2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【運命に】ここはパイロット養成所78【出会うとき】

1 :通常の名無しさんの3倍:04/04/11 01:04 ID:l4MZ89rG
管制室
(本スレでストーリーが展開して新規参入しにくい場合や意見がある方は是非ココにおいでください。雑談も可)
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1080058999&st=555&nofirst=true
アクシズ鯖落ち時は
ttp://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/comic/288/1068325908/l100
詳細情報集積所
ttp://jbbs.shitaraba.com/comic/288/

画像保管庫(仮)
ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Name/2598/

■用語辞典■
ttp://cgi2.synapse.ne.jp/~threedays/words/ziten.cgi

新規参入したい方は管制室においでませ。


2 :通常の名無しさんの3倍:04/04/11 01:16 ID:???
楽勝で2ゲト

3 :使用人風な女生徒:04/04/11 01:17 ID:???
>1
お疲れ様でした。

4 :籠の外の許婚:04/04/11 01:17 ID:???
>999
一応、ガキぁ飲んだらあかへん筈やで?

>1000
……うわぁ。
(想像してみてうんざりしたらしい)


5 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 01:19 ID:???
>前1000
>4
うーん、聞いたこと無いぞ、そういうの
(口に手を当てて悩みながら)
俺は戦場に居るころからずっと飲んでたしなぁ…

6 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 01:23 ID:???
>2
でもそれに近いことはしょっちゅうやってるのよね・・・。

>5
大抵どこの国でも法律で禁じてるわよ!
そもそも成長途中に過剰のアルコールを摂取すると発育不良起こす事だってあるのよ!?


・・・そんな話どこかで聞いた。

7 :籠の外の許婚:04/04/11 01:26 ID:???
>5
まぁ、ワシかて煮たよぉなもンやけぇどね。

>6
……元気出しやぁ。
ラーメンはやらんけぇど。

8 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :04/04/11 01:28 ID:???
                       ._,,,,,,。,,、       广'x、   ,,、._    」'゙''i、      
     ,,,,,_.,,,,、广゚┐     .,,,v―冖"~゛   ゙'i、      .ト  ,|,_  riゃ .}   .,i´ '冖i、    
     .] ` f゙,l° ,i´     .゙l_ .y-┐ 'や'゙"゙’    _,,,vr"   .゙ト.゙'x,,,,广 ィ・'''゙~  .._,,v・゚ヒ''''・x、 
     入、rУ ,iレ-v,,,、   .,r°."'''l゙  ,|√゙゚'i、   匸 ._  .y・'゙゚,,,v―-,  .:゚ーa  .√ ._,rll_  :}
  .,r''y|゛゙゙l..,i´ ,i"゙l,  .゙ト  ,r°,,,  ..,  ._,,vぐ    .`√ .,i´l广._,,,,,,,,i´  ,,i´ ,i´ ,「 .:| .~''''″
 .r″ .|゙l、 “ .,i″.yi入-イ  il∠i、.` .,メ|  |   」'ト   .,,i´ .,i´ ,, ̄      .[  .,i´.,,,,,,! .]_    
 .゙l_,i´,レ  .'_,,,,レ ~''┐   .,r°.,i´.|  .|   ,l゙ :゙l、 ,,i´ ,i´ l゜.゚L__   .:―ヤ゚″_   :~''=、 
   .,r″.,x=,,      .,i´  ,x'".,,x'″ .゙l、 ゙冖''″ .] |  .,i´ .゙l,    .~1   .゚L '゙〃 ,n, .,,}  
  .,l彡'''″  .゙~"''''''''''"゜  .テ''~゛    .:゚'―---―・° ―″   .~''¬―'″    .:゚=_,r″  ̄


9 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 01:28 ID:???
>6
そんなモンなのか?
それに俺はモノゴコロ付くころから飲んでるけどこんなだぜ?
(立ち上がる、痩躯の筋肉質な178cm)

>7
だろ?
昔から言うしな、「酒は百薬の長」って

10 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 01:30 ID:???
>7
あ〜、ご飯は食べたところだから。

>9
それはアレよ。
飲んでなかったら2mを越える巨漢になってたってことなのよ!
(人を指で指すんじゃありません)

11 :籠の外の許婚:04/04/11 01:35 ID:???
>9
そう、やねぇ……
一般論やろけど。

>10
そいじゃまぁ、遠慮のぅ。
(おいしそうに平らげる)

12 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 01:38 ID:???
>10
2mも身長イラネ
(カウンターに座り)
あんまり大きいと狙撃屋としてどうかと思うし(苦笑
そういえば俺のネロのスマートガンは直りそうか?
ほら、前の戦闘で壊れたヤツ

>11
ま、そういうこった
俺も病気は一回くらいしかしたこと無いしなァ

13 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 01:40 ID:???
>11
ラーメンって太るって言うわよね。
特に飲んだ後のは・・・。
ま、男ならそれほど気にしないからいいのか。

>12
一見狙撃屋に見えないからいいフェイクにならない?
スマートガン?
まぁ、直すのは難しくないけどさ・・・。
そろそろ交換の時期かもよ?
オーバーホールしたって砲身とかの金属疲労なんかはどうしようもないし。

14 :籠の外の許婚:04/04/11 01:42 ID:???
>12
じゃあ元気全開やねんなぁ……
アッチもか、えぇこのぉ。
(頬を突付くなw)

>13
誰が男やね。
今はそりゃ男かもしれんけぇど…

15 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 01:45 ID:???
>13
物陰とか隠れにくいだろ
交換か……結構撃つから必要かもな
でもアレがちょうど良いんだよ、重さとか照準とかが
大した違いは無いんだけどよ、正確な狙撃は正確な道具からって言うし
なんか他のスマートガンからパーツとりで再生できないか?

>14
元気っつーより健康か
アッチは……最近使ってないからどうなのかねぇ?(苦笑


16 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/11 01:46 ID:???
(チョコパフェを味わい終え)ご馳走様。(会計を済ます)

……あ、報告しないと。(店を出、バイクに乗って走り去る)

17 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 01:49 ID:???
>14
女だったらもっと気にするでしょうが。
油多いから吹き出物できやすいし、消化もあんまりよくないから胃にも悪い。
そもそもアルコール飲んで血流が活発になっているから全身にあっという間に脂肪が運ばれて・・・。

考えただけで鳥肌が立つわね・・・。

>15
ヨガでもマスターすれば?
(他人事)

それでもいいけど寿命は延ばせないわよ。
それにこのまま使ってると見えない傷やらで重量バランスとかもずれるし。
ま、ほいほい使い捨てるより使い込んでくれたほうが嬉しいとは思うけどね。

18 :籠の外の許婚:04/04/11 01:51 ID:???
>15
きゃーっ、このっ、今まで何人ぐらい泣かしたんやぃなぁ?

>17
えぇんよ、ちょっと痩せ過ぎやぁたんや。
最近やっと食欲戻ってきよぉたばっかりやしの……

19 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 02:00 ID:???
>17
ヨガ?
…………OK,俺のトラウマを抉るな
てことはまた違うのを調達するしかないのか……
とりあえず今のヤツを使えるようにしといてくれよ
後釜は自分で探すからさ

>18
うーん(悩
マジの限定なら3人なんだが……商売モンも合わせるとハッキリしない
とりあえずマジ泣かしした覚えは無いぜ、泣かされた覚えは…………
(小さく震えながらピントの合わない目で)
ダメダ、イヤダ、マテイ、コトワル
オカサレル!! マーダー!!
タエケテェェエッェェェェ!
(何かあったらしい)

20 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 02:02 ID:???
>18
あー解ってない!
そう言うときこそ食べるものに気をつけないと!!
食欲がない状態が続いると、体が養分欲しがるんだけどこの時に余計に吸収しちゃうもんだから
貯めなくていいものまで貯めちゃうのよ?

>19
トラウマ?ヨガ使いに殺されかけたとか?
寿命のギリギリまで全力を出せるようには努力するけどね。

な、何よ!?
急におかしくなって・・・はっ!これも猫の怨念!?

21 :籠の外の許婚:04/04/11 02:05 ID:???
>19
壊れた……
し、知らんっ!
ワシぁ知らんどっ!

>20
……そぉなん?
ラーメンは危険やぁたか……

22 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 02:09 ID:???
(ややあって現実に帰還)
……悪いな、急に取り乱して
心配するな、ただのトラウマだから

>20
いや、知り合いのヨガの使い手がいてだな…
聞くな、男として思い出したくない
とりあえずスマートガンは頼んだ

>21
……ちょっといろいろあったんだ
思い出すだに尻が痛い…

23 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 02:12 ID:???
>21
全部が全部じゃないけどね。
最近は女性向にあんまり脂肪分を含まないのとか有るし。
それにコラーゲンがたっぷり取れるって言う利点もあるから。

でもま、あんまり健康的な食品とは思えないけど。

>22
変な奴。
仕事はきっちりするから安心しなさい。

そういやあの煙草好きな教官さんに言っといてくれた?

24 :籠の外の許婚:04/04/11 02:14 ID:???
>22
あぁ、そっちか……
解らんでもないけぇど。
私は、その、なんやぁ。
そっちゃしの。

>23
……気をつけよ。
あんまよう解っちょらんのよねぇ。

25 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 02:18 ID:???
>23
教官に言っとくの…
なんだったっけ?

>24
アンタがそっちでも別に構わないさ
俺に襲い掛かってくるわけじゃあるまいし
……アレハイケナイモノナンダ…

26 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 02:21 ID:???
>24
雑誌とかネットとかいくらでも情報集めようがあるでしょうに。
言っとくけどわたしの知識なんて低い方なんだかんね?

>25
・・・。
だーもうっ!この鳥頭!!
狙撃用のライフルで無茶撃ちしない様に言っといてって言ったでしょーがー!!

27 :籠の外の許婚:04/04/11 02:24 ID:???
>25
阿保、ワシが興味あんのぁ彼だけよ。

>26
……健康的な生活送っとぉたら、とりあえず私綺麗に保ててるで?

28 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 02:26 ID:???
>26
うん、それだそれだ
アレからほとんどあってないから言ってないんだよ
……決して忘れてたわけじゃないぜ?

>27
そりゃよかった

29 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 02:28 ID:???
>27
体質ってやつかしらね?
まぁ、わたしも特別何かしてるわけじゃないけどさ。
(コーディネイターだからと言う事を考えに入れていないようだ)

>28
(¬_¬)(ジト目)
どうだか・・・。

30 :籠の外の許婚:04/04/11 02:30 ID:???
>28
そうやて。
……あんたぁ怖いわ。
突然あないに言いだしよぉたら。

>29
そうなんやろか……
ラッキーやのぉw

31 :隻眼の生徒《27》:04/04/11 02:35 ID:???
>29
…………………ホントニキマッテルジャナイカ

>30
ああ、タマにあるんだよ(遠い目

さてと(カウンターに勘定を置いて)
授業行ってくらぁ、機会があったら教官にも言っとかないとな
(そのまま天馬から出て行く)

32 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 02:39 ID:???
>30
だからってそれにあぐらかいて油断してると・・・。
体重に関しては有利なのは確かよね。
一般的に男より女の方が体脂肪率高いし。

>31
狙撃屋ってもっとこう緻密にそつなくこなす人かと思ってたけど・・・。
はぁ(嘆息)

33 :籠の外の許婚:04/04/11 02:44 ID:???
>31
ふぅん……元気出しや。
(手を振る)

>32
あぐらはかいてへんよ。
基本的に健康的な生活しとぉもんね〜

34 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/11 02:46 ID:???
>33
まぁ日々の精進って奴よね。

っと、居眠りした分時間がなくなっちゃったわね。
そんじゃまた〜〜。
(勘定済ませて店を出る)

35 :籠の外の許婚:04/04/11 02:48 ID:???
>34
ん、じゃあねぇ。
さぁって、ワシも勉強しよ。
(金を払い、店を出て行く)

36 :長髪の少女:04/04/11 21:05 ID:???
(天馬で…何故か戦闘の様子と思しき絵を持っている。…注文して出された
食事を食べ始めている…。)


37 :名無し店員:04/04/11 21:38 ID:???
(´-`).。oO(箱型のエレカなんて、何ヶ月ぶりに運転したんだろう・・・)
(大きなダンボール箱を持って、正面口から店に入る)

>36
(´-`)ノシ
(軽く挨拶して、厨房へ)

38 :長髪の少女:04/04/11 21:44 ID:???
>37
……こんにちわ…。
(軽く挨拶。)

39 :名無し店員:04/04/11 21:56 ID:???
(´-`).。oO(・・・いい感じなんだな)
(ニュージーランドは、南半球。冬服の長袖制服に衣替えしたらしい)


40 :色黒の生徒@バイト:04/04/11 22:22 ID:???
>39
(厨房で炒飯炒めながら)
もう秋だな………良い感じだ。

41 :名無し店員:04/04/11 22:24 ID:???
>40
(´-`).。oO(ウエイトレスの制服も、相変わらず可愛いんだな)


42 :神経質な候補生:04/04/11 22:28 ID:???
(そろそろと店に顔を出す)
あの……
教官職でもバイトって受け付けてくれるんです?

43 :色黒の生徒@バイト中:04/04/11 22:28 ID:???
>41
何だか、アンタがそういう事言うの以外だな……
確かに、俺としては薄地の夏服も露出が増えてイイんだけど、
冬服も可愛らしくてイイよなぁ………
(顔がニヤけてます、この男。)

44 :名無し店員:04/04/11 22:33 ID:???
>43
(´-`).。oO(顔が年中これだから・・・・)

>42
(´-`).。oO(本業に支障出ないなら・・・多分Okなんだな)



45 :色黒の生徒@バイト中:04/04/11 22:35 ID:???
(厨房から炒飯をパクつきながら出てくる)
>42
アレ、教官さん?
バイトなんて…どうしたんですか?
>44
へぇ………悪いけど、本当に意外だったぜ…(苦笑

46 :天馬TV:04/04/11 22:37 ID:???
(バラエティー番組が放映されている…。その中、ニュース速報のテロップが上に…。)


47 :神経質な候補生:04/04/11 22:37 ID:???
>44
雇い口ありますか?
本業には多分支障でない筈ですから。

>45
……香港ミヤゲがね。
(一言だけ、ぽつりと)

48 :名無し店員:04/04/11 22:40 ID:???
>47
(´-`).。oO(芋の皮むき・・・とか)
(´-`).。oO(エレカ運転できるなら、仕入れもあるだな)

>46
(´-`).。oO(?)

49 :色黒の生徒@バイト中:04/04/11 22:43 ID:???
(ご丁寧に人数分の炒飯(自腹)を出しつつ)
>47
ん…ホンコンがどうかしたんですか?
土産って…何か厄介な…?
>46
……ん、何だ…?

50 :神経質な候補生:04/04/11 22:45 ID:???
>48
解りました。
エレカとか操縦できるんで、出来たら得意な奴を。

>49
……

一個見せてやるよ。
(一旦、取りに出て行く)

51 :使用人風な女生徒:04/04/11 22:46 ID:???
>46
んー?なんでしょう?

(一通り掃除を終えて、カウンターへと座る。
 どうやら立ち直ったらしく、今は掃除を終えて客になっている。)

お茶くださーい。

(飯事ゴッコをやっているような調子でお茶を注文する。)

52 :メイファめがね:04/04/11 22:46 ID:???
(;◎Д◎)げそー

(ゆるゆると店内に入ってくる)

 たかだか経済交渉にあんなに長ったらしくだらだらと
「もうちょっと話し合いを進めてから」って意味のことをいえるなんて
ある意味天才的・・・・・・
 
 あーもーあたまいたーい
(ぐたー)

 ん?
(テレビを見上げる)

53 :メイファめがね:04/04/11 22:47 ID:???
 あ。注文忘れてた・・・・・・

 アイスコーヒーくださーい



54 :天馬TV:04/04/11 22:48 ID:???
臨時ニュース…オーブ首長国連邦領オノゴロ島に於いて
大規模な戦闘が起こっている模様です。
(このテロップが二度繰り返されてそのバラエティー特番は継続する…。)


55 :名無し店員:04/04/11 22:49 ID:???
>53
(´-`).。oO(アイコーヒードゾー)

56 :メイファめがね:04/04/11 22:51 ID:???
>55     ワーイ
  
ヽ(´∀`)ノ ▼

(非常にうれしそうだなおぃ)

(コーヒーをすすりつつ)
>54
 
 ブッ
(びっくりしてコーヒー噴出し−)

57 :名無し店員:04/04/11 22:53 ID:???
>56
(´-`).。oO(どうしたんだな?)

(´-`).。oO(チャンネル変えよう・・・)
(リモコンを何度か押して、チャンネルを変える)

58 :天馬TV(別チャンネル):04/04/11 22:55 ID:???
(最初に少しCMなどが流れた後、唐突に臨時ニュースが流れる…。)

臨時ニュースです。

つい一時間半程前より、ソロモン諸島各地で…激しい内乱が起きている模様です。
内乱は五大氏族の一つ、サハク家が起こした物のようで…かなり大規模なもののようです。
…これはオーブ国営放送から届いた最新の、そして最後の画像です。

(青く、どこまでも澄んだ海。その色に似てしかしどこまでも広がる青空。
 甲高い炸裂音が断続的に響いている……
 画像に、かすかにうごめく影。
 互いに閃光を放ちながら、どんどんカメラに近づいてくる。
 画像がややぶれているのは、おそらくカメラが三脚を使って
固定されているのではなく、カメラマンが自らの手でカメラを
持ちながら撮影しているからなのだろう。
 まったく同じ姿をしたモビルスーツ同士が、互いの命を奪うべく、
空中を駆け巡りながら寸部の躊躇すらなく殺し合いを繰り広げていた。
 M1アストレイ。オーブ軍主力戦闘機動兵器同士の死闘。
 100万の言葉よりも雄弁に、それは3年にわたって続いたオーブの
平和の終焉を物語っていた。
 爆発音と閃光。画像が乱れ、燃え盛る地上を砕かれたビルを焼けて
縮まった屍を次々に捕らえながらどれを被写体にするでもなく、 
地面に何かがめり込んだような音とともにようやく画像は固定される。
映し出されるのは青い空と、かすかに流れるうすら黒い煙。
 鉄と、樹脂と、人を焼く炎があげる、それは満足の吐息)

59 :色黒の生徒@バイト中:04/04/11 22:56 ID:???
…コイツはまた……大変な事になったな。
……教官には悪いけど…………
(何か用事があるらしい、店の奥へと引っ込んでいく)

60 :メイファめがね:04/04/11 23:03 ID:???
>58
(|||´Д`)

(たのむから養成所に来てる時ぐらいのんびりさせてくれといわんばかりの
表情)

61 :天馬TV(別チャンネル):04/04/11 23:04 ID:???
『ごらんいただけましたでしょうか』
(不意に、画像が切り替わる。憔悴しきった初老のニュースキャスターが、
いつものようにいつもの席に腰掛け、いつものようにカメラに視線を投げていた。
銃声がスタジオの中にまで響いている。
 それは徐々に大きさを増していた。
 クーデター軍が、放送局に対する占拠をいままさに実行しているのだ。
 ・・・・・・戦いの真実を、わずかでも多く、視聴者たちに知らしめるために。
このキャスターは、最後の瞬間まで、何事かを語り続けるつもりなのだろう。
 安い、プライド。プロとしての、魂を賭けて男はここにいる)
『オノゴロ島市街は現在ロンド・ギナ・サハク率いるクーデター軍によって
主要区画の大半を占拠されつつあります。
 この放送局も現在、最優先目標の一つとして攻撃されているのは、銃声を
お聞きいただければお分かりいただけるでしょう。
 8時になりました。いつまで報道を続けられるか分かりませんが、いつもの
ようにはじめさせていただきます。
 ニュースです。

 ウズミ・ナラ・アスハ代表は、オーブ軍の決死の奮闘によってオーブ王宮を
脱し、無事オノゴロ島を脱出することに成功したと、オーブ統合軍本部は
発表しました。
 繰り返します。
 ウズミ・ナラ・アスハ代表は、オーブ軍の決死の奮闘によってオーブ王宮を
脱し、無事オノゴロ島を脱出することに成功したと、オーブ統合軍本部は
発表しました。
 
 ニュースは以上です。
 
 もうすぐ、このスタジオにもクーデター軍の兵士が押し寄せてくることでしょう。
 今日を持って、いったんオーブ国営放送オノゴロ放送局は、その歴史にひとまずの
幕を下ろすことになります。 
 しかし、これをもってオーブが滅びるわけではありません。
 皆様が生き続ける限り。
 平和を知り、その価値を知る皆様が生き続ける限り。
 オーブは、オーブの平和は、必ずや、不死鳥のようによみがえることでありましょう。
 国民の皆様の末永い健勝を、こころから祈らせていただきます。

 担当は、ツギル・サエジマでした。
(初老の男は軽く頭をさげ・・・・・そこで映像は終わった)
 


62 :天馬TV(別チャンネル):04/04/11 23:07 ID:???
現地のテボン記者からのレポートです。

『御覧下さい!
(母艦カタパルトから次々に発進するロンド軍のM1ストライクの映像)
 ロンド・ギナ・サハク司令官はオノゴロ島の完全占拠を宣言、
現在南部においてわずかに抵抗を続けるオーブ軍を実施しています!
 サハク司令官はアスハ体勢下における、混線以前から続いた無定見な
政策方針にこそオーブにおいて各種テロが頻発し、それらにたいし有効な
手段を撃ち得なかった原因があった、現在オーブを取り巻く政治的
情勢に対し、一刻も早く有効な対策を打ち出すためにはまず国家体制の
刷新こそが必要であったが、しかし腐敗した議会にはそうした抜本的な
対策を実施するのは不可能であるが故に、今回あえて武力による構造の
改変を行ったと声明しました。 
 現地からは以上です』

…元来のオーブ側からの他の声明はまだ出されていない為、続報をお待ちください。
以上、現地のテボン記者からのレポートでした。
「現地のテボン記者からの報告でした。…この事件については
続報が入り次第番組予定を変更してお届けする予定です」



63 :めがねメイファ:04/04/11 23:12 ID:???
 ぁうぅ
(o__)o

(連絡とられるのがうざかったので携帯を置いてきたのが運の尽き・・・・・・

 いまごろ携帯の留守番機能にはたーーーーーーーーーーーーーーーーっぷりと
メッセージがはいっているこったろうとおもうともういやぽなメイファどの)

64 :自称17歳の教官:04/04/11 23:12 ID:???
オーブ方面にある支店、無事かな・・・。
(いつのまにか、カウンター席でカフェオレ啜ってるやつ)

まぁ、いざとなれば宇宙でも、陸続きでも逃げてくるか。


65 :長髪の少女:04/04/11 23:14 ID:???
(何時の間にやら勘定をさっさとすませて消えていく奴。)

66 :使用人風な女生徒:04/04/11 23:16 ID:???
>58>61>62
(そのテレビ放送の途中で席を立ち、会計を済ませて店を出る。
 その足取りは確かに重く見えた。)

……………………

(外を歩く彼女の顔は冷やかな笑みを浮かべていた。
 その顔は俯き、誰にも知られることのない笑みではあったが……。)

67 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/11 23:42 ID:???
こんにちわ〜〜(何も知らずに天馬に来た)

…………?(空気の重いのに気が付く)

68 :自称17歳の教官:04/04/11 23:58 ID:???
>67
どうかした・・・って、嗚呼、なんかオーブでクーデターとかいうニュースが流れてね。
それで、こんな空気なわけ。

店員の制服がさりげなく冬服に変ってるのもあるんだろうが・・・。


69 :神経質な候補生:04/04/12 00:02 ID:???
持って来たよ。

……ディアッカ〜?
(”香港ミヤゲ”を持って戻ってくる)

70 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/12 00:07 ID:???
>68
……え?(脳みそが理解を拒否している)

ちょっと、それtt
海賊娘「な、なんだって〜〜〜〜!!?」
何でオーブがそんn
海「それはちょっとどこr……あ、茶髪の本命(袖を引かれて)」
いきなり割り込んできて何よ!(以下口論)

海「……って、それどころじゃ無い!大使館に顔出してこよう、そうだ、それがいい!(店に入りかけていたのにそのままとんぼ返り)」

71 :???:04/04/12 18:32 ID:???
(ニュージーランド内の空港に降り立つ、かなり背が小さく…
男とも女とも思える髪形の人物が一人…。…空港から出て、
徒歩で町に向かっていく…。)

72 :???:04/04/12 18:50 ID:???
……ふ〜。
それにしても…いそがないとまずいぜ、ありゃぁ…。
(携帯端末を眺めつつ、養成所にそこそこ近めの町を通過している。
…腕のかなりいいプロがよーく見ると内ポケットに銃らしきものを
装備していることはわかる。……見た目の若さも考慮に入れれば完全な不審人物。)

73 :ふくかん:04/04/12 18:53 ID:???
(;o__)o

(メイファの護衛やらオーブ事件やらなにやら、事件が頻発したため
対策に追われまくりで死にかけのふくかん)

(・∀・)<胡散臭い人ハケーンしますた

(;o__)o<また?かんべんしてください・・・・・・
      あーもーいーから即刻逮捕。

(・∀・)<はーい



(数十分後)

(72の前にあらわれる穏健派エージェント)

(・∀・)<はいちょっと待ってくださーい
      身分証はいけーん



74 :???:04/04/12 19:00 ID:???
>73
…………アンタ、誰だ?警察なら手帳なりなんなりみせるはずだぜ?
(ストレートに聞く。…挑発的。)

75 :(・∀・):04/04/12 19:10 ID:???
車|∀・)ハケーン


  木∀・)      ハケーン          (・∀|ビル|



(・∀・)<詳しい話はのちほどー来てもらえますかー

(なんか・・・・・・包囲されてるようだ・・・・・・)

76 :???:04/04/12 19:16 ID:???
>75
…つまりあんたらはただのテロリスト。
金持ってそうな旅行者を拉致するのが狙いって訳か。
拘束権限を持ってる連中なら身分明かさない理由、ないしな。
それなら話は早いぜ。
(内ポケットに片手を突っ込む。…思考がそこそこ飛躍している。)


77 :(・∀・):04/04/12 19:19 ID:???
ゴソゴソ

∀・)つ□←泣く子も黙る「カルンシュタイン電機総合企画課社員証」
      カルンシュタインの懐刀、私設軍隊にして特殊警察たる  
      総合企画課に属していることを明かしているのと同義。

78 :???:04/04/12 19:24 ID:???
>77
…………なんだ。さっさと見せれば無駄に警戒する必要もなかったのによ。
(警戒を完全に解く。…ポケットから手を出して。…別のポケットより
身分証(パスポート)を。…見る限りでは…旅行者の普通の
パスポートである。…名前は…昔、NZに於けるニュースの際取材に来た人間の
一人でもあったりするが。
…しかし、その割には不自然に武装をして不自然な態度ではある。)

79 :(・∀・):04/04/12 19:31 ID:???
<77
(服越しに拳銃を掴む奴)

 タイーホ♪

80 :サテリコンの亡霊:04/04/12 19:35 ID:???
>79
……罪状は?
(平然と。)

…しっかり答えないと…あんた達、損する事になるぜ?
(ニヤっと笑って。)

81 :偵察中:04/04/12 19:46 ID:???
ったく・・・・・使えんなぁどいつもこいつも!

(報告を聞いたらしく、出張ってくる奴)

 ・・・・・・拳銃の不法所持。どや。充分やろが。
 ・・・・・・
 ただ・・・・・・胡散臭いとこがあるでな、おんどれには。

82 :サテリコンの亡霊:04/04/12 19:50 ID:???
>81
………そう。そう。…あんたらになら捕まっても問題はないしな。
(何故かそこで笑みをうかべて。)

ちぇ。…アンタの尋問ならさっさと喋らせてくれそうだぜ。ホント。
(明らかで、強い違和感を感じる。)

83 :偵察中:04/04/12 19:54 ID:???
>82
 どーゆー意味やねん。
 面倒が多くて叶わんのに・・・・・・・
 ちょう、こい。
((・∀・)どもが用意した車に乗るよう促す)

84 :サテリコンの亡霊:04/04/12 19:58 ID:???
>83
(そのままついていって)
他の部類の企業軍やNZ国軍は拙いけど……カルンシュタイン伯爵のとこのに捕まるなら一切問題はない。
ただそれだけの事だぜ?
(ニヤリと笑う。)

85 :偵察中:04/04/12 20:10 ID:???
>84
 ・・・・・(無言のまま、車を出す)

(たどり着く先は・・・・・・まぁ、穏健派の所有する建物の一つだったりするわけだが)

・・・・・めんどいのぉ・・・・・・

86 :サテリコンの亡霊:04/04/12 20:13 ID:???
>85
……全くだぜ…。
(こっちも別の意味でめんどくさがってたりする。)

87 :偵察中:04/04/12 20:25 ID:???
>86
 ま、ええわ。
 ・・・・・・
(じーーーーーーーーーーーーーっと顔を見る)

 ・・・・・・

(ふと何ぞ閃いたらしく)
 ちゅーか。
 なんでわいらに捕まる文にはもんだいないんや?

88 :サテリコンの亡霊:04/04/12 20:30 ID:???
>87
…企業の中でカルンシュタイン伯爵の所「だけ」は「知ってる」からさ。
(ニヤリと笑って。)

89 :偵察中:04/04/12 20:42 ID:???
>88
・・・・・・
 おんどれ。
 もしかして髪がなごーて無表情で無口なガキ、顔見知りとかやないか?

90 :サテリコンの亡霊:04/04/12 20:45 ID:???
>89
ああ。確かに…顔見知りだぜ?
(寛いだ状態で言う。)


91 :偵察中:04/04/12 20:51 ID:???
>90
 ・・・・・・
(長髪の少女の携帯に電話をかける)

92 :長髪@携帯:04/04/12 20:52 ID:???
>91
…もしもし…。

93 :偵察中:04/04/12 21:04 ID:???
>92
 ・・・・・・・
 あのな。
 ちょう、来てもらえへんか?

 

94 :長髪@携帯:04/04/12 21:08 ID:???
>93
………はい……。
2つ先の…交差点の付近に…1分後に行きます…。
(通話、切れる。)

95 :偵察中:04/04/12 21:12 ID:???
>94
 ぉう。
(電話を切る)
>90
 そういうわけや。ちょいまっとれ。
(部屋を出て、待ち合わせ場所に向かう)

96 :長髪の少女:04/04/12 21:15 ID:???
>95
…あ…事情説明は…良いですから…。
(見つけるなり呟く。…急いでいる?)

97 :偵察中:04/04/12 21:22 ID:???
>96
 それは、ワイも同じや。
(少女を、男だか女だかよくわからない人物の前に連れて行く)
 知り合いなんやな?

