何か売りつける魂胆らしい)

810 :ふくかん:04/04/08 23:04 ID:???
>807
 あたしがやってもいいんですけどー。
 ほら。あたし、穏健派に「引き抜かれた」立場になっちゃいましたからー。
 ちょっとあたしはきついですねー。そーゆーわけでたいちょー、集団戦
教官もアウト。
 鳥人間教官さんとかー適当な教官は入って日が浅いですし−。
 となると他に居ないんですよねー?
(・∀・)

(追い詰める女が一人)

811 :長髪の少女:04/04/08 23:06 ID:???
>809
…………お断りします。
(ニコッと笑ってシャットアウト。…さり気無く酷い。)

812 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 23:08 ID:???
>808
いや、だって、僕は被害者だし(´−`)

>810
うぐ、うぐ、うぐぐぐ…………_| ̄|●

(追い詰められる男が一人)

813 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/08 23:10 ID:???
>811
ははは・・・・・・そうですか。
(断れるのは慣れてるらしくニコニコしてる)

814 :ふくかん:04/04/08 23:10 ID:???
>809
 あ、隊長が言ってた人ですね?
 なんか欲しいのありますかね。
 かたろぐみせてくださーい。
>812
 そういうわけで、向こうの人にはそう通達しておきますので
当日は問題児どもの取りまとめお願いしますねー♪
(勝利宣言)

815 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/08 23:11 ID:???
(天馬に入店)
>812
ん?どうしたんですか?
(>813には気がついていないらしい)

816 :長髪の少女:04/04/08 23:12 ID:???
>813
…はい。
(こちらもニコニコしてる。)

817 :お調子者の女中尉:04/04/08 23:12 ID:???
ふぁ〜。いい天気ねぇ〜。

(眠そうな顔をして、天馬に来る奴。)

818 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 23:13 ID:???
>814
…………_| ̄|●

(敗北実感)

819 :ふくかん:04/04/08 23:17 ID:???
>815、817
 あ、どもこんちわー♪
>818 
 がんがれー(きやすめ)

 

820 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 23:20 ID:???
>815
ちょっと、面倒な事に、なりまして…………
(引きつった泣きそうな笑顔を向ける)

>819
がんばりまーす_| ̄|●

821 :お調子者の女中尉:04/04/08 23:22 ID:???
>819
ん?

こんにちわー♪

(小さな子供を見るような目で挨拶していったことはこの際どうでもいいことだろうか。)


店員さーん。紅茶ちょーだーい♪

822 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/08 23:23 ID:???
>819
こんにちわ。

>820
そうですか・・・・・・・大変ですね。
(巻き込まれたくないからぽややんな教官からちょっと離れる)

823 :ふくかん:04/04/08 23:25 ID:???
>821
 いいかげんあたしのことおぼえてください中尉・・・・・_| ̄|●
(別の意味で敗北感)
>822
 すこしはここになじみました?

824 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/08 23:29 ID:???
>816
それでは・・・・ほかの方に買ってもらうとしますか。
また会った際には買ってくださいね。
(そう言って席を立ち上がると刀女を発見)

>822
やあ、雪風さんじゃないですか?
お久し振りですね。

825 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/08 23:31 ID:???
>823
ええ、馴染んでますよ。
ただ・・・・この前、変な夢を見た以外は・・・・

>824
って、ジャックさん!?
どうしてここに居るんですか!?

826 :ふくかん:04/04/08 23:31 ID:???
>824
 カタログみせてくださーい
(背後にべったり)

827 :お調子者の女中尉:04/04/08 23:32 ID:???
>823
ん?

あ、教官さん……だったわよね♪

(制服を見てから気付くのはどうかと思うが。)

828 :ふくかん:04/04/08 23:34 ID:???
>827
 ・・・・・・戦争の狗、とさげずまれ敵からも味方からも忌まれ恐れられた
『ダスク』の名声も地に落ちまくりなのです・・・・・on_
 
 フミ・サカグチです。よろしくお願いします(がっくりしつつ挨拶)

829 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/08 23:37 ID:???
>825
仕事でね・・・・・ここに売り込みに行けって言われてね。
元気そうで何よりですよ。
マスターチーフも元気だと知れば大喜びになるでしょうね。

>826
はいはい、分かりましたよ。
(驚いたそぶりを見せず、ニコニコしながらアタッシュケースからカタログを取り出して渡す)

830 :お調子者の女中尉:04/04/08 23:38 ID:???
>828
ごめんねー♪私物忘れが激しいから♪

(いい加減な人間っぷり満載。)

坂グッちゃん♪よろしく御願いね♪

831 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 23:38 ID:???
>822
えぇ、大変です。
「貴方しか居ない」って、ほめ言葉じゃ無くて最終兵器なんですから…………(遠い目)

832 :長髪の少女:04/04/08 23:39 ID:???
…。
(付近のテンションが平和になるに連れ表情も明るくなってったり。)

833 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/08 23:43 ID:???
>829
父に「余り甘い物を食べ過ぎないように」って伝えて置いてください。
私がここに来たから甘い物をたくさん食べてるはずですから・・・・・

>831
そんなに大変なんですか?
それじゃあ・・・・・インディを連れて行ってください。
役に立つはずですから・・・・・
(この前の地下鉄探索の時の事を根に持ってるらしい)

834 :ふくかん:04/04/08 23:46 ID:???
>829
 さっきも言ったのにみせてくなかったじゃないですかー。
>>814でも見せてっていったのに−。
(むくれつつ、カタログ見始める奴)
>830
 階級が同じだから位押しもできない・・・・・・on_

 よろしくおながいします(がくり)
 
 こんど、そちらの基地にみんなで見学にいくことになりましたから、
よろしくおねがいしますねー
>831
 ま、事実ですし現実ですから。突破したかったら他の候補を挙げてくださいな(鬼)

835 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/08 23:50 ID:???
>834
いや・・・すみません。
割引いたしますから許してください。
(頭を下げて謝る)

836 :お調子者の女中尉:04/04/08 23:51 ID:???
>834
位押しなんて卑怯だぞ♪私は負けないもん♪

(何故そこだけ真面目か。)

ああ。そんな話が回ってるわねぇ♪

勿論坂グッちゃん来てくれるよね!

(あだ名が固定されつつある様子。とりあえず忘年会風の誘い方は止めなさい。)

837 :ふくかん:04/04/08 23:56 ID:???
>835
 んーりょうかーい。
 えーとえーと。
 んー、拳銃とかは苦手だしー
 あーこれいいー♪
(きゃいきゃい言いながら、個人用シミュレータ用ヘッドセットを見たり
してる)
>836 
 さかぐっちゃん・・・・・・はじめてですそんなあだな。
 ま、あたしも行くことは行きますけど−(苦笑。彼女の任務の『世話』になった
人間にとって、彼女という存在は疫病神に近い。
 何しろ。彼女が姿をあらわす、ということは企業がその戦場における敗北を
事実上認めたことに他ならないからである。
 敗戦処理屋を快く受け入れられる兵士など、あまり居ない)

838 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/08 23:58 ID:???
>833
教官歴の長さと物理的腕の強さと技術とあの問題児共の
扱いの熟練性があった上でねじ伏せられる性格じゃないと。
えぇ、つまり無理ですね(即答

彼を連れて行く訳には行きません。彼の健康、具体的に言うと胃の為にも…………(遠い目

>834
あーうーあー

839 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/09 00:05 ID:???
(>833は刀女のセリフでした)
>838
あ・・・・健康の事は大丈夫ですよ。
インディは体は頑丈ですからね・・・・・・・特に胃腸は『ウルトラチタンの胃袋』と言われてるほどですよ。
腕っ節も強いし・・・・・・・・絶対に連れて行ってくださいね。
私が幽霊苦手なのにあんな所に行かせた復讐ですからね・・・・・・・(邪笑)

840 :お調子者の女中尉:04/04/09 00:07 ID:???
>837
うん?坂グッちゃんじゃ嫌?
うー……ん。

ふみっち。

(たまごっちじゃないんだから……)

ぐっち………!
…グッチ!OH、YEAR!

(異常なぐらいに騒いでいる。)

あ。来るのね。どーぞどーぞ♪大歓迎♪うふふ♪

(それでも快く歓迎する中尉。それこそ事情を知らないと思われんばかりに。)

841 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/09 00:19 ID:???
>839
分かりました。同期の貴女のそこ迄の強い推薦ならば無下には出来ないですし〜
えぇ、ナチュラルに地獄が展開される養成所空間は一度体験して貰わないと…………ふふふ……

842 :ふくかん:04/04/09 00:25 ID:???
>839
 あまり地獄を勧めないほうがいいとおもうんですが。
 一応あたしは止めましたよ。二度は止めませんからね。
>840
 あ、あはは・・・・・・
(さすがに面食らう)
(うふふ装ってたほうが人生らくでしたねー
 いまさら馬鹿よそおっても白々しいだけだしー 
 あははうふふあははは)

 えと、あと。

 よろしくおねがいします(かくざ。炎上中)
>841
  金髪ちゃんがいないのが悔やまれますねぇ(どういう意味か)

843 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/09 00:31 ID:???
>841>842
いえいえ、インディは下手なコーディネーターやニュータイプなんかよりは頼りになる人ですよ。
それぐらいの地獄は丁度いいお灸になるんですよ。

844 :お調子者の女中尉:04/04/09 00:32 ID:???
>842
あいよ♪おねぃさんにどんと任せておきなさい♪

(お前の方が歳が下だぞ?)