98 :長髪+サテリコンの亡霊:04/04/12 21:27 ID:???
>97
「はい。…そして…仲間です。」
(即答。何故か妙に慌て始める。)

「…これで身分証明は十分か?」
「…それより…この人達にも…教えた方が…」
「…勝手にやっちゃ拙いぜ。流石に。」
「……大丈夫…。あの人なら…一刻も早く伝えようとする…。」
「そうか…。ま、ティファの言う事は信用できるし…教えて問題があるわけでもないしな。」

99 :偵察中:04/04/12 21:29 ID:???
>98

 密談やめぇ(;−−)y-〜

 つまりおんどれも・・・・・・ちゅうことか。
(まぁ・・・・・・脳みそみえるティファなら、おもてよんだんやが・・・・・・
 どうやらあたりみたいなやな)

 んで、なんやねん。

100 :通常の名無しさんの3倍:04/04/12 21:33 ID:???
100ゲトc

101 :サテリコンの亡霊:04/04/12 21:35 ID:???
>99
そういう事。

…デビルガンダムが…南アメリカに潜んでいる可能性が高いって事さ。
後養成所の関係者も一人そこで行方不明になったって事位か。

判断理由に関するデータも持ってるけど…ダビング要るよな?勿論。


102 :偵察中:04/04/12 21:40 ID:???
>101
 養成所?関係者、やと?

 ・・・・・・詳しくはなしぃ。

103 :サテリコンの亡霊:04/04/12 21:47 ID:???
>102
……上からの指令で…パナマ付近から調べてたら…クレアって奴に…
…尾行して取り押さえられちまってな。
で、向こうが最初はこっちの握ってる情報引き出そうとしてたみたいなんだけど…
いろいろ話している内に相互協力って事になって…で、一日一回の
コンタクトって話になってたけど…長く連絡途絶えて、携帯にかけても
通じなかった…って訳さ。…あいつが目撃されたのは…ジャブローの
森林地帯付近が最後らしいぜ。
(堂々嘘を混ぜている。)

104 :偵察中:04/04/12 21:51 ID:???
>103
 ・・・・・・
(携帯に電話をかける)
フミか?


ああ。わいや。
ちょいと、グェネビア、探して連れてきぃ。
ええな。

(電話を切った後)
 ・・・・・・
 クレア・シモンズ。やな?

105 :亡霊+長髪:04/04/12 21:57 ID:???
>104
「………ああ。」
「……間違いありません。」
「後…何時頃解放されるんだ?…出来れば後数日したら再調査行きたいんだけどよ。」


106 :偵察中:04/04/12 22:00 ID:???
>105
 もそっと待ちぃ。
 ・・・・・・・(煙草を何度もふかしながら、待つ)

 ・・・・・・来よったか。

グェネビア
「・・・・・・?」
(不思議そうな表情で入ってくる、グェネビア)

 ・・・・・・
 クレア・シモンズの、息子や。
(つぶやく偵察中)

107 :亡霊+長髪:04/04/12 22:03 ID:???
>106
「………。」
(気まずいのか表情が暗くなって押し黙る片方。)
「もう一つの…デビルガンダム…?」
(読心で危険な核心突いちゃう片方。)

108 :グェネビア:04/04/12 22:06 ID:???
>107
・・・・・・・

 ・・・・・・話したんですか?
(偵察中をにらむ)
偵察中
「んなわけ、ないやろが。
 ・・・・・・
 ティファ!気をつけぇ、いうたやろ」
(偵察中はティファをにらむ)

グェネビア
「どういうことなんですか・・・・・・
 なんで、僕のことを知ってるんですか!?
 それに・・・・・・


 母さんに、なにか、あったんですね?」

109 :亡霊+長髪:04/04/12 22:10 ID:???
>108
「………すみません…。あまりに…衝撃的で…つい…。」
(ビビってしゅんとする奴。)
「…ジャブロー付近で…行方不明になったのさ。」
(重い口を開く亡霊)


110 :グェネビア:04/04/12 22:13 ID:???
>109
 ・・・・・・

 ジャブロー付近、ですね?
(そういうと、唐突に部屋を出て行こうとする)

偵察中
「あほう。ガキが一人で、外国に何ぞいけるかい・・・・・・。

しゃあないな・・・・・・」
(渋過ぎる茶を飲んだような表情を浮かべる)
>長髪
 そこのアマ。ちょいと、ついてきい。

111 :長髪:04/04/12 22:15 ID:???
>110
………。
(そのままついていく。)

112 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/12 22:24 ID:???
(>110と入れ違いで入店)
ん?何があったんですか?

113 :偵察中:04/04/12 22:33 ID:???
>噂好き
(ひとまず、自分の上司に電話を入れる奴)

114 :噂好きの女伯爵:04/04/12 22:38 ID:???
>113
(直通電話を、すぐに受け取る)

はい、なんですか〜?
何か緊急事態……でもなきゃ、わざわざ電話してきませんよねぇ♪(少しため息)

今、どこですかぁ? コッチは早々に切り上げますんで。

(どうやら、NZの工場の視察中だったらしい。背後から大きな機械音が響いている)

115 :偵察中:04/04/12 22:43 ID:???
>114
 ・・・・・・
 独走した阿呆が一人、相手の罠に転げ落ち寄った。
 
 護衛もかねてマークさせといたんに、見事に煙に捲いてバックレかましよったと
思えば・・・・・・
 
 現地でクレアとおうた、ちゅうとる女とグェネビアがいま居る。それと、ティファもな。
どこで合流する?

116 :噂好きの女伯爵:04/04/12 22:55 ID:???
>115
(偵察中の言葉をしばらく考えてから)

……天馬あたりで会いましょうか。
正直、情報の漏洩の危険はありますけどぉ、「グェネビアの暴走を止める役」は多い方がいいですよ♪
クレアさんのこともいずれ漏れるでしょうし、探索隊を組織する必要も出てくるかもしれませんし♪

じゃ、すぐに行きますね〜♪

……ということで、テンペスト計画の進展、急いでくださぁい。エアリアルの……(ブツッ)

(最後の一行は、視察中の工場での声のようだ。声が遠くなって唐突に途切れる)

117 :長髪:04/04/12 22:58 ID:???
>115
現地調査するなら…私も…。

…人間が知らなくても…動物が何か知ってるかもしれないから…
(テレパシーで危険な申し出をする奴。)

118 :偵察中:04/04/12 23:00 ID:???
>116
 マジかい!?

 ・・・・・・切れよった。
>117
 ええから頭ン中そうさくさく読みよるな!
(どやしつけつつ)

 ほな、ついてきい。
(引率の先生よろしくこっちにこいと手をふると、部屋を出て行く)

119 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/12 23:01 ID:???
>115
あの・・・・・何か知りませんけど、私も手伝いましょうか?
(暇な奴が一人)

120 :長髪+亡霊:04/04/12 23:02 ID:???
>118
「…すみません…。」
「…ふぁ〜ぁあ。」
(ついて行く2名。)

121 :偵察中:04/04/12 23:05 ID:???
>119
煤i´□`ノ)ノ

 ちょいまちい!穏健派のアジトAになんで己が居るねん!
(びっくり)

122 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/12 23:12 ID:???
>121
いえ、「デザートの美味しいお店」リストを作りながら歩いてたら何時の間にかここに来てたんです。
(そう言って、店名とケーキなどのデザートが書かれた手帳を見せる)

123 :偵察中:04/04/12 23:14 ID:???
>122
・・・・・・

この拠点、もう使えひんなぁ・・・・・・・(遠い目。
アジト一階にあったケーキ屋は、もののみごとに行列の
できる店になっていたようである)

 まぁええ。手伝うのどうのいうとる時点で聞いてもうたゆうことやな。
ついてきぃ。
(車に乗るよう促す)

124 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/12 23:16 ID:???
……………………(´−`)

(最近すっかり風物詩となっている天馬の置物こと茶を啜るぽややん)

125 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/12 23:16 ID:???
>123
はい、ほとんど聞いてましたよ。
(車に乗り込む)

126 :偵察中:04/04/12 23:17 ID:???
>125
 ・・・・・・


 あたまいったすぎや。
(頭痛をこらえつつ、天馬へ車を走らせる)
(到着)

>125
 ・・・・・・・
(目が合う)

127 :茶髪:04/04/12 23:18 ID:???
(部屋に何時の間にか置いてあった手紙を見て以来魂が抜けたように
顔を赤らめて考え事をしている天馬の置物その2、茶髪。)


128 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/12 23:19 ID:???
>124
ああああああああ…………(その横で頭を抱えている。前におかれたコーヒーが冷めそうだ)

…………こんな時に彼女はいないし…………

129 :噂好きの女伯爵:04/04/12 23:19 ID:???
(天馬に入ってくる噂好き。
 服装だけならビジネススーツ姿ながら、なぜか頭には「安全第一」とかかれたヘルメット、足にはゴム長靴。
 ……工場視察の時の格好そのままに、急いでやってきたわけだが、それを知らなければ完全に奇怪な格好w)

や〜、こんにちわ〜。
あれ、みなさんおそろいで♪ (←白々しい挨拶)

130 :籠の外の許婚:04/04/12 23:22 ID:???
>128
……どないしよぉたんやぃな?
(後ろから肩を揉む)

131 :偵察中:04/04/12 23:22 ID:???
>129
 嬢ちゃんもけったいきわまる格好で何よりや。
グェネビア
「・・・・・・」


132 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/12 23:22 ID:???
>126
あれ…………?
お久し──
(久しぶりに会う人物に挨拶しようとするが)

>129
──ぶりに言うこのセリフ。御勘定お願いしま〜す!!

(そこにタイミング良過ぎに来店する噂好きを見て、格好を問う余裕すら無く逃げ出そうとする)

133 :亡霊+長髪:04/04/12 23:23 ID:???
(背後で大人しくしている二人。)


134 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/12 23:24 ID:???
>129
……

…………

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

い、今ちょっといいかな?(かなり焦っている)

135 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/12 23:25 ID:???
(とりあえず、チョコパフェを注文して食べるのが一人)


136 :偵察中:04/04/12 23:26 ID:???
>132
にげるなやこら。(´ー´)
(肩をがっしとつかむ)
グェネビア
「かあさんがかあさんがかあさんが」

 そこもてんぱっとるんやないーーーーーー

137 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/12 23:26 ID:???
>130
ひゃあっ!?(気が付かなかったらしい)

あ、えっと、政治向きな話だから。

138 :噂好きの女伯爵:04/04/12 23:28 ID:???
>131
???
(自分の格好に気づいてないw)

>132
あ、ぽややんな教官さん♪ 何慌ててるんですかぁ?

>134
はい? 何ですかぁ?
一応、他の人とも話あるんですけどぉ、ちょっとならいいですよぉ♪
(海賊娘の慌てぶりから、無下に拒絶もできない内容だろうと判断)

139 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/12 23:29 ID:???
>136
あうぅぅぅぅ…………僕を大人しく休ませてください。
もう、ここ最近心のバランスがゲルドルバ崩壊で…………_| ̄|●

って、グェネぴー?どうしたの?

140 :グェネビア:04/04/12 23:31 ID:???
>139
 かあさんがかあさんがかあさんが(´Д`;)=(;´Д`)

偵察中
「つかまってもうたわ」

141 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/12 23:34 ID:???
なんか騒がしいわね。
(今日も今日とて休憩中。けしてサボっているわけではない)

>140
かあさんって、あんたひとりでここにいるんじゃなかったの?
(クレアとグェネビアの事情を未だに知らない奴)

142 :籠の外の許婚:04/04/12 23:35 ID:???
>137
なら、ワシの出る幕ぁあらんのぉ。

143 :亡霊+長髪:04/04/12 23:36 ID:???
>140
「おいおい、そう判断するのは早計じゃないか?」
「…多分…事実…。そんな気がする…。」


144 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/12 23:37 ID:???
>140
(慌てるグェネぴーの顔を両手で固定すると、口を開けさせてお茶請けのどら焼を放り込もうとする)

…………事情が飲み込めません。
「話せる」内容なら、もう少し詳しく聞かせて貰って良いですか?

145 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/12 23:37 ID:???
>138
ああ、じゃあ手短に……

北米連邦の大統領がこっちに来るってさ。
>140
…………グェネぴー、隠したほうがいいかも…………(事態はもはやそんなレベルでない)

146 :噂好きの女伯爵:04/04/12 23:40 ID:???
>140
ま〜、可能性は考えてましたけどぉ。
結構あっさり捕まっちゃったモンですねぇ。
……それだけ、シャレにならない相手がいるってことなんでしょうねぇ、そのあたりに……。

(シリアスにつぶやく。
 しかし格好が格好だけに様にならないw)

>145
……北米の、ですかぁ?

何しにくるんでしょう? こんな厄介なときに……(汗

147 :グェネビア:04/04/12 23:43 ID:???
>144

 (´●`;)

(´〜`;)ムグムグ

(´ω`*) 〜◎

(´Д`;)=(;´Д`)


偵察中
「アホはほっといてやな。

 ・・・・・・クレアのやつ・・・・・・
 深みに嵌ってもうたようやな。

 ・・・・・・南米で、消息をたったそうや。

 詳しい話は、こいつにききぃ。
(といって、連れてきた男女、「サテリコンの亡霊」に話をフル)

148 :亡霊+長髪:04/04/12 23:43 ID:???
>146
「(略)」
(とりあえず、偵察中に話した事を全て噂好きとにも話す。)

149 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/12 23:44 ID:???
>146
何しにって……決まってるじゃないか。あんた(噂好き)に会いにさ。と言うかむしろミネバにか。

本来もうちょっと後に来るはずだったのに、ソーラレイの一件で急遽予定を繰り上げたってことらしいぜ、大使館の連中の言うには。


…………分かってる、クレアがらみは一切黙っていよう。うん、そうしよう。

150 :茶髪:04/04/12 23:45 ID:???
(付近で話されているはなしは聞いている用だが…何も言い出さない。
手紙のせいか別の事で頭が一杯一杯のようだ。)

151 :籠の外の許婚:04/04/12 23:46 ID:???
>147
はいはい、落ち着こな。
こっちぃきんさいゃ。
(グェネビアの頭を撫でる)

152 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/12 23:49 ID:???
>147
落ち着きなされ・・・・
焦れば助けれるものも助けれなくなりますよ。

153 :噂好きの女伯爵:04/04/12 23:49 ID:???
>147-148
……何が起こるか想像もつかない、って感じですねぇ。

異なる履歴を持つDG細胞のキャリアー同士の遭遇……。
いったい、何が起こるのか……。

……とりあえず、一番避けなきゃいけないのは、ここでグェネビアをも失うことですねぇ♪
気が逸る気持ちも分かりますけどぉ、場合によっては、最後の・そして唯一の対抗策になりうる存在ですから☆

(そういってグェネビアに微笑みかける)

>149
う〜ん。やっぱり動き始めましたかぁ♪
……北米の大統領、ひょっとしたらあたしの「案」に乗ってくれますかねぇ?
政治哲学はともかくぅ、あんまり無茶な戦争は望まないっぽいですし♪

154 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/12 23:50 ID:???
>147
……………………オチャノメ!(ーー;)つ且

あの、僕はクレアちゃんが何故南米に居るのかすら良く分かってないんですけど〜?ヽ(´ー`)ノ


>亡霊
と言う訳で、何がどうなってるの?

155 :偵察中:04/04/12 23:50 ID:???
>146
 ・・・・・・「黒い影の少女」。
 最後におっとったんは、この都市伝説、やったな。
 長く黒い影を連れた少女が訪れた村は、無人と化す。
 
 調べてみる価値、ありそうやで?
(シリアスな表情でつぶやく。
 語りかけるのは他に比類なき権力を握る少女、フロレンティナ・カルンシュタイン。
いでたちは長靴に工事用ヘルメット(黄色)。
 脇をみればどら焼きくわえながらおろおろしてる悪魔の力身につけた少年。
 その口にどら焼き突っ込んでる怪物じみた実力を持つエースパイロット。
 女のような男に男のような女。
 人形じみた長髪の少女。
 なぜかこの時勢に海賊な少女。
 女だてらに整備兵。


 間違いなく・・・・・・ヘンな、風景)

 実家・・・・・・帰るか。
(ぼそり。と。心の中の思いを口にする)

156 :赤い髪の准尉 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/12 23:51 ID:???
(その頃、自室で……)
わかんないじゃわかんないわよ!後でもう一度電話するから、きっちりネタそろえなさいよ!(一度電話を切り……)

…………あ、お久しぶりです。そちらはどうで……ご苦労様です。(彼女も彼女なりにコネをたどって情報収集にかかっている)

157 :偵察中:04/04/12 23:52 ID:???
>154
 だいぶ前の戦闘、そう、ガリアスの奴がMIAになったぁ時の戦闘や。 
 そん時に姿ァあらわしたDGのことを、クレアの奴は追っとったらしいんやな。
 この世界で、DGがまた暴れまわろうもんなら・・・・・・
 グェネビアの肩身は、さらに狭なってまう。あせっとったんやろ。

 んで・・・・・・深入りしすぎた。ちゅうことらしいわ。


158 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/12 23:54 ID:???
>153
大使館の連中に言わせれば、反主流派が今まで引き伸ばさせていたらしいけど……さすがに臨界点突破したらしいぜ。

で、その『案』てのは?

159 :長髪の少女:04/04/12 23:56 ID:???
(付近の椅子に座り、目をつぶって遠くにテレパシーを飛ばし始める…。)

160 :噂好きの女伯爵:04/04/13 00:00 ID:???
>155
「黒い影の少女」、ですかぁ。
しかし……下手につつけば、ミイラ取りがミイラになりかねませんねぇ。

都市伝説みたいな実体のないものより、むしろDG本体のような実体あるモノの方がまだ対処しやすいんですけどぉ。

(そこまで言って、偵察中の肩に手を置く)

……とりあえず、この件が一段落したら、休暇あげますから♪
考えたら、ここまでずっと無茶ばっかりお願いしてきましたモンねぇ☆
だから……元気出して下さぁい♪(天使の笑み)

>158
なるほど〜。

……「案」ですかぁ?
まぁ、今の時点じゃまだ決まってないこと多いんで……下手なことはまだ言えませんねぇ♪
そのうち、ニュースにもなるかもしれません☆ もうちょっと待って下さいね〜♪

なにせ、ここは「パイロット」養成所。MSパイロット不要の世の中なんて望ましくないですから♪(←意味深な、しかし冗談めかした発言)

161 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/13 00:03 ID:???
(チョコパフェ食べながら話は聞いていたらしい)
>157
DG?
前に私の父がDGと戦った事がありますよ。
GCGに入る時に「この世には化け物と本当の悪魔が居る」って言ってました。

>159
こんな所で寝て・・・・風邪引きますよ。

162 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/13 00:03 ID:???
>157 >155
………………………………最悪だ。
僕も、実家帰りたいですね…………(遠い目

163 :偵察中:04/04/13 00:05 ID:???
>159
 ・・・・・・
 
 
 電波発信・・・・・ちゅう、やつか?(滝汗)
>160
 ・・・・・・
 クレアの奴が、どういうルートで踏みこんだんかを調べな
あかんな・・・・・・

 ・・・・・・ワイがいくしかないかもしらんな。
 なまなかな奴やと、クレアの二の舞になるんが落ちや。
 バックアップは・・・・・・アルベルトとフミ。
  
 ・・・・・・
 しかし・・・・・・そんでも。
 不安やな・・・・・・
 デビルガンダム・・・・・・か。

164 :長髪の少女:04/04/13 00:07 ID:???
>163
…………
(テレパシー中。)

165 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/13 00:08 ID:???
>160
……?

まぁ、任せたわ。(ちょっと疲れたふうに店を出る)

166 :サテリコンの亡霊:04/04/13 00:09 ID:???
>163
(小声)
それはこっちの現地の連中が今も調査してるぜ。
…後…

167 :籠の外の許婚:04/04/13 00:11 ID:???
>165
……そぉか。
(その背中をじっと見ている)

168 :噂好きの女伯爵:04/04/13 00:11 ID:???
>163
……万が一にも、偵察中さんは失いたくないですねぇ。
相手が悪いですよぉ。
「普通の」戦場なら、どんな激戦区に放り込んでも構わないんですけどねぇ。

(大事に思っているんだか乱暴なんだか、信頼してるんだか分からない口調でボヤく)

効率は悪いかもしれませんがぁ、偵察中さん自身が現地に向かうのは、もう少し待って下さぁい。
あなたの「知」と「能力」がDG側に取り込まれたら、コッチには勝ち目がなくなっちゃいますよ☆
色々と、知りすぎてますから♪

……といって、あたしにもいい妙案があるわけでもないですしね〜。(困

169 :偵察中:04/04/13 00:18 ID:???
>162
グェネビア
(涙目でいまの保護者を見つめている) 
 かぁさんが、かぁさんがぁ・・・・・・

偵察中
「・・・・・・気持ちは。わからん。でも。ない」
>161
偵察中
「経験があるんか?
 ・・・・・・ひろいもん、かもしれんなぁ」
グェネビア
「ばけもの・・・・・・ほんもののあくま・・・・・・on_(がっくりとするデビルガンダム)」
>166
偵察中
「あと、なんや?」
>168
 なまくら放り込んでクレアの二の舞にでもするんか?
 ・・・・・・ひとまず、ジャブローに探りいれてみるわ。
 DGよりは、連中のほうがまだくみしやすいやろ。
 腐りかけで尻尾だしまくりの政治家や官僚の尻尾掴んで、
現地の状況確かめ。

 ・・・・・・そういや。 
 フミのやつが妙なこといっとったな。
 
 養成所の強力な連中を束ねて、DGを捕捉、撃滅するとかなんとか・・・・・・
 確かに、カコのことを考えれば、不可能や、ないんやが。

 DG単体ならば、っちゅうんが前提になるわな。

170 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/13 00:21 ID:???
>169
けど、実家に帰る前にやる事やっとかないとですねぇ〜

どれ、あのアイデアをマジメに検討してみようかな…………?

171 :亡霊+長髪:04/04/13 00:23 ID:???
>169
(小声)
「テ…
(それを手で制するティファ。そしてテレパシー。)
『…私を…現地の付近に…行かせてくれませんか?多分…私にしか…
仕入れられない…人以外からの情報も…ありますから…。』
(周囲の人の苦悩も無意識の内に感じ取ってしまっている為か
何とか役立とうとしている様子…。)

172 :グェネビア:04/04/13 00:25 ID:???
>168
 ・・・・・・僕は、いっちゃ、だめですか?
>170
 なにかいいアイディアがあるんですか!?
 アズフィート教官!
(ものすごく目をキラキラさせながら尊敬に満ちたまなざしでぽややんをみる)

173 :籠の外の許婚:04/04/13 00:26 ID:???
>169
……政治家叩いて情報吐かせンの、やぁたろか?
そういう取引材料には事欠かへんしのぉ。
(携帯をぐるぐるまわす)

174 :噂好きの女伯爵:04/04/13 00:26 ID:???
>169
(黙って、偵察中から目を逸らす噂好き。傍目にはただ悩んでいるようなそぶりで。

 読唇術の心得のある偵察中にだけ分かるように、かすかに唇を動かす。
 『こんせんそうち DG さいあくのくみあわせ』

 ……そう、偵察中氏は、世界でも数人しかいない、「養成所の秘密」を知る人物。
 万が一にも、その「知識」が奪われるようなことがあれば……!!)

……ともかくぅ、誰かを派遣するなら、腕のいいグループを派遣しなきゃダメですねぇ。
逐次投入じゃ、各個撃破されて取り込まれるだけですよぉ。
まずは、地元であるジャブロー経由で情報収集。
最終的には、DG征伐隊の編成とか、派遣のための方法とか、検討しなきゃダメですね♪

(時計を見る。何やら他の予定があるようだ)

うん、じゃぁ、その線で検討進めておいて下さぁい♪
詳しい計画なりできたら、コッチにまわして下さいね〜。
……テンペスト計画、間に合えばいいんですけど……。

では♪

(偵察中や長髪たちの分も清算して、天馬を出て行く。
 繰り返すが、ビジネススーツに工事用ヘルメット、ゴム長靴の格好のままで……)

175 :噂好きの女伯爵:04/04/13 00:29 ID:???
>171>172
……ともかく、二人とも、焦っちゃダメですよぉ♪
必要なら、声をかけます☆
一番やってはいけないのは、勝手に一人で行動することですから♪

(それだけいい足して、そのまま出て行く)

176 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/13 00:30 ID:???
>169
あ・・・父から言われた事にはまだ続きがあるんです。
「化け物は可哀想な奴だ・・・・・本物の悪魔は化け物を利用する奴らだ」
(グェネビアの正体を知らないらしい)

DGを目撃した私を見つけながらも見逃したあの男・・・・アフランシ・・・
本物の悪魔は・・・奴だろうな。
私を見逃した事を後悔させてやる。

177 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/13 00:31 ID:???
>172
あんまり、大したアイデアじゃ無いよ。
フミ教官に、それとなく内定渡されてたからねぇ…………ちょっと新兵器を一つだけ、ね?

178 :偵察中:04/04/13 00:34 ID:???
>173 
(・・・・・・まかせてみるんも、一興やな)
 存外に、顔が広いんやな。
 一丁、頼むわ。面倒が省けて助かるよってに。
>174
(真顔でうなずく)
(温泉工事 デミル山ダム・・・・?
 
 いや、ちゃうな)
(・・・・・・確かにその通りやが・・・・・・
 面倒やな・・・・・・)
(テンペスト・・・・・か。
 切り札は・・・・・・いや、真に切り札足りうるんか?それも。
 面倒この上ないわ・・・・・・!)



179 :グェネビア:04/04/13 00:35 ID:???
>176
 ・・・・・・

 ・・・・・・?
(なんでだろう。 
 僕。
 いま、何か思いだした・・・・・・?)

 ・・・・・・
 利用する奴ら・・・・・?
 アフランシ・・・・・・
 アフランシ?

180 :グェネビア:04/04/13 00:36 ID:???
>177 
(´▽`)

(表情が「聞かせて聞かせて」といってやがる。
 もう尊敬。尊敬のまなざし)


181 :亡霊+長髪:04/04/13 00:37 ID:???
…………。
(何時の間にかその場を出て行く亡霊…。長髪も考え込みだす。)

182 :偵察中:04/04/13 00:38 ID:???
<171
 ・・・・・・いや。

 おんどれとグェネビアは、絶対防衛対象指定済みや。
 ・・・・・・

 危険な真似は、させられへん。
<176

 ・・・・・・・アフランシ・・・・・・
 
 おんどれ。いま、なんていいよった?

183 :長髪:04/04/13 00:41 ID:???
>182
(残念そうな顔をしている。)


184 :籠の外の許婚:04/04/13 00:42 ID:???
>174
御偉いさんのはずやねぇけどなぁ……

>179
どないしたぁやがな?
(ポケットから出したぺろきゃんを目の前で揺らしてみる)

>178
まぁ……どぉしょぉもなぁ阿保ぉゆぅんは、一定数何処にでぇおりょるしのぉ。

(携帯のスイッチを押す)

……あ、おった。

おい小林! ジャブローのモグラ叩きすっど。
強請るネタァ1時間以内に纏めてファックスせぇ!

あぁ!? うっさぃわぁッ殺すぞボケェッ!

……っは、しゃぁなぃのぉ。
もう少し待ぁたるからさっさと集めやぁ。

(スイッチを切る)

直ぐ集まる思うでぇ。

185 :茶髪:04/04/13 00:44 ID:???
(突然すっと立ち上がると…。)
……ふ抜けてる場合じゃないね…。
(立ち直ったかと思えば突っ走る合図のような言葉を出しやがる奴。)



186 :グェネビア:04/04/13 00:47 ID:???
>184
 ・・・・・?

 ほ、ほしくなんか、ないですよ・・・・・
(といいつつなにやらネコジャラシふられたねこのようなようす)

◎     (´ω`)

187 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/13 00:48 ID:???
>179>182
アフランシを知ってるのか?

あれは少し前の事だが・・・・潜水艦がNZに接近してきてその迎撃に行った帰りの事だ。
その途中で私はDGを目撃した。
そして、私の前に変なMSが現われてアフランシだと名乗ったんだ。

何か利用されたようで気に食わないんだ・・・・
南米・・・・奴はそこだろうな。

188 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/13 00:48 ID:???
>180
う"う"っ…………そんな機体されるものじゃないんだけどなぁ……(汗


「例のアレ」を相手にする時、僕の精確さを武器にした戦法は効果が薄いからこう、

『ドッカーーーーーーン』

とイケル長砲身の武器でも積んでみようと思ってるとこ。
もう少し、アイデアをひねりたかったけど状況が状況だからね〜

189 :偵察中:04/04/13 00:48 ID:???
>184
 いせいがええのぉ。
 
 ゆすりたかりも手の内・・・・・・
 若いころから感心なこっちゃ
(ほめてどうする・・・・・・)

190 :籠の外の許婚:04/04/13 00:52 ID:???
>186
おいしいのぉ、これ。
要らんのかなぁ〜?
(一口舐めて横目で見る)

>189
日常茶飯事やて。

ま、親父ぃ手ぇ借りるんがいっちゃんきにいらんかの。

191 :偵察中:04/04/13 01:00 ID:???
>185
 ・・・・・・
(また、ろくでもないこと考えとるんとちゃうやろな・・・・・・・)
>187
 ・・・・・・・
 アフランシ・・・・・・か。
 
 ・・・・・・ええか。
 奴に、手ェ出すな。
 
 ・・・・・・人間に勝てる、相手とちゃうで。
 あれは・・・・・・怪物や。
 戦場において絶対足るべく生み出された、純粋なる戦鬼。
 人間には、勝てん。あれは、そういうもんや。
 ええな。
>190
 は、ますますもって威勢がええな。

 そういやいままで聞かんかったが、おんどれ、どこのどういう生まれやねん。

192 :茶髪:04/04/13 01:02 ID:???
(突如、携帯を手にとって…電話をかけ始める。…対象は……砂漠の虎のようだ。)


193 ::04/04/13 01:07 ID:???
アユ・・・・・ヘレナ・・・・・・ヘレン・・・・・・
ユキナ・・・・・シャンファ・・・・・・レナ・・・・・
(部屋中紙くずだらけにして悩む男が一人)
 ・・・・・・
 人生最大の難問ってやつだねぇ・・・・・・・
>192
 ・・・・・・
(携帯を見つめてみる)

 ・・・・・・彼か。
(電話を撮る)
 ・・・・・・・なんだい?
(電話越しに疲れが聞こえてくるような感じの声)

194 :茶髪:04/04/13 01:09 ID:???
>193
…すみません。突然…。…あの…随分疲れてるみたいですね…。
大丈夫ですか?
(心配そうに。)

195 :籠の外の許婚:04/04/13 01:12 ID:???
>191
はい、べべん、生まれは極東のぉ〜…

とかやりゃぁ面白いんやろけどな。
日本や。知っとぉやろ?

小笠原朱雀会言うたら、解らん?

(その事を知るひとならば即座に解る。
  最も古いタイプの極道を筆頭に据える組織)

196 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/13 01:14 ID:???
>191
この世に絶対など無い。
それに純粋なる戦鬼だと?
なら、その戦鬼を狩るモノが出てきても良いのではないか?
人間には勝てないなどと言うのなら・・・・私が勝ってみせるさ。
(インディとジャックを除いて、この天馬に居る者も含めて養成所で彼女の秘密を知る者は居ないだろう・・・・
彼女が下手すれば人間でないモノかもしれないという事を・・・・
それは彼女自身、知らない)

197 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/13 01:22 ID:???
>196
…………まるで、「自分は人間じゃない」とでも言いたげですね?

(穏やかな笑顔と共に小首を傾げる、童顔三十路突破成人男子)

198 :偵察中:04/04/13 01:23 ID:???
>195
 ・・・・・・?

 ・・・・・・煤i`□´;)
 
 知らんわけないやろ!
 よりにもよって・・・・・・
 なんてこの養成所にはおもろい人間ばっかりおりよるんや・・・・・
(ひきつりまくった苦笑を浮かべつつ・・・・・・)
 にしても・・・・・ジャブローにまで手ェ伸ばしてるとは
おもわんかったわ・・・・・・
>196
 ・・・・・・
 まぁ、ええわ。
 ただ・・・・・・・先走って一人で突っ込む真似だけは
やめぇ。
 
 確実に「食われる」で。
 奴の武器は・・・・・・力だけや、あらへんのやからな。
奴の持つ闇・・・・・・それこそが、奴の最大の力。 
 ・・・・・・生半では、勝てん。
 それは、肝に据えておけや。
 

199 :トラ:04/04/13 01:24 ID:???
>194
 いや、かなり好きでしてる苦労だから。
(ぐでー)

 で、用は何?

200 :籠の外の許婚:04/04/13 01:27 ID:???
>198
まぁ……ほっとんはコレよ、コレ。(小指を立てる)
ついでコレやぁて。(マネーの形を指で作る)

まぁ、強請るか集るか取引するか……
ご愛顧にするかぁらちょっと教えろ言うか……

そんなもんやってw

201 :茶髪:04/04/13 01:32 ID:???
>199
ちょっとお願いがあって…。

もし僕が行方知れずになって彼女が見つかったりしたら…その時は
…ゴメンって言ってたって伝えといてください。
(小声で。声を潜めて。…無茶する事を宣言したも同然の発言をする。)

202 :トラ:04/04/13 01:35 ID:???
>201 
 ・・・・・・
「よし分かった。
 じゃあ、頑張ってきてね」

 とでも、言って欲しいのか?
 
 どうせ、自分ひとりでどうにかしてやろう、とでも思ってるんだろ。

203 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/13 01:38 ID:???
>198
分かってる・・・・あの機体を見ればどんな相手かは想像がつく。
生半可な気持ちは命取り・・・・・十分分かる。

闇も朝が来ればなくなるものだ
インディじゃないけど・・・・・
相手が私を食おうとするのなら・・・逆に食らい尽くしてやるまでだ。
(不敵な笑みを浮かべ・・・・・・・・チョコパフェを食べてる)

204 :茶髪:04/04/13 01:40 ID:???
>202
………そんな無意味な無茶はしませんよ。そんなの…無理ですから。
…するなら…意味がある無茶をするつもりです。
(ある程度の理性があるだけに余計性質が悪い状態に。)


205 :偵察中:04/04/13 01:45 ID:???
>200
 わっかりやすっ(苦笑)
(心強い、ちゅうかなんちゅうか・・・・・・

 ま、なんにせえ。 
 裏社会に強い人間が味方についてくれる、ちゅうんは
心強いこっちゃで・・・・・・)
>203
 ま、ええ。
 そこまでの自信なら・・・・・・
 間違いないわな。

 ところでやな・・・・・・

 おんどれ、なんでばあちゃんの分まで「背おっとる」んや?
(・・・・・・おい。何を言い出す)

206 :トラ:04/04/13 01:46 ID:???
>204
 君はやはり狂戦士のままなのか?
 自分ひとりが戦えばどうとでもなる、と考えている。
 
 ・・・・・・まず、考えを話せ。
 それからじゃなければ、うなずけもしなければ、到底納得などできるはずもないだろう。

207 :茶髪:04/04/13 01:53 ID:???
>206
まさか。そこまで退行はしませんよ。もう。
それこそ…彼女に対する裏切りも同然です。
何時までも裏切り者でいるつもりはないですから。

………今はまず出来る事をやって…その上でアレと直接対決になった時に…
ギリギリの戦い方をするだけです。
…生きてかえれる保証なんてありえない相手ですからね…。

勿論その前に、周りに「求められる」位の力をつけないといけませんけど…ね。
(意思の篭った口調である。)

208 :トラ:04/04/13 02:01 ID:???
>207
 全力を尽くすのと、生還を期すのとはまた別の問題だよ?
 力じゃない。君に欠けているのは、力なんかじゃあない。
 正直なところ、君は十二分に、強い。
 僕がいうんだから間違いない。

 君にかけているのは、もっと別の次元のものさ。

209 :茶髪:04/04/13 02:03 ID:???
>208
生還…期す余裕があるとは思えないんですよ…正直。

…………別の次元…ですか…。
…覚えておきます…。

後…先日のあの情報、ありがとう御座いました。

210 :トラ:04/04/13 02:12 ID:???
>209
 君との付き合いもいい加減長いからね。
(苦笑しながらそれだけをつげる)

211 :茶髪:04/04/13 02:13 ID:???
>210
……そうですね…。

色々…ありがとう御座いました。
(少しして…電話が切れる。…バッテリー切れで。)

212 :トラ:04/04/13 02:37 ID:???
>211
 ・・・・・・・・
 まるで、永劫の別れみたいないいかた、するんだな。
(切れた電話に、そう語りかける)

213 :茶髪:04/04/13 02:41 ID:???
立つ鳥、後を濁さず…か…。
(電話が切れた後…呟くと勘定を済ませてシミュ室に向かっていく…。…思いつめた感じで…。
…「彼女」の出した…安心させる為の2つの細工が…完璧に裏目に出たようだ。)


214 :三人娘:04/04/13 02:43 ID:???
(…その日の夜…シミュ室脇の休憩室でしゃべくりあっている。)

215 :赤毛:04/04/13 02:48 ID:???
>214
 んー、最近ここに人がたまってることが多いわよねー。
(バイト明けにシミュ室によるおまえもおまえだ)

216 :三人娘:04/04/13 02:52 ID:???
>215
「そうそう。」
「特にシミュ室が殺伐としてるときは増えるわよね…。」
「……後一日で帰らないといけないけど…ここの雰囲気は忘れられないわね…。」

217 :赤毛:04/04/13 02:58 ID:???
>216
 あー。
 例のオーブクーデター事件?


 ・・・・・・寂しくなるわね。
 あんたら、いい・・・・・・

 にぎやかしだったわ、ほんと。

218 :三人娘:04/04/13 03:00 ID:???
>217
「…流石にああいうの起きちゃうとね…。呼び戻し、来るから…。」
「あからさまにああいうタイプのメンタル面できつい戦闘に向いてないキラ君は別として…」
「…って…にぎやかし?」

219 :赤毛:04/04/13 03:05 ID:???
>218
 んーまー細かいこと気にしない−。

 
 あんなことになっちゃってるけど・・・・・・
 それでもやっぱ呼び戻しって来ちゃうわけね。
 あんたらそれなりに腕、立つし・・・・・・

 ま、そうそう簡単に死ぬタマじゃないから安心よね。
 養成所仕込みのMS操縦技術って奴を、悪い奴らに見せ付けて
やんなさいな♪
(にぎやかし、のあたりを自分でいっておいてスルーするあかげどの)

220 :三人娘:04/04/13 03:08 ID:???
>219
「悪いとかいいとかそういう単純な問題じゃないけどね…。」
「ま、そりゃそうよ…。」
「…大丈夫。生きて帰ってくるから。」
「…あ、キラ君の暴走はそっちでなんとかしてね?」

221 :赤毛:04/04/13 03:14 ID:???
>220
 そのへんは・・・・・・・

 アズとかフミちゃんにばっちり押し付けるから大丈夫よ(サムズアップ)

 なんていうか・・・・・あんたたち、一人一人だとそんなつよくないから、
ちゃんと群れてるのよ。じゃないとなんか名前も良く知らない素人パイロットに
あっさり撃墜されそうで怖いのよね、なんか。

222 :三人娘:04/04/13 03:16 ID:???
>221
「……なるほど。」
「それなら安心ね。…って…」
   _| ̄|○
○| ̄|__| ̄|○
(何か滅茶苦茶落ち込んでます。)

223 :赤毛:04/04/13 03:23 ID:???
>222
 ?
 どったの?

 じょーだんよじょーだん。
 だいたい、戦力だって五分五分なんでしょ?
 まさかでかい国同士の戦争に戦艦一隻で殴りこむような
めちゃくちゃなんてオーブはしないだろうし♪
 群れで叩かれない限りストライクダガーなんて標的よ標的♪

224 :三人娘:04/04/13 03:27 ID:???
>223
「……相手もM1だから結構面倒なのよね…。」
「ダガーなら文字通り的だけど…。」
「戦力は今は五分よりは勝ってるわね…。」

「…まぁ、私たちも結構いい機体回されてるし。」
「何とかするわよ。」
「そろそろ片付けとかあるから。じゃね〜。」
(そのまま行ってしまう…。)

225 :茶髪:04/04/13 03:32 ID:???
(かなりの長時間シミュレーターに没頭している…。)

226 :赤毛:04/04/13 03:35 ID:???
>224
 んじゃ、また明日。
(手を振って)

 ・・・・・・アー見えて、あの子達も職業軍人、って奴なのよね。

 
 ・・・・・・忠誠、義務、か。

 昔はあたしにも、そういうの、見えてて・・・・・・
 あー。
 考えない考えない。
(あたまを軽く振る)
(で、茶髪がシミュに入りっぱなし、という事実に気づく)
>225
 いつからそこにはいってんの?

227 :茶髪:04/04/13 03:37 ID:???
>226
………七時間30分前…かな。
(言いながらシミュレーターでの仮想敵、デスアーミーの群れ相手に
イージスの微改造らしきMSで奮闘中。)

228 :赤毛:04/04/13 03:41 ID:???
>227
 ・・・・・・昨日は?

229 :茶髪:04/04/13 03:42 ID:???
>228
…授業除いた合計特訓時間がその2分の1強かな。
(クレアの事件が引き金…なのは明白だろう。)

230 :赤毛:04/04/13 03:45 ID:???
>229
 
 ・・・・・・睡眠時間は。(;−−)

231 :茶髪:04/04/13 03:46 ID:???
>230
……昨日は5時間半、今日は3時間以下の予定かな…。
(無茶にも程があるとしか言いようがない状況である。)


232 :ふくかん:04/04/13 03:50 ID:???
>231
 でー。
 
 ろくにものも覚えられずに体をぬっ壊すわけですね?

赤毛
「フミちゃんどうでもいいけどいつもながら神出鬼没ね。しかも
ちゃんと話聞いてたわけ?」


 そういう突込みって無粋だと思います赤毛ちゃん。

233 :茶髪:04/04/13 03:54 ID:???
>232
……壊れる前にはやめますよ。
(そこで…シミュ内で機体のエネルギー切れを起こして中断。…出て来る。
…かなり息切れしてる。)

234 :ふくかん:04/04/13 03:55 ID:???
>233
 っていうか睡眠時間削ると記憶力が落ちるから、かえって
物覚え悪くなるんですけど。
(きっぱりと言い切る奴)

 っていうかぼろぼろですねー。

235 :茶髪:04/04/13 03:57 ID:???
>234
…あ。

………まぁ…七時間以上休憩なしでしたからね…。
(地面にすわりこんでしまう。)

236 :ふくかん:04/04/13 04:02 ID:???
>235
 休憩ぐらいはさみなさい(;−ー)つ□←タオル

 体の筋肉が固まるだけですよーこもりっきりでトレーニングしてもー。

 たく。 
 コーディネーターだからって無理ばっかしてると体壊しますよ?
 頑張るのもほどほどにしなさい。ほどほど越しても逆効果にしか
なりませんよ?

237 :茶髪:04/04/13 04:05 ID:???
>236
……あ…すみません。
(汗を拭きつつ…)

………せめて授業別にして一日5時間くらいにしときます。
(言う。)

238 :ふくかん:04/04/13 04:12 ID:???
>237
 シミュばかりやるから体が疲れるんですよ。 
 イメージトレーニングしながらランニングとか、
 散歩しながら地形把握してMSや歩兵が埋伏していそうなポイントを
確かめつつ、攻撃側や防御側の立場からいろいろと判断してみるとか。
 食事中、皿をMSにみたててどこをどう攻めれば効率的に相手を破壊できるかとか・・・・・・
(・・・・・・仕事以外の人生の全てをMS戦闘と戦術構築にささげる女。
 フミ・サカグチ)

239 :茶髪:04/04/14 00:06 ID:???
>238
………なるほど…。

(間違いなく、今までで一番真剣に聞いている。…普段も真剣なのだが…それ以上だ。)

240 :赤毛:04/04/14 00:15 ID:???
>238
 ヴァカが二匹いる・・・・・・
 どうしようもないMS馬鹿が・・・・・・on_
(そこまで殉じられない女が一人)

241 :自称17歳の教官:04/04/14 00:16 ID:???
(一応、火元管理などで主電源や冷暖房を操作するために待機していた)
>239
というか、シミュにあんまり長時間篭るな。
実物と同じで、何日もぶっ通しで戦闘並に動かされると壊れる。

ひゃー・・・歯車磨り減って溝が浅く・・・・。
(座席真下のカバーをはずすと、中は真っ黒け)


242 :茶髪:04/04/14 00:19 ID:???
>241
……すみません…。

243 :ふくかん:04/04/14 00:19 ID:???
>239
 ・・・・・・身体能力や判断力といったファクターも毎日変化しますから、
その変化を自ら経験として把握した上で、それをベストに保てるよう努力する。
こういうのもまたパイロットとしての・・・・・
(うんちくが長らく続いた後)

 というわけで、あんまりながいことシミュばかりやっても効果はあがりません。
わかりました?(講義、終了・・・・・・)

244 :茶髪:04/04/14 00:20 ID:???
>243
………はい…。
(集中して聞いて…終わりとともにその真剣さが吹き飛ぶ。)

245 :整備兵:04/04/14 00:22 ID:???
>241
 ・・・・・・
(電子機器のおさまった部分のパネルを開く)
(むぁっ。と立ち上るは・・・・・・陽炎。 
 あんまり長い時間使われてた性で熱がものすごいことになって
いるようである)

 ・・・・・・光演算式で、出る熱の量はAD世紀のそれより
はるかに抑えられてるってのに・・・・・・
 

 ある意味凄いな、普通ならここまでやるまえに
ぶっ倒れるぜ?使ってるパイロットの方が。


246 :自称17歳の教官:04/04/14 00:26 ID:???
>242
(小声で独り言のように)
何時間やったら・・・いやどれだけ、激しい演習すればこんなに減らせるんだ。
俺がリハビリで二日近くぶっ通しであったときだってこの半分は・・・(遠い目)

とにかく、1個集中して使うのは厳禁な。
やるにしても休憩入れて、機材変えながらやること。

247 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/14 00:29 ID:???
ドア|’▽’)<何人ぐらい来てるかn


ドア|)ノシ<じゃ、そう言うことで

248 :ふくかん:04/04/14 00:30 ID:???
>247
 まったー
(いきなり呼び止めるやつ)

249 :茶髪:04/04/14 00:30 ID:???
>245
…ははは…。
(乾いた笑い。)

>246
わかりました。
(独り言は聞こえてない様子。)

250 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 00:34 ID:???
(自分の右手を見ながら、シミュレータ室に入室)
(握ったり開いたりしている)
……やっぱり痛むな、何があった?

(ふと周りを見て)
……なんかまたいつもとおんなじ面子のような気が…【汗

251 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/14 00:36 ID:???
>248
ドア|)そ

ドア| _=)ナーンデスカー?

252 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 00:37 ID:???
(シミュルームに来た)おお、今日もにぎわってますね〜〜(の〜天気に)

253 :自称17歳の教官:04/04/14 00:38 ID:???
>250
茶髪が無茶してるのを、教職員一同で、止めに入ってた所だ。

(中のレバー類を見ながら)
・・・・やっぱりボタンやレバーも塗装、思いっきり剥げてるな・・・。


254 :ふくかん:04/04/14 00:39 ID:???
>251
 さーて、というやつですよ。 
 企業軍への見学のとき、おそらく・・・・・・
 模擬戦じみたことをすることになると思います。

 それに、ここからずいぶん東で起こってる事柄についての、対策も
練らなきゃいけませんしねぇ。

 

255 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 00:42 ID:???
>253
ふ〜ん、誰か彼に『超回復』を教えるとか?

256 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/14 00:44 ID:???
>254
模擬戦ですか……(´−`)
東の方の件に関しては、情報が少ないのでなんとも言えないですねぇ……

>255
いや、頭の中身は超回復しないから。教えても無駄かも。

257 :自称17歳の教官:04/04/14 00:47 ID:???
>254
企業軍と模擬戦だって━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
>255-256
教えても・・・彼の場合、それ以上に無茶しそうな気も。



258 :整備兵:04/04/14 00:48 ID:???
>253
 ・・・・・・これが飛行機ならエコノミークラス症候群になってるとこさ。

 操縦でずいぶん手足を使うから、んなことにはならないんだが・・・・・・
ま、これだけ使ってもらえるなら、機械にとっては幸せなことなんだろうな。
 いや、はた迷惑かな(苦笑)
 
 ま、なんにもしないやつよりはマシだよなぁ。
>249 
 にしてもだ。
 前から熱心だとは思ってたが、それにしても最近は異常じゃないか?
 ・・・・・・
 オーブ?

259 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 00:49 ID:???
>253
それもいつものことです、もう聞き飽きました(ため息

>249
(腰だめに拳を構え)
殴っとくか? 修正してやるーって

っとそうだ

>256
確かグェネビア預かってるのはアンタですよね?
……アイツに何かありました?

260 :茶髪:04/04/14 00:49 ID:???
>258
それも…ですけど…恩返し…も原因の一つですね…。
(呟くように言う。)

261 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 00:52 ID:???
>256
(思わず、座布団を一枚あげてしまう)

…………って、それじゃ駄目駄目ジャン。
>257
へ?
>260
養成所の備品壊すのが恩返し?

262 :茶髪:04/04/14 00:56 ID:???
>259
…今だと間違いなく危険だから勘弁して…。

>260
そういう事じゃないよ…。

263 :自称17歳の教官:04/04/14 00:56 ID:???
>258
実機でここまでやったら・・・
空中分解起こしかねない疲労度だったりしませんか?

確かに、使われないよりは良いけど・・・。
>261
誰に恩返しなんだろうな・・・。

264 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/14 00:58 ID:???
>259
あった。それはもうイロイロと。
どら焼つっこんでお茶飲ませないとなだめられないくらいイロイロと。


でもその内容は営業機密。

>261
(座布団に座る)
だから、教官陣が勢ぞろいで頭抱えてるんだって……(´−`)

>262
有能な働き者は指揮官に。
有能な怠け者は司令官に。
無能な怠け者は雑用に。

では、無能な働き者は何処でしょう?

265 :茶髪:04/04/14 01:02 ID:???
>263
…よき上司に…って所です。

>264
………その格言位…知ってますよ。
ホントに銃殺されたらたまりませんけど。

266 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 01:03 ID:???
>262
もちろん冗談だけどよ、いい加減にしないと本気でやるぜ?
(やや呆れ顔で言い放つ)

>264
…営業機密だろうがなんだろうがしゃべってもらいますよ
―――大方クレアがらみでしょうけどね
(腕を組みながら、片目だけ開いて軽く睨む)

267 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 01:10 ID:???
>265
でもね……(つ〜、と、茶髪の顔に手を寄せ)少しストレッチしなさい、今時ペットの犬だってあんまにかかるわよ。(腕を取り、ぐりぐりとマッサージ開始)

268 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/14 01:13 ID:???
>265
ちょっと詳細忘れてるのと、有能無能の定義にもよるけどねー
とりあえず、OS組んでるなら
超長時間ぶっ通し耐久シミュレーターvs茶髪君の体力一本勝負デスマッチ
なんてことされたら、どうなるかくらい理解しておいてくれないとイロイロと困るから……(´−`)

あと「調整」って単語を一日三千回復唱して欲しいかな。

>266
(・×・)
(必殺、言わ猿のポーズ。ただし、目つきだけは迷惑そうにメガネを見ている)

269 :ふくかん:04/04/14 01:14 ID:???
>256、264
 ま、確かにそのとおりなわけですが。
 あせらずぼちぼちするしかないですかね。
 
 フォン・ゼークトですか。
 古い格言ですが、まぁ正鵠は射てますねぇ。
 ただ、能無しをどうにか使えるようにするのが私たちの仕事。
 だいたい、世間の8割はみんな能無しなんですから。

270 :茶髪:04/04/14 01:17 ID:???
>266
ごめん。

>267
…ありがと…。

>268
(妙に大人しく聞いている。…何故か。)

>269
…そうですね…。

…恩返ししようとして二次被害出して主任に迷惑かける訳にも行きませんし。

271 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 01:20 ID:???
>268
あー、教官
(なぜか――剣は無いが、それ以外は全て同じの――正眼で構え
 すり足と共に、右拳の突きを放ち、目前で止める
 其の拳速は、どういうわけか一般的なコーディネーターを上回るソレ)

テメェの都合なんか知ったこっちゃ無い、話しやがれ
(言葉とは裏腹に冷静に、強くまっすぐな瞳で聞く)


272 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 01:21 ID:???
>270
しかし(ぐりぐり)あんた(グイグイ)コーディネーター、だっけ?
筋肉の(ゴリゴリ)、質が、一味慕う(ぐぐっ)、わね〜〜〜( ゴ キ リ )

(クレア云々は聞いていないし知らない)

273 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/14 01:27 ID:???
>269
あー、SFの八割は駄作である。
だがしかし世の中の全てのモノの八割は粗悪だから気にする事は無い。
と何処かで誰かが言ってたような。
そんな所ですよね(違う)

>270
まぁ、何が言いたいかって言うと──

今、僕と全力でやって勝つ自信ある?

──って事なんだけど。

>271
(その拳を避けようともせずに)
却下。
僕は君と違って、自分の都合を満たせばそれで良い立場じゃないんだ。
話したいことも、話したくない事も場所を選ぶ責任がある。

それぐらい分かれ。

274 :茶髪:04/04/14 01:30 ID:???
>272
…まぁ…ね…。
(苦悶の声を一切上げず。)

>273
………ありません。(断言。)
それに…今は張り合ってる場合でもないです。


275 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 01:31 ID:???
>273
(ム、とした表情を一瞬して)
了解、スイマセンでした
(ため息と共に拳を下げる)
アイツに直接聞きます

……俺何しに…あぁそうだ
この後予定がある人は?

276 :ふくかん:04/04/14 01:34 ID:???
>273
 社会学的にもそんな統計が出てませんでしたか?
現場においてコアとなる「働き者」はほんの少しで、あとはたいていの場合、
そういう人の指示を聞いてのんべんだらりと働くだけの「怠け者」、
言い換えるなら、「労働するだけの人」ばかり。
 で、面白いことに、こういう「働き者」がいなくなると、いままで働かなかった
人の何人かが自然と「働き者」になって、他の人を使い出すんだとか。
 軍隊風に言えば「たとえどんなに無能だろうと指揮官がいないよりはいたほうがいい」
ってことになりますかね。

277 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/14 01:39 ID:???
>274
でしょ?
むしろ、対等に張り合う余裕すらなく瞬殺されかねない。
MSパイロットとしての器は、そう言うファクターも問われる事を何度説けば憶えてくれるかなぁ……

>275
分かれば宜しい。
(何故か嬉しそうに偉そうに鼻息を飛ばす)

……後で、詳細は送るよ。僕の稚拙な予測なら、君も手札の一枚になるからね。

>276
蟻さんと蟻さんがゴッツンコ理論でしたっけ。
変なフラクタルもあるもんですよねぇ〜

いや図形じゃないからフラクタルじゃないですけど。

278 :グェネビア:04/04/14 01:40 ID:???
>275
 あ、アズフィートさ・・・・・・
(めがねはけーん)
 あ、リーディスさん!
 あの・・・・・
(ふくかん横っ飛び。グェネビア拉致)
(ふくかん逃走)

 あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

279 :茶髪:04/04/14 01:41 ID:???
>275
…じっくり休む所…かな…。

>277
今回こそは…覚えますよ。

今は…それが絶対に必要ですから。自分の為にも…
…教官たちの負担、少しでも減らす為にも。

280 :ふくかん:04/04/14 01:44 ID:???
>277
 心理学の発展は、人間の精神パターンが類型的なものであることを
解き明かしましたからね。
 人間はいわば式。ならば、目には見えなくても秩序だった図形のごときなにかが
やはり描き出される。
 まさに、フラクタル。そういうことですかね。

 というわけでいらないタイミングでいらない発言をなされてはこまるので
ちょっと拉致監禁してきます。

ノシ
(今度こそ逃亡)

281 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 01:45 ID:???
>274
あのね?痛いときは痛いって言ってくれないと、後々まで余計に苦しむよ?(ストレッチ終了)

確か、痛いのをこらえっぱなしでいると体が痛みを覚えて、ダメージがいえても痛いまんまになるって話。

282 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 01:46 ID:???
>277
(片目を閉じて)
了解、いずれ動くってことですか

>278
あ、グェネ……ってオイ!
……あの人あんなに足速かったのか…(呆

>279
心配するな、お前はハナからカウントしちゃいない

だとするとやっぱり一人か……ま、そっちでもいいかな

283 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/14 01:56 ID:???
>278 >280
「あーーーーーーーーーーー」

…………………………(呆然と見送る)

>282
(ふくかん達を見送って)
…………まぁこう言う状況だからイロイロと水面下だけど、
いずれ、そう遠くないうちに動くよ。

>279
そう。なら君は、また一歩を進むだろうね。
そうしてくれないと、僕が説いた意味が無いんだけどさ〜


さて、胃が痛いので部屋戻ってるね…………(仕事はどうした

284 :茶髪:04/04/14 01:58 ID:???
>281
……声あげるほど痛くもないから。
(あっさり言ってのける。)

>282
…それならカウントされるようになるまでだよ。
(ニヤッとちからない笑いを。)

>283
…………。
(見送る。)

285 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 02:07 ID:???
>283
(自分の右手を見ながら)
…俺もそんな気がします

>284
(再び剣無しの正眼の構え)
……寝かすぞ、本気で(ニヤ


286 :茶髪:04/04/14 02:12 ID:???
>285
……今は無理だけどね。…じゃ。
(ゆっくりと立ち上がって自室目指して歩いていく。)

287 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 02:17 ID:???
>283
ご苦労様です。
>284,286
あ、そう。やっぱ本職にやってもらわないと駄目かな?(いや、痛くするのが目的じゃあるめぇ)

288 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 02:18 ID:???
>286
おう、しっかり寝ろよ

>287
あ、そうだ
お前何か格闘技やってたよな?

289 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 02:29 ID:???
>288
うん?やってるけど……入門したいの?ならMF科にはいってパパに習うほうが確実だよ?

290 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 02:32 ID:???
>289
あ〜、そんな専門的にやりたいわけじゃねぇよ
ただな、俺の行く道のためにちょっとやっときたい程度のモンなんだ
…基本だけでいいから教えてくれないか? ムシのいい話だとは思うけどさ

291 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 02:39 ID:???
>290
基本ねぇ……『どれ』の基本?

うちの八極螳螂拳は李氏八極拳を中心に六合・七星・八歩・秘門の各種螳螂拳、八卦掌、通臂劈掛掌、秘宗拳、心意六合拳などなどの技法を取り合わせ、
無手のみならず兵器を取っては八極大槍に昆吾剣、まず何を教えるかもその生徒がそれまで何をやっていたかで随時換えるし……
(実際の大内八極拳(台湾総督府の護衛の為の部門)でこのような可塑性の高いシステムをとっている)

で、何をやりたいの?

292 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 02:43 ID:???
>291
……Ok,何が何やらさっぱりだ
とりあえず俺が今やってるのはグレイ教官に教えてもらってる剣術、日本風か
それを参考にして、素手で何かあるか?
無いなら敵を効果的にスタン、特に気絶させるやつとか

293 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 02:49 ID:???
>292
う〜ん、うちは中華系だからね、日本刀の技法に共通する物は無いなぁ。
むしろさっちゃん(海賊娘)の大東流のほうがいいかも?

スタンてのは素手でってこと?そうでないならスタンガン持ったほうが早いからねw

…………パパならそういう点穴を知っているのかな?(彼女はまだそこまでやってない)

294 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/14 02:54 ID:???
>293
…んなみもふたも無い(汗

とりあえずイロイロ参考にして考えるさ
じゃあな
(そのまま部屋を出て行く)
……なんか忘れてるような…


295 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 02:56 ID:???
>294
んじゃね〜〜(自分はシミュにかかる)

296 :茶髪:04/04/14 22:41 ID:???
(天馬で…軽装で食事をとっている。…が、雰囲気は…妙に緊張している。)


297 :少年忍者 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 22:48 ID:???
(ぶらりと天馬に来た)
>296
あ、こんにちわ。

298 :噂好きの女伯爵:04/04/14 22:48 ID:???
(フラリと天馬に入っていく)

……ふぅ〜。疲れました〜〜。
なんだか、あっちもコッチも問題山積みですねぇ♪

あ、「今日のおすすめケーキセット」をお願いしま〜す♪

(テーブル席について、へたり込む)

299 :茶髪:04/04/14 22:50 ID:???
>296
……やぁ。

>298
………たまには、朗報も聞いてみませんか?
(付近の席についたのをいい事に…相手にしか聞こえない程度の小声で呟く。)

300 :土蜘蛛 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 22:53 ID:???
>298
(いつものように外の席についたと思ったらノートPCを持ってやって来て)
あの、北米のほうから『食事について会長が体質・宗教その他の理由で食べられないような物はありますか?』と問い合わせが……何かありましたか?

301 :噂好きの女伯爵:04/04/14 22:57 ID:???
>299
(ジト目で茶髪をチラリと見て)

……今の状況で、茶髪さんから朗報って……何ですかぁ?

(信じてない、というか、「どうせ悪いニュースでしょ」とでも言わんばかりの眼つきw)

>300
……はいいぃ? 北米からぁ?