喉渇いちゃった。あっちで紅茶飲んでくるわね♪

Stand Up Stand for your life さあ立ち上がろう We can do it again♪
Stand Up 君の前に広がる輝く道がある♪
Stand Up たとえ何かにつまづいたとしても Rolling Stone♪
Stand Up Stand for your life 自分らしく歩けばいいよね♪
Stand Up 最高の時間与えてくれた君に感謝♪

(歌を口ずさみ、窓側の席へと歩いてゆく。)

845 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/09 00:38 ID:???
>842
金髪ちゃんも居たら……………………

『アイツの名前を知ってるか 牙と歯を見せ笑う奴の
 誰もが耳を目を背けても 奴は背中に忍び寄るぅ〜〜〜〜

 振り向くな!走れ!掴まるな!
 逃げろ!逃げろ!逃げろ!

 振り向くな!走れ!掴まるな!
 逃げろ!逃げろ!逃げろ!

 奴の名前を口にするな ソレは後ろから飲み込んでいく
 奴の姿を目にするな 目は潰れ体は引き裂かれ二度と帰れない

 もがけ!喚け!引っかけ!
 地獄が!地獄が!地獄が!

 もがけ!喚け!引っかけ!
 地獄が!地獄が!地獄が!

 逃げろ ̄ ̄ ̄ ̄~~~~~~!』(゚□゚)

(いきなりメタルシャウトで歌いだす。完璧に壊れたようだ)

846 :ふくかん:04/04/09 00:48 ID:???
>844
 あたしのほうが、としうえだと・・・・・・(おいすがり敗北)
>845
 こわれてしまいますた。
♪Willst, feiner Knabe, du mit mir gehn?
Meine Töchter sollen dich warten shön;
Meine Töchter führen den nächtlichen Reihn.
Und wiegen und tanzen und singen dich ein♪
(意味;坊や一緒においでよ
よういはとうに出来てる
娘と踊って遊ぼうよ
歌っておねんねもさしたげる
いいところじゃよ さあおいで )
(とうとつにドイツ語で歌いつつ緑茶をずずり)

847 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/09 00:48 ID:???
>845
・・・・・・・・・・・・・
当社のカラオケ練習セット、買いませんか?
(歌に呆れてる・・・・・・って、この男が笑顔以外の表情をしてる)

848 :ふくかん:04/04/09 00:53 ID:???
>847
 MS用のパーツとかは無いんですかー?
 個人的に買ってもいんですけどぉ。

849 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/09 00:56 ID:???
>848
はい、MSはお売りできませんがパーツなら高品質高耐久性の物を販売しております。
企業の物よりは多少お高くなりますがそれに見合った買い物でございますよ。

850 :ふくかん:04/04/09 01:05 ID:???
>849
 増設用コンデンサ・ユニットが欲しいですねー。
 ポートがD11sd系列のやつですー。

851 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/09 01:12 ID:???
>850
D11sd系列の増設用コンデンサ・ユニット・・・・・
(メモメモ)
ご料金はこれぐらいになりますがいかがでしょうか?
(計算機で素早く計算して見せて・・・・企業の製品より僅かに安いと言った金額だ)

852 :ふくかん:04/04/09 01:20 ID:???
>851
 んー、あとちょっと小粋な携帯武装が欲しいんですけど。MS用の。
見積もってもらえませんか?

 そしたら買ってもいーですよー

853 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/09 01:28 ID:???
>852
MS用の携帯武装ですか・・・・・・
フリーダムよりも更に1世代前のMSのビームライフルで良いですか?
余り強力なのは売れないですからね・・・・
勿論、そんじょそこいらの物よりも性能は良いですよ。

お値段は・・・・これぐらいになります。
(先程のをプラスして、企業のよりも少々高いかなっといったぐらいの金額だ)

854 :ふくかん:04/04/09 01:34 ID:???
>853
  言い切りますねー。んー、

 500mで20ミリ厚ビームコーティングを貫徹できる出力、
ですか・・・・・・

 んー。Eパックはサービスしてほしーとこですね。
(自分名義のクレジットカードを取り出しつつ)

855 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/09 01:44 ID:???
>854
その性能でもガイアにとっては旧式ですからね・・・・・
勿論、Eパックもサービスいたしますよ。

尚、商品の引渡しはガイアの通商船団がニュージーランドに来た際になりますがよろしいでしょうか?
通商船団は・・・・・近いうちに来ます。

856 :ふくかん:04/04/09 01:51 ID:???
>855
 ま、弄りかけますけどね(何)

 っていうか配送サービスは無いんですか(−−;)

857 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/09 01:56 ID:???
>856
配送サービスですか・・・・・・
一応有りますけど、使う人少ないんですよね。

まあ、ゾヌ急便でしたっけ?
そこで送りましょうか?

858 :ふくかん:04/04/09 02:05 ID:???
>857
 はい、んじゃそれでお願いしますね。
(ま、最新鋭の技術が手に入るとは思ってませんけどね。
 一世代前でも充分参考にはできる予感です。
 調べさせて、もらいますか)

859 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/09 02:09 ID:???
>858
では、ゾヌ急便で送りますね。
(その時、丁度インディが店の前を通るのを目撃して)
僕はそろそろ人に会わなければいけないのでこれ・・・・・
(そう言って、店から出て行く)

860 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/09 02:18 ID:???
>859
ジャックさんったら・・・・・・何所でも商売なんですね。
(出て行くジャックを見送り・・・・・雪風はジャックの正体を知らないらしい)

さてと・・・・・・書類整理がまだだった様な気が・・・・(汗)
(書類整理をすべく、店を後にする)

861 :SSTO:04/04/09 23:31 ID:???
(鶴を思わせるデザインの宇宙往還機が、宇宙港に到着する)
 ・・・・・・平和、か。
 ・・・・・・ここにいることもできた・・・・・・
 ここで生きることもできた・・・・・・
 
 後悔しても、しようがない・・・・・・
 血が、過去が、義務を果たせとせかしたてる・・・・・・
 今は、それに殉じるだけ。
(誰に告げるでもなくつぶやきながら。
 機を降り立つは、ミネバ・ラオ・ザビ・ダイクン)

862 :集団戦教官:04/04/09 23:33 ID:???
>861
 昨日はシンガポール、今日はニュージーランド。
 いや、まったくもってご苦労様です。
 ミネバ閣下。
(敬礼しつつ出迎える)

863 :NZ高官:04/04/09 23:37 ID:???
>861
 ミネバ・ダイクン閣下ですね。
 歓迎いたします。
(あくまで事務的な口調と表情で出迎える。
 無論、内心では「面倒な人間が来た」と思わざるを得ない。
 中立を表明しているニュージーランド政府にとり、
 レッドスペースの支配者の一人を出迎えるなど避けたかった
ことではあった。ブルーアースにどう見られるか分かったものでは
ないからだ。内心、なぜ外交官ではないのか、とぼやいている。
 だが、それを突っぱねられもしない。
 なんにせよ、出迎えるしかないのだ。
 うかつに敵に回れば、ソーラレイで狙い撃ちされる・・・・・・・ 
 その恐怖が背景にあった。
 ガンボート・ディプロマジー。
 ミネバによるソーラレイ攻撃は、ブルーアースのみならず世界全ての国々に
大してもおこなわれたもの、といってよかった)

864 :????:04/04/09 23:39 ID:???
(遠くからそれを見る影二つ)

あんあんっ、あぉぅ〜ん!

クッかかかかか、遠めに見ても憔悴してるなぁ……
よし……シロ、解っているな?

わんっわんっ!

拾われた恩は返さないとな。
この手紙、涎で濡らすなよ、背中に括り付けとく。

865 :ホワイトレディ:04/04/09 23:39 ID:???
(大空に、赤い流星が光る。
 それは大気圏に突入する万能宇宙戦艦。純白に輝くペガサス級・大幅改造型。
 大気圏突入の流れのまま、減速しつつNZの地に向かってくる……)

……さて、めいいっぱい急いできたんですけどぉ………。
メイファちゃん、いや、「南の氷の女王」様は、いらしてますかねぇ?
これで情報間違ってたら間抜けですよね〜。
道中、あれだけ「根回し」してきたってのに☆

(ブリッジにて、眼下に広がるNZの光景を見回しているのは、噂好きの女伯爵。
 懐かしそうな視線で、養成所の広大なグラウンドを見下ろす。

 白い木馬は、NZの宇宙港に着陸する……)

866 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/09 23:41 ID:???
>861-863
……来たのね……(例によって超望遠で監視している。

                      他の監視者達を)

867 :ミネバ・ラオ・ザビ・ダイクン:04/04/09 23:44 ID:???
>865
 おやおや・・・・・・
(はるかな高みより駆け下りる、白き天馬を見上げながら)
 ずいぶんと慌ててご到着のようだ。
 
 時に、会談の予定はいつであったかな?
(NZ高官を見やる)

868 :NZ高官:04/04/09 23:46 ID:???
>867
 は。急な話でしたので、なにぶん予定が立たず・・・・・・
明日の昼頃を予定しております。


869 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/09 23:49 ID:???
>866
あれはこの前の・・・・・・
同業者・・・ですね?
(こいつも監視者たちを監視中だった)

870 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/09 23:53 ID:???
>869
……目が、あってしまった……(十数mは離れている。というかそれしか離れていないのかよ!)

871 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/09 23:55 ID:???
>870
(これは、私。あの小娘と言うのは中の人の間違い)

……敵意は……感じない?(呟く)

872 :噂好きの女伯爵:04/04/09 23:56 ID:???
(ホワイトレディ、着艦。
 すぐに降りてくる噂好き、待っていたNZの現地スタッフと早速話しこむ)

え〜っと、会談の予定、いつになってますかぁ?

『ええと、急なお願いをしたもので、明日になるかと……』

遅いです。(キッパリ)
非公式でもいいって言いましたよねぇ?
ほんの10分ほどでもいいから、偶然会って世間話するだけでもいいから、って。

……ミネバ・ダイクンの公式訪問のスケジュールは押さえてますよね?

『は、はい、一応……しかし、プライベートタイムの行動予定は、把握しきれず……』

まぁそうでしょうねぇ。(ミネバの訪問予定の行動表を見る)
……そうですね、木馬、いや天馬で張ってますか♪
あの子が「NZで」「プライベートな時間を過ごす」なら、あそこでしょう♪

(部下の問いかけを無視し、さっそくリムジンに乗り込む噂好き)

873 :ミネバ・ダイクン:04/04/09 23:56 ID:???
>888
 そうか。
 では、時間は充分にあるな。
(高官のほうではなく、ホワイト・レディを見つめながら)
 ふん・・・・・・・
 何を考えているやら。 
 あれも戦争、これも戦争。ならばせいぜい、楽しめばよいのだ。
 逃れることがあたわぬならば。
(そして、少女は悪魔じみた笑みを浮かべる)

874 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/09 23:57 ID:???
>871
あららら・・・・目があってしまいましたね・・・・
手でも振りましょうか。
(ニコニコしながら手を振ってる)

875 :NZ高官:04/04/10 00:00 ID:???
>873
 は、はぁ・・・・・・・
(このガキ・・・・・・何を言っている? 
 戦争だと?ただでさえAEMAの馬鹿どもが迷惑を持ち込んでいるというのに、
さらにくそったれじみたスペースノイドとブルーアースの戦争に、この国を
巻き込もうというのか?
 冗談じゃない。まったく、冗談じゃない・・・・・・・!!!
 これがザビ家か。戦争、戦争、戦争だ。
 人間の命なんぞに、きっと塵ほどの価値も認めちゃ居ないに違いない・・・・・・!!
 何をたくらんでいるのかは知らん、だが貴様らの都合で踊るつもりは・・・・・・・
 断じて、断じてない!
 世界が戦争に満たされるなら・・・・・・せめて、このNZだけは・・・・・・
 平和を保たねばならんのだ!それこそが・・・・・・
 貴様らの如き戦争馬鹿を、人が笑うための唯一の術なのだから!)

876 :ミネバ・ダイクン:04/04/10 00:03 ID:???
>875
(内心の思いを見透かしたように)
 ふん。世界は今まさに激動のさなかにある。
 貴様らだけが例外ではない。それだけは覚えておくのだな。
(告げると)
 では、明日。
 期待させてもらうぞ?
(何をどう期待するのか。それを告げずに、彼女は集団戦教官が用意した車に
一人乗りこみ、空港を去る)

877 :噂好きの女伯爵:04/04/10 00:06 ID:???
(天馬にて……特大チョコパフェを一人、食べている)

ん〜♪ やっぱり、木馬系列店のパフェは絶品ですね〜♪

(うっとりとつぶやく。
 つーかお前さん、さっきまでかなり慌ててたんじゃなかったんかいw
 完全にリラックスモードに入ってる、ようにしか見えないw)

878 :長髪の少女:04/04/10 00:06 ID:???
(…偶然か…それとも必然か。…はともかく天馬で大人しくコーヒー飲んでるやつ。)

879 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/10 00:07 ID:???
>874
(とりあえず、見なかったことにする)
>876
行ったのね……今日はここまで。(追うのは諦め、天馬に向かおうと愛用のバイク(中の人の趣味でTR2000レーサーレプリカ)にまたがる)

880 :犬?:04/04/10 00:07 ID:???
>876
(茂みの中から眼が光る)

へっ、へっ、へっ、へっ……

あうんっ

(車が走っていくのを見て再び茂みに隠れ、コソコソ走っていく)

881 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/10 00:07 ID:???
>877
…急に帰ってくるとはな…
忙しい身だと聞いたが?
(水のおかわりを傍らに置く)

882 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 00:09 ID:???
(天馬の前に車が止まる)
(◎ー◎;)=(;◎ー◎)
(きょろきょろしつつ)

こそーり

(天馬入店)
煤i◎Д◎;)

(噂好きハケーン)

じゃ。

ヾ(◎ー◎;)

(逃亡しようとするやつ)



883 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/10 00:10 ID:???
隅| (・ω・;))))

(運悪く(?)天馬で一服中。こそこそと隅っこに逃げる。
 店外に逃げ出せば良いのだろうが、右手の中の湯飲みが未だ空になっていないのだ……)

884 :茶髪:04/04/10 00:12 ID:???
>883
……お互い、ついてませんね…。
(コイツはこいつでコーヒー飲みつつ隅っこに退避している。)

885 :噂好きの女伯爵:04/04/10 00:13 ID:???
>882
(チョコパフェをほおばりつつ……その後頭部にむかってスプーンを投げる奴)

待ちなさぁい♪
逃げたって無駄ですよぉ、ここ(NZ)はいわばあたしのホームグラウンドなんですから♪
一旦見つけた以上、どこまでも追いかけちゃいますよぉ☆

どうせ逃げられないなら、肩書き抜きで、気楽なお茶でもしましょうよ☆

(ニコニコ)

886 :セールスマン ◆MIxAasYCnA :04/04/10 00:13 ID:???
>879
無視ですか・・・・・・
ま、いいでしょう。
(とりあえず、今までまとめた資料を報告する為にニュージーランドのガイア大使館へ)

887 :長髪の少女:04/04/10 00:14 ID:???
>882
……。
(無言でジーっと見ている。)

888 :噂好きの女伯爵:04/04/10 00:14 ID:???
>878
(視界には入っているが、あえて声をかけたりはしない。)

>881
ま、しょーばいってのは時間の勝負なんで☆
(答えになってないw)

>883-884
(二人にむかって無言で手を振るw)

889 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/10 00:17 ID:???
ああ、書類整理は疲れるわ〜
(天馬に入店)
>885
む・・・・チョコパイ・・・・

>881
すみませーん、私にもチョコパイください。

>882
ん?見かけない人ですね?

890 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/10 00:17 ID:???
>884
事前に察知出来てれば…………不穏な動きは有ったのに…………((((((;゚Д゚))))))ザクグフゲルググ

>888
あ"…………

(;´Д`)ノシ

(引きつった笑顔で手を振り返す。正直、最近心休まってないらしい)


891 :茶髪:04/04/10 00:19 ID:???
>888
…。
(かろうじて会釈する余裕はあるようだ。)

>890
……はは…は…。
(乾いた笑いを。)

892 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/10 00:19 ID:???
>888
(其の言葉を聴き、>882をちらりと見て)
ああ、オレも経営というものをして、はじめてわかったよ
(そのままカウンターに足を向けつつ小声で)
言うまでも無いがあまり面倒を起こすな、ここは中立地帯だ
(カウンターに戻っていく)

>889
ああ、いいぞ

(作って持ってくる)

893 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 00:24 ID:???
>887
(ああんもうなんでこんなとこにいるんだか
 心の準備ってものがととのってないのにうわぁぁぁんあーもー
ここでぐらいゆっくりしたいのにしたいのにー
 政治ですか政治ですかいやーーーーーーーーーーーーーー)

(・・・・・・あからさまに動揺が伝わってくる)
>885
 ぇ?なんのはなしですか?
 わたしは反物問屋の楽隠居ですよ?
(そんな少女がどこにいる)
 あーもーせんぱいぷらいべーとぐらいゆるしてください
許可してくださーい(つД`)
 
 そのかおは問答無用ってやつですね?on_

894 :長髪の少女:04/04/10 00:26 ID:???
>893
……クスッ
(笑う無礼者ここにあり)

895 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/10 00:27 ID:???
>892
くぅぅ〜〜美味しそうなチョコパフェ♪
(早速食べ始める)
このボリューム・・・・・そして味・・・・・・・
95点と言った所ね。
(勝手に採点)

896 :噂好きの女伯爵:04/04/10 00:28 ID:???
>892
すいませ〜ん♪ 大事にはしませんから☆
……というか、この話、むしろ密室よりもこういうトコの方がいいんですよ♪

>893
あなたには、3つの選択肢がありまぁす♪
ひとつは、重いおも〜い「ジオン」の名前を背負って、あたしとお話すること☆
もうひとつは、養成所通信科の元同級生として、気楽にあたしとお話すること☆
最後のひとつは……どこまでもあたしから逃げ続けて、後から激しい後悔をすること☆

あたしは優しいんでぇ、好きなの選んで下さぁい♪
あ、何か飲みますぅ? コーヒーくらいなら奢りますよぉ☆(ニコニコ

897 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/10 00:28 ID:???
>893
な、なんかコントみたいだ。
(面白がってる者ここに一人)

898 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/10 00:32 ID:???
(天馬に繰り広げられる大交渉劇をバックに)

…………(´−`)つ且

ズズ…………(´⊃○⊂`)

……(´−`)つ且コトリ



…………今日も、平和だね(爽やか笑顔)

899 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 00:39 ID:???
>896
 おにー!おにー!先輩のおにー!(TДT)

 あーもーしょーがないですねーもー(ぶつくさ)
 1番2番はとにかく、まずお話を聞かせてください!