……エラい人とのお食事は喉を通りにくい、とでも答えておきますかねぇ。
あとは、ニンニクは嫌い、乙女の生き血が好き、とか。
……冗談ですよぉ、もちろん♪

(はっきり言って不真面目な態度。きっとビジネスランチなんて真っ平、とでも思っているんだろうw)

302 :茶髪:04/04/14 23:00 ID:???
>301
………サハク派に組みしていない側のモルゲンレーテで…今実質トップを
飾ってるも同然のシモンズ主任より…非公式の会談要請…らしいです。
(…ジト目に困った表情をしつつも。)




303 :噂好きの女伯爵:04/04/14 23:08 ID:???
>302
オーブの片方、ですかぁ。
……あの国も、今大変なトコですからねぇ♪

わかりました♪ 時間が合い次第、お受けしますよぉ♪
……なんで茶髪さんが、「会談要請『らしい』です」なんて曖昧な話になるのかが分からないですけど☆

304 :土蜘蛛 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/14 23:10 ID:???
>301
じゃ、『特に無し』って事で返答しておきます。(その場を離れる)

(そしてホワイトハウスでは……)
大統領「そうですか……ミネバ閣下の方からは?」
秘書官「いえ、まだです。まあ、鶏肉が食べられないと言うことは無いと思いますが」
大統領「アレルギーとか言われたら折角の準備が台無しですからねぇ……」
秘書官「それと、ご注文の日本酒、期日には現地に届くそうです」
大統領「うむ、よしよし」(軍鶏に餌をやりつつほくそえむ)

305 :茶髪:04/04/14 23:14 ID:???
>303
あ…あまりにいきなりな上予想してなかった事態でしたから…。

…………あと…伝える事、それだけじゃないんです。
(小声で。)
会談の進み具合次第では…オーブとは関係なく…オーブ側のモルゲンレーテが
企業の仮想敵でなくなる…らしいです。

…これが意味する所、僕には「ありえない選択肢」しか思いつきませんけど…。

306 :噂好きの女伯爵:04/04/14 23:20 ID:???
>304
何を考えてるんでしょうかねぇ、北米の人たちも……(ため息

>305
「ありえない選択肢」ですかぁ?
……あたしには、「当然いつか辿り着く所」が、予定よりも早く来たって感じなんですけど☆

もーちょっと、アスハさんたちが頑張ってくれると思ってたんですけどねぇ♪
いや、それとも……好戦派のみなさんが危機感持っちゃったのかな?
確かに、噂に聞くサハクさんのみなさんの性格考えれば、ありえますからねぇ……

(何やらブツブツと独り言を呟く)

307 :茶髪:04/04/14 23:28 ID:???
>306
……まぁ、そっちからすればそうでしょうけど…。

…僕とかからすれば予想外もいい所でしたからね…。
何時の間にか穏健派に厄介になる事になるのは。

…他の人が企画、実行したのならイザという時は
モルゲンレーテから抜けて済む話ですけど…
エリカさんとなるとそうも行きませんから…。


308 :噂好きの女伯爵:04/04/14 23:30 ID:???
>307
(茶髪の言葉を半ば無視して)

問題は、モルゲンレーテのどれくらいの部分がエリカ・シモンズについてくるか、ってことですねぇ。
CE系世界の独自技術、どれくらいが『保護』できて、どれくらいが『流出』しちゃうのか……。
世間に流出した『モノ』次第では、世界情勢さえ変わりかねませんしね♪

309 :茶髪:04/04/14 23:34 ID:???
>308
確かに…。

………その辺、詳しい事は僕ですら知らされてませんからね…。
直接聞いて頂かないと…。
(流されたのを余り気にせず、呟く。)

310 :Z乗りの教官@重傷:04/04/15 00:05 ID:???
(松葉杖を付きながら天馬に入店)
コーラ一つ、なのだよ

>308>309
むぅ、見ない顔が見た顔と会話中
何話してるのだよ〜?
(急に顔を出す、タンクトップにフライトジャケットを羽織った年齢不詳の金髪)


311 :噂好きの女伯爵:04/04/15 00:11 ID:???
>310
あ、どうも〜♪
第二養成所の教官さんですねぇ♪
そういえば、直接お会いするのは初めてでしたっけ? はじめましてぇ☆
あたし、第一養成所の通信科の生徒でぇす♪ ちょっと休学中なんですけど☆

(愛想良く挨拶する割に、自分の正体を語らない奴w)

312 :茶髪:04/04/15 00:13 ID:???
>310
こんにちわ。

……将来についてです。
(上手いのか上手くないのか微妙なぼかしかたでぼかす。)

313 :Z乗りの教官@重傷:04/04/15 00:17 ID:???
>311
ほうほう、第一の
ところでお名前は何というのだよ?
あ、ちなみに私はリリィ・ハルジオン
(胸を張って自慢げに)
空をこよなく愛するZ乗りなのだよ

>312
む、相変わらずの秘密主義者な無敵属性君め
でもでも将来のことについて話すのは大事なことなのだよ

314 :噂好きの女伯爵:04/04/15 00:20 ID:???
>309>312
将来のこと……まぁ、そうですねぇ♪
って、「将来のこと」とか言うと、結婚でもするみたいな雰囲気じゃないですか☆
やだなぁ、もう♪

(オバカ丸出し発言)

>313
よろしくお願いしまぁす、リリィ教官♪
あたしはぁ、フロレンティナ・カルンシュタインっていいまぁす☆


315 :茶髪:04/04/15 00:22 ID:???
>313
……無敵なんて程遠いですよ。…まだまだ。

>314
……………あ。言われてみると…
(困ったような表情。こういう所こそ…天然型色ボケたる所以か。)

316 :Z乗りの教官@重傷:04/04/15 00:24 ID:???
>314
フロレンティナ・カルンシュタイン……どこかで聞いたことがあるような…
……(考え中)

ま、思い出せないなら問題ないのだよ
よろしくなのだよっ!
(サムズアップ)

>315
……好き勝手TMSバカにした人間が無敵生物じゃなかったら
私は凹むしかないのだよ〜
(ヨヨヨ、と泣き崩れたフリ)

317 :茶髪:04/04/15 00:33 ID:???
>316
………そう言われても…困るんですけど…。


318 :Z乗りの教官@重傷:04/04/15 00:55 ID:???
>317
ぬぅ、言い過ぎたか…
で、言い訳無しで何の話してたのだよ?

319 :茶髪:04/04/15 01:04 ID:???
>318
……これは…言えません。流石に。
(当然というかなんというか内心焦ってる。)


320 :Z乗りの教官@重傷:04/04/15 01:05 ID:???
>319
むぅ、秘密主義者め
ところで体調はどうなのだよ?

321 :噂好きの女伯爵:04/04/15 01:07 ID:???
>316
よろしくです〜♪

>318-319
茶髪さんの故郷が、今、ちょっとアレですからね〜。
真面目な話、これからどうするんだろ、って話を☆
ちょっとヤヴァげな話も混ぜて、ね♪

(茶髪をフォローする噂好き。まぁ、嘘は言ってないが、この辺の切り抜け方はさすがに茶髪よりは慣れているw)

322 :茶髪:04/04/15 01:09 ID:???
>320
……大丈夫です。……もう。

>321
……。
(…ホント、どっかの誰かさんもこれ位演技上手だったら楽なんだけどね…。)



323 :Z乗りの教官@重傷:04/04/15 01:12 ID:???
>321
ん、茶髪君の故郷って何処だっけ?
(自分のTMS科の生徒以外のプロフなんか覚えちゃいない人←1)

>322
もう治ったの? 流石コーディネーターなのだよ
まぁ今は何処も大変だから、がんばるのだよ無敵少年

324 :噂好きの女伯爵:04/04/15 01:47 ID:???
>323
オーブでしたよ〜♪(あっさり言う奴)


(と、時計を見て)
ありゃ、こんな時間ですねぇ♪
そろそろ失礼しますね〜☆

(会計を済ませて天馬を出て行く噂好き。
 また、色々とお仕事があるのだろう……)

325 :茶髪:04/04/15 01:48 ID:???
>323
………は…はぁ。
(ジト目で見てから勘定を済ませて消えていく奴。)

326 :Z乗りの教官@重傷:04/04/15 01:50 ID:???
>324
オーブ……ああ、今クーデター中の(ポンと手を叩く)
またなのだよ〜

>325
む、なんか嫌な顔されたのだよ
それじゃ〜ね〜

(そうして残された一人でコーラを飲む)

327 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 01:53 ID:???
(茶髪の部屋のドアをノックする)
いるか? 俺だ

328 :茶髪:04/04/15 01:55 ID:???
>327
(終わって…部屋に戻って5分ほどしてノックが来る。
……少しして、扉が開くとその先は精密機械が山と積まれている部屋に。)
…何か…用?

329 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 01:56 ID:???
>328
相変わらず散らかってんな、片付けろよ……
(部屋に入って開口一番)
あー、約束覚えてるか?
ほら、俺に刀をくれるってヤツ

330 :茶髪:04/04/15 02:00 ID:???
>329
…ああ。…アレ?

あんまり高価な物は無理だけど…
(そのまま部屋に入っていく…。…少しして、そこそこしっかりした日本刀
を持ってくる。……部屋のパソコンが複雑な解読をオートでやっている。)
…所で…何に使うの?
(手渡しつつ。)

331 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 02:16 ID:???
>330
あ、覚えてたんか
軽く言っただけだったんだけど、よ
(刀を受け取り、鞘から引き抜いてみる)
何に使うかって言われると困るが……ま、決意表明のための小道具みたいなものだな
とりあえず騎士って訳じゃないが…持ってないとカッコつかないし

(刀を納め、祈るように目を閉じる)
誓おう「我、不殺の信念を曲げず」
「この約束を破るときには、空よ、我の上に落ちて我を打ち砕け。
大地よ、裂けて我を飲み込め。海よ、割れて我を巻き込め」

  ゲッシュ
( 誓 約
それは神代におけるケルトの騎士たちが印した、命にかえても守らねばならぬ約束
誰も殺さぬ騎士になると誓った男は、それを誓った)

(目を開けて)
ま、ゲッシュは本来こんな形じゃないんだけどな

332 :茶髪:04/04/15 02:20 ID:???
>331
……なるほどね…。
(ある意味、感心に近い表情で。)
…あ…そうだ。クレアさんの事…聞いた?

333 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 02:23 ID:???
>332
……いやまだだ、はぐらかされてる
何があったかは予想が付くがな
(黒い手袋に覆われた自分の右手を見る)

334 :茶髪:04/04/15 02:25 ID:???
>333
…助けるって言うなら…補佐はするから。死力を尽くして。

…主任への恩返しの為にも…ね。
(妙に真剣な口調で言う。)

335 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 02:29 ID:???
>334
上等
(右手を握り締め)
それに俺ならアイツの場所をかなり正確に探せるはずだ…
――キラ、今回の件にはデビルガンダムがかかわってるぜ


336 :茶髪:04/04/15 02:35 ID:???
>335
頼りにしてるよ。今回ばかりは。

…やっぱり?予想はしてたけど…。
(そこまで驚いてもない様子。)


337 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 02:39 ID:???
>336
…驚かねぇんだな(汗
クレアのことだから問題は無いとは思う
アイツはこういうことに関しては強いからな、グェネビアもこっちに居るし
だからって訳じゃないが、暴走するつもりは毛頭無いぞ、無断出撃とか
(ジト目で茶髪を睨む


338 :茶髪:04/04/15 02:43 ID:???
>337
………大丈夫。

こっちも暴走するつもり、無いから。
(その視線を堂々受け止めて。)

既に…補佐に徹する為の戦略、装備もしっかり練ってるし…ね。
(握られた手を握り返す。)



339 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 02:46 ID:???
>338
わかってるじゃねぇか
ま、アズフィード教官やフミ教官はそういう作戦に関しては
――悔しいことに――一流どころだ
とりあえずはあの2人の支持待ちで構わないだろ
それまでは個々の力を練るしかないさ
(左手の鞘に入った刀で自分の肩をポンポン叩く

340 :茶髪:04/04/15 02:48 ID:???
>339
………そうだね…。

(少し経って…言う。)
…ねぇ…一戦、交えてみる?

341 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 02:56 ID:???
>340
一戦…シミュでか?
(時計を見て)
やるにしたって時間が遅すぎる、明日か、じゃなきゃ次の機会にしようぜ
ところで
(部屋のパソコンを見て)
さっきからやけに五月蝿いけど、何やってんだコイツ

342 :茶髪:04/04/15 03:00 ID:???
>341
…あ、そこまで時間回ってたんだ…。
(そこそこ驚いている。)

…………まず、アッチのが戦闘の解析、向こうのがOSの動作確認、
それでそっちが…(まぁ、戦闘関連に必要な様々な事を
分担してやらせているといった所か。…それにしても…
どう見ても設備が小規模な会社クラス以上である。)


343 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 03:03 ID:???
>342
……もうこのレベルだと個室じゃ足りないな
つうか遣り過ぎだ、なんか熱いと思ったら…
養成所内にもイロイロあるだろ、施設とかよ!

344 :茶髪:04/04/15 03:06 ID:???
>343
一応はギリギリで足りてるけど…。
(苦笑しつつ。)

…あんまり人に見せられないデータとかも…扱ってるからね。
それに…自前のも持ってきておいたほうが何かと便利だし。
(それにしてもやりすぎである。)

345 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 03:14 ID:???
>344
いや、本気で熱暴走かますぞ、コレ
機会があったら俺の部屋に半分もってこい、あいにく俺の部屋は何にも無いからな
…自慢じゃないが、お前が何者かはわかってるつもりだからな

346 :茶髪:04/04/15 03:17 ID:???
>345
………大丈夫だって。…もうすぐ冬だから。

…それに…持ち出すの、かなり時間かかるし…。
(途中、パソコンからひときわ大きい電子音が。)
…あ、ゴメン。…ちょっと忙しくなるから。
(さっさと戻って高速タイプ開始。)

347 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/15 03:21 ID:???
>346
ああ? そのときは俺が手伝うに決まってるだろ?
まったく、お前も一人で抱え込むなよ
――ダチなんだからたまには頼ってくれてもいいんだぜ
(言い放ってそのまま出て行く)

348 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/15 21:22 ID:???
(一方シミュレータ室にて。
 一人の男が室内のベンチに腰掛け、休憩を取っている。)

349 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/15 21:26 ID:???
かぁ〜、書類整理は疲れるな〜
(暇そうにあくびをしながらシミュレータ室に入ってくる)

350 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/15 21:26 ID:???
(スミマセン、>>249はついてない男のセリフです(汗))

351 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/15 21:27 ID:???
(またもやミス(汗)>>349でした)

352 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/15 21:29 ID:???
>349
(部屋に入って来た男に視線を送る。
 その顔を見ると、椅子に座ったまま微笑む)
書類整理ですか、お疲れ様です教官。
ここへは、気晴らしか何かで?

353 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/15 21:32 ID:???
>>352
ガイアに居た時は書類とか適当にしてた紋だから慣れなくてな・・・・・・

気晴らし?モチ、OKに決まってるだろ!

354 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/15 21:37 ID:???
>353
お互い、慣れない仕事をするのは辛いですね。
(苦笑しつつも、手に持っていた紙コップのお茶を飲み干す)

そうですね…では、やりましょうか。
手加減は余り効きませんよ?
(直も苦笑しつつ紙コップを投げる、紙コップはゴミ箱へと消える)

355 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/15 21:43 ID:???
>>354
少しは手加減しろよ。
俺の機体は武装がそんなに派手じゃないんでな・・・・・

ただし、頑丈だがな。

356 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/15 21:46 ID:???
>355
人間、たまには自分の持てるだけの実力を発揮するべき
ですよ、そうで無ければ…確実に腕は腐る。

えぇ、こちらも機体のランクは下げます、フィールドは何処に?

357 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/15 21:51 ID:???
>>356
ま、MSはパイロットの腕が命だ。
腕を腐らせるのは良くないな。

そうだな・・・・最近、地上戦ばっかりだったんで宇宙にしたいな。

358 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/15 21:56 ID:???
>357
せめて、機体の性能を活かしきれるだけの
腕は維持しないとそれこそ話にならないです。

それでは、衛星軌道辺りで良いですね。
始めましょうか、こちらはベルガ系の機体でも使います。
(立ち上がると、手近なシミュレータに入り込み準備開始。)

359 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/15 22:01 ID:???
>>358
技量維持か・・・・・・マスターチーフ、技量維持に躍起だろうな・・・・・

ベルガ系か・・・・ありゃいい機体だ。
俺のポンコツも頑張ってもらうか。
(あくびをした後、シミュレータに乗り込みセットする)

360 :物静かな教官@ベルガ・ギロス ◆DkiyhL22xI :04/04/15 22:07 ID:???
(地球衛星軌道上、デブリもちらほらと見えるそこに
 現れる黒いMS。
 コスモ・バビロニア 指揮官用MS ベルガ・ギロス。
 コスモバビロニア建国戦争の際、「黒の部隊」にて
 使用されていた機体のソレとは微妙に違う配色は、
 黒と灰のツートンカラー、この男の趣味だろうか。)

……さて、先ずは様子を見させて貰おうか………
現状では…情報面でこちらが不利………
(手近なデブリに張り付き、息を潜めるベルガ・ギロス)

361 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/15 22:15 ID:???
(物静かに少し遅れて現われるGM系MS・・・・・
RGM−196「フリーダム」
「ガイアの光」事件においてガイア側の主力として活躍した旧型機だ。
若干の改造と追加装甲で多少ゴッツクなったこの男の専用機だ)
さてと・・・・・・まずは索敵からだな。
(その場から動かす、高性能のセンサーで辺りを探り始める)

362 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/15 22:22 ID:???
>361
(まだお互いにその形跡を辿る事は出来ない。
 ちらほらと点在するデブリが、地味かつ確実にセンサー類の
 妨げになっているのだ。)

このままでは後手に回るか………
……待つしか、無いか。
(掴んでいたデブリに張り付いたまま、
 その特徴的なツインアイにより周囲を目視警戒し続ける。)

363 :茶髪:04/04/15 22:23 ID:???
(…二人のシミュレートバトルが始まった少し後にシミュレーターから出てくる。)
…やっぱり、アグニの…かなりの高火力の割に連射性能もしっかりしてる所、
使いようによってはかなり使えるみたいだね…。

…実力の切迫した相手との一騎討ちでは弱いけど…対多数とかだとかなりいい性能発揮するし…。
(軽く体をほぐしつつ、教官達の勝負を観戦している…。)


364 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/15 22:29 ID:???
>>363
(このデブリの量ではセンサーがまともに探知できず)
チッ・・・・・探りいれてみっか。
グレネードはっと・・・・・
(左手でグレネードを掴み、ゆっくりとした動作で放り投げる。
一分後、フリーダムから十分離れた場所で爆発が起きた)

365 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/15 22:34 ID:???
>364
(爆発を探知するベルガ・ギロスのセンサー、
 ノーマル機と性能の変わらないこの機体でも
 充分捕らえられる距離だった)

………この状況で爆発……………エサか………

…食いついて来い…。
(デブリの蔭から飛び出し、ランサー内蔵
 四連装ヘビーマシンガンの弾丸を爆発の起こった一帯に
 バラ巻く。
 その間、ベルガ・ギロスは高速でデブリ帯の中を移動し続ける)

366 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/15 22:41 ID:???
(ぶらり、気まぐれに入ってきた)
>363
(軽く頭を下げて挨拶代わり)
>365-366
地味な展開だな、こりゃ。

367 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/15 22:42 ID:???
>>365
『PIPIPI・・・・・・』
居やがったか・・・・ベルガ・ギロス・・・・・
餌だってのは分かるらしいな・・・・・・正攻法で行くか!
(ベルガ・ギロスを探知、フルスロットルでデブリの間を突き進んでいく・・・・
その速度は素早く・・・・・・・・ジャベリンの5倍近い推力が機体を加速させていく)

368 :茶髪:04/04/15 22:42 ID:???
>366
……メタル…ドールズ…。
(微妙に警戒してたり。)

369 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/15 22:47 ID:???
>368
……?どした?(ドールズとか言う以前にサイボーグが警戒されるのに慣れている)
別に取って喰うとか人間性が足りなくて発狂したりとか、ましてやニンニクと銀の十字架が苦手とかないから安心しろぃ。

370 :茶髪:04/04/15 22:52 ID:???
>369
…その代わり拉致とか監禁とか洗脳とか解剖とかはするんですよね?
(ごくごく自然に言ってのける奴。)

後…大蒜(ニンニク)や銀の十字架が苦手なのはむしろ
フロレンティナ伯爵の方じゃないですか?
(結構棘があります。今の彼。)

371 :物静かな教官@ベルガ・ギロス ◆DkiyhL22xI :04/04/15 22:53 ID:???
>367
(高速で接近する熱源を感知する。
 デブリではあり得ない熱量、即ちーーー敵。)

…上手く釣れたな?
まずは…調べさせて貰おうか、好運の受難者よ。
(既にこちらは推力の限界まで引っ張っている。
 …がしかし、デブリ帯を突き進んでいる事を考えれば
 それは驚異的な事だ。
 それを可能にするのがベルガ系の機体が背部に装備する
 シェルフ・ノズル。
 後のクロスボーン ガンダムのX字ブースターにも
 影響が見られる、当時のクロスボーン・バンガードの新技術だ。
 それによってもたらされる極めて高い運動性が、
 後の世代のMSにも対抗する事が可能な理由である。)

……俺の事を、只の近接戦闘が得意なだけと思ってはいないな…?
ならば、追って来い…!

(速度を緩める事はせず、直もデブリ帯を突き進む。
 その様相はまるで終わりの無いチキンレースを、
 ドラッグカーで行っている様な物だ。
 この高速でデブリに一つでも衝突すれば、
 お互い無事という訳にはいかないだろう………)

372 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/15 23:04 ID:???
>>371
見つかったな!
その動き・・・・・・いい機動性じゃねえか!
(こちらはデブリを掠めながらベルガ・ギロスと同じスピードまで加速していた。
ここまで急激な加速が可能な理由・・・・・・推進器系統にミノフスキードライブを応用した結果であった。
鬼ごっこか?いいね・・・・・・
(相手を追いかけていく)

373 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/15 23:04 ID:???
>370
そうなのか?(自分も金髪の拉致その他に立ち会っていたのは敷地の外あたりに置いておくリアル鉄面皮)

まあ、どっちにしろ俺は無宗教だから十字架なんてどうとも無いが。


…………美人に目がないんじゃなかったのか?『オーブの種馬』は。

374 :茶髪:04/04/15 23:07 ID:???
>373
………自分の胸に聞いてください。
(棘だらけである。)

誰の話でしょうか?
(さらっと受け流す奴。)

375 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/15 23:13 ID:???
>374
胸?俺の胸にか?(シャツをはだけ、心臓のあたりに張り付いた皮膚装甲部品の一部をはがして耳にあてる)
……特に何も言わないが。

まあ、俺の聞くところじゃ『手当たり次第に女に手を出しまくった挙句オーブにいられなくなりつてを頼って養成所に来た』って事なんだが……(部品を嵌めなおしつつ)

376 :物静かな…?教官@ベルガ・ギロス ◆DkiyhL22xI :04/04/15 23:14 ID:???
>372
流石に、ガイアは良い技術力を持っている………
…パイロットも、流石………
……では、これなら?
(高速移動しつつも進路前方にあったデブリの一つを
 ヘビーマシンガンで打ち抜く、それは何かの燃料タンクだった。
 小さいながら爆発が起こる、そんな中ベルガ・ギロスが
 減速すらせずに180、その場で旋回する。
 ーー機体強度の面は、混線後の技術で作られた物だと言う事や
 これが仮想空間上だという事で納得出来る、
 しかし、問題なのはパイロット、Gまで再現されている
 このシミュレータでそれ程の機動を行い)

行くぞ、加速はともかく運動性はどうかな?

(それでもこの男の体は、殆ど問題無いのだ。
 左腕でビームサーベルを抜き放つと、先程までと
 同じ様相でDGM-196へと斬りかかって行く。)

377 :茶髪:04/04/15 23:15 ID:???
>375
……比喩表現です。
(断言。)

……そんな噂は聞きませんけど…。
(何処まで噂話が飛躍すればそうなるんだろう…。)

378 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/15 23:19 ID:???
>377
比喩なのは分かってる、ただの受け狙いだ。

まあ、それはそれとしてもだ、噂ってのはだいたい何らかのきっかけがあるもんだ。心当たりはあるんだろ?

379 :茶髪:04/04/15 23:21 ID:???
>378
…は…はぁ。

……何の…誰の話でしょうか?
(無駄な抵抗と知りつつさらっと流す奴。)

380 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/15 23:24 ID:???
>>376
(爆発の中でも相手を見失わず)
かかってくるか!?
いい度胸だ!来い!
(こちらも左手でビームサーベルを引き抜き、相手に体当たりする勢いで突っ込んでいく。
無論、その間にデブリを避ける急激な機動があるのだがこの男の体は頑丈で多少は平気らしい)

381 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/15 23:27 ID:???
>379
ん〜〜何の話だったかな〜〜?キラ・ヤマト君。(とりあえず茶髪いぢりはこの辺にして画面に集中する)

382 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/15 23:30 ID:???
>380
……天性の資質、か。
(右腕のショットランサーを前に突き出して構える、
 ヘビーマシンガンが強力な弾幕を前方に展開。
 そして間合いに入ると同時に同時に左手に持つビームサーベルを
 右から横へと振り払い、そのまま下方から斬り上げるモーション)

383 :茶髪:04/04/15 23:30 ID:???
>381
…………。
(休憩は終わったといわんばかりにあっさり
無視してシミュレーターに入っていく奴。)

384 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/15 23:39 ID:???
>>382
しまった!?
うわ・・・・
(ヘビーマシンガンを避けきれずに次々に被弾して間合いに入る前に爆発。
辺りに白煙が広がる・・・・・・・だが、冷静によく見ればまだ撃墜扱いになってないのに気がつくだろう)

385 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/15 23:44 ID:???
>383
フン。(特に思うものも無く放置)
>384
……(ニヤ)……リアクティブアーマーか?

386 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/15 23:48 ID:???
>384
……………!?
(頭に浮かんだのは、開始前に聞いた台詞。
 確か相手の教官は自分の機体は頑丈だと言っていた筈。
 彼の戦績はある程度聞かされているが、それは間違い無い)
…ヘビーマシンガンとあれだけの斬撃程度で
教官クラスがそう簡単に落ちる訳が………!
(姿勢制御、ほんの少し離れる際に反動でショットランサーを
 構え直し、コクピット付近へと打ち出す。
 
 しかし忘れてはいけない、この状況で有効な装備がこれしか
 無いとはいえ、ベルガ系の持つショットランサーの発射には、
 僅かながらタイムラグがある事を………)

387 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/15 23:58 ID:???
>>386
(ショットランサーが打ち出されるのとほぼ同時に白煙の中から作動したままのビームサーベルが物静かの機体に飛んでいき、それを追う様に幾分かスマートになったフリーダムが飛び出してくる)
まだまだ!!
この程度はガイアじゃ日常茶飯事だ
(打ち出されたショットランサーを紙一重で避ける)

388 :物静かな…?教官@ベルガ・ギロス ◆DkiyhL22xI :04/04/16 00:06 ID:???
>387
やはりあの程度では落ちんか………
(投げられたビームサーベルは右腕に付き刺さり、
 ショットランサーの発射器を破壊する。
 だがしかし、左手のサーベルは未だ健在。
 その刃を、突進するフリーダムのコクピットへ突き出し………)







(画面暗転、ブラックアウト。
 ……過負荷の掛かり過ぎだろうか、物静かの
 使用していたシミュレータだけの電源が、飛んだ様だ。)

……………俺のやった事って……………_|~|○
(とりあえずシミュレータから出て、最初のベンチに腰掛けて
 OTでも解る程の欝気味なオーラをバリバリ発信中の
 26歳恋人持ち男性(教官職)の人間)

389 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/16 00:11 ID:???
>>388
ヤバ!
(コックピットにサーベルが突き刺さ・・・・・)
・・・・・・・・あれ?(汗)
落ちたのか?
(直前で物静かのシミュが落ちた為、拍子抜けする男が一人)


390 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/16 00:14 ID:???
(何時の間にかいなくなった)

391 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/16 00:14 ID:???
>389
(気を取り直して、苦笑しつつも
 手近な端末からシミュレータ内へと通信)
申し訳ない、こちらの方でエラー発生です。
後で事務の方で仕事が増えるな…………

…それにしても、流石ですね。
やはり、伊達では無いと言う事ですか。


392 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/16 00:19 ID:???
>>391
エラー発生かよ?

まあな。
混線前からMSに乗り続けてるから嫌でも腕が上がってくるもんさ。
お前さんもいい腕だ。
また勝負をしたいもんだ・・・・・

393 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/16 00:25 ID:???
>392
過負荷みたいですね…最近多いんですよ。

そうですか、貴方も本業でしたね…。
……俺は、まぁ………見て頂いた通りです、
こんな身体でも無ければ……出来ませんよ。
(自らを嘲笑する様な声色。
 しかし最後の一行だけは、全く感情の篭っていない、
 全く抑揚の無い冷たい声だった。)

えぇ、今度は味方として闘うのも良いでしょう。
それでは俺は失礼します、今日は良い訓練でした。
(回線が閉じる、そして部屋のドアが開いて、閉まった。)

394 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 00:28 ID:???
(天馬に入店し、カウンターに座る)
店長、カレー一つ
店長「……お前は本当に代行sy「何の話してやがる、さっさと作ってくれ」

395 :長髪の少女:04/04/16 00:31 ID:???
………。
(彼女、ただ…大人しく食事を取っているだけなのだが…はた迷惑な事に
妙に周囲のNTの感を騒がせるだろう。…その…秘められた物…の為か。)


396 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 00:33 ID:???
>395
(椅子を回転させて振り返り)
……なんか言いたいことでもあるのか、そこの嬢ちゃん
(妙に不機嫌な顔で言う)

397 :長髪の少女:04/04/16 00:35 ID:???
>396
…え…ありません…。
(微妙に怯え気味。……嘘をついている表情なのかは…かなり微妙。)

398 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 00:36 ID:???
>397
あそ
(出てきたカレーを食べるために、カウンターに向き直る)
(で、食べようとしたところで)
…だめだ、気になる
(再度振り返る)

399 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/16 00:38 ID:???
>>393
ああ、お疲れさん。
(物静かが部屋を出るとシミュレータから出てくる)
奴さん、強化人間って奴か・・・・・・・・
ま、人間には間違いないだろう。

さてと、腹減った〜〜
(こやつも部屋を後にした)

400 :長髪の少女:04/04/16 00:39 ID:???
>398
………。
(微妙に相手に怯えつつも…炒飯を食べている様子。)

401 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 00:42 ID:???
>400
(ハァ、とため息一つ)
しやぁない、食べるか
(振り返ってカレーを食べ始める)

402 :長髪の少女:04/04/16 00:48 ID:???
>401
(…少し経って…(食べるのはかなり遅い)彼女が食事を食べ終える。
…そして……勘定を済ませ始める……。彼女には悪意も何も無いのだが…
周囲のNTからすればかなり気になる存在…であるのは間違いないだろう。
どう見ても体も弱そうでパイロットなんて明らかに無理な少女が…
力の非常に強いNT…なのだから。)

403 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 00:52 ID:???
>402
(カレーを食べ終わってコーヒーで一服中)
ん、やっと食い終わったのか
(何だかんだ言って気になってたらしい)
(で、声をかける)
ちょいアンタ、どこのモンだ?