900 :長髪の少女:04/04/10 00:41 ID:???
>896 >899
(そちらに全神経を向けている。…力あるNTであれば彼女のNT能力の
底の知れなさに気がつくかもしれない。)

901 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/10 00:42 ID:???
>893,896
(何の予想もなしに天馬の前に獏を止め、店内に入ってきて)
すいません、ミルクティひと…………(固まる)…………

コンナトコロデトップカイダンディスカ…………on_

902 :噂好きの女伯爵:04/04/10 00:43 ID:???
>899

素直な子って、あたし、好きですよぉ♪(にこやかなる悪魔の笑み)

……ま、それでも、お仕事のお話抜きにはいられないんですけど♪

(チョコパフェをたいらげ、一息ついてから、少しだけシリアスな顔になる)

……ぶっちゃけ、メイファちゃんとこ、これからどうする気ですかぁ?
あんだけ派手にやっちゃって。あんなに派手なの使っちゃって。
世界中の注目浴びちゃってるの、分かってますよねぇ?

コトが赤青の二国間で終わる規模なら、あたしもこんなトコで待ち伏せなんてしないんですけど。
あたしの提案の前に、そっちの考えも確認しとかなきゃ。

(なおもにこやかな笑みのまま、メイファの表情を伺う)

903 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/10 00:46 ID:???
(直ぐ側でトップ会談が行なわれてるのも知らずに黙々とチョコパフェを食べている)
程よい甘さ・・・・程よい冷たさ・・・・
(メモに何か書いている・・・・・・デザートが美味しいお店リスト?)

904 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/10 00:46 ID:???
>901
(獏なんて乗りません、バイクです。TRCS2000レーサーレプリカ、『クウガ』のあのバイクのブラックヘッドと思ってください)

…………(何と言うか、諦めたかのように二人の近くの椅子に座る)……ミルクティ一つとイカ墨スパゲッティとクラブハウスサンド3人前とミックスジュースと……(むしろやけ食い)

905 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 00:50 ID:???
>899
(恨めしげににらんでみたり)
>902
 すーーーーーーーーー


 はーーーーーーーー
(思うさま、深呼吸して)
 んじゃ、素直って言われたから、素直に言いますけど。
 単に、ベストを尽くしただけです。
 コロニーを落としたわけでもなければ、核を落としたわけでもない。
 世間の常識のハザマをすり抜けただけですよ。 
 まぁ、「新たな脅威」として認識されたのは確かでしょうけどね。
 最大火力による最大戦果。それを達成しただけです。
 もちろん、「こういう武器をこちらは持っている。それで諸君は
どちらに味方するのか?」って世間にアピールしたって言うのも
ありますが。もちろん、可能な限り民間人は巻き込まないため、
あえて軍港地帯を攻撃しましたし。
 これからどうするか?
 もちろんブルーアースは何らかの手段による報復に出てくるでしょう。
それに対する迎撃の手を講じつつ、攻撃によって生じた混乱をさらに
利用して戦果を徹底的に拡大する。
 外交、経済、戦況、あらゆる分野において。
 それだけといえば、それだけですね。

906 :噂好きの女伯爵:04/04/10 00:59 ID:???
>905
「ベストを尽くしただけ」、ですかぁ。

(ため息ひとつ。そして、シリアスな表情で、虚空を見上げて語り始める)

 ……今回の影響、おそらく、あなたの想像している範疇を超えています。
あなたを出迎えたNZのお偉いさん、態度がおかしくありませんでしたかぁ?
みんな、「レッドスペースは平気でソーラレイを使う組織」と感じていますよ。

 今、「コロニー落としでも核でもない」と言いましたが……その線の引き方
は、あたしたち「UC世界の住人」にしか通用しないものでぇす。
 他の世界の住人から見れば、核も、コロニーも、小惑星も、ソーラレイも、
ソーラーシステムも、コロニーレーザーも、サテライトキャノンも、自由の
女神砲も……全部、同じです。
 同格の、大量破壊兵器です。

 ま、仮に、核とコロニー落としは使わなかったとしましょう。
 けれど、今後は他の各国ともに、ソーラレイやそれに準じる巨大ビーム兵器
をバンバン使ってきますよぉ。持ってないトコは、開発に入りますよぉ。
 それが、世界中で使われれば……世界は、回復不可能なダメージを受けまぁす。
 誰にとっても、それは望ましい結末ではありませんけど、必然的に、遠からず
訪れる結果でぇす。

 それを止める可能性を持つのは……メイファちゃん、多分、あなた一人でぇす。
しかも……今止めれば、ソーラレイの「撃ち得」になりますよぉ☆

(何を考えているのか、ここでようやく再び微笑みを浮かべる)

907 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/10 01:08 ID:???
>905-906
(ほぼ全身を耳にして聞いている)
……(ずずっ、ミックスジュースをすする)……

……ドルジデゴンナドゥゴドディドゥッヴカイダンナンディスカ……(土蜘蛛がウィンドの外からにらんでいるのを感じつつクラブハウスサンドをむさぼる)

908 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 01:09 ID:???
>906
 同じこと、考えてるのかもしれませんけど。
 ええ、私の狙いは相互確証破壊、ただそれにつきます。
「企業」のおかげで、だいぶ経済インフラも回復してきました。
 大量破壊兵器の使用は「しゃれにならない」そう思わせるだけで、
充分です。全世界に。改めて。
 ブルーアースも、同じような兵器を一発や二発、使うことになる
でしょうね。おそらく、そこで手打ちになるでしょう。 
 お互い、絶滅したくて戦争してるわけじゃないんですから。
 おそらく、南極条約のような形で条約を結んで、そこで手打ち。
 あとは、混線で根深さをましたアースノイドとスペースノイドの
対立構造をあおりつつ・・・・・・
 世界に二極構造を成立させる。
 大量破壊の恐怖に根ざした平和が30年続けば・・・・・・・
互いの勢力同士の経済依存が深まり、「攻撃すれば損になる」状況が
うまれます。
 世界の全てが平和になる、そんなことは非現実的。
 ならば、世界の大多数の人間が不安に満ちた平和を享受できる・・・・・・
 そういう構造を作るだけ。

 懐かしいですよね?こういうの。

909 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 01:11 ID:???
>906
 ええ、それと。
 ソーラレイを撃つつもりは、もうありません。
 あれば、もう撃ってます。
 あれは少し旧式ですから、メンテに時間を食いますけど・・・・・・・
 でも、再射撃を行うにもう充分なだけの時間は過ぎてます。
 そこであえて撃たない。これをもって明白な意思表示とさせてもらいますね。

910 :噂好きの女伯爵:04/04/10 01:23 ID:???
>908
 同じような兵器を、一発や二発、ですか。
 ……しかし、その一発二発、放たれずに済めば「お得」だと思いませんかぁ?
 大体、今の世界情勢で、「二極構造」なんて簡単にできやしません☆
 あと何年かかると思ってるんですか?
 レッドスペースがスペースノイドを統一する間に、地球圏全体が2、3回は壊滅
してますよ☆

 ソーラレイを「あえて撃たない」と言っても、世界は納得しないと思いますし。
 世界中が納得しても、ジャミトフさん一人が納得しなきゃ、それでおしまいです☆
 そういう、「個々の事例に対する対応」じゃ、間に合わないんですよ。

 今、メイファちゃん自身、「南極条約」と言いましたけど。
 あたしの提案は、まさにその「新・南極条約」の立ち上げでぇす。
 ……今現在、この混線世界には、紛争中の国家を縛る統一的な条約ってのは存在
しませぇん。かろうじて、UC系世界出身の勢力同士の間で、南極条約が一応の歯
止めとして存在しているだけでぇす。
 だから、作る。

 核だけでなく、コロニー落とし、小惑星落とし、生物・科学兵器、そして超大火
力の超大型ビーム兵器の使用を禁じる、「新・南極条約」。
 ついでに、捕虜の扱いとか、開戦・停戦の事務手続きの方法を統一する条文もつけて。
 違反した国は、条約加盟国全てから制裁を受けるシステムを付属させて。

 ……これを、メイファちゃんの口から、全世界に提案して欲しいんですよ。

 言い方次第じゃ、みんな乗ると思いますよぉ。
「これだけの威力を持つ兵器を、どの国家も持つことが可能」ってことを示唆して。
「その威力を見せ付けるために今回使った」ってことにして。
「互いにその兵器を封印しあおう」という話を、全世界に提案するんです。
 レッドスペース1国の利益だけ考えてみても、報復の可能性を封じられるなら、十分
検討に値する提案だと思いますけど?