404 :長髪の少女:04/04/16 00:56 ID:???
>403
…何処…?…故郷は…覚えて無い……。
(怯えたような視線を向けて論点をずらす。)


405 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 01:00 ID:???
>404
……あ〜、ビビルな(汗
故郷じゃなくて、そのなんだ
民間人なのか、養成所の新入生か、じゃなきゃ別の勢力のヤツなのか
俺が聞きたいのはそういうことだ

406 :長髪の少女:04/04/16 01:03 ID:???
>405
あ…新入生…です…。…策敵課と通信課に…入ってます…。
(微妙に表情が緩み始めました。)

407 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 01:09 ID:???
>406
あ、それじゃしらねぇ訳だ、俺あの辺り行かないし
にしても今まで気づかなかったな……ま、イイヤ
俺は【メガネをかけた生徒】リーディス・S・ラザフォードだ
アンタの名前は?

408 :長髪の少女:04/04/16 01:12 ID:???
>407
……力…抑えてるから…。
それでも…ある程度近くならわかってしまうみたいだけど…。

あ…ティファ・アディール…です。
(よりによって本名名乗る大馬鹿ここにあり。)

409 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 01:18 ID:???
>408
ティファか…いい名前じゃねぇか(微笑
どこかで聞いたことあるけど気にしない方向で行くとして
…にしてもすごい力だな…この距離でもわかるぜ


410 :長髪の少女:04/04/16 01:20 ID:???
>409
…生まれた時から…持ってたから…良くわからない…けど…
皆そう言う…。
(怯えてたのが嘘のように打ち解けつつある。
…相手がそう悪い人間でもないと判断したようだ。)

411 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 01:23 ID:???
>410
生まれた時から…か
普通はそういうモンなのかねぇ、俺はかなり後からだし
(一方こちらはとっくの昔に警戒は解いている
 元々あまり人を警戒しない人間なのだが、それ以上に目の前の少女を気に入ったらしい
 ………彼はロリコンではない、本当に)

412 :長髪の少女:04/04/16 01:28 ID:???
>411
…それは………わからない…。
(素ではなしてるようだ。)
……………あ…そろそろ…見送り…行く…から…。
(そのまま外に向かっていく。…結構焦っている。)

413 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 01:29 ID:???
>412
ん、大丈夫か?
(声をかけながら席から立ち上がる)
店長「勘定は払えよ」
るせぇ

414 :長髪の少女:04/04/16 01:30 ID:???
>413
…はい…。
(そのまま去っていってしまう。)

415 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 01:38 ID:???
>414
じゃあな
(それから少しして、勘定を払って天馬を出て行く)

店長「まさかロリコンだとはな」
(ヘンな誤解をした男を残して)

416 :茶髪:04/04/16 01:41 ID:???
(シミュレーター室隣の休憩室。…又休みを入れたのか…
出前の丼物を食べつつゆっくり休んでる様子。)

417 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 01:44 ID:???
>416
(ディスクを持って部屋に現れる)
ぃょぅ、こんなところに居たのか

418 :茶髪:04/04/16 01:48 ID:???
>417
……まぁ…ね。

この時間帯は休憩室もすいてるし。
(食事は丁度終わった所のようだ。)

…そのディスクは?
(興味を持ったようで。)

419 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 01:51 ID:???
>418
まさかまた徹夜じゃあるまいな(汗
このディスクは……ま、新しい武器の暫定データってトコロだ

420 :茶髪:04/04/16 01:53 ID:???
>419
……まさか。
ちゃんと休んでるよ。

……君「も」…対DG用装備、考えてるの?
(こいつはコイツで考えてるようである。)

421 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 01:57 ID:???
>420
なら良かった
(ディスクをもてあそびながら)
コイツはフェンリル用の新しい装備だ、デビルガンダムは関係ねぇ
あ、対DG用装備は考えてない 考えるだけ無駄だからな

422 :茶髪:04/04/16 01:59 ID:???
>421
…まぁ……確かに…無駄だけどね。
やらないよりはマシな事しかできそうにないし。

…へぇ…。

見せてもらえる?

423 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 02:03 ID:???
>422
あんなのに普通の人類が抵抗できるかよ
抵抗できるとしたら養成所じゃ俺とクレアくらいだ、自慢じゃないがな
(言いながらディスクを渡す)
「アンスウェラー」それがそいつの名前だ

424 :茶髪:04/04/16 02:07 ID:???
>423
……確かに…
グェネビアのアシストなしにはアポトーシス作るのも無理だしね…。

しかも彼女は行方不明らしいからね。
(ディスクを受け取って観閲開始。)
……面白そうな武器…だね。
(興味を持っているようだ。)

425 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 02:17 ID:???
ttp://cat.oekakist.com/midoneko/dat/IMG_000698.png
ちなみにこんなの

>424
今回の件はそのクレアの行方不明がモロにかかわってるぜ
(鋭い目で見て)
アイツのことだから取り込まれてることは無いと思うが……できれば急いだほうがいいな

426 :茶髪:04/04/16 02:21 ID:???
>425
そこまで確信があるって事は…まず間違いなさそうだね…先日の君の話でも思ったけど。
(深い溜息をついて。)

………………南極の件以来薄々わかってたけど…
…どっかのお姫様の数倍無茶だね…彼女。


427 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 02:27 ID:???
>426
ああ、これは確信じみてる
伊達でニュータイプのDGキャリアーだと思うなよ?
(苦笑して)
どっかのお姫様、か
そういえばアイツも大変なんだよな
む、案外似たもの同志か?あの二人って

428 :茶髪:04/04/16 02:32 ID:???
>427
……なるほど。

…みたいだよ。エリカさん曰く下手に国内にいて慢性的な
暗殺の危機に晒しとくよりはこっちに逃がした方がいい…
なんて話してたからもうすぐくるとも思うけど。

……似たもの同士……かもね。…敵だった頃はともかく養成所に来てからは。


429 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 02:35 ID:???
>428
特攻姫の帰還ってことは……“アイツ”も帰ってくるのか
(ふと自分の右手を見て、握り締め)
俺はまだアイツと同じラインに居るのか……?
(そう独白する)

しかしあの2人が似てるって結論に達するとはな……
良く考えてみたらおんなじやつに惚れてんのか

430 :茶髪:04/04/16 02:41 ID:???
>429
…多分…ね。


…確かに…。今はクレアさんの方、、君に傾いてるみたいだけど。

431 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 02:43 ID:???
>430
クレアが俺に傾いてる? なんで?
ま、いいや
そろそろ行かなきゃな、ディスク返してくれ
(手を差し出す)

432 :茶髪:04/04/16 02:47 ID:???
>431
…さぁ…。…直接聞いた訳じゃないから理由はわからないけど…。
(その手にディスクを渡して。)
……いずれにしても…頑張ってね。そっちも。
(微妙な笑みを見せる。)

433 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/16 02:49 ID:???
>432
了解したぜ、マイフレンズ
(ディスクを受け取り)
それじゃな
(そのまま部屋を出て行く)

434 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/16 18:55 ID:???
(此処は養成所からやや離れた温泉。
 効能は新陳代謝の活性化…早い話が疲労・傷に効く温泉だ。
 連日の仕事の疲れを癒す為、仕事の後に
 来ている教官が一人)

………………………………………………………………………………

(何ともまぁ、女性向け同人誌受けしそうな光景ではある。)

435 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 19:02 ID:???
この時間に……誰かいるかな?

……ん、誰もいないよね。
(湯煙立ち込める暖かい空間。そこに入ってきて周囲を見回すと湯船に近づき、
 並々と張る湯水の水面に右足のつま先をちゃぷん、と浸す少女)

(ぶるぶる…っ)
ふぅ……あったかい…。
(徐々に身を浸してゆく)

436 :グレイ・ヴィクトリア ◆DkiyhL22xI :04/04/16 19:10 ID:???
(時刻は夕時、一面がオレンジ色に染まっている。
 やや高台にあるこの露天風呂からは、そんな景色が一望出来る)
>453
(水音、壁一枚の間しかない空間ながら、
 風の囁きに邪魔されて、聞こえるのはそれだけだ。)

…………(誰か、来たのか?)

437 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 19:20 ID:???
〔湯船の中を、(タオルで前を隠しながら)ゆったりと歩く〕

(腿の辺りまで感じるお湯の暖かさが心地よい)
(周囲を眺めてみる。塀の上には黄昏の景色。目を凝らせばヒコーキ雲。)

(なんだかすごくいいロケーションだなぁ、と思う反面、何か物悲しくなってきているアタシ。)
(そう思ってしまうと、なんだか心が寒くなってきた。お湯に…浸かってしまおう。)

(ちゃぷん…)

438 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 19:27 ID:???
(湯船に浸かりながら、風呂の中の岩へと背を預ける)


(空は黄昏色に染まっている、一筋だけやや暗く写る
 飛行機には、何か寂しさにも似た物を感じる気がする。)
(柄にも無い事を考えている、何時もは俺は、
 あの飛行機雲の先に居るというのに。
 感傷的になっているのかも知れない、俺は、何を……?)

(遥か黄昏の空を駆ける飛行機雲を辿る様に、湯から腕を上げる)

(ちゃぷん…)

439 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 19:35 ID:???
〔湯船に浸かりながら、風呂の中の岩へと背を預ける〕

(お湯はアタシに暖かった。…でも心はまだ少し冷たい。)
(なんでだろう?まだ中で燻ってる。)
(アタシは忘れないし、忘れられないコト。)

〔体操座りをして顔まで湯に浸してみる〕

(今、目の前に広がるのは明るい未来?それとも条件付の未来?)
(この後どうなるんだろう……ふと考えてしまう。)
(“何時も通り”、“これまで通り”……言ってしまえばカンタンかもしれない。)
(けど……)

〔顔を起こし、右手を天高く翳し、指の隙間から黄昏の空の向こう、遠い場所を見ようとする〕
(でも、もうあの子の笑ってる顔は見られない。どう足掻いても、どう否定しても…)

(ちゃぷん…)



440 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 19:47 ID:???

(紅い、空か。)

(綺麗だ、とても。
 ここまで幻想的な光景ともなると、色々な事を思い出す。
 この空と正反対の色の髪を持った女性の事、
 もう少し明るい髪を持った、大切な想いビト、似た様な色の
 機体に乗った人物も居た。

 だが直接、この「紅」で思い浮かべるのは二人だ。
 一人は、何時も不謹慎な笑いを浮かべた女だ、
 「紅」とは少し違うが、俺の記憶はそれすら問題にしない様だ。)

(それ以上に心配なのは、ある少女の事だ。
 俺の無彩色の髪とは明らかに違う、鮮やかな髪。
 歳の差は少々歳の離れた妹といった所だが、その人格は
 年齢等で推し量るのは間違っている物なのは解っている。)

(俺はあの子の為に、何でもしてやりたい。
 だが彼女は、未だ完全な状態では無いのでは無いだろうか?)

(それすら、わかってやる事が出来ないなんて)

(俺は、それが悔しい。)


………俺は………!



441 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 20:01 ID:???

(アタシには“道”が用意された。)
(突然だったけど、本当に嬉しかった。)
(それに応えなきゃ、と思う反面…………すごく、怖くなる。)

(こんなコト、あの人の前で言ってもしょうがないし…アタシのワガママなだけかもしれない。)
(言ってしまうことで、あの時のあの人の言葉を壊してしまうのも同じくらい…怖い。)

(アタシは……本当はどうしたいの?)
(あの人と歩んでく未来はとても暖かいに決まってる。)
(その暖かさが欲しい…アタシは、多分まだそれに似たものしか経験してないから…)

(でも……それもワガママかもしれない。)
(はたして、アタシだけがその暖かさを欲して良いのだろうか…?)
(ずっと、冷たいままになっちゃったあの子の事を考えると……アタシは“暖かさ”に手を出せないでいる。)

………アタシは………

442 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 20:08 ID:???

(俺は、受け身だ、何時の時も。
 愛する者との付き合いも、思い起こしてみれば
 俺から告白した訳では無い。
 何時だって何時だって、俺は他者の思惑に揺れて生きている。



 …グレイ、俺の名だ。
 YESとNOの中間地点、精神のグレイゾーン、
 嫌な所を現した名前だ………)

(俺は教官であり男であり、人間であると同時に父親か?
 本当にそうなのか?ひたすら受け身を取るだけの人間が?
 例えそうだとしても、俺は本当に無責任な奴じゃ無いのか?
 これは、俺のエゴなのか?)

……ヘルト……れ…………き………か…?

443 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 20:19 ID:???
――――――――アタシは……どうすれば良いんだろう?
〔涙が自然と出てきてしまう。
 重かった。少女に繋がれてしまった枷は、少女には重過ぎた。〕

>442
―――――――え?
(自分が背を預けていた物の後ろから、声が聞こえた気がした)

444 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 20:58 ID:???
(涙は出なかった、まだそれには早過ぎる。
 只々、空にかざした手の甲を、無言で見つめているだけだった。)

>443
ーーーーーーッ!?
(「迂闊な…誰だ…ッ!?」)

(不用意ながら後ろを振り向く、強い風が吹いた)

445 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 21:42 ID:???
>444
(振り向いた瞬間、一陣の強風が湯煙を攫って行った。
 そして…交差する視線と視線―――)

………そ…んな…?
(頬に残る雫を拭わないまま、目の前の男の顔を、ただ見つめた。)

446 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 21:46 ID:???
>445
(振り向いた瞬間、一筋の強風がーーー)

………な…っーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーー…ヘル…ト……………?

(余りの偶然、それに驚きを隠せない男の顔に、
 沈み行こうとする斜陽は紅い光を放ち続けている)


(「………聞かれたのか………!?」)

447 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 21:51 ID:???
>446
(視線が逸らせない。驚いた表情なのはお互いであり、何時も向けているあの笑顔が作れない。)

(考えが聞かれた気がした。自然と口がパクパクと開閉する。)

…………えっと……その………
(なんとか言葉を紡ごうとするも、これ以上は喋れそうも無い…)

448 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 22:02 ID:???
>447
(状況が状況だ、こちらも決して冷静とは言えない。
 それに考えてみれば、自分でも声に出したか解らない程の声だ、
 …とりあえず、理性はまだ生きているらしい、
 乳白色の湯に浸かり、自分は後ろを向く。
 幾ら歳の差があるとは言え、自分は男、
 そして目の前の少女は女なのだ。)

……済まなかったな、まさか居るとは思わなかった。
(後ろを向いたまま言う。
 参ったようだが、ヘルトの知っている優しい声だ。)

449 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 22:06 ID:???
>448
(気にしていたことは別のことであった。
 それ故に言葉が発っせなかったのであるが、相手の反応を見て)

あ…ぅ………!!

(ざぱ〜んっ)

う、うん……アタシも……かな。(ぶくぶく…)
(真っ赤になった顔を湯に沈めていく)

450 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 22:10 ID:???
>449
(湯気は風で消えている、辺り一面の空が見渡せる。
 後ろを向いたままで。)

…皆、此処には余り来ないからな。
しかし珍しい、ヘルトも一人か?
……まさか此処で誰かに会うとは思っていなかった。(…苦笑

451 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 22:12 ID:???
>450
独りになれるかな、って思ったの。
だから来たんだけど……


教官さんも?

452 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 22:19 ID:???
>451
…そうか………

………なら俺は、邪魔だったかな…何てな…
(直も後ろを向いたまま、質問には答えずに苦笑する。
 その表情はヘルトからは伺い知れないが、少なくとも
 その声色は先程と変わってはいない。)

453 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 22:22 ID:???
>452
え…?
ううん、そんなコト無いよ。
だから居ても良い…と思うよ。


………。
(いつもなら次々に自分で抑えられないくらい飛び出す言葉も今は出てこない……間が、切ない。)

454 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 22:30 ID:???
453
そうか……なら良いんだが…。

…俺は…療養だよ。
ここの所…ずっと働き詰めだったからな。
医者に相談したら、此処が良いと言われたんだ。
ここは、傷や疲労に効く…………そう言えば、
美容にも効くと言っていたな………
(ーーー楽しそうな声、である。
 内容は一見只の世間話に過ぎないーーーー)

455 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 22:36 ID:???
>454
そうなんだ……身体にはほんっとうに、気をつけてね?

…一番心配するのはテティスお姉さんなんだから。
あ、次にアタシだからね?
(控えめに言う)


そうなんだ…効能はどうでもいいかなぁ…アタシは。
静かで、風景が良くて、考え事が出来れば…何処でも。

でも暖かいのは、好き。

456 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 22:43 ID:???
>455
あぁ、体が動かなければ、皆を守る事も出来ないからな…
今は俺一人の体では無い、それは解ってる。
ーーーそうやって心配してくれるなら、余計にな
(確かに笑う、まんざらでも無い…いやむしろ、嬉しそうにだ。)


…確かに、その歳なら効能なんて気にしなくても良いか…。


あぁ、此処は暖かいな。

457 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 22:47 ID:???
>456
うん。

護る……か。
アタシは結局、護られてばっかり…かな?
(寂しそうな声)


暖かい。
(膝を抱えてちゃぷん、とより深く浸かる)
……でも内側はまだちょっと寒い…………寒いよ……
(呟く)

458 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 22:53 ID:???
>457
(空には既に、気の早いせっかちな星々が姿を現している。
 町の明かりも、文明の産物へと移り変わりつつあるーーー)

どうかな、気付くのは遅くとも…
自分の知らない所で、人は誰かを護っている物だ。
今自分が誰を守っているのか、
それを知るのも、それを知ってから維持するのも、難しいがな。



………寒い、か。
まだ………己の答えは出ていないんだな………

459 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 22:58 ID:???
>458
なんでだろう………
自分に素直になることがこんなに難しいなんて…思ってもみなかった……

光が欲しいのに…もっと、もっと…もっと!!
暖かくなりたい……。寒いのは、嫌い…
でも……アタシはそれを求めちゃいけないって、思っちゃう……
(言葉も切れ切れに紡ぎだす)

460 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 23:04 ID:???
>459
………………

(「……業、か…………」)
(業、葛藤、それは子供が背負うには重すぎる物だ。
 そう思いながら、背を向けたままの男は首だけを
 やや動かし、少女の言葉を静かに聞き続ける。)

461 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 23:11 ID:???
>460
―――これまで、一緒に歩いてきたから。
…アタシだけ良いのかな、って。

それだけだったらなんとかなったかもしれない。
でも………あの子を、フィンを…アタシは護れなかったクセに…
アタシだけ……暖かくなって良い筈……ない…っ

(いつしか小さな嗚咽が響いてきた)

教官さん、アタシは……――――
(願わくば包んで欲しい。少女は心の何処かでそう願っていた)

462 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 23:27 ID:???
>461
(それを聞くと、即座に答は帰ってきた。)
残された者が幸せになるのに、理由や免罪は要らないな、ヘルト。
もしそんな物が要るならば、俺は一体どうすれば良い?
幾多の者をこの手で殺め、幾多の仲間を救えなかった、
そんな俺が、こんな所で幸せに過ごしている事実はどうなる?
ならばいっそ狂ってしまおうか、これまでの幸せも全て捨てて。


違うだろ?
月並だがな…逝ってしまった者の事を想って
申し訳無い等と思うのは、結局そこで終わってしまうだけだ。
それで誰かが嬉しい思いをするのか?誰かが幸せになれるのか?
死んだ者が甦る様な奇跡が?それで誰かを護る事が出来るのか?


違うだろう、それで出来るのはただ悲しみに溺れ、
それ以上の悲しみへと逃げ続ける事だけだ、ヘルト。

俺にはそれが、手に取る様に解る。
昔の俺が、そうだったからだ。
(そう言って、体ごと振り向いた。
 その目尻には……涙。

 悲しかった、悲しいが故に、声も出さずに泣いていた。)

463 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 23:34 ID:???
>462
(いつの間にか、振り向いていた。男の背を見つめながら、止め処無く涙を流していた)


アタシ……そんなこと知らなくて……なのに教官さんは…っ
・・・・……グレイお兄さんは……っ


ごめん、なさい………アタシより辛いはずなのに……勝手なコト言って…!

(そして、じゃぶじゃぶと水を切る音。それが丁度静かに泣く男の前で止まった)

464 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 23:43 ID:???
>463
(…否、己の過去の境遇に泣いた訳では無い。
 己の過去の清算は、まだ現在に山程残されているのだから。
 目の前の少女は気づく由も無い…しかしそれで泣く事はしない。
 今は只、眼前の少女の事が悲しくて悲しくて、
 それをこれまで受け止められなかった自分が悔しかった。)

………俺の事は良い、俺はな…ヘルト…


俺は、お前の事が大事なだけだ、ヘルト。
(そして再び水音、それは男の前に居た少女の位置で止まった。)

465 :ヘルト・ヘンリー:04/04/16 23:52 ID:???
>464
―――え…?
(男の前で佇む少女)



でも…………………ううん、暖かい…。
(言いかけた言葉をかぶりを左右に小さく振って止め、
 頬にまだ涙の筋が残っている顔で、精一杯、感謝するように微笑む)

466 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/16 23:57 ID:???
>465
…そう、やはりヘルトは笑っているのが一番だ。

……あの子は、自分の目指した場所に行ったんだ、
笑ってくれた方が、きっと嬉しいと思う。
…勿論、俺もな。
(そこで、微笑んだ、とても親しみのある笑みだ。
 既に、涙は止まり、湯気に消されつつある………)

…今日は送って行こう、時間も遅い………

467 :ヘルト・ヘンリー:04/04/17 00:02 ID:???
>466
うん……忘れない、ううん、今でもアタシの中で…笑ってくれてるよ。
(胸に手を当て、最後の涙の雫が頬を伝った。目を瞑り、穏やかな顔で今もう一度約束をした。)

(アタシは、アタシが好きな皆の為にずっと、ずっと、微笑み続けるよ、と。)


あの………
(最後に話しかける)

468 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/17 00:08 ID:???
>467
…………あぁ。
(その様子を見つめ、満足そうに、小さく小さく頷く。)


………ん、どうした?
(もう一度微笑みながら)

469 :ヘルト・ヘンリー:04/04/17 00:11 ID:???
>468
(控えめに相手の手を握って)

アタシを………よろしくおねがいします、“お父さん”。

(そう言って華の様に微笑む。先程までの影さえ振り払うように、強く。)

470 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/17 00:17 ID:???
>469
………!
(唐突な返事に、一瞬だけ驚いた。
 しかしそれも一瞬、直ぐに視線は和らいだ)

……あぁ…ありがとう”ヘルト”
(こちらも微笑み返した、秋の風の様に爽やかに。)



……………そろそろ、行こうか。
(その後、空を仰ぎつつ言う。
 既に斜陽は没した、空はもう、明るい夜と言った方が
 正しい様な状態だ。)

471 :気弱な……:04/04/17 00:18 ID:???
(二人のいる温泉、男女の脱衣所の出口に佇む人影一人。
 風呂に入るでもなく、慌てるでも苛立つでもなく、静かに紅い空を見上げている……)

……ヘルトちゃん、か……。

(微笑を浮かべたまま、少女の名を噛み締めるように一人呟く。その声を聞く者はいない)

472 :ヘルト・ヘンリー:04/04/17 00:20 ID:???
>470
……うん♪

あ、でも、まだ正式じゃないからグレイお兄さんの良いかな?
(そんな事を言いながら一緒に浴場から出て行く)

473 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/17 00:24 ID:???
>472
それは又、後で手順を踏まないとな。
別に呼び方が変わっても、お互いが変わる訳じゃ無い。
(そう答えつつ男子脱衣所へ、着替え終えて荷物を持ち、
 出口へ入った所で………)
>471
……………………やぁ。(只、微笑む

474 :ヘルト・ヘンリー:04/04/17 00:29 ID:???
>473
(まだ少し湿っている髪の毛を風に揺らしながら歩いて出てくる)
うん、そだね、そうだよ。
(嬉しそうに同意する)

>471
……テティスお姉さん…?
(前方に立っている女性を見つめる)

475 :テティア・ミーネス:04/04/17 00:32 ID:???
>473
(グレイ教官の姿を見て、微笑む)

お疲れ様です、教官。
……盗み聞きするつもりはなかったんですけど、ね。

でも、ヘルトちゃん、元気になってくれたみたいで、よかったですね……。

(彼女のいつもの弱々しい微笑。
 物静かな教官がこの温泉に来ることを予想して、迎えに来たのだが……ヘルトがいたのは彼女にも予想外。
 「ついでだから私も入ろうかな?」と思って踏み込んだ女性用の脱衣所で聞いた全ての話。 
 しかし二人の会話を聞き、この場は自分の出番ではない、そう感じていた。

 あとは、自分が二人のことを丸ごと肯定してあげればいい、ただそれだけだと……)

>474
(そこまでグレイ教官に語ったところで、ちょうど出てきたヘルト。
 慈愛に満ちた微笑で彼女に微笑みかける)

こんにちわ、ヘルトちゃん。

あ、コーヒー牛乳、飲む?

(唐突に鞄から取り出したるは、二本のビン入りコーヒー牛乳。程よく冷えているw
 一本をグレイ教官に渡しながら、もう一本をヘルトに差し出す)

476 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/17 00:37 ID:???
>474
余り噂にはなりたく無いな…(苦笑
>475
済まない、待たせてしまったかな。
…あぁ…良かったよ、良かった……

あぁ、ありがとう。
(コーヒー牛乳を受取、微笑んでいる)

477 :ヘルト・ヘンリー:04/04/17 00:38 ID:???
>475
(驚きが予想以上に大きいのか、少しぽ〜っとしている)
あ……うん、ありがとう、ございます…。
(コーヒー牛乳を受け取るも、まだ目の前の女性の優しい微笑から目が離れない)

えっと、えっと…
(妙に改まってしまってらしからぬ緊張。言葉が中々出てこない)

478 :テティア・ミーネス:04/04/17 00:44 ID:???
>476
教官、あなたもあまり無理しないで下さいね。

(やさしい微笑み)


>471
(少しだけ屈んで、視線の高さをヘルトと合わせて)

私も、あまりできることはないけれど……

それでもこれからよろしくね、ヘルトちゃん。

(優しい微笑。
 職業柄、悲しみにくれる人、苦しみに苛まれる人にはよく接している。
 しかし、この笑みは、職業上の「優しさ」ではない。
 彼女が愛し、信じた人が受け入れた、愛すべき少女に対する「家族としての笑み」……)

479 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/17 00:50 ID:???
>478
勿論さ、もう本当に、俺一人だけの身体じゃ無い…
それは良く解ってる、安心してくれ。
(ヘルトへ向けるその微笑みを見て、
 思わずこちらも表情が和らぐ。
 そして視線は自然とヘルトへと向かう、
 その光景は………間違い無く…そう、「家族」の物だ。)

480 :ヘルト・ヘンリー:04/04/17 00:50 ID:???
>478
……うん、これからお世話になります。
………“お母さん”。
(少し恥ずかしそうに笑いながら言う)



本当に……暖かい。…暖かい…よ…。
(感極まる、というのか、それで少し涙目になってしまう)

481 :隻眼の生徒《27》:04/04/17 00:54 ID:???
(なぜか浴衣姿で、タオルを振り回しながら脱衣所の出口へと歩いてくる)
いい湯だったなぁ……また機会があったら……ん?

(そこで見知った3人の「家族」を視界に入れる
 ソレは暖かで、何よりも尊い風景
 その空気に入り込めるほどの無礼な者は…)

ウィッス! 皆さんおそろいでどうしたの?

(空気の読めない男←1)

482 :テティア・ミーネス:04/04/17 00:59 ID:???
>479
ええ、信じてますから……

(少し顔を赤らめながらも頷く。2人の「家族」に、優しい笑み)

(だが……)
>480
(「お母さん」の言葉に、さすがに少し表情が引きつる)


……ヘルトちゃん。
気持ちはありがたいけど……「お母さん」はまだちょっと……!

(顔だけは同じ微笑を浮かべたまま、脂汗。
 声には出せないが、彼女の脳裏をよぎったのは、
 「まだわたし処○なのに、母親ってのは……マリア様?!」
 いや、さすがに彼女の考えすぎなのではあるがw

 ……けれど、その口調にしても、ヘルトを糾弾するものではない。
 あくまで、冗談めかして。愛を込めたままで。
 「家族」であるからこそ言える、本音の言葉……)

483 :ヘルト・ヘンリー:04/04/17 01:03 ID:???
>482
あ、あははは…ごめんなさいっ(ぺこり
やっぱりアタシも恥ずかしいし、何時も通りグレイお兄さん、テティアお姉さん、にするね♪

>481
あ、えと、えーとこの時間は…コンバンワ、片目のお兄さん♪(愛称?)


484 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/17 01:04 ID:???
>480
………………
(この上無く嬉しそうな表情を浮かべる。
 …いや実際、幸せの絶頂なのだが)
>482
(無言でしっかりと頷くと、その様子を見守る。
 今は…「母親」との対面の時間だ…w)

>481
家族団欄って奴かな、皆で温泉にね。
…しかし、良く会わなかったな………(苦笑、幸せ物の数←1

485 :テティア・ミーネス:04/04/17 01:09 ID:???
>481
(唐突に訪れた邪魔者、しかし、それに怒ることもできずに困るだけなのが彼女の性格w)

え、えと、その、あの……。

(思わずどもりまで出てしまう)

>483
(ニッコリ微笑んで)

ううん、いいわよ、ヘルト。
今は、まだだけど……そのうち、時が来たら、ね。

(“娘”に微笑みかける。
 明るく元気で、でも繊細で優しい、愛すべき娘に……)

486 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/17 01:10 ID:???
>483
ようヘルト嬢、コンバンハ
(ニッと笑う)

>484
へぇ……えらく若い奥さんと、えらい大きな娘さんで
ま、いいや
俺は今までゲーセン行ってたんですよ、ほらそこの
(後ろを親指で指して)
暇なんで温泉来て、ついでだから服のクリーニングしてたんです
で、其の間暇だったからゲーセン行ってたら、ちょうど3人の姿見えたんで挨拶したんですよ

>485
にゃう、どした?
(いや、空気を読め)

487 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/17 01:17 ID:???
>486
まぁな……事情有りって奴だ。
あぁ、そういう事だったのか…
偶然も重なると凄いな……(再び苦笑

そろそろ、単車取ってきた方が良いか…………
ちょっと待っててくれ、直ぐ戻る。
(近くの駐車場まで向かい、五分程で戻ってくる
 乗ってきたのは…教官の私物のバイクだったりする。
 尤も、無理しても定員は二人までなので、押す訳だが…。)

488 :ヘルト・ヘンリー:04/04/17 01:20 ID:???
>485
うん、ちょっと…ドキドキする。

>486
あ、まだ友達以上ファミリー未満って感じで、その…うん、まぁそんな感じ。

>487
うん、いってらっしゃい♪

489 :テティア・ミーネス:04/04/17 01:22 ID:???
>486
ゲーセン、ですか……。

(曖昧に微笑む)

>487
そうですね、そろそろ帰りましょうか……


490 :隻眼の生徒《27》:04/04/17 01:23 ID:???
>486は隻眼です、馬鹿な私

>487
ま、偶然なんてのは重なりますから
ん、帰るんですか?