911 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/10 01:29 ID:???
>910
…………ごほっごほっ(その言葉にむせ返る)

……(こっそり携帯端末で情報を送り)…………

912 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/10 01:37 ID:???
>911
大丈夫ですか?
(>909と>910の会話には気が付かず、何故かむせ返るのには気が付く)

913 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/10 01:38 ID:???
>911
おっと、フライングはルール違反じゃ無いかなぁ〜?
(さり気なく肩に手を置く)

914 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/10 01:44 ID:???
>912
ええ、もう大丈夫……
>913
…………諜報活動員の辞書に『フライング』と言う項目は無いわ……(とは言え、相手の実力は分かるし、下手に騒いで伯爵の機嫌を損ねる気も無いので送信しようとした手をとめる)

915 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/04/10 01:48 ID:???
(唐突に「天馬」の電話が鳴り響く。
 じりり〜ん、じりり〜んとベルが鳴るたびに受話器が跳ね上がると言う、古典的漫画表現)


916 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/10 01:51 ID:???
>914
あるよ。
スタートのタイミングを切り損ねれば、何だって駄目になる。
ましてや、簡単に咳き込む様なおっちょこちょいさんなら、より一層心配で見てられないしね♪

何も、只のお節介で言ってる訳じゃない。
カルンシュタイン卿のプライベートに諜報員が紛れ込んでると分かったら、
君のバックも圧力を受けるんじゃないの?

917 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 01:53 ID:???
>910
 存外に早いと思うんですけどね?
 たとえば・・・・・・
 そうですね。
 アメリカの対立にしたところで、どちらの国も、誰かと手を結びたがっているはず。
相手に対して少しでも優位に立ちたいでしょうから。
 それは、地上において繰り広げられるありとあらゆる戦争において同じはず。 
 どこもかしこも戦力不足にあえいでる。
 なぜ私がニュージーランドにきたか?
 それは、ニュージーランドをレッドスペースの「経済圏」に取り込むためですよ。
経済はいついかなる時代でも国家に優越しますから。
 各国と迅速に通商協定を結ぶ。南極の、資源とレッドスペースの技術を武器に。
 互いに納得のいくラインでの協定を結ぶのに、おおむね半年。
 どの国も、資源が、カネが、欲しくて欲しくてたまらないはず。
 あまったものを売りたくてたまらないはず。
 じゃあ、その場を提供してあげるだけ。
 混線後、物資輸送力は大幅に拡大しましたから・・・・・・ 
 想定される利潤がどれほどの規模になるか。容易に想像できます。
 無論、これはブルーアースにとって明白な脅威ですから・・・・・・
 あらゆる手段でもってこうした通商路を断ちにかかりつつ、また
彼らも自らの経済圏確保に乗り出すでしょう。
 経済の浸透・・・・・・・早いですよ?存外に。
 イデオロギーは、実際のところ、こうした状況を促進するためのツールに
過ぎません。正直なところ。
 ブルーアースに着くが利、と考えた国はブルーアースにつき、レッドスペースに
着くのが得、と考えた勢力はレッドスペースにつく。
 こうした明確な動きを起こしている国家は、いまのところはサハラぐらいでしたよね?
 世の中、カネがすべてです。結局。
 所詮、イデオロギーも。何もかもが。
 そのための道具に過ぎない。


918 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 01:54 ID:???

 ロシアにしても。オーストラリアのOZにしても。オーブにしても、それは同じはず。
当然、ブルーアースもまたその例外ではない。
 カネで結びついて、その利権を守るシステムとしての二極構造を現出させる。
 そして、互いに大量破壊兵器を一度用いれば、互いに損になるのは分かりきっている。 
 老ジャミトフは、「滅ぼすために」戦うほどの愚者でしょうか?
 あの老人は、誰より地球を愛している。
 故に、地球環境そのものを完全に破壊しかねないほどの兵器の応酬は、
内心是が非でも避けたいはずです。
 それはこちらも同じ。金になりやしませんから。

 そのための手段として。
 その提案、受け入れておきたいですね。
 おそらく、ブルーアースも(異常に難癖はつけるでしょうが)受け入れるでしょう。
「カネに」なりませんから、滅亡にいたるような戦争は。
 大体・・・・・・かつてのジオンにしたところで、そのあたりは同じだったはず。
 無差別コロニー爆撃という選択肢もジオンにはあったけれど、それを避けた。
 地球を完全に破壊し、食料供給源としての機能を破壊し去ることは、自らの
首を締めると同義なんですから。
 その点は、私たちレッドスペースも同じ。
 だから、成立する可能性は高いですね。少なくとも、大国同士の関係においては。
 でも、疑問があります。
 軍事・経済的にきわめて小さい勢力は、正規軍による圧力にすがれないが故に、
一撃で戦局を変えうる兵器・・・・・・すなわち、核をはじめとした脅威を
外交カードとして用いざるを得ない。職を得られない貧乏人は物乞いになるか、あるいは強盗に
なってしまう場合がおおいんですから。
 そうした国家が、こうした条約を受け入れるのか?
 彼らにしてみれば、「経済崩壊して滅ぶのも、絶滅戦争になってつぶれるのも同じ」と
考えてしまいがちになる。 
「自らが滅ぶならば、世界もまた」そう考えたがる。
 そして、そういう傾向をイデオロギーこそが加速する。
 そういう国家にとり、こういう条約を批准することは害となっても
利にはならない。
 という点について、どう考えられます?
(怜悧な光がメガネの裏にある。
 ・・・・・・ミネバ・ラオ・ザビの、顔が。 
 徐々に、表に現れつつあった)

919 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/10 01:58 ID:???
>916
……互いのプライベートが、重なっただけ。だから驚いたの。

それに……(店長代理のほうを見て)……ここで事が起こせるものじゃなし。
私の上司はむしろ……多分、一刻も早く彼女の靴をなめに来たいと思っているかも。(言うに事欠いてひどい事を言うと店内の背景の一部になる)

920 :噂好きの女伯爵:04/04/10 02:11 ID:???
>917-918

 ふむぅ。考えてますねぇ。

 確かに同盟関係は、さらに進むでしょう。
 けれど……それが単純な、二極構造になるかどうか。
 なったとして、それがそれぞれ鉄壁の構造になるかどうか?
 あたしは、疑問でぇす。
 少なくとも……大量破壊兵器の無秩序な連射よりも先に成立する、と確信でき
る材料はありませぇん。

 レッドスペースと、ブルーアースは、それぞれ自分たちが「宇宙の民」「地球の
民」の代表格であるように思ってますけど。
 他の多くの国にとって、宇宙と地球の対立ってのは、主たる軸じゃないんですよぉ。

 
 ……ともかく、今、世界はレッドスペースのソーラレイに怯えています。
 今なら、世界が話を聞く。少なくとも、こちらの提案を聞こうという姿勢を見せて
くれまぁす。

 何を禁止の範囲に含めて、何を外すのかは、また議論もあるでしょう。
 コロニー級ビーム兵器は、兵器の大きさや質量の制限で手が打てると思います。
 それとも、エネルギー量で網を掛けた方がいいのかな?
 非参加国の取り扱い、違反国への懲罰の内容、戦時のルールに関する細かい条
項……細かい問題点なら、なお山積みです。
 ですが、そういう瑣末な事は、実際の条約締結の場で、事務官たちに任せていいと
思いまぁす。

 メイファちゃんは、「小さな国のヤケクソの自爆」を恐れてますけどぉ。
 今回の話は、All or Nothing の話じゃ、ありませぇん。
 100%は、最初から求めてませぇん。
 リスクを低下させる。そのための話でぇす。
 リスクを「ゼロ」にする話では、ないんですよぉ。条約破りの危険もありますし。
 大国だけでも「使用」を封じられれば、リスクは小さくなります。
 小国は、元々持ってる力が少なく、リスクは低いものでぇす。

 そして、イデオロギーの如何に関わらず、条約を破れば全世界が敵に回るなら……
全世界が全力を挙げて彼らの試みを否定するなら。
 彼ら小国とて、無視はできませぇん。
 完全な対策は無理でも、束縛力は十分発生しまぁす。

(口元は笑みを浮かべたまま、目は真剣なまま。噂好きは説く)

921 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/10 02:19 ID:???
>919
ならば尚更、プライベートの侵害は無粋だよ?

>915
(誰も出ないようなので)
はい、こちらは喫茶店天馬でございます。
ただいま大変混み合っておりますので、ピーという発進音の後でご用件をどうぞ。

(´Д`)<ピー

922 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 02:26 ID:???
>920
 鉄壁?そんなものは望んでません。 
 連邦みたいな統一国家を作るつもりは最初からないんですから。 
 要は、互いの通商路の維持・・・・・・
 そのために各国が動けばそれでいい。
 どの国も、利潤の拡大を図るでしょう。そうでない国なんてありませんから。
 そして、そうするためには一国だけでいるより、何国かでまとまったほうが
効率がいい。
 まぁ、あとは、駅前の土地争いみたいなもの。少しでもアクセスしやすい場所に
お客さんはあつまりますから。力づくで地上げするなり、カネで買い取るなり。
 こういうのは、グループでやったほうが得ですよね?
 正直、コアなんかどうでもいいんですよ。
 ただ、コアになりうるだけの巨大な力や求心力を持ちやすいのが、レッドスペースで
あり、ブルーアースであるからそうしてるだけ。
 わかりやすいですからね。とても。 
「地球人は悪だ」「宇宙人は悪だ」っていう理屈は。
 
 まぁ、正直・・・・・・恐れてくれたのならありがたいですね。
 レッドスペースを味方につける、ということは、こういう兵器による
支援を受けられるのと同義、と他の国に思わせることができますから。 
 願わくば、ブルーアースにも同じ努力を期待したいところですが。
 パックス・ロッシアーナ(赤の平和)なんて、正直面倒でたまりませんし。
世界の警察になるなんて、ごめんですし。お金がかかってしょうがないから。
 青い人たちには本当にがんばってもらわないと。
 彼らが、私たちのソーラレイと同じような脅威を世界に示せなければ、
先輩のプランも台無しになっちゃいますよね?
 ま、コロニー一つあればそれで済むんですけどね、正直。
 
 ま、小さな国に関しては・・・・・・
 銭カネのフィールドでどうにかしましょう。
 そのあたりは私もどうにかしますけど、貴女も動いてもらえますよね? 
 金になるならなんでもどこへでも。
 まさしく「企業」的精神の発露を、先輩には期待したいですね。
 
 それらを踏まえたうえで・・・・・・
 その提案、乗りましょう。
 
 さて、いよいよ胃が痛くなってきました。 
 あの頑迷そうなザラ老人に、このことを解いて聞かせなきゃならないんですから。
 あの老人なら、「なぜそんな条約をナチュラルどもと結ばねばならぬ」なんて
いいそうですし(げそ)

923 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/04/10 02:30 ID:???
>921
(激しいノイズ交じりの回線の向うでぼそぼそと話す声)
なあ、これで通じるの?
「ああ、でも、長話だと艦の位置を特定されかねないから数十秒しか話せないぞ」
まじで?
そんなちょっとかよ…じゃあ、早くしねえとな。

あ、もしもし?
ちゃんと通じてる?
あのさ〜、その店に来るみんなに次の「モノアイマガジン」見るように言っておいて。
全員にね。
読まないやつには、ドラゴンスクリューから四の字固めを掛けるからな!
そんじゃ、夜露死苦!

(一方的に言いたいことを言って名前も告げずに電話を切るヤツ)

924 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/10 02:37 ID:???
ふぅ・・・・ご馳走様。
次は・・・・町のお店にでも行こうか。
(チョコパフェを平らげると店を後にする。
どうやら、養成所周辺のデザートの美味しいお店マップを作るつもりらしい)

925 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/10 02:37 ID:???
>923

ガチャン!>6(´Д`)


…………(´Д`)


………………………………(´Д`)=3

926 :噂好きの女伯爵:04/04/10 02:39 ID:???
>922
そうですねぇ。でも、分かり易すぎる主張ってのは、怖いですよぉ♪
だって、手加減が利きませんから☆
「自分たちは正しい」「だから何やってもいい」……
こういう流れでどこまでも暴走するのを止めるための、条約提案でぇす☆

実際、「大量破壊兵器」の定義によるんですけどぉ……
見た目に分からない大量破壊兵器もあるかもしれませんしねぇ♪
サテライトキャノンなんか、エネルギー供給源が外側にあるけど、砲自体はMSが持てる程度。
伝説の∀の月光蝶など、見た目からはただのMS。
核なんて、Nジャマーをなんとかしちゃえば、あとはただのミサイルで済みますし。
(『Nジャマーをなんとかする方法』については、あえて触れない噂好き)

青側もきっと、間違いなく何か持ってますよぉ。
青だけじゃない、他の国々も、きっと。製作中のものもあるでしょうけど、それでも。
そしてそれは……下手に「示され」れば、場合によっては……!


もちろん、あたしもできる限りのことはしますよぉ♪
大国と言わず、小国と言わず♪
だから……メイファちゃん、大変でしょうけど、レッドスペースの中の意見の取りまとめ、お願いしますねぇ♪
提案者が分裂してちゃ、どうにもなりませんから☆

(と、ここでニパッと破顔する)

じゃ、この辺で堅苦しいお話、終わり♪
で、メイファちゃん、イザークさんとはどうなりましたぁ??

(一転して『噂好きの』女生徒の顔になって興味津々で問いかけるw)

927 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/10 02:51 ID:???
>926
(´Д`)あー、そこのお嬢さん。



(´Д`)この店に来た奴は、次のモノアイマガジンは必読なんだそうだ。



(´Д`)ダカラドウシタトカ、キカナイデネ…………

928 :噂好きの女伯爵:04/04/10 02:59 ID:???
>927
(唐突に声をかけられ、キョトンとする)

モノアイマガジン、ですかぁ?




アレはダメです。ジオン系MSに偏り過ぎてまぁす☆
あたしんとこ、連邦系の技術の方が強いんで、あんまり役に立たないんですよね〜♪

(↑ヒドい言い草。どうやら普段から読んでないらしいw)

929 :犬?:04/04/10 03:00 ID:???
(開いた窓の外、茂みの暗闇の中から眼だけが光っている)
 |゚) じー……

930 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 03:04 ID:???
>926
 ま、それもこれもご飯の問題。違います?
 衣食足りて礼節を知る、って陳腐な言葉ですけど。
 仕事があって収入があって、そういう人は果たして
戦争なんて好き好んで起こしたがりますかね?
 全滅戦争が利益になる人間ってこの世にいるんですか? 
 明日のご飯が食べられる安心感は、イデオロギーよりさらに
分かりやすいと思います。
 所詮、ブルーアースにしても。レッドスペースにしても。
 明日の食事の不安こそが戦争の要因かな、と思ってます。
 寿命をまっとうできると分かっていて、殺し合いしたがる
人はそうそういませんよ。
 いついかなる時代においても、そういう不安こそが戦争の
要因であり・・・・・・そして、その打開のために戦争が
行われる。そして、必要な利潤が確保できたなら・・・・・・
国家は戦争をとめる。
 ヨーロッパにおける30年戦争後長く続いた、平和。
 戦争という戦争が、国家や貴族のおもちゃに成り下がっていた。
 そして、極東の島国において200年続いた平和。 
 国土の生産力が、閉鎖経済を可能にした。
 いかなる正義も。いかなる理想も。
 すべては、明日の、明後日の未来を生きることを可能とするために
生み出される。
 ならば・・・・・・利の前に。
 いかなる理想もイデオロギーも、従わざるを得ない。
 命がこの世に生まれた瞬間に生まれた真理。
 いかなる命も、生きるために食う。こうしたミクロレベル
から始まった連鎖が拡大し、現在の戦争を含めた経済を為す。
 利。ただ、利あるのみ。
 人は、究極的には滅びを望まない。ええ、長期的に、
麻薬中毒患者のように、文明を冒す病ゆえに滅びへ向かう
ことはあるでしょう。
 でも・・・・・・ 
 明日即座に訪れる滅びを人は、命は望みはしない。
 キューバでアメリカとソ連が示したように。
 ジオンが無差別コロニー爆撃をおこなわなかったように。
 
 だからこそ・・・・・・先輩の提案は、成立しえるでしょう。
 
 ま、堅苦しい話はこのへんで・・・・・・・・ぇ!?
 い、イザークさんと!?
 なんでなんで知ってるんですかいえそのええとなんでもないというか
いえなんでもなくはないけどそのそんな深くはいえ精神的にはかなり
深いところまでそれも自分の思い込みええといやでもその
 


あーーーーーーーーーーーー(もじもじのはてぶっ壊れるメイファどの)
 

931 :噂好きの女伯爵:04/04/10 03:10 ID:???
>930

 利、ね……(少し寂しげな微笑)
 ただ、世の中には「奴隷の平和」よりも「自由のための戦い」を選ぶ人もいる。
 足元すくわれないよう、気をつけて下さいねぇ♪


 ……メイファちゃん、あたしの地獄耳を舐めてるでしょう?(ニヤニヤ
 いろいろ知ってますよ〜♪w

(何をどこまで、どういうルートで知っているっていうんだ、コイツはw)


932 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/10 03:11 ID:???
>928
とりあえず、今そういう通達が有ったの。
「天馬来店者は次のモノアイマガジンを必読の事。
 読まない奴はドラゴンスレイヤーから卍固めの刑」
とか言うワケワカンナイのが。(´Д`)

933 :犬?:04/04/10 03:11 ID:???
>930

なうぅ〜 あんっ!