>488-489
あ、もう帰るのか、残念
俺は服乾くまで待つや

491 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/17 01:28 ID:???
>490
あぁ、今日はもう遅い、
二人を送って行かないとな。
それじゃ、又。
>488
>489
…さぁ二人共、それでは帰ろうか。
(二人に対して微笑みかける。
 …本当に、本当に嬉しそうな、良い顔だ。)

492 :ヘルト・ヘンリー:04/04/17 01:31 ID:???
>491
うん!♪
(再度笑い、バイクに跨ると大きなヘルメットをかぶってみるもすぐに外す)

>490
(´∀`)ノシ マタネー♪

493 :テティア・ミーネス:04/04/17 01:32 ID:???
>490
(無言で申し訳なさそうに会釈する)

>491
はい。
(穏やかな微笑のまま頷く。
 ……立ち位置的に、完全に夫を立てる妻の立場w)

494 :グレイ・ヴィクトリア:04/04/17 01:35 ID:???
>492
>493
よし、行こう…!
(そう言うと、バイクを押しながら歩き始める。
 
 …去りゆくその姿は、何処からどう見ても……
 幸せな家族その物だった。)

495 :茶髪:04/04/17 01:35 ID:???
(シミュレーター室の入り口付近の壁にもたれかかって休憩中…。
…両手で2つの端末を持ってそれを眺めて操作しているようだ…。)

496 :隻眼の生徒《27》:04/04/17 01:38 ID:???
>494
(それを見送りながら)
あの家族に大いなる幸と、少しだけの障害があらんことを
(楽しそうに呟いて、また脱衣場に入っていく)

497 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/17 01:48 ID:???
>495
(シミューレータ室の前に現れる)
……また今度は何やってんだ?


498 :茶髪:04/04/17 01:53 ID:???
>497
……反射神経の訓練…かな。
(端末…よく見ると、画面の8箇所のどこかが光り、光った場所に対応する
キーを早押しする…という単純明快なプログラムゲームである。)

499 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/17 02:01 ID:???
>498
またお前らしくない地道な訓練だな
(苦笑しながらシミュレータ室に入り)
いつぞやの約束でも果たすか?
(シミュレータに入っていく)

500 :茶髪:04/04/17 02:03 ID:???
>499
…まぁ…ね。

そうだね…。
(こちらもシミュレーターに入っていく。)

501 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/04/17 02:05 ID:???
【そんな幸せな連中とは対照的に、物凄い勢いで書類の山に挑み行く魔女が一人】

「……はふぅ……」

(アルフレッドさん、どうしているのでしょうか……)

「きゃあぁっ!?」

【物凄い勢いで書類の雪崩に飲み込まれ逝く魔女が一人。
 因みに本来、デスクワークは彼女の仕事ではないのだが……】

(おじ様……早くお供と一緒に戻ってきてください〜)

【企業軍NZ駐留艦隊は今日も平和であった】

502 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/17 02:09 ID:???
>500
(シミュレーター起動)
フィールドはそっちに任せた
(データ入力、使用MSはフェンリル、装備はアンスウェラー)

503 :茶髪@ストライク:04/04/17 02:13 ID:???
>502
……じゃあ…ジャブローで…
(ジャブローの森林地帯に姿を見せるストライク…。妙な点はパックが
M1型スラスターとその横に装着されたアグニらしきもの1門、
手持ちのアグニに腕のシールドだけという所である。)

504 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/17 02:19 ID:???
>503
(森林に降り立つ機械の人狼、その右手に装備されたのは報復者の名を持つ武装)
……行くぜ!
(フルスラストで樹をなぎ倒しながら接近しながら、アンスウェラーによるビームの3連射)

505 :茶髪@ストライク:04/04/17 02:22 ID:???
>504
………やっぱり…。
(3連射のうち最初の1つを回避、次の物を防御、最後の一つを回避し…
木を薙ぎ倒しつつコロ二ーに大穴をあける程の出力を誇るアグニを
高速三連射して後退しようとする。)

506 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/17 02:26 ID:???
>505
何ィ!?
(その出力の大きさに驚愕し、PBシールドを展開
 バレルロールで回避しようとするが)
くぅ! 流石に簡単にはやらせてもらえねぇか!
(左腕が吹き飛び、失速、だがそれでも前進を続ける)

507 :茶髪@ストライク:04/04/17 02:31 ID:???
>506
………え?…あんな簡単に?
(そのまま連射を続けているが…取りまわしの悪いアグニの為に狙いは
彼の普段に比べればそこまでいいとはいえない物になっていっている様子。)

508 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/17 02:36 ID:???
>507
のヤロオっ!
(地面に足をつけながらもさらに前進、熱が装甲を焼いていくが関係ない)
もらっ……
(そして接近、アンスウェラーを振るい、足払いの要領で切りつける)
……たぁ!

509 :茶髪@ストライク:04/04/17 02:41 ID:???
>508
……ちぃっ…!
(飛び退きつつアンチビームシールドで防ごうとするが…アグニの長砲身が祟って
あっさりアグニが破壊される。)

…仕方ない!
(アンチビームシールドに仕込まれているビームサーベルを展開、それを構える。)

510 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/17 02:47 ID:???
>509
はずした、だがっ!
(アンスウェラーを振り上げ、サーベルを持った腕を切り落とさんと振り下ろす)

511 :茶髪@ストライク:04/04/17 02:52 ID:???
>510
……残念。
(ビームサーベルでしっかり受け止める。)

…そう簡単には………ぇ?
(破壊されたアグニの爆発が原因なのか…発振されていたビームサーベルが
突然消える。…そのままシールドごと片腕を奪われ…)

…致命的弱点が見つかったみたいだね…。…実戦中じゃなくて良かったよ…。
(プラグアウトしたようだ。)

512 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/17 02:58 ID:???
>511
(シミュレータから出てくる)
えらく不完全燃焼な試合だったな…互いに
(苦笑しながら壁にもたれる)
なんにせよ…勘は戻ってるか…

513 :茶髪@ストライク:04/04/17 03:01 ID:???
>512
……アグニの使い勝手の悪さは心得てたつもりだけど…レベルの高い相手とやりあうと
ここまで厳しいとはね…。難しさ。再認識させられたよ…。

協力、ありがとね。
(すんなりと去っていく…。)

514 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/17 03:04 ID:???
>513
ま、巨砲主義もほどほどにしろってことだ

俺は残るわ、じゃあな
(見送って、シミュレータに再度入り込む)

515 :自称17歳の教官@ジムコマンド:04/04/17 03:39 ID:???
今畜生、一体なんで、ここまで表示マップと違うんだよ、地下!

(地上と地下のマップを連動するようにした結果…
アグニの流れ弾で、落盤が起きた個所があったもよう)

516 :茶髪:04/04/17 21:37 ID:???
(天馬で…OS関連の設定でもしているのかタイピング中。)

517 :ふくかん:04/04/17 21:49 ID:???
>516
 なーにやってるですかー?
(ひょい)

518 :茶髪:04/04/17 21:51 ID:???
>517
……ワわ…ッ…。
(かな〜リ慌ててます。………タイプの方のペースもかなり乱れてます。)

…あ…ちょっと、例のストライクのOSの理想形の摸索を…。

519 :ふくかん:04/04/17 21:53 ID:???
>518
 ?
 なんでそんなに大慌てリアクション?

 ま、いーですけど(画面を覗き込んで)

 理想形ってどんなかんじの?

520 :茶髪:04/04/17 21:57 ID:???
>519
(画面。………アグニ二本装備のストライクの映像と、それの解析が同時進行してたり…。)

…主に…取り回しの悪いアグニでの照準をもう少しつけやすくするのが狙いですね。
デスアーミーとかなら幾らでも倒せるでしょうけど、大物相手にはちょっと
厳しいですから。
(……映像。…彼自身は気がついていないが…一瞬、ビームサーベルを振っていないのに
ビームライフル弾が切れるという現象が目に映ったような気がするはずだ。)

521 :ふくかん:04/04/17 22:04 ID:???
>520
(?)
 あれ?いま。
 
 ・・・・・・?
(首をかしげる)

522 :茶髪:04/04/17 22:05 ID:???
>521
…どうしました?

523 :ふくかん:04/04/17 22:10 ID:???
>522
 あー。ライフル弾が切れてましたよね?今。
(もしかして・・・・・・?)


524 :茶髪:04/04/17 22:14 ID:???
>523
………ぇ?

…まさか…。
(そこで解析側を中断。映像を少し戻してスロー再生をする。相手に突撃していく途中、
相手が放ち…こちらが…回避したビームライフル弾が、無造作に持たれていたビームサーベルに
偶然当たり、切裂かれる映像が映った。)


え…?…何…で…?
(かなり驚いている様子。)

525 :ふくかん:04/04/17 22:16 ID:???
>524
 ・・・・・・

 なるほどねー。面白いですね、これ。
(楽しげに眺めている)
 思わぬ方向に最適化されたみたいですねぇ?

526 :茶髪:04/04/17 22:19 ID:???
>525
…まだ…原理とかはわかりませんけど……少なくとも…
かなりいいデータが入ってたみたいですね…。
OSが原因なのかすらわかりませんけど。

それと……教官がいなかったら見逃してましたけど。


527 :ふくかん:04/04/17 22:25 ID:???
>526
 ・・・・・・
 ナチュラルでオールドタイプなあたしに負けてどうするんですか
コーディネーターのあなたが。
(とりあえずつっこみ)
(ま、なんにしてもすこしおもしろいものをみせてもらいましたねぇ。
 ・・・・・・おもしろいことができそうです)

528 :茶髪:04/04/17 22:29 ID:???
>527
……経験の差じゃないですか?やっぱり。

それにしても…今後が楽しみですね…色々と。
(意味深な事を呟きだす。)

529 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/17 22:43 ID:???
>>527>>528
(暇そうに入店)
よ!
何してるんだ?

530 :???:04/04/17 22:44 ID:???
・・・・・・無謀ではないかな。貴様らと同じ過ちをわれらに犯せと?

・・・・・・ええ。そうですわ。
しかし・・・・・・勝利によって得られるものは、間違いなく・・・・・・
大きい。強力なガーディアンをあれほど配置してある拠点が、無価値である
はずが・・・・・・ないでしょう?

 ・・・・・・偽装は施した。それに、貴様らの協力もある・・・・・・
 だが・・・・・・無謀なようならば。こちらは、退かせてもらうぞ。

 ご随意に♪

531 :ふくかん:04/04/17 22:45 ID:???
>529
 食後の暇つぶしなのです。

ノシ

532 :茶髪:04/04/17 22:48 ID:???
>529
…(略)からの(略)(中略…)
(OS面の複雑な専門用語のオンパレードで答える。…OSの道の
プロ以外がわからない水準である。)です。



533 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/17 22:53 ID:???
>>531
何だ、お互い同じだな。
(そこで暇そうにあくび)

>>532
・・・・・・SF用語?(汗)

534 :ふくかん:04/04/17 22:58 ID:???
>533
 暇ってわけじゃないですけどねー。

 ブラックウィドウの変形システムにエラーがでちゃっていま
バラシいれて調べてるから慣熟飛行もできず・・・・・・

 担当してる授業も終わって、小テストも採点終わって・・・・・・

 とりあえずご飯食べて寝ますかね、ってとこですか。

535 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/17 23:03 ID:???
>>534
変形システムか・・・・・
変形する機体には乗った事が無いが構造が複雑で稼働率が通常のMSより落ちると聞いた事がある。

食後のシェスタは体に良いからやった方が良いな。
だが、俺はまだ眠くないから出来ないな。

536 :茶髪:04/04/17 23:03 ID:???
>533
…要はOSの調整です。
(あっさり。)

537 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/17 23:08 ID:???
>>536
OSの調整の事だったんかい(汗)

って、自分で調整してるのか?

538 :企業軍:04/04/17 23:10 ID:???
(NZ基地)
「・・・・・・ミノフスキー粒子の散布を確認!」
「海中ソナー網、大型艦艇の飛行音を感知!」
「AEMA航空軍巡洋艦、クラップ改級を主力とした艦隊と推定される!」
「・・・・・・敵艦、ミサイル発射!弾着、1分後!」
「性懲りもなく・・・・・・!対空迎撃網、起動!」
「・・・・・・ミサイル、進路変更・・・・・・!?
 ミサイル目標、当基地に在らず!ミサイル群、養成所方面に
向かいます!」
「何だと!?ニュージランド国防軍は!」
「迎撃機を展開中・・・・・・ですが、間に合いません!」


539 :茶髪:04/04/17 23:10 ID:???
>537
…はい。

……調整だけじゃなく…僕の今の搭乗機のOS…自作OSですよ?

540 :ふくかん:04/04/17 23:11 ID:???
>535
 そのかわり、航空機と陸戦兵器の機動性を併せ持ってますからね・・・・・・
 その効果は加算ではなく乗算。
 集中運用した場合の効果は絶大ですよ?
(どうにもパイロットにふさわしからざる発言ではある)

541 :種馬 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/17 23:11 ID:???
(その頃、職員室で……)
トゥルルルルルル…………カチャッ
「はい、こちらパイロット養成所です……はい、はい、少々お待ちを……コンフォード教官、3番にお電話です」
……んあ?分かった。(受話器を取り)はいもしもし……ああなんだエルクか、なんだとは何だとはご挨拶だな、ろくに連絡もしないくせに。
……モノアイマガジン?確か今日届くはずだが……おーい、モノマガ来てないか……(受け取る)……

な、なんじゃコリャアッ!

(その見出しは『緊急特集、ガンダム殺し』表紙に写っているのはリミットブレイカーの前でVサインを出すザック・バラード……)
あ、あいつ……大出世しやがったなおい。(巻頭カラー2ページ、本文4ページと言う、無名の傭兵にしては大きな扱いである)
(ちなみに、若本教官が八極拳を教えている写真も1枚あったりw)

542 :お調子者の女中尉:04/04/17 23:12 ID:???
(天馬の窓側へと腰掛ける人物が一人。大空を遠目で見上げ、珈琲を啜る。)

私の朝は………一杯の珈琲から始まる……。
ん〜……いい香り…

(とりあえず言ってみたかっただけだろう。現に今は朝ではない。
 どうやら店内に入って一服し始めた頃である。)

543 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/17 23:12 ID:???
>>539
自作OSか・・・・・なんつー奴だ(汗)

俺の方はセイバーチームの作った奴を搭載してもらってるけどな・・・・自作とは・・・・

544 :茶髪:04/04/17 23:16 ID:???
>543
……MSに乗る前から専門分野みたいなものですから。
戦闘中に書き換えた経験まであります。
(…異能にも程があるだろと小一(略))

545 :集団戦教官:04/04/17 23:17 ID:???
で、だ。
(「今日の防空指揮管制当番」を押し付けられた男がここに一人)


 敵襲だ。アラームよろしく。
(命令にしたがって、オペレータが養成所中に警報のアラームを
鳴らす)

・・・・・・ここんとこおとなしくしてたかと思えば・・・・・・
AEMAの連中、こりもせず・・・・・・

防空システム起動。
ミサイルによる一斉飽和攻撃・・・・・・アナクロ極まりねぇな。
だが、あいかわらず有効でもある。
「ミサイル群、射程内に進入!」
 迎撃開始!
(号令一過。養成所各部に配置された対空砲火群がミサイルの迎撃を
開始する)
(撃墜されるもの。弾着するもの。撃墜されるも落下して爆発し、
演習施設の模造ビルを破壊するもの。 
 ・・・・・・平和は破られ、再び戦火が養成所を襲う)

546 :茶髪:04/04/17 23:19 ID:???
…敵襲…ですね。…勘定、つけでお願いします。
(さっさと店から駆け出していく…。)


547 :白骨海魔 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/17 23:21 ID:???
……買い物に、出るはずだったのに……(パイロットスーツ代わりの401スニーキングスーツに身を固め愛機の前で)

548 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/17 23:21 ID:???
>>544
そりゃスゲエな。
俺はからっきしダメだからな・・・・整備班に任せっきりさ。

>>545
何ぃぃ!?
こうしちゃ居られねえ!
(店を飛び出し、格納庫に走っていく)

549 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/17 23:22 ID:???
>546
チィ! 逃がしたか!
……敵襲? 近いな……
佐藤、後は任せた
(エプロンを脱ぎながら天馬の奥へと消えていく)


550 :物静かな教官:04/04/17 23:25 ID:???

…敵襲か……急がないと、な。
(職員室で仕事中だが、直ぐに格納庫へと走り出す。
 家族を護る為に、だ。)

551 :ふくかん:04/04/17 23:25 ID:???
(アラームを聞きながら、不意に笑う)

・・・・・・マダガスカルの地獄を、忘れてもらっちゃ困りますねぇ。
見せてあげましょうか。死の闇へと続く、たそがれの輝きを・・・・・・
(実に無機的に微笑む。死という死、地獄という地獄を味わいつくした
毒蜘蛛の笑み・・・・・・)

ちんぴら
「総毛立ちそうな雰囲気のとこ悪いが。
 ・・・・・・解体整備中だろ?ブラックウィドウ」

 冷静な突っ込みありがとうございますon_
(がっくり。今日は後方で防空指揮ですねふくかんさん)

552 :Fセンシズ部隊:04/04/17 23:27 ID:???
・・・・・・
戦支度が終わったやつから出ろ。
地獄に飛び込むぞ・・・・・!
(次々に出撃していくセンシズ)

553 :鹵獲グスタフカール:04/04/17 23:27 ID:???
AEMAカラーのビームマシンガンを装備したグスタフカールが
演習施設に降り立ち、低空滑空で校舎に向かい始める

554 :海賊娘@ダッシュガン ◆eAwRb9qzdQ :04/04/17 23:28 ID:???
……何でまたいま更……(襲撃、後衛で撃ちまくる)

555 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/17 23:28 ID:???
機体チェック!発進スタンバイさせろ!
(全速疾走で格納庫に辿り着くと自分の機体に乗り込む)
敵の情報は無いのか!?

インディアナ・カタヤイネン、RGM−196・・・出るぞ!

556 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/17 23:29 ID:???
(機体を格納庫から徒歩で出させる)
どいつもこいつもっ、こうも飽きないで……っ!

557 :赤い髪の准尉@エールダガー ◆eAwRb9qzdQ :04/04/17 23:30 ID:???
>553
やらせない!(そこに割り込むようにサーベルを抜いて切りかかる)

558 :お調子者の女中尉:04/04/17 23:31 ID:???
>545
【何か……見えた……?】

(直後、アラームが鳴り響き天馬内も慌てだしたように見える。
 啜っていた珈琲を静かに置く。テーブルに置かれていた、珈琲代を近くの店員に投げる。
 店員は目前に投げられたにも関わらず、怯えている所為か手の上で代金を躍らせる。)

ストライーク♪じゃね♪

(颯爽とエレカへと乗り込み、企業基地の格納庫へと走らす。)

559 :ギラドーガ小隊 残5機:04/04/17 23:31 ID:???
(SFSから飛び降り、陸路で養成所方面へと進行する
 ギラドーガが五機、路上の格納庫などを破壊にかかっている)

560 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/17 23:32 ID:???
さ〜てさてお仕事お仕事〜〜。
「あ、教官さん。今日はスパガンつかえませんぜ」
へ?なんでよ?
「改修中って奴でさぁ。ほら」
(整備員が指差す先には頭のないスーパーガンダムの姿が)
ありゃりゃ・・・あれじゃぁ無理かぁ〜。
代えの頭ないの〜?
「一応規格の合うやつならないわけじゃ・・・」
(その歯切れの悪さに少々引っかかるが気にせず)
んじゃそれ使おうよ〜。
「ですが・・・アレですぜ?」
んあ?
(整備員が指差した先にあったものは・・・バーザムの頭部であった)
「アレなら殆どMk-Uと同規格なんですぐにでm」
だーーーっ!ティターンズのMSの頭なんてつけてられっかーーーっ!!
「だだだ、だから無理って言ったんですよぉお〜〜〜!」
(首を掴まれガックンガックン揺さぶられて目を回す整備員)

なんか別の!砲撃ができりゃいいからさぁ〜〜。
「ぅぅぅ・・・ああ、それだったらアレなんてどうでさぁ?」
どれよ?
「あそこで帽子の娘がチェックしてる奴でさぁ」
まぁたみょうちくりんなものを・・・使えんのぉ?
「確かソフトの調整以外は終わってたはずなんで・・・」
ん〜、わかった。
そいじゃやってみますか。
「気ぃつけてくんさい〜〜」
(背中越しに手を振って、その機体のところへと歩いていく)

561 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/17 23:33 ID:???
>559
……来たっ。沈めっ!
(ファンネルを10機射出。
  一機が撃てば、もう一機が回避先に撃つようにファンネルを仕掛ける)

562 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/17 23:33 ID:???
>552
…悪いけど、全力で行くよ…。
(格納庫から飛び出すと…遠距離にいるセンジス目指し、アグニを連射。
…一応、コクピットは外して撃とうとしているが…かなり遠い為、成功しているかは怪しい。)

563 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/17 23:33 ID:???
>>553
敵機視認!
後者を殺るつもりか!?
やらせんぞ!
(相手の進路を塞ぐように立ちはだかる)

564 :オペレーター:04/04/17 23:33 ID:???
>555
 ソナーが新たな飛来音を確認!
 音響から大規模なMS部隊と推定されます!
 
 ・・・・・・第一、第二フラクタワー沈黙・・・・・・
 艦砲射撃・・・・・・!?

565 :物静かな教官:04/04/17 23:33 ID:???
(格納庫から直接飛び立つ灰色のMS)

こちらゲイル、対MS戦闘を開始する、オーバー。
(目指すは>552のセンシズ達だ)

566 :種馬の娘@Z+A1 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/17 23:34 ID:???
>559
ええいっ!来ちゃったんだからもう!!(ウェーブライダー形態で上空から射撃・ビームライフル、ビームカノン×2)

567 :鹵獲グスタフカールx3:04/04/17 23:35 ID:???
>557
サーベルを肩のシールドで受け止めて距離をとり
数歩の間合いからビームマシンガンを発射する

>563
後方の敵を確認するが攻撃はしない
>557にマシンガンを撃ちながら後退し、まだ残っていた模造ビルの影に隠れる

568 :鹵獲グスタフカールx3:04/04/17 23:35 ID:???
>567の一機の後方から別のグスタフカールが2機接近してくる

569 :ギラドーガ小隊 残5機:04/04/17 23:37 ID:???
>561
「来るぞ、各機散開!」
(小隊長らしき角付きの機体が腕を振り上げると、全ての機体は
 回避行動に移る、お互いを援護しつつ動ける辺り
 寄せ集めの兵士たちでは無いらしい。
 初撃をかわせたのは奇跡だろう、そのまま五機はマシンガンによる
 射撃を繰り出す)

570 :赤い髪の准尉@エールダガー ◆eAwRb9qzdQ :04/04/17 23:38 ID:???
>567-568
くっ!(増援が来たのを見てシールド防御しつつ後退)

571 :Fセンシズ小隊:04/04/17 23:39 ID:???
>562
 ・・・・・・熱量からして、アグニ!?
 全機、散会!
(高速回避実行。そのまま高速接近)
 ・・・・・・
 ストライクか・・・・・・因果だな!
(一個小隊がビームライフルによる一斉射撃実行。 
 さらに散会したほかの小隊が次々に着地、ホバーで養成所方面へ
侵攻開始)
 

572 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/17 23:39 ID:???
>>567
(先程のは後者ではなく校舎でした)
それで隠れたつもりか!
ここを襲った事をあの世で後悔させてやる!
(狙いを定めてBライフルを発射。
威力の高いビームは当たれば簡単に模造ビルを貫くだろう)

573 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/17 23:40 ID:???
>569
(マシンガンを避けもしない。その重装甲は小口径砲を軽く弾き返し。
  そして……眼を細める)

背後に施設無し。
民間所有物も無し……いけるかっ!?

(胸部拡散メガ粒子砲が猛然とメガ粒子を吐き出す。
  同時に腕部のメガ粒子砲を連射し、時機の周りには避けた敵機を狙ったファンネルが浮遊する)

574 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/17 23:42 ID:???
>571
………へぇ…。
(飛び立って。)

……ここで朽ちる訳にはいかないからね。
(その射撃を…すり抜けるようにして回避しつつ接近していく。
……途中、アグニを…着地していない中での先頭の1機狙い、腰の辺りを狙い、2射。)

575 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/17 23:42 ID:???
もう一回ココに来るたぁねぇ……
よっし、一丁やってやるか。
(ビームライフルを掴む)

576 :Fセンシズ小隊b:04/04/17 23:43 ID:???
>565 
 ・・・・・・
 灰色!?
 ・・・・・・手早く、しとめる!
(一機が空中に飛び上がりつつ、空中から射撃。
 残る二機が左右から迂回しつつ接近、同じくビームライフルによる
射撃を行う。三本の鉤爪が閉じるように・・・・・グレイめがけて
食らいつく3機のセンシズ!)

577 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/17 23:43 ID:???
(フェンリルに乗り込み、武装チェック)
オイ! コイツしかないのか!?
「とりあえず準備できるのはそれだけだ! OSは問題ないんだろ!?」
……OK,コイツでやれるだけやるさ、予備パックはシールドか!?
「2つともMk−II用だ、ピアビームシールドは無い!」
了解、リーディス・ラザフォード、フェンリルで出るぞ!
(Mk-II用のライフルとシールドを装備して戦場に降り立つ)

>571Fセンシズ
見ないMS……?
とにかく迷ってる暇はねぇ、行くぞ!
(低空滑空で直進しつつ、ライフルを股間ブロックに向けて3連射する)

>574茶髪
<通信>
そのMSなら援護を頼むぜ、こっちを撃つなよ! 

578 :Fセンシズ小隊a:04/04/17 23:44 ID:???
>574
 ・・・・・・センシズと同じに見られちゃ、迷惑なんだよ!
(すかさずシールドを構える先頭の一機。
 ・・・・・・弾着・・・・・・
 アグニが貫通しない!?
 熱によじれたシールドを捨て、すかさず再射撃を実行するfセンシズ)

579 :ギラドーガ小隊 残4機:04/04/17 23:46 ID:???
>573
(その猛攻に、成す術も無く散った機体が一つ。
 ファンネルによりマシンガンを失った機体も、また一つ)
「各機、密集するな!
 散開して各自近接戦闘!奴をやれば今日は帰れる!」
(正面から小隊長と腕を失った機体、左右それぞれからは一機づつ。
 鹵獲した者なのか、規格のあわないビームサーベルを
 用いて、ファンネルを気にもせずにスラスターを全開にして突撃してくる。)

580 :Fセンシズ小隊a:04/04/17 23:47 ID:???
>577
 また一機・・・・・・面倒な!
(敏捷な動きで跳躍、弾丸を回避すると同時に
ビームライフルを振り向け、放つ。
 ・・・・・・センシズをはるかに上回る早さ・・・・・・!)

581 :鹵獲グスタフカールx3:04/04/17 23:48 ID:???
>570赤い髪
ビルに隠れたほうは追跡しないが
後から来た2機足を止めてがマシンガンで狙って撃ちつづける

>572ついてない男
いかな強力なビームでもビルを打ち抜けば減退する
加えるなら肩のシールドは、CEのアンチビームコーティングがほどこされた一級品である
難なく防御し、ビルから乗り出しつつマシンガンを連射する


582 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ ×2+EWACネロ:04/04/17 23:48 ID:???
敵戦力の展開を確認。
全機データリンク完了。
これより我々は戦闘区域の間を縫い敵勢力本拠地への吶喊を敢行する。
マーク2、マーク3。遅れるな。
(後方にてSFSに乗って待機していた四機が情報収集を完了し、
 スラスターを全速前進。
 各展開している戦闘区域の合間を縫い、養成所への吶喊を試みる)

583 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/17 23:48 ID:???
>577
(通信)
了解。…通信回線、開けっ放しにしといて。
こっちの射線データ常時送らせるから。

>578
…へぇ…。
(そこまで驚いた風でもなく、綺麗に回避を続けていく。
…ビーム斬りを混ぜつつ。…今度はアグニによる牽制射撃。)

584 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/17 23:49 ID:???
>579
「来るっ……」

 両手にビームサーベルを掴み、意識を集中する。

「そこだぁっ!」

 回転するように、両側の機体にビームサーベルを振るい、
前面のドーガ目掛けて低出力で拡散目が粒子砲を放つ。

585 :適当&帽子:04/04/17 23:49 ID:???
適当:うぉ〜〜〜い。こいつ出せるかぁ〜?
帽子:あら教官さん、どしたの?
適当:いやぁ、スパガン改修中みたいなんだよねぇ。で、こいつ動けるの?
帽子:え〜〜〜〜っと、一応完成はしてるんだけどドライビングソフトの教育中で・・・。
適当:うごかんの?
帽子:動くには動きますけど砲撃手と運転手の二人でないとちょっと無理。
適当:んじゃ誰か適当にひっぱってくっかなぁ〜?
帽子:あ、それでこの子ドライビングソフトがないから運転は手動なんですけど・・・。
適当:手動だけど、何?
帽子:ある程度慣れた人でないと無理かなぁ〜〜と。
適当:んじゃ慣れてんの誰?
帽子:・・・わたしだけ・・・。
適当:それじゃドライバー決定。
帽子:・・・へ?
適当:ホラ!乗った乗った!!適当に逃げ回ってりゃいいから。
帽子:え?ちょっ、わっ!(背中を押されて気がつけばコクピットの中)
適当:それじゃお仕事開始〜〜。
帽子:マジなのぉ〜〜〜〜!?

586 :種馬の娘@Z+A1 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/17 23:51 ID:???
>579
させないっ!(横合いからシールドの影に隠れつつビームライフルを撃つ。うったらすぐに変形して離脱)

587 :灰色の疾風と呼ばれた教官:04/04/17 23:52 ID:???
>576
俺を攻囲したいのなら、もう少し頑張るんだな。
(口の端に笑みを浮かべる、その刹那、機体は急加速。
 自らを地上から狙う二機の攻撃を低空飛行、かつギリギリで
 かわしながらその場を突破、速度を殺さず上昇する)
断ち切らせてもらう、早く帰れ…!
(眼下に居る二機のセンシズ、その一機に向けて
 腕部に仕込まれたワイヤーロッドを射出する。
 直撃すれば、頭部が切られるコースだ。)

588 :キュベレイ乗り:04/04/17 23:54 ID:???
で、あたしはどういうタイミングで仕掛ければいいわけ?