(タイミングを見計らったかのように、後ろから飛び掛って背中に乗る)

934 :噂好きの女伯爵:04/04/10 03:23 ID:???
>932
何様ですか、その命令した人って?
それにドラゴンスリーパーから卍固めって、よく分からない技の流れですねぇ。

(↑ツッコミ所が違うw)


さて、メイファちゃんとのお話、一通り済んだし、そろそろ行きますかねぇ。
NZに来てココに直接来たから、まだ財団支部にも顔出してないんですよ♪

じゃ、失礼しま〜す☆

(勘定を終えて天馬を出て行く)


935 :メガネの少女(メイファ):04/04/10 03:31 ID:???
>931
 明日の平和を得るための自由、でしょう?
 そういう本末転倒な人たちは好きにしてください。
 欲望を持つのはかまわない。でも、それで周囲に迷惑をかけるな。
 ってとこですね。
 働かざるもの食うべからず。餓死する自由を選びたいなら、そうすればいい。
 所詮、人はこの世の奴隷。労働せずに生きようとするなら、たくわえを食いつぶすか、
誰かから奪い続けるほか無い。
 自由は概念の幻想。人は所詮、自らの生理に縛られ続ける。
 働かなければ生きていけない。それを拒むなら、餓死するか、奪うか、
あるいは誰かのたくわえを食いつぶすか。どれかしかない。
 自由。自由。まるですばらしいもののように、皆が口にしますけど。
 何もかもが完全に自由で、誰も彼もがそう振舞えるとしたら・・・・・・
それって。
 ものすごい、地獄のような気がするんですけどね。
 最終的に、それは多数派による少数派の弾圧につながるんですから。
 実際的なレベルにとどまらない、精神的なものへの弾圧にまで。
 一度、問いたいですね。
 彼らのいう「自由」ってなんなんでしょう?それを、私はむしろ問いたい。
(生真面目な表情を作り、まじめなことを言いつつ、顔を見据えて・・・・・・)

 ごまかしは通じない予感?ヾ(´Д`;)ノシ

 えーとその・・・・・・
 あは、あは、あはははははは・・・・・・・

 失礼しましたーーーーーーーお茶ご馳走様でしたー
(茶は飲んでないだろおまい。
 とにかく店から脱兎の勢いで逃亡開始なめいふぁさん)

936 :犬?:04/04/10 03:35 ID:???
>935
あう? あふ……

(帰ってしまう → 渡せない → 困る)

わ、わんっ! あうっ! わうぁっ!

(呼びながら後ろを4つん這いで付いて行く)

937 :赤毛:04/04/10 03:35 ID:???
(ひょっこり)

 あれ?いまの・・・・・・?


 っていうか。
 この店に流れる。
 この妙な雰囲気、なに?(・∀・;)

(状況が飲み込めない女、一人あり)

938 :メイファ:04/04/10 03:39 ID:???
>936
====ヽ(;´Д`)ノ きゃー
(無意味に突っ走りつつ)
(犬の存在に気づき)
(急ブレーキ)
(転倒)
(三回転)
 きゅぅぅ・・・・・・・(;ox_x)o



939 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/10 03:40 ID:???
>937
うん、まぁ…………要約すると……

「今日も世界は養成所で回ってます」

……って感じ?


…………授業してくるね。

ドア|λ...

940 :犬カチューシャ:04/04/10 03:42 ID:???
>938
(4つん這いの少年が顔を覗き込む ttp://cat.oekakist.com/midoneko/dat/IMG_000743.png)

あう?

(前足で恐る恐る突っつく)

941 :メイファ:04/04/10 03:47 ID:???
>940
犬(x_x;)んーーーーーー。




942 :メイファ:04/04/10 03:48 ID:???
>940
 えと・・・・・・・
 
 犬人間?
(わけのわからない解釈をしつつ)
 
 ええと・・・・・あと・・・・・・

 お手。
(なにがなんだか分からないまま、とりあえず倒れた姿勢のまま手を
差し出してみせるメイファ)

943 :赤毛:04/04/10 03:50 ID:???
>939
 あーーーーー。
 なるほど。
(ぽんと納得)


 っていうか。
 普通に納得できるって、何かが激しく根本的にずれてるってば。 
 常識から。

 厨房|λ... 仕込み仕込み・・・・・・

944 :犬カチューシャ:04/04/10 03:50 ID:???
>942
……じーっ

(多分お手って言った筈 → 手を出さないといけない → 右か左か忘れた → 両方出そう)

わうっ!

(飛び上がって両手を乗せる)

945 :メイファ:04/04/10 03:53 ID:???
>944
煤Q(xДx;)びくっ

 え、えと・・・・・・

 その・・・・・・

(立ち上がりつつ)
(道を見回すと、なんか都合よく木の棒が一本)

そーれ

ノ        ミ棒

(投げてどうする)

946 :犬カチューシャ:04/04/10 03:56 ID:???
>945
(棒だ、棒!)

あうっ、あっ……

(辛うじて立ち止まり、用事を思い出す)

わ、うあぅ。

(背中に括り付けてある手紙をとろうともがくが手が届いていない)

947 :メイファ:04/04/10 03:59 ID:???
>946
 ?
(もがいているのを見て)
(近寄る)
 どうしたんですか?

 あ、痒いんですね。
(背中を掻き始める奴。いや。手つきからして蚤取りか)
(しばらくそういう勘違いに基づいた行動を続けた後。
 ようやく手紙に気づく)

 あれ?
(手紙を手にとる)

 どうしたんですか?これ?

948 :犬カチューシャ:04/04/10 04:03 ID:???
>947
はぅ……
(暫く手紙の事も忘れて幸せを満喫する奴)

……わうっ あんあん。

(顎をしゃくるように顔を動かし、渡したい事をアピール)

949 :メイファ:04/04/10 04:04 ID:???
>948
 ええと、読んで欲しいんですか?
(またもや勘違い・・・・・・)
 ええと、なになに・・・・・
(手紙の封を破って、中にあるだろう便箋を読み始める)

950 :ふくかん:04/04/10 04:16 ID:???
(ところでそのころ)
「セントラル通りに反スペースノイド系のテロ組織から派遣されたと思われる
狙撃者発見、確保」
 ごくろーさまです。
「メイファ・ギルボードに接近を図った不審な集団を発見、尋問中」 
 ごくろーさまです。
「反スペースノイド組織『地球防衛軍』アジトを監視中、いまだに変化なし」
 ごくろーさまです。

 で。

 ものの見事に監視の目をくぐられる、と。(=_=)
「「「「「すみません。犬までマークしてなかったモンで」」」」」
 あれが犬に見えますかあなたたちには。
「「「「「わりと」」」」」
 全員、げんぽーです。いえむしろくび。
(メイファに『犬』が接触したという報告を聞くふくかん)
(激しくげっそり中)

951 :犬カチューシャ:04/04/10 04:16 ID:???
>949

『 ガ ッ ツ    by相楽』

(手紙以上終わり)

952 :メイファ:04/04/10 04:19 ID:???
>951
 ・・・・・・・□(´Д` )


 意味が・・・・・・
 ぜんぜんわかりません・・・・・
 相良さん・・・・・・ ○| ̄|_

(なんとなく宇宙的敗北感を覚えるメイファさん)

 



953 :犬カチューシャ:04/04/10 04:20 ID:???
>952
あんっ、あんっ!

(のこのこ近寄って足元に擦り寄る)

954 :メイファ:04/04/10 04:24 ID:???
>953
 あはは・・・・・・(幽鬼のようにゆらゆら立ち上がりつつ)


 とりあえず、そーれ♪

           ミ棒
     ミ棒
                    ミ棒

ノシ   

(やけくそのように棒を投げまくるメイファさん。
 まぁなんだ。天馬に戻ってとりあえずご飯でもやるのだろう。
 まぁ・・・・・・
 彼女の政治交渉だか休日なんだかよくわからない一日は、こうしてようよう暮れなずむ)

955 :犬カチューシャ:04/04/10 04:27 ID:???
>954
(棒にじゃれつきながら思い出したように向き直る)

がぁ…んばれぇるぅ?

(ろれつの回ってない口でやっとこさ喋る。
  本人は言葉の意味を知らない)

956 :メイファ:04/04/10 04:32 ID:???
>955
 ガンバレル?銃身?
 妙な言葉知ってますね。

 いえ、じゃなくて。

 頑張れる?