「・・・・・・お任せしますわ♪」

 ・・・・・・そう。
 あんた、得体が知れないけど・・・・・・
 機会をくれたことには感謝するわね。

 ・・・・・・
 あれはまだ、調整中。
 ヤクトキュベレイ、あたしの愛機。
 これが最後の出番になるかしらね。
 ・・・・・・
 花道、飾ってあげるわね。

589 :海賊娘@ダッシュガン ◆eAwRb9qzdQ :04/04/17 23:55 ID:???
>582
……(ピキーン)新手かっ!(背中のメガビームキャノンを叩き込む。こっちにNT補正はかかっていない)

590 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/17 23:55 ID:???
>>581
ちぃぃ!!
(マシンガンの弾を合金製シールドで防ぐ)
アンチビームコーティング・・・・・厄介すぎる!
だが・・・これでどうだ!
(シールドで防御しながらBライフルを発射、一瞬遅れて銃身の下に装着したグレネードランチャーからグレネード弾を発射する)

591 :お調子者の女中尉:04/04/17 23:55 ID:???
(猛スピードで養成所敷地から企業格納庫へ走るエレカ。
 荒れた道も、ミサイルが着弾した後の残る道も。勢いよくハンドルを切り、駆ける。
 突然……驀進するエレカが空を仰いだ。何かが飛来する音、爆発音。
 地面が抉り取られ、爆発音が一時聴覚を奪い、タイヤの破裂音すらなかったかのように……
 襲撃された町によく見る風景。エレカのタイヤが空を向く光景。)

あ………ぐっ……!

(エレカの窓から這いずり出してくる女性。
 頭部から血を流し、瞑った片目瞼を鮮血が濡らす。
 朦朧とした意識の中、両腕を強張らせ身体を起こす。
 が、途中左肩が唐突に落ちた。そのまま地面に崩れ落ち、頬が地面を喰らうかのように強打する。)

う……くぅ……はぁはぁ………ハッ……ァ……

(近くの建物まで這いずり、背中越しに建造物の冷たさを感じる。)

優秀なパイロットでも……こうなっちゃ厳しいわね………

(苦痛の中、強がるよう言葉を漏らし、苦笑いを浮かべる。)

いた……っ……いたた……た……た……
……あ……はは……あははは……は……

(左肩で壁を支えにして、建物に沿い、尚も企業基地を目指す。
 一時肩を借りる事になる建物には、その代償として自らの血を残していた……)

592 :Fセンシズ小隊b:04/04/17 23:57 ID:???
>587
 ・・・・・・早いっ!!
(シールドでロッドを受け止めるfセンシズ・・・・・・
 すかさず上空の一機がグレイめがけて射撃を実行。
 地上の二機はビームサーベルを抜刀しつつ、上空に飛び上がって・・・・・・
一機が高速でのとび蹴りを放つ)

593 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/17 23:58 ID:???
適当:乗り心地はいいじゃん。
帽子:あんまり無茶はしないで下さいよ。
適当:そりゃ敵さんに言ってくれ〜〜。

>582
適当:お〜し敵さん発見〜。適当に左右に振ってくれりゃいいから。
帽子:はいはい・・・。
(見た目よりは軽快な動きで左右に動きながら頭部の二連装キャノン×2で砲撃を加える)

594 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/17 23:58 ID:???
>583
了解、必要があれば使わせてもらうぜ!

>580Fセンシズa
速ぇ、速ぇよ
(ビームライフルを左腰にしまいながら)
けどな
<スロットルペダルを蹴り飛ばし)
こっちのが速ぇ!
(フル加速しつつ、前傾姿勢でビームをかいくぐる)
(フェンリルは元々突撃に特化したMS、その前進速度は
 生徒の駆るMSとしては最速ランク…!)
おとなしく――
(右腰のビームソードを抜いて、上昇)
斬られてろぉ!
(抜き胴で、腰の接続部――通常のMSならプロペラントも融合路も無い場所――に斬りかかる)



595 :ギラドーガ小隊 残2:04/04/17 23:59 ID:???
>584
「後退は許されん…我々は捨石だ。
 理想を信じなかった我々は、こうして…!」
(左側から接近した機体は、サーベルを振る暇も無く両断された。
 右側から接近した機体は、ギリギリの所で左腕を失った。
 正面から接近した小隊長機も頭部を破損し、左足には
 着弾を受けている。残りの一機は…当たり所が悪かったのか?
 いや違う、自ら小隊長の盾となってその命を散らしていた。)

(残った二機は怯む事無く、目の前の巨人へと立ち向かう。
 それがどんなに馬鹿げた事であろうと、
 退く事を知らないかのように…)

596 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/17 23:59 ID:???
>>591
(養成所に急いで戻ろうとしてる途中でエレカを目撃し、お調子者に駆け寄る)
だ、大丈夫ですか!?

597 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ ×2+EWACネロ:04/04/17 23:59 ID:???
>589
「各機、敵からの狙撃を確認。
 散開し回避行動を」
(EWACネロから各機に通信が入り、即座に回避行動に入り回避する。
 そのまま敵機の位置は掌握しているが、そのまま無視して
 養成所に突き進むルートを選び進んでいく)

598 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/18 00:00 ID:???
>591
 戦闘中、たまたま前面に降り立つ。

「……あぁーっと、どうしよ」

 きまづそうに鼻の頭を掻く

599 :No22@フォビトゥン・AEMAカスタム:04/04/18 00:01 ID:???
(戦場の後方、通常のフォビトゥンに似て、しかし違う機体が姿を見せる…。)

600 :Fセンシズ小隊部隊VS企業NZ方面軍:04/04/18 00:03 ID:???
Fセンシズ部隊
「企業軍が出てきたか・・・・・・
 ちょうどいい。連中の戦力がどれほどか・・・・・・・
 確かめる好機!」
企業軍ヘビーガン部隊
「・・・・・・舐めるなよ、AEMA・・・・・・ 
 ・・・・・・今までどおりに行くと思ったら、大間違いだぜ・・・・・!」
(迎撃に出動してきた企業軍ヘビーガン部隊。
 AEMAによる攻撃の激化を察知した企業軍は、NZ方面軍の戦力を増強するため、
機種をジェガンからヘビーガンに更新していた。
 ・・・・・・しかし・・・・・・やはり、苦戦している)

・・・・・・強い・・・・・・・っ!
 だが・・・・・・退けるかぁ!!
(決死で迎撃を続けるヘビーガン部隊)

601 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 00:03 ID:???
>598暴力主義
MK-Vか、懐かしいが……感慨は浮かばんな
(いつものIフィールド・ランチャーでは無く、通常のビームライフルを遠距離から発射
 それとともに接近を開始する)

602 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/18 00:04 ID:???
>595
 眼を大きくして二機を睨む。

「貴様たちみたいにっ、何も考えないでいて!
  それで、こうも命を棄ててっ!」

(動かない前面のドーガを弾くように腕を振るい、もう一機にファンネルを仕掛ける)

「消えろっ!」

(3基が一斉にビームを放つ)

603 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ ×2+EWACネロ:04/04/18 00:04 ID:???
>593
「各機、敵からの(略)」
(直ぐに回避行動をとり、射線から離れていく)

604 :赤い髪の准尉@エールダガー ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 00:04 ID:???
>581
うわっ。(ひらりひらりと避け続ける)……あ、やぱり動きがよくなってる。

……キラ……

605 :鹵獲グスタフカールa:04/04/18 00:06 ID:???
>590ついてない
「ライ、カスール、後は任せた」
パイロットがダガーを攻撃する2機に命令
放たれたビームライフルをシールドで防御しつつ、グレネードを回避する
反撃は無いが、ビームマシンガンを下げることも無い

606 :海賊娘@ダッシュガン ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 00:07 ID:???
>597,903
ああもう!(撃ちまくるがなかなかNT補正がつかない)

607 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/18 00:07 ID:???
>601
「えーと……」

(迷っている最中、眼が険しくなる)

「こンのぉ、ここにいるのに当たったらどうする気なんだよ!」

(手にもつ、アンチビームコーティングシールドでビームを防ぐ)


608 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 00:07 ID:???
>603
帽子:当たりませんね。
適当:うっさい!
    ありゃどっかに哨戒機がいやがるな・・・。
帽子:どうするの?
適当:下手な鉄砲も数うちゃ当たるってね!
(足止めを狙った砲撃の中に直接狙う攻撃も混ぜつつ続行)

609 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト:04/04/18 00:07 ID:???
>592
(避けきれないと判断したか、ワイヤー収納の反動でそのまま
 腕を空中の敵機の方向へ、そこに備えられているのは、シールド)

……何を手間どっている…俺は………
(下方から繰り出された蹴り、余り厚くない脚部装甲で受ける。
 ―反動をそのまま機体の動きに伝える、僅かに舞い上がる機体。
 その間に、両腰の刃を抜刀…まるで戦闘機が空母から発進
 するかの様に、射撃を行っていたセンシズへと突進する。 
 しかもそれだけでは無い、機体の姿は突進を開始した途端見えなくなる。

 ミラージュコロイドを応用した装備「ファントム」。
 それの有効な運用例の具体例だ…!)

610 :鹵獲グスタフカールb/c:04/04/18 00:07 ID:???
>604
さらに射撃を続けるが、前方のb機が接近を始める
後方のc機はそれを援護するように射撃を続けている

611 :Fセンシズ小隊部隊a:04/04/18 00:09 ID:???
>583
 あの動き・・・・・・っ!!ありえん!
 糞!「狂戦士」だ!間違いない!
 ・・・・・・ちぃぃ!
(けん制の射撃を避けるFセンシズ) 
>594
 ・・・・・・ばかな!
 このMS・・・・・・!早すぎる!!!!
(けん制射撃を避けた瞬間・・・・・・そこにはすでにフェンリルが
来ている!
 その牙たるソードの斬撃は限りなく早く速やかに胴体を捕らえ、
なぎ払う。
 ・・・・・・両断されたfセンシズは、石のように落下していった)
 ・・・・・やられた!脱出する!
(脱出するパイロットを、空中のセンシズが回収する。
 ・・・・・・残骸は、空中で爆発した。
 ・・・・・・まるで、全身に爆薬が仕掛けられていたかのように)
 ・・・・・・ち、後退する!
(一機がメガネと茶髪にけん制射撃をかけながら後退。
 パイロットを回収したfセンシズは全速で逃亡していく)


612 :お調子者の女中尉:04/04/18 00:10 ID:???
>596
あ、あんま大丈夫じゃないかな……♪

(苦笑いを浮かべながら、片目瞼の血を親指の付け根で拭う。
 >596が地面を踏みしめる音。それが自分を睨みつけていることを、彼女は自然に悟った。)

き……づかれてる……ッ!
行って……ッ!早く……ッ!!

(声を荒げ、腕を急かすように振う。)

>601>607
……う………こ、こんな……なんだ……
民間人……って……何時もこんな怖い思いをしてる……んだ……

613 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 00:10 ID:???
>604 >610
…アレ…は…
(目ざとく見つけるとアグニをB機、C機双方に向けて2射…合計4連射。
…そして自分の相対する敵の方に砲を向けなおす。)

614 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 00:10 ID:???
>607
(聞いちゃいないが)
人が居るのか、下手は打てない
(ライフルを構えて立ち止まり、通信)
<通信>暴力主義
……早くそこからどいてくれ、人殺しをするつもりは無い

615 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 00:10 ID:???
>>605
ほう・・・やるな?
(Bライフルを撃ちながら間合いを詰めていく)

616 :お調子者の女中尉:04/04/18 00:12 ID:???
>612
>596が地面を→>598が地面を

617 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 00:12 ID:???
>611
……良し…。次は…
(砲を他の敵に向けて向け始める。)

618 :キュベレイ乗り:04/04/18 00:12 ID:???
 ・・・・・・腰砕けもいいとこじゃない!
 ・・・・・・まったく・・・・・・これだから政治で戦争する連中は
嫌いなんだ・・・・・!

 ・・・・・・・ヤクトキュベレイ、出る!
(白いビームを引いて。
 高々と青空に駆け上るヤクトキュベレイ)


619 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ ×2+EWACネロ:04/04/18 00:12 ID:???
>606>608
「各機、敵からの射撃が続いています。
 指定ポイントへ回避行動を行ってください」
(EWACネロが戦況のデータを収拾しつつ、
 相手の射撃コースを予測して、回避ポイントを割り出し
 各機を誘導していく。
 が、回避に手一杯になり進行の足は止まっている)

620 :赤い髪の准尉@エールダガー ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 00:12 ID:???
>610
くっ!(回避しつつもライフルを抜いてbを撃つ)

種馬『トマホォォク・ブゥゥメラァン!』(いきなり乱入、cに往復の2回攻撃)

621 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/18 00:13 ID:???
>614
「こっちこそ生身の人まで巻き込みたくない。どいてやるよ。
 ただぁし、こういうふうにね!」

(ビームサーベルを引き抜いて飛び掛る)

622 :fセンシズ小隊b:04/04/18 00:14 ID:???
>609
 ・・・・・・消えた!?
(攻撃のモーションのまま、驚愕する3機)
 ・・・・・・馬鹿な!!
 ミラージュ・コロイドだと!?

623 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/18 00:14 ID:???
>611
おとなしく下がって……ッ!
(突如閃光に包まれるFセンシズ)
爆発!? 不自然すぎるが…構ってる暇は無い!
(牽制射撃をシールドで防ぎながら、別の戦闘区域へ移動を始める)


624 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 00:15 ID:???
>>612
大丈夫じゃないんでしょう!
その怪我では戦うなんて無理です!
>>612の肩を担ぐと、とにかく安全な場所に連れて行こうとする)

625 :鹵獲グスタフカールa:04/04/18 00:16 ID:???
>615ついてない
接近するフリーダムの速度を警戒しつつ、シールドでビームを防御
 サーベルを左手で抜いて、こちらも接近を開始する)

626 :ギラドーガ小隊 全滅:04/04/18 00:16 ID:???
>602
「…フッ……若いな。
 言うなれば我々は…世捨て人なんだよ。」
(押しのけられた機体の先に居たのは、至近距離からビームサーベルを
 投げ付けようとする一機のギラドーガ。
 後の一機も、それをしようとした所でファンネルに打ち抜かれた)

「それもこれで終わりだ…フン、残念だ…
 ……娘の顔程度は見てから死にたかったな…」
(その手から、一振りのビームサーベルが投げられた。
 直後、コクピットを貫かれた機体は、紅蓮の炎にその身を焼かれた)

627 :キュベレイ乗り:04/04/18 00:17 ID:???
>623
 ・・・・・・見つけた。
 ・・・・・・
 こいつ・・・・・・なんかむかつく「感じ」がする・・・・・・

 殺すわ。真っ先に!
(弾丸のような速度で接近するヤクトキュベレイ。
 ・・・・・・全身が輝く。
 ・・・・・・悪意の輝きと・・・・・・
 恐るべきビームの弾幕とが、脅威となり鋼鉄の狼へ襲い掛かる!)

628 :自称17歳の教官@ギャロップ艦橋:04/04/18 00:18 ID:???
山林に演習行って帰ってきたら・・・鉄の雨か・・・。
(敷地の端っこから、数隻のギャロップと艦載MSが戦場に突っ込んでいく)

629 :赤い髪の准尉@エールダガー ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 00:18 ID:???
>613
キ……アスラン、ありがとう!(再び戦闘に専念)

630 :リック・ディアス乗り:04/04/18 00:19 ID:???
・・・・・・・やれやれぃ。
結局、雑魚は雑魚、かね。
 ・・・・・・まぁ・・・・・・ガンダム顔したパチモンにゃあ、
ろくなことなんざできゃしねえってことかねうはやはひゃ♪

 リック・ディアス改、出るぜぇ?
 ひさしぶりなんだよなぁこいつらとやるのも。
 楽しませてくれよ戦争を楽しませてくれよ戦争を楽しませてくれよ戦争を〜?
(リックディアス改、発進)

631 :鹵獲グスタフカールb/c:04/04/18 00:20 ID:???
>613茶髪
予想外の攻撃に反応できなかった、c機が頭部と右足を吹き飛ばされ
その場に崩れ落ちるが、B機は反応してシールドで防御、左腕とシールドを吹き飛ばされる

>620
ライフルはb機の頭部を吹き飛ばし、続いての攻撃で胴体が損傷
立ったまま下半身をのこして爆発する

632 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/18 00:20 ID:???
>626
「こんなもの!」

 ビームサーベルをなぎ払う。

>627
 そして即座に振り向き……

「そこだっ!」

 ファンネルを巻き込むように、最大半径で拡散メガ粒子砲を放つ。

633 :fセンシズ小隊c:04/04/18 00:20 ID:???
>628 
 ・・・・・・旧式のホバー陸戦挺?
 ・・・・・・あれからしとめる!

634 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 00:20 ID:???
>619
帽子:またh
適当:だまっとけ!
    どーすっかな〜〜。レールガンでも有れば当てられるかもしれんけど、
    キャノン砲じゃ無理だねぇ〜〜。
帽子:他当たります?
適当:んにゃ。ああいう統制の取れた連中が一番厄介だ。
    何とか足止めだけでもするよ〜。
帽子:了解ー。

適当:多分あの頭でっかちのせいなんだろうけど・・・ぎりぎり射程の外にいやがるかぁ。
    鬱陶しいなぁ〜〜。
帽子:届かないなら近付きますよ。
適当:いやいや、ここを離れるとっておい!
(聞く耳持たずズンズン前に進んでいく)
適当:しゃーない・・・やるしか!
(足止め攻撃をしつつもEWACネロへの攻撃も開始)

635 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 00:20 ID:???
>>625
(相手がサーベルを抜くのを確認すると今度は後退し始める。
例え、一級品のABCシールドでも連続してビームを当て続ければやがては破壊できるはずであり、
RGM-196のBライフル自体、威力は高いのであった)


636 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト:04/04/18 00:21 ID:???
>622
(元から空中に居た一機を、一筋の巨大な光が襲う。
 放たれたものは出力を落とされたバスターライフルの光、
 発射された場所は地上…だが、発射した者が見えない。

 次の瞬間、そのセンシズの後部に一筋の灰色の光が見えた。
 何も無いように見えた空間から、死神の鎌の様に、
 一振りの刃が繰り出された。)

637 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 00:22 ID:???
>631
…次…っ!
(結局…後方支援に専念したようである。)

638 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 00:22 ID:???
>621暴力主義
ーwヘ√レvv〜
やはりそう来たか、まったく思考の読みやすい女だ
(サーベルを左手で抜いて、一瞬だけ切り結ぶ)
オレとお前は相性がよくないぞ?
(切り結ぶと同時に後退、ライフルを近距離から3連射する)

639 :赤い髪の准尉@エールダガー ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 00:25 ID:???
>631
やった!倒した……(その中身の事を考え、気が重くなる)
……敵を倒すのはこれが最初じゃないんだしっ!(再び索敵、新たな敵を探す)

640 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/18 00:25 ID:???
>638
 ビームを盾で弾きながら、反撃のビームライフルを乱射する。

「あぁ、そうかい。
  なら今から相性を良くしようじゃない!」

 インコムを上方から仕掛ける。

641 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/18 00:26 ID:???
>627キュべレイ
新手かっ!
(殺気を感じ取りながら、垂直上昇してビームの嵐を回避する)
“なんかむかつく”で殺されてやる道理はねぇ!
(そのまま空中でビームライフルを3連射
 悪意の輝きに冷や汗を掻く)
今日の壁って訳か……クソッ!

642 :No22@フォビトゥン・AEMAカスタム:04/04/18 00:27 ID:???
(後方より段々と接近して来て…ファンネルとレフレクタービットとばらまく。
曲がるビームは無理だったようで、代用品のようだ。)

>623
……フ…っ。
(複雑な軌道でオールレンジから迫るビームが…。)

643 :自称17歳の教官@ドム・トローペン:04/04/18 00:27 ID:???
「あ、こっち向かってきた。教官、後よろしく」
お、おい、ちょっと待て!この薄情者!
お前ら、他のMSなしで俺だけで行って来いと!?
(強制的に、実戦装備のドムで、外に追い出される)

>633
嗚呼、もう、こうなれば自棄だ。
スレ違い様に、首落してやる!
(バズーカ撃ちつつ、蛇行運転しながら一気に詰められる間合いまで)

644 :お調子者の女中尉:04/04/18 00:29 ID:???
>624
へへ……っ…♪
有り難う……ね……

いた……っ……

(自分の右腕と相手の左腕を交差させ、相手の右肩に手をかける。
 徐々に感覚の無くなる足。苦痛に眉を歪め、青ざめる顔。低くなる体温。
 力を奪われてゆく指先、その震え。荒いようで、非常に弱い息使い。
 あらゆる面で警告を出している彼女。左腕の傷は、その苦痛の色を強調するように痛々しい…)

645 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 00:31 ID:???
…何か…あのセンジス、みたことがある動きのような…
(後方より援護射撃しつつ…考え込んでいる。)

646 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ ×2+EWACネロ:04/04/18 00:31 ID:???
>634
「敵機の接近を確認。
 機体照合は完了しておりますが、照合するデータがありません。
 敵勢力独自機体の模様です。
 これ以上、こちらが後退すればデータリンクが切断される可能性があります。
 部隊自体が後退した場合に作戦の実行に影響があり、
 作戦成功確率が12%にまで低下します。
 現時点で計算したところ、接近中の敵機を撃破し、敵拠点に攻め込む事が
 成功率84%と最も高い確率になっています。」
「了解した。
 マーク2、マーク3。
 敵機を即撃破し、拠点にそのまま攻め込む。
 こちらの射撃にあわせて攻撃をしろ。」
(Vガンダムヘキサがメガビームライフルを撃ち、
 ガンイージーがそれにあわせて回避ポイントを予測し、
 ビームバズを打ち込む。
 EWACネロはギリギリデータリンクの途切れない位置にあわせて
 ついて行く)

647 :鹵獲グスタフカールa:04/04/18 00:31 ID:???
>635
フリーダムのライフルの威力は確かに一級品であった
その一級品の一撃を受け続けたシールドはすでに熱でひしゃげ
あと一発受けられるかどうかといったところである
だが、それでもグスタフカールは前進をやめない
そして一足一刀の間合いに入った瞬間、マシンガンを投げつけバルカンで打ち抜く
突如フリーダムの正面を覆う閃光
……その閃光から姿を現したのは左手でもいだ盾を正面に構えて突撃をしかけるグスタフカール
左手のサーベルで突きを放とうとしていた

648 :fセンシズ小隊b:04/04/18 00:31 ID:???
>636

 ・・・・・・・がぁ!?
(一刀の元に両断されるfセンシズ・・・・・・)
 ・・・・・・くそ・・・・・・!だが・・・・・・
位置はつかめた・・・・・・逝け!
(見えぬ相手に一機のfセンシズが連続しての前蹴り、いわゆる「連環腿」
を繰り出す。時速にして100キロを超える速度で振り回される脚部はそれだけで
凶器。
 さらにもう一機が後方に回り、背部と思われる部分に空中からのひじうちを
加える。裡門頂肘、と呼ばれる技を空中戦に適合させた、独特の技だ・・・・・)

649 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 00:34 ID:???
>640暴力主義
盾の無いMSはこういうとき不便だ……無理やりでもランチャーを持ってくるべきだったか
(スラスターを駆使しながらビームを回避)
インコムか、確かに普通のパイロットなら脅威だが
(ライフルでインコムを攻撃)
あいにくまがい物でもニュータイプでな、多少のインコムでは通用しない

650 :キュベレイ乗り@ヤクトキュベレイ:04/04/18 00:34 ID:???
>641
 ・・・・・・
 こいつ・・・・・・たじろいでる?

 ・・・・・・そのくせ、殺す気がない・・・・・・

 戦いを、なんだと思ってる!
(全速で旋回しつつ、3発の射撃をすべて回避。
 お返しとばかりに18発にも上るビーム射撃が、
メガネの意図する回避コースを埋め尽くさんばかりに
降り注ぐ。
 ・・・・・・・ニュータイプ・・・・・・!
 悪意が脳にダイレクトに伝わってくる。
 圧倒的な・・・・・・メガネの感情すべてを押しつぶさんばかりにまで
膨れ上がった・・・・・・それは、殺意!)

651 :所属不明機ネモ:04/04/18 00:34 ID:???
うわー・・・なんか表のほうで激しくドンパチやってるなー・・・・
逃げたほうがよさそうかな・・・・でも万が一見つかったらどーしよ・・・・

652 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 00:34 ID:???
>>644
お礼は元気になってから言ってください!
(担ぎながら自分の上着で>>644の左腕の傷を止血しようとする)
私の目の前で死なないでください!

653 :ギラ・ドーガ:04/04/18 00:36 ID:???
>651ネモ
 ・・・・・・やれやれ、だ。
 うろうろしている奴がいる・・・・・・・

 こいつをしとめさせてらおうかね。
(・・・・・モノアイが舐めるようにネモをにらむ。
 ・・・・・・ロックオン警報が、コクピットに鳴り響いた。
 ・・・・・・ビームマシンガンが、ゆるゆると・・・・・・
 動くのが見える。 
 ・・・・・・・狙われている・・・・・・!)

654 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 00:36 ID:???
>648
…おかしい…。さっきの盾といい…格闘技のような使用法といい…
まるでM1だ…。……何故…?
(考え込んでいる…。)

655 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 00:37 ID:???
>646
適当:ほれ見ろ撃ってきた!回h
帽子:わたしに当てようったってそうは行かないんだからね!
適当:・・・もしもし?
帽子:喋ってると舌噛むよ!
適当:・・・誰?
(攻撃を確認すると同時に物凄い勢いでハンドルをさばき始める。
 初撃をギリギリでかわすとすぐさまもとの位置に戻り追撃をやり過ごす)
帽子:どこ見てんのよ!!
適当:やるじゃん〜。
(右腕のガトリングで弾幕を張りつつ、ネロ目掛け砲撃)

656 :リック・ディアス乗り@リックディアス改:04/04/18 00:37 ID:???
>652
 ウホっ、いい気配♪
(着地)
『俺とぉ、やらないかぁ?』
(嫌がらせのように頭部ファランクスがばら撒かれる。
 ・・・・・・わざと狙いをはずしているのだ)

657 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/18 00:38 ID:???
>649
 インコムを引っ張り戻す。

「そぉれ戻って来い!」

 再び格納したインコムに自動機動をセットする。

「NTだかなんだか……。
 殺意が伝わらなければどうって事ないだろーが!」

 ビームラーフルをマシンガンモードへ切り替えて乱射しながら、
インコムを展開する。

658 :謎の牛:04/04/18 00:38 ID:???
(ドサクサに、壊れた建物から食料品を拝借。早い話、火事場泥棒である)
>651
ブモ・・・。
(目をあわせないように、通りがかりを装って目の前を通過・・・あからさまに不自然だ)


659 :所属不明機ネモ:04/04/18 00:41 ID:???
>653
・・・んげっ?!ロックされてる?!・・・右後方22度か・・・・
(後ろを取られたか・・・振り向いて撃つまでに5秒・・振り向くモーションを見てあちらさんが撃つまで2秒・・・
いきなり迎撃は無理か・・・なら、逃げ一択だな!)

660 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 00:41 ID:???
>>647
来たか!?
(Bサーベルの突きを機体を捻ってシールドで受け・・・・
合金製シールドがサーベルで溶かされ始めるのと同時に機体から切り離しBシールドを起動させサーベルを受け流す)
鉄の拳は痛いぞォォ!!
(左腕のBシールドで防御しながら右手からライフルを捨て、>>647のコックピット付近にウルトラチタン製の拳を叩き込む)

661 :種馬の娘@Z+A1 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 00:41 ID:???
>651
<通信>ほら!ぼさっとしていない!
>653
(ビームライフルを向ける)

662 :ボケ:04/04/18 00:42 ID:???
>658
(その後ろから火事場泥棒したソーセージを食べながら出てくるボケ。)

663 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト:04/04/18 00:42 ID:???
>648
…この動きは…武術…
しかし…ガンダムファイターの者とは違う………機体のOSなのか…?
(その、化け物染みた蹴りを受け流す事は出来なかった。
 左腕に装備されたシールドの中央、ビームシールドのユニットに
 機能不全が起こる、使用不能、ミラージュコロイドの効果が消える)

(見事にそこは背部、だが読み違えだったのだろうか?
 背部には、灰色の光が放たれていた、ミノフスキードライブの物と
 同質の、強すぎる光だ。
 それでも、その攻撃は放たれる、その光ととっさの緊急回避が
 功を相したのか、腰の後ろ部分にかするだけに終わる)

えつならば…上手く立ち回るしか無いな。
(使い物にならなくなった灰色のマントを内蔵機構で吹き飛ばす。
 それを自分の背後に回っていた機体へ向けて投げ付けると、
 自らもそれに続くように、眼下の敵に刃を突き立てんとする。

664 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 00:43 ID:???
>>660はついてない男のセリフです)

665 :キュベレイ乗り:04/04/18 00:43 ID:???
>神経質@クィン・マンサ

 ・・・・・・化け物が・・・・・・!
 こんなものまで!
 備えている!?
(横っ飛びで拡散メガ粒子砲を避ける)
 ・・・・・・クィン・マンサにビームは効かない・・・・・!
 なら・・・・・・!
(通信・艦隊)
 支援砲撃要請!
 射撃データは私が送る!
 ・・・・・・撃て!
(艦隊が、支援射撃を実行。
 対空対地両用、75ミリ短砲身レールガンによる猛射が
 クィン・マンサの巨体に襲い掛かる!)