 まぁ・・・・・頑張るしか、ないですよね?
(苦笑しつつ、頭をなでてやる)

957 :犬カチューシャ:04/04/10 04:34 ID:???
>956
わんっ!
(にこにこ笑いながら頬を擦りつける)

958 :メイファ:04/04/10 04:38 ID:???
>957
 うふふ♪
(そういう無心さが・・・・・・
 好ましく思われてならないメイファではある。
 少なくとも・・・・・・言葉に問題があるにせよ。
 
 彼が、自分に素直に生きているのは間違いないのだから)

 それじゃ、いきましょうか。
 おなか、すいてますよね?
(告げると、天馬へと戻ろうとするメイファであった)

959 :犬カチューシャ:04/04/10 04:41 ID:???
>958
あんっあんっ

(歩くメイファの後ろをのこのこついて歩く)

960 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/10 21:47 ID:???
その頃、私、白骨海魔が触った猫の置物はなぜかことごとくこわれるのでした まる
(そこらじゅうに残骸が……)

(彼女のモチーフは『イカ』、猫はイカを食べると腰を抜かすと言うけど……)

961 :名無し店員:04/04/10 22:36 ID:???
(´-`) .oO(なんでだろう・・・)

962 :使用人風な女生徒:04/04/10 22:42 ID:???
>961
何故なんでしょう………

(ホロリと涙を浮かべながら、残骸を掃除する使用人。)

963 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/10 22:43 ID:???
>962
なにしてんの?
(食事をとりながらその様子を見ている)

964 :名無し店員:04/04/10 22:45 ID:???
>962   「
(´-`)つ▼ .oO(終わったら、これでも飲むといいんだな)
>963
(超小声で)
(´-`) .oO(店長の胃痛が減るかもしれない・・・んだな)

965 :茶髪:04/04/10 22:47 ID:???
(パーツ買出しからの帰りのようで…天馬に何やら妙なパーツを
色々と持って来たようだ。)
>964
…あ、コーヒーお願いします。



966 :お調子者の女中尉:04/04/10 22:49 ID:???
>963
私の作った猫のお人形が壊されてしまいまして……

(ちょっと悲しそうに破片を片付けてゆく。)
>964
有り難うございます……

(そして、袖の猫のスイッチを押す。厨房分の猫人形は破壊されてなかったらしい。
 厨房は大騒ぎ。鳴らした猫を持っているのは彼女の猫なので、厨房のは一つ一つとめるしかない。
 それと、聞こえていたのかは定かではない。

 使用人は知らない顔で掃除をすすめる。)

967 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/10 22:53 ID:???
>964
ん?なんか言った?
(仕事上小さな音の変化にも敏感なため気付きはしたようだ)

>966
おにんぎょ?
(破片を覗き込む)
機械でも仕込んであったの?

968 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/10 22:55 ID:???
>966
なっ!?
(突如聞こえてきた猫の声に驚く)
壊された人形の怨念が!?

969 :名無し店員:04/04/10 22:56 ID:???
>966
(物凄い勢いで厨房を音も無くかけ、十数秒で猫の鳴き声が止むと・・・)
>965
(´-`) .oO(お待ちどうさまなんだな。珈琲ドゾー)

970 :茶髪:04/04/10 22:59 ID:???
>966
……猫の大群?

>969
…ありがと。
(受けとって、ゆっくり呑みはじめる。)


971 :使用人風な女生徒:04/04/10 23:06 ID:???
>967
悲しいです。あんなに可愛かったのに……

(欝気たっぷり。)
>969
(再び鳴らすほど悪い性格はしていないらしい。
 掃除し終わって、両手でジュースを持って、飲んでいる)

972 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/10 23:08 ID:???
>969
うわ、素早い・・・。

>971
供養のためにも修理してみようか?
(厨房に同じものがあってそれが鳴いたとは気付いていない)

973 :使用人風な女生徒:04/04/10 23:13 ID:???
>972
私の部屋にまだあるんです。
だけど、猫を嫌っている人がいたことが物凄く悲しいんです……。

ショボーン。です……

974 :名無し店員:04/04/10 23:14 ID:???
>972
(´-`)ノシ .oO(慣れてるんだな・・・いろいろと)
(厨房にひっこむ)

975 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/10 23:19 ID:???
>973
嫌ってる人?
そりゃまぁ猫アレルギーとかの人はいるかもしれないけどさ・・・。
ん?ってことは誰かに壊されたの?
ひどい奴もいたもんね。

>974
やっぱり只者じゃない・・・。

976 :使用人風な女生徒:04/04/10 23:26 ID:???
>975
ここの棚にあったのから全て破壊されてますから……
意図的にやったものとしか考えられません……

ああ………今日はもう帰りましょう……

(落ち込んだ様子で帰ってゆく。)

977 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/10 23:26 ID:???
………一体なんなんだろうな、
この嵐の過ぎ去った後の過ぎ去った様な静けさは………
(このタイミングで入店、ある意味運の良い奴である。)

978 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/10 23:29 ID:???
>976
壊そうとしたら電撃流すように改造してみようかな・・・?
あらら、おつかれさ〜ん。

>977
猫の恨みは侮れないって事です。

979 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/10 23:31 ID:???
>978
………猫……恨み…?
そう言われれば妙に人が少ないが……
まさか全員、腹でも下したのか、呪いで?

980 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/10 23:37 ID:???
>979
厨房の方から一斉に猫の鳴き声が聞こえてきたんですよ。
で、店員の一人がそれを聞いて帰っちゃいましたし。
(その辺の因果関係はないと思うが)

981 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/10 23:41 ID:???
>980
…猫の鳴き声?
何時からこの店は猫の集会場になったんだ…?
(猫の集会は静かです、教官)

982 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/10 23:44 ID:???
>981
それが、猫の人形を片っ端から壊していった奴がいるらしくて、
その人形の怨念があつまって・・・














 ニ ャ ー ッ ! ! 


ってなったんです。

983 :隻眼の生徒《27》:04/04/10 23:52 ID:???
(天馬に入店する)
(大きくあくびしつつ背伸びして、カウンターに座り)
コーヒー一つ、ホットで

984 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/10 23:53 ID:???
>982
人形の怨念って………古代日本の神話の席だな、まるで。

………了解した、一瞬頭の隅に「ねこ踏んじゃった」でも
演奏してやろうかって考えが浮かんだが、止めておく(苦笑
それじゃ、呪われても困るから俺はこのまま帰る、じゃあな。
(そのまま店を出る幽霊に入り込まれた経験在りの
 人の数→(1) )

985 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/10 23:55 ID:???
>984
教官さん逃げるんですか!?



『あの娘』に言ったら何て言うかなぁ〜〜〜?
あの教官さんがお化け怖さに逃げ出したって。
(ニヤリと笑いながら)

986 :籠の外の許婚:04/04/11 00:33 ID:???
うえぇ……気持ち悪ぅ。
昨日飲みすぎたかのぉ……
(カウンターに座って水を飲み、ラーメンを注文する)

987 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 00:34 ID:???
>986
ん、どうした二日酔いか?
(コーヒーを飲みながら話しかける)

988 :籠の外の許婚:04/04/11 00:38 ID:???
>987
そうなんよ……
飲みすぎてちぅして回って……

そして朝起きたら頭痛いねンゃ (´A`;

989 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 00:40 ID:???
>988
大変だなアンタも
飲みすぎは頭を悪くするぞ〜


990 :籠の外の許婚:04/04/11 00:41 ID:???
>989
えぇの。ワシぁ阿呆やけぇ。
どうせ阿呆やもんね〜だ。
(机に顎のせてウダウダ)

991 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/11 00:48 ID:???
(などと言う騒ぎの間も背景の一部に……)

……おいし。(チョコパフェを食べている、猫に嫌われた女)

992 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 00:50 ID:???
>990
自分でそう思うんならそうなんだろうなぁ
(窓から外を見つつ)
二日酔いになるくらい飲むなよ、加減は程ほどにな

>991
ウィッス
(視界に入ったのか、片手を上げて挨拶)

993 :籠の外の許婚:04/04/11 00:52 ID:???
>990
(位置的に背を向けていて気が付かない)

>991
そう、やねんけぇどな。
時々こうせなやぁてられへんくなりゃせぇへん?

994 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/11 00:59 ID:???
>992
(ぺこりと挨拶)
>993
……(酒は苦手)

995 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 01:01 ID:???
>993
そうかね?
俺はそういう経験無いがねぇ…
ま、もう少し大人になれば抑えられるんじゃないの?

996 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 01:03 ID:???
zzZ・・・


はっ!寝てたっ!?
(突然ガバッと起きる。疲れが溜まっていたのか何時の間にか眠っていたようだ)

・・・。
(あたりを見回し)
なんか人が増えてる。

997 :籠の外の許婚:04/04/11 01:07 ID:???
>995
かもしれんなぁ……。
まぁ、未成年の身体に酒は良ぅないねんけどね。
(苦笑いしながらラーメンを受け取ってすすり出す)

998 :籠の外の許婚:04/04/11 01:07 ID:???
>996
おっはよう。
良い夢見れたかいの?

継ぎすれ
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1081613047/l50

999 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 01:09 ID:???
>996
おはよう、嬢ちゃん

>997
(驚いたような表情で)
え、酒は別に年齢制限無いだろ

1000 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 01:11 ID:???
>998
スクラップ寸前のMSが山のように修理待ちになってた・・・。
夢でよかったぁ・・・。
>999
おいっす。

酒は大人になってからーーーー!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

300 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)