666 :お調子者の女中尉:04/04/18 00:44 ID:???
>652
そーね……今度奢るわ……あ、いたたた……♪

(顔を俯かせ、汗を顔中に滲ませながらも片目を開けて笑う。
 止血に使われた上着は少し血を吸い、いずれ目的を果たす。)

ん〜………私も死ぬ時は大好きな人の傍で死にたいな…………ふふ…♪

(喋るのがやっとだと言う事が、その弱々しい一声から悟れる。
 なのに、自分の死を微塵も感じないかのように笑う彼女。自分にはまだ歩く道が残されているという
 確信の笑み。それは……生きる意志の強さ、そのもの。)

667 :ギラ・ドーガ:04/04/18 00:45 ID:???
>659
(動いた。ビームの弾丸を連射しながら、高速で接近してくる・・・・・・!
 ・・・・・・だが、動きは直線的。マシンの性能を十分に引き出しているとは
いいがたい・・・・・・)

668 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/18 00:45 ID:???
>642フォビドゥン
こっちもファンネルかよっ!?
(旋回しながら潜り抜けるように回避、装甲のあちこちをビームが焼く
 だが致命傷は無い、装甲も焼けるだけである)

>650キュべレイ
がぁぁぁぁ! 五月蝿い!!
黙ってろぉ!!
(押し潰さんばかりの殺意を、己の気合のみで押し返す)
オレの戦いは…
(現状で回避できないのなら、更なる速度を出せば良い
 コンソールを神速で叩き、リミッター解除)
殺さねぇことだっ!
(シールドを前面に構えて、真のフル加速で前進して横や後方からのビームを回避
 前方から来るビームをシールドで防御しつつ、全力で体当たりを仕掛ける)
 

669 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/18 00:47 ID:???
>665
 ―─wヘ√レv〜―

「……来るっ!」

(レールガンによる砲撃を、紙一重でよけ続け、艦隊の斜線軸とキュベレイを合わせるように移動する)

「こうも悪意を振りまいて……」

 椀部メガ粒子砲を連射しながら、右手でビームサーベルを引き抜いて。

670 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 00:47 ID:???
……M1…アストレイ…のデータが…。…それしか考えられないね…。
(通信→養成所サイド。全体通信)
(Fセンジスの画像を添付して。)
…この機体には…M1系列の技術が盗用されている疑いが強いです。
直接交戦の際はその辺ご留意ください。

…繰り返し言います。

…この機体には…M1系列の技術が盗用されている疑いが強いです。
直接交戦の際はその辺ご留意ください。

(微妙に誤解していたり…。)

671 :訓練用ギャロップ:04/04/18 00:49 ID:???
>633
(格納庫に、とって付けたようなビーム砲撃ちながら、すたこらさっさと戦場から離脱を開始)
「もう、修理に使う単位ピンチだしぃ〜」
「死んだら、元も子もないし」
「教官なら、殺されても死なないから、大丈夫だよ、きっと」
(流石、養成所の生徒。よくわかっている)

672 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 00:49 ID:???
>657暴力的
ほう、そこまでそいつを扱いきれるか
良いパイロットだが、少し感情的過ぎるな
(マシンガンを上昇して回避しつつ、接近
 左手のサーベルで切りかかるが)
チィィ! オートか!
(空中で旋回してインコムの一撃を回避
 サーベルでの一撃は未遂に終わる)

673 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 00:49 ID:???
>>666
死ぬなんて考えるな!
その大好きな人と結婚する事でも考えろ!
私も運命の人と結婚して子供生んで孫の顔を見るまでは死にたくない!
(そこまで言ってある事に気がつく)
・・・・・・・私、まだ好きな人が居ないんだった!!
(それが引き金になったのか・・・顔を真っ赤にして歩くスピードを上げていく)

674 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ ×2+EWACネロ:04/04/18 00:50 ID:???
>655
(EWACネモを庇うように、ガンイージーの一機が
 ビームシールドを展開しガトリングを防ぎ、
 キャノン砲の射撃からは両機射軸から離れて回避していく)
「敵機の観測を完了しました。
 脚部がタイヤになっている事から、多角的な同時攻撃に対処が難しいはずです。
 各機散開し、敵機を撃墜して下さい」
(連絡が入ると同時に散開。
 Vガンダムヘキサは正面から、ガンイージーの二機は左右で展開し
 足止めにメガビームライフル&ビームバズを打ち込む)

675 :fセンシズ小隊b:04/04/18 00:50 ID:???
>663
 感触が弱い・・・・・・!
 見切られている・・・・・・!
(驚愕するまもなく。モニターが灰色の闇に閉ざされる)

 くそ・・・・・・なにか、目くらましをされた!
(マントを剥ぎ取ろうともがく間に、一機のfセンシズが
いともたやすく刃に捕らえられ、撃墜される)
 ・・・・・・・まずいな・・・・・・!
(マントを剥ぎ取ると、撃墜されたfセンシズを見やる)
 ・・・・・・・2機ともコクピットをやられている、助かるまい・・・・・・
回収は無用か!
(撃墜された2機は爆破される)
 ・・・・・・
 さて・・・・・・ただで済ませるのも、つまらないな・・・・・・
(・・・・・・腰に、何かを挿している。
 ・・・・・・刀だ。
 そう気づいた瞬間放たれるは居合い!
 ・・・・・・なるほど、早い・・・・・・
 だが、それは・・・・・・
あくまで、一般兵にしては、というレベルに過ぎない)

676 :謎の牛:04/04/18 00:50 ID:???
>662
ブモッ!
(銃撃が止んだのを壁の影から確認し、「今だ、道路渡れ」の合図)

677 :鹵獲グスタフカールa:04/04/18 00:51 ID:???
>660
叩き込まれた拳によってコクピットはひしゃげ、パイロットは肉塊へと変わる
そして爆発も無くその場に崩れ落ちるグスタフカール

678 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/18 00:52 ID:???
>672
「あっぶなぁ……
 インコムの御陰で助かったかなぁ」

 上で回転したし好く―度を見る。

「逃がすもんかぁ!」

 バランスが崩れたところへ素早いサーベルの一撃。

679 :ボケ:04/04/18 00:53 ID:???
>676
(合図には気づかないが、タイミングはドンピシャリ。
 すたすたとボケが渡りきった道路は、数秒後、流れ弾によりめちゃくちゃに引き裂かれた)

680 :新三人娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 00:54 ID:???
>670
『え!?』(各自驚く)

海「M1……って何?」
赤「敵は……オーブ?(さらに誤解)」
種「ああもう!で、M1!だとなんなのよ!」

681 :所属不明機ネモ:04/04/18 00:54 ID:???
>667
うっへー・・・ぜんっぜんあたんねぇぇー・・・射撃訓練もっとしておくべきだったかな・・・・
しかし妙だな・・・何で撃ってこない?一発ぐらい牽制で撃ってきてもおかしくないはず・・

(まだ接近しつつ、連射中)

682 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 00:55 ID:???
>674
適当:囲まれたっ!?
帽子:そんの程度でぇっ!!
(全てのタイヤを使って全力バック。
 その勢いで砂煙が盛大に巻き上がる)
適当:おいおい、これじゃ見えねぇって!
帽子:やっかましい!とにかく撃ちまくる!!
適当:・・・はい。
(バックしつつ正面にキャノン砲×4で攻撃。
 左右には肩のミサイルを勘でばら撒く)

683 :謎の牛:04/04/18 00:55 ID:???
>679
ブモモ・・・ブモォォ!
(その後逃げ込んだコンビニで、キャビア缶や蟹缶を発見。
その姿は・・・ちょっと太くて色が黒い以外は、まさに古典的な日本の泥棒といった風貌だ)


684 :キュベレイ乗り@ヤクトキュベレイ:04/04/18 00:56 ID:???
>669
 ・・・・・・まずいわね・・・・・・2対1.
 しかも、このプレッシャー・・・・・・!
 並じゃない・・・・・・キュベレイのシステムが怯えている!?
(立て続けにけん制のビームを放ちつつ、高速で避けるが)
>668
(突進してくるメガネに吹き飛ばされる)
 っちぃ!
(体制を立て直しつつ、すかさず腕部ビーム砲で反撃を実行。
 そのままビームサーベルを抜刀し、クィン・マンサに接近する)

685 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 00:57 ID:???
>680
>海
「…M1アストレイの事!」
>赤
「だから…多分盗用だって。…サハク派が仕掛けてくるとは思えないし。」
>種
「接近戦で格闘術使って来たりするから要注意。って事。」

(各所から寄せられる質問に必死に答えてるw)

686 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 00:58 ID:???
>>677
・・・・やったか。
>>677の沈黙を確認すると投げ捨てたBライフルを拾う)
次はどい・・・・・・ん?
(新たなターゲットを探そうとすると>>666の肩を担いで退避しようとする>>673を発見)

>>666>>673
(二人の側に来てしゃがむ)
おい、怪我人がいるのか!?

687 :お調子者の女中尉:04/04/18 01:00 ID:???
>673
そーね………考えたって良い事ないしぃ……

(呑気な事を言い、徐々に早まる歩行速度にも必死で歩を進める。)

(そして、企業軍の兵士らしきエレカがこちらに気付き、エレカを走らせてくる。
 後部座席には緊急時の為に救護班らしき女性も座っている。)

「ちゅ、中尉!救護班!応急処置を!」
「申し訳ありませんが、そこの方。こちらのエレカへ中尉を寝かせてくれませんか?御願いします。」

688 :ギラ・ドーガ:04/04/18 01:01 ID:???
>681
 (ホバー機動しつつ、ビルを大回りに回って射撃を回避するギラ・ドーガ。
 そのまま回り込み、雨あられとビームマシンガンを片手で乱射する。
 ギラ・ドーガは腰に手を回していた。
 ・・・・・・射撃で圧倒しつつ、ビームトマホークの一撃で止めを
さすつもりのようだ。・・・・・・教科書どおりとはこのことだろう)
 

689 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/18 01:01 ID:???
>684
 切りかかってきたサーベルを、自分のサーベルで受け止める。

「そうやって、意識を自分で弄んでっ!
  一体、何が嬉しいってんだ!」

 バイオセンサーが同調し、徐々に、徐々にリミッターラインが上がっていく。

「それは悲しい事だって、気付けっ!」

 大出力で、いっきにビームサーベルを振るう。

690 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト:04/04/18 01:02 ID:???
>675
俺の読みが正しければ…コイツ達の動きには…
(自分の知る限り、OSに武術の形態が組み込まれてんいるMS等
 一機しか存在しなかった、そしてその機体は…良く知っている機体だ。)

………成程、確かに速い。
ーーーーーーーーーーーーーだが。
(その刃は軌道を外された、ガードに使われたのは左腕。
 既に破損したシールドを含めて、左腕全体で軌道を逸らしたのだ。)
 その間、背後の灰色の光り―詰まる所、この機体の出力―は
 着々と光りを増し続けている)
これ以上壊すと、色々面倒なんでな。

ーーーー機体性能に頼りすぎた者程度、俺でも充分だ。
(そう言い放つと、右腰に収めたままであったガーベラストレートを
 左腕で抜刀、抜刀するままにその機体へと突き立てんとする…!)

691 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 01:02 ID:???
>678暴力主義
チィ!
(サーベルの一撃をライフルで受け止め、
 ライフルが爆発する前に手放し、スラスターをふかして着地
 直後爆発するライフル)
(右手でサーベルを抜刀し)
……やれやれ、接近戦は不得手なんだが…
(その単眼でMk-Vを睨みつけ)
来い、シュバルト・エグザクソンが相手だ

692 :リック・ディアス改:04/04/18 01:03 ID:???
>686
 お楽しみを邪魔ですか?邪魔ですね?

 ・・・・・キール、ユゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ!!!
(ジャイアントバズを構えるリック・ディアス。
 ・・・・・・初弾が、今、放たれた・・・・・・!)

693 :エンジェル:04/04/18 01:04 ID:???
(企業軍のヘビーガンがその動きを止める)

メキィ…!

(ヘビーガンを蹴るように足で押さえつけて、そのコクピットハッチに突き立ったVザンバーを引き抜く。
 微動だにしないヘビーガンを一瞥したモノアイは、ぐるりと戦場をなめまわす。)

こっちは片付いたな…
それじゃ、オレも噂に名高い養成所の先生方にお手合わせねがいてえな!

(背部のスラスターが爆風を起こす。
 その風でまきあげられた粉塵が、翼のように広がった。
 視界が戻るころには、そのセンシズVは姿を消している。)

>684キュベレイ乗り
(そのヤクトキュベレイを護るように飛び降りてくる一機のセンシズV)
<通信>キュベレイ乗り
ヘイ!久しぶりだな?
助けたら今度こそ、やらせてくれるか?

>689神経質
(キュベレイ乗りからの返事も待たずに腕に内蔵されたグレネードランチャーをばら撒く。
 狙いは甘く、牽制目的のようだ)

694 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ+EWACネロ(頭部中破):04/04/18 01:05 ID:???
>682
「敵機後退を確認。
 このまま追撃を開始します。」
(正面のキャノンは射軸から離れて・・・
 砲身が砂埃により、確認できなくなって正確な判断が出来なくなる。
 そのために、EWACネロが頭部に被弾。機器が破壊され情報収集が不可能になる。
 更に、適当に撃ったミサイルが、やはり適当すぎて逆にコースが分からず
 ガンイージーの一機似直撃し、破壊される)
「マーク3・・・・・・。
 ちっ、このまま直進する。
 敵機には構うな。」
(そのまま全速力で進撃を始める)

695 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 01:06 ID:???
>>687
お、お願いします・・・・・
(エレカの後部にお調子者を寝かせて)
左肩からの出血が多いです。

>>686
フリーダム・・・インディなの!?
って、きゃあ!?
(今ごろになって>>656からのバルカンに気がついて地面に伏せる)

696 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/18 01:06 ID:???
>684キュべレイ
クソが、ァァァァァ!!
(身を捻るようにしてビームの一撃を回避
 そのまま通り過ぎて地面に着陸する)
クゥッ!
(着陸と同時に軋むのは、MSのフレームとパイロットの肉体)
そう何度も使えないか…!
けどよぉ!
<一瞬の間と共にライフルをキュべレイに発射する)


697 :fセンシズ小隊b:04/04/18 01:08 ID:???
>690
 腕で・・・・・・刃を、防いだだと!?
(受け流され、体が泳ぎ、そのままグレイの後方へ抜けるfセンシズ。
 突きが、fセンシズのバックパックを捕らえ、そのまま胸部にまで
突き抜けていた。
 ・・・・・・・あえぐように、一頻りセンシズはもがき・・・・・・ 
 そのまま、石のように落下していく。
 パイロットの死亡を確認したか。そのfセンシズも、また、爆発して散った。
爆発の閃光が、灰色の機体を血で染まったかのように照らし出す)

698 :新三人娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 01:08 ID:???
>685
『……』(距離をおいての射撃戦に徹する)

699 :所属不明機ネモ:04/04/18 01:09 ID:???
>>688
ぎゃーあぁー!後ろかラァな!
ボー(振り向き)スー(サーベル構え)ケー(両刃を出す)テーエェエ!!(ビームナギナタのごとく回転)

って全部は防げてないし!いつの間にかカメラやられとるがな!

(頭部カメラ破損、改良ビームサーベル回転中)

700 :自称17歳の教官@ドム・トローペン:04/04/18 01:09 ID:???
>692 
邪魔だぁ、ブレーキ半壊なドムの、進路上に突っ立てるんじゃない!
(腰にマウントしていたシュツルムファウストを3本立て続けに発射)

本気でどうやって止まろう。
(ホントに教員職か、こいつ)

701 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 01:11 ID:???
>>695
雪風!?
『PIPIPI!!』
敵!?
>>692のジャイアントバズに気がつき、雪風とエレカの盾になるように機体を動かし、
頭部の30mmガトリング砲で弾幕を張り、ジャイアントバズの弾を撃ち落す)
てめえぇ!!
このクソヤロウが!!

702 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト:04/04/18 01:11 ID:???
>697
………俺もお前も、愚か者だ。
(暫しの間紅く染まった灰色の機体、それが消えようとしている)

………ん…?
>695>686 刀女 ついてない男
オイ、大丈夫か?

703 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 01:12 ID:???
>694
適当:げ、アレで当たんの?
    真面目にやるだけ無駄ってか・・・。
帽子:ほらほら!まだ来るんだから手を休めない!!
適当:はいはい。
帽子:返事は一回!
適当:はい・・・。


    なんで教官にこんなに偉そうに命令できるんだろうか、この整備員?

帽子:逃げようったってそうは行かないんだから!!
(バックしている最中に右側の車輪が一気に正回転に戻る。
 左右の回転が逆転した事で、機体はその場で回転を始めた)
適当:うおっ!?
帽子:それーーーっ!
(180度回頭したところでガンイージに併走する形になる。
 その状態でガトリング砲を足元目掛けばら撒く)

704 :キュベレイ乗り:04/04/18 01:15 ID:???
>689
 この感じ・・・・・・!
 戦いを知ってる奴のだ・・・・・・ 
 気持ち悪い・・・・・・!
 知ってるくせにそうやって聖人ぶる、そんなお前らは嫌いなんだ!
(高出力ビームサーベルを、かろうじてサーベルで受け止める・・・・・・
 磁場と磁場の衝突。 
 高出力サーベルの刃からかすかにもれるメガ粒子が、キュベレイの装甲に
施された塗装を焼き溶かす。 
 ブースト。
 サーベル刀身に押されるように空中を進みつつ・・・・・・
 神経質の構えるサーベルに自らのサーベルを押し当て、
一刀で切り裂かれることを防ぎながら、そのまま接近。
 ・・・・・・全身に、無数の穴が開いている。
 さながら、蓮のように。
 中に、丸い何かが埋まっている。
 ・・・・・・ビーム砲だ・・・・・・!)
 
 この距離で、Iフィールドがどこまで効く!
 目障りなのよ!
(全身が、再び発光する。放たれるはメガ粒子の本流!)
>693
 この2機を片付けたら、あたしを物みたいに扱っても
いいわよ。こいつら、むかつくもの!
 皆殺して!


705 :お調子者の女中尉:04/04/18 01:16 ID:???
>695
「感謝する!」
「どうやらそのようですね。脈も弱い、顔色も悪い………
 とても危険な状態です。」

(テキパキと手当てし始める後部座席の救護班。)

>656
「うぉっ!済まないが、ここで失礼する!」
「あなたも直ぐに近くのシェルターへ避難を!」

(ファンクスの地面を打つ衝撃に顔を背け、再び刀女に目配せすると
 猛スピードでその場から離れる。)

706 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ+EWACネロ(頭部中破):04/04/18 01:17 ID:???
「マーク1。
 ここはわたしが足止めをしますので先に・・・・・・」
(ガトリングを素早く飛び上がり回避すると同時に、
 ビームバズを発射。
 やや、遅れてEWACネモからの援護射撃のBRが来る。
 が、頭部センサーが破壊されている為に狙いが滅茶苦茶。
 黙っていれば当たりそうも無いが、邪魔な事この上ない。)

707 :エンジェル@センシズV:04/04/18 01:18 ID:???
>696メガネ
てめえ!
人の女に手を出すんじゃねえ!
(フェンリルがキュベレイに対してライフルの射撃を行った直後に、その進路をふさぐようにスパークライフルをぶっ放す。
 電荷を帯びた特殊な弾頭が大気中に糸を引くように微弱に放電しながらフェンリルに襲い掛かる)

>704
了解。
殺し合いの後って燃えるんだよな〜!
(モニターの中で歪んだ笑みを浮かべる)

708 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 01:18 ID:???
雪風!逃げろ!!

>>702
頼む!
雪風が逃げる時間を稼いでくれ!

俺はこのクソヤロウのリックディアスをブチノメス!!

709 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/18 01:18 ID:???
>693
 幾つかを撃ち落し、半数以上を回避する。
 回避できるが、効率の悪い分を、肩のバインダーで弾きながら目を向けた。

>704
「だからそう言うのか!
  だからって、だからって貴様等は!」

 肩を突き出してタックルを仕掛ける。
 メガ粒子が肩のバインダーによって弾かれて、ビームの濁流の中を突進するように機体をあらわせる。

「もう、動くなァ!」

 突き出した肩の腕でサーベルを掴んで睨み据える。
 当たったにせよ、避けたにせよ、そのままサーベルを振るつもりでいる。

710 :リックディアス乗り:04/04/18 01:19 ID:???
>701
 おーやおやこの距離で撃墜とはやるねぇ?
 にしてもいいMS♪
 いやー殺したい。きれいに狩っておきたい。ちょっと勃ってきたなぁ僕♪
 あーモーたまらない!
(再びバズーカを立て続けに放つ)
 さーんだん、さーんだん、散弾バズ♪
 さっさと撃墜しないと逝っちゃうよ?
 健康に悪いからねぇ散弾は♪
(そのまま嫌がらせのように機体の周囲をぐるぐると回る。
 ・・・・・・リック・ディアスの比ではない速さでのホバー装甲・・・・・・!
 人間ならば当にGで死んでいるはずだ・・・・・!)

711 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 01:20 ID:???
>>708
インディ・・・・・・・
(立ち上がるとシェルターに走っていく・・・・・今、彼女にできる事はそれだけだ)

712 :ギラ・ドーガ:04/04/18 01:21 ID:???
>699
 ・・・・・・
(勝利を確信したように・・・・・・
 踏み込み、そのまま振り回されるサーベルを握る手めがけてビームトマホークをかすらせるように
振るう!)

713 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/18 01:22 ID:???
>691
 インコムをしまい、ビームサーベルを構えなおす。

「なら、正々堂々勝負つけようか、ガンダム!」

 ビームサーベルを横に振るう。


714 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト:04/04/18 01:23 ID:???
>708
(バズーカの破片から脚で刀女を護りつつ)
了解した、俺は彼女を養成所まで送る。
そいつは強い、呑まれるなよ。

>刀女
さぁ、早く乗れ、行くぞ。
(マニュピュレータを地面に下ろす)

715 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 01:23 ID:???
>706
適当:げ!おい避けr
帽子:ほいさぁっ!!
(今度は一瞬のラグをおいて片方づつブレーキをかける。
 その時間差によって40度ほど向きが変わり、ドリフト状態になっていく)
適当:ををををっ!?
帽子:ぼさっとしてないで撃つ!
(向きを変えつつも正確に相手を正面に捉えておく事に成功。
 キャノン砲の仰角を上げ、飛び上がったガンイージに攻撃を浴びせる。
 その間ネロのビームライフルが左肩のミサイルポッドを撃ちぬくが、
 すでに弾は入っておらず、小爆発を起こすのみ)

716 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/18 01:24 ID:???
>707エンジェル
ジャマなのはテメェだ!
(使い物にならないシールドからEパックを左手で取って
 シールドを投げつけて防御する)
新型のセンシズ……オレの知らないタイプかッ!
(ライフルのEパックを交代し、距離をとりながら2連射)

>709神経質
そいつは任せます! 俺はこいつをやる!!
あと……虫のいい願いかもしれないですけど、出来るだけ殺さずに!
(一方的に言い放て、通信をきる)


717 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 01:24 ID:???
>>710
チクショウーーーー!!
(散弾をBシールドで防御しながら雪風をかばい続ける)
テメエなんざにゃ・・・・・殺されねえんだよ!!
(防御しつつ、30mmガトリングを撃ち続ける)

718 :所属不明機ネモ:04/04/18 01:25 ID:???
>712
ぎゃぁーっ!手がぁー、手がぁーー!
なんて旧世紀のアニメの真似してる場合じゃねぇ、とりあえずコクピットめがけてケンカキック!

(ビームトマホークが手ごと切断、反撃として格闘技ケンカキック)

719 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 01:27 ID:???
>>714
お願いです!
格納庫に連れて行ってください!
(マニュピュレータに乗りながら叫ぶ)

720 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト:04/04/18 01:27 ID:???
>714
訂正。

了解した、その男は強い…呑まれない様にするんだな。
(そのまま飛び上がる、飛来した敵MSを数機叩き落した所で
 >711を確認する)
<通信>ついてない男
彼女の後退を確認した、こちらはもう弾が無い、後退するぞ。

(数機の敵MSを引き連れ、撃墜しつつ、養成所へと帰還する。)

721 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ+EWACネロ(頭部中破):04/04/18 01:27 ID:???
「がああああああああああああああ!!」
(キャノン砲が直撃する。
 もうもうと立ち上がる爆炎の中から、左腕と左足を失い、
 コクピットハッチが変形しながらも右手にビームサーベルを持ち
 相打ち覚悟で飛び込んできて、突きを出してくる。
 EWACネモも相変わらず、ビームライフルを打ち込んできており
 そのあいだにもVガンダムヘキサは養成所方面へと歩を進めていく)

722 :エンジェル@センシズV:04/04/18 01:28 ID:???
>709神経質
あははははっ!
やるじゃないの〜!?
クインマンサにビームは利かねえ…
なら、コイツはどうよ?
(スラスターで一気に飛び上がり、クインマンサの上方に位置取る
 そして、高高度からキュベレイ乗りに当たらないよう気を使いながらスパークライフルを二発、打ち込む。
 さながら、稲妻のようにその銃口が放電する)

>716メガネ
どわっ…!?
このサルがぁ!
今すぐ死んだサルに変えてやるぜ!
(色白な額に浮いた血管がピクリと動く。
 フェンリルからの銃撃を、空中で舞うように回避する。
 そして、スパークライフルを一発応射すると、その後を追うように格闘戦の間合いに踏み込む)

723 :キュベレイのり@ヤクトキュベレイ:04/04/18 01:28 ID:???
>709
 ・・・・・・・・・・・・・化け物!?
 (とっさに腕部をパージし、必殺の一撃を避ける)

 おまえ・・・・・・お前っ!
 何人殺してきたの!
 このオーラ・・・・・・一人じゃない!
 こんな気配をまとった奴は・・・・・・そう、いない!
 
 気持ち悪い・・・・・・
 気持ち悪い!
 気持ち悪いっ!
 一人のはずなのに、お前からはたくさんの声がする!
 死ね!不快な奴!お前は嫌いだ!
(全身のビーム砲から、光り輝く針が生える。
 すべてを拒絶する憎悪さながらに、そのイガを振り回しながら
女は全速で突進する・・・・・)

724 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト:04/04/18 01:30 ID:???
>720
更に訂正。
>719
あぁ、早くこちらに移れ。
(コクピットを開く、乗り込んだのを確認すると)
かなり辛いからな、気をつけろよ…

(急制動、爆発的な加速で養成所へと向かう灰色の機体)

725 :リック・ディアス改:04/04/18 01:32 ID:???
>717
 んっん〜これはいい。
 非常にいい。
 ひっじょーうにイイ!
 感じさせてくれるぜ、お前。
 高ぶらせたままイカセテくれよ!
(あいている左手でサーベルを構え、思うさまに横なぎに振るう)
 んーようやく俺も埋葬船団らしぃ戦い方って奴ができてきたねー
でお前さんの推進剤爆発でこのへんに逃げ込んだ連中もTHEエンド。
 んんんんんんあーだめだ。気持ちいい。

726 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 01:32 ID:???
>713
悪いがこいつは…ガンダムじゃないんでな
(ガンダムとの最大の違いであるモノアイを動かしながら
 横なぎの斬撃を右手のサーベルで弾き、左手のサーベルを振り下ろす)
シスクードだ、覚えておけ

727 :ギラ・ドーガ:04/04/18 01:33 ID:???
>718
(ネモが放つ渾身の蹴りに、くの字に折れ曲がるギラ・ドーガ。
 ・・・・・・そのまま、ややよろめく・・・・・・ 
 パイロットが衝撃でコントロールを失っているのだ)

728 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 01:33 ID:???
>>719は刀女のセリフです)
>>724
あのリックディアス・・・・・・・許さない。
(拳を握り締め)
無線で私のGセイバーをスタンバイさせて置くように言ってください。

729 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 01:33 ID:???
>721
適当:特攻!?脱出する暇くらいあるだろうに!?
帽子:バカに何言っても無駄無駄!!
(その下を掻い潜って抜けようとアクセルを全開にする。
 更に同時にキャノン砲による迎撃が行われ・・・結果バランスが崩れて真後ろに倒れる。
 それによってライフルは素通り、サーベルもキャノン砲の一基を貫くに留まる))
適当:っ〜〜〜〜(倒れた時に頭打った)
帽子:バランスにまだ問題が!?
適当:どうすんの!?
(覆い被さるガンイージの肩目掛け胴部バルカンを撃つ。
 ネロに対してはガトリングガンを向けるが角度が合わず狙いがつけきれない)

730 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/04/18 01:36 ID:???
【企業軍・NZ駐留艦隊旗艦・改アドラステア級「マナナン・マクリル」】

『さて嬢ちゃん、M.S.C.Sとのシンクロの度合いはどうかな?』

「以前より馴染みますが……少し妙な感覚もありますね」

『そうじゃろうな。今までは媒介でしかなかったバイオコンピューターの機能を生かすよう、設定を変更したからの』

「……なるほど」

『分かっておるじゃろうが、TOGAの稼動限界は最大出力で5分。
 それを越えれば装甲が溶け始めてしまうから気をつけるんじゃ。
 ついでにメガキャノンも、迂闊に最大出力で撃てば街一つが消し飛ぶ。こっちも気をつけねばならんの。
 あと……恐らく、掛かるGは今までの比ではない。自分の体とも相談しながら使えよ』

「ええ。
 アルフレッドさんに振り向いてもらうまで、無茶をするつもりはありませんよ」

『ほっほ、まさかお前さんがノロケるとはなぁ……よし、行って来い、エンネア=カーン少佐!』

「はい!」

【それが、凡そ10分前の出来事】

731 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/18 01:36 ID:???
>722エンジェル
ならオレは、その甲冑だけぶち壊してやるよっ!
(左手のEパックをスパークライフルの弾頭に投げつけて、爆発させる)
この間合いでオレに勝てんのは――
(そして左手で再度ビームソードを抜刀、ザンバーモードで切りかかる)
ザック・バラードだけだっ!

732 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/18 01:36 ID:???
>716
出来ればですけどね!

>722
 相手の意図に気付いたように上を向く。

「させるか!」

 腕から放ったメガ粒子砲がそれを相殺。
 無傷のクインマンサが姿をあらわす。

>723
「この悪意を……何処から持ってくる!
  どうして自分で振りまいてまで、悪意を散らせるんだよっ!」

 バインダーが、ビームのむしろを耐え抜き、一部バインダーをすり抜けた攻撃が、
分厚い装甲に突き刺さって機体に傷を突ける。
 其の時眼前に映えたは、憎悪。

「そうか……人に見せなければ、押し潰されるから!
  そうまでして他人に悪意を振りまいて……」

 突進するキュベレイの頭部目掛けて、鉄建を叩き込む。

「何で人を大切に出来ないっ!」

733 :所属不明機ネモ:04/04/18 01:37 ID:???
>727
・・・よろけたっ!このまま追撃してやるっ!

(ギラドーガがよろめいた所で追撃としてショルダータックルを仕掛ける)

734 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 01:37 ID:???
>>725
このイカレ野郎が!!
(右手に持ったBライフルを銃剣モードにして銃口から伸びたビームの刃でサーベルを受け止める)
魔女の婆さんに呪われやがれ!
(左腕でリックディアスの頭部を殴る)

735 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/18 01:38 ID:???
>>732は、神経質な候補生です。 OK?

>726
「よっく、解ったよ!」

(受けると同時に、今度は縦にサーベルを振るう)

736 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ+EWACネロ(頭部中破):04/04/18 01:39 ID:???
>729
(そのまま、ガンイージーは各所に穴を穿たれメインカメラの光が落ち機能を停止する
 WEACネロはそのまま前進しながら、ビームライフルを打ち込んでいくが、
 ガトリングがライフルに当たり爆発。右腕を無くし武装も無くなる。
 が、そのまま突っ込んでくる。
 Vガ(略))

737 :集団戦教官:04/04/18 01:39 ID:???
・・・・・・
やれやれ。
 どうにか、撃退できそうか・・・・・・
(安堵のため息をつくが)

 ・・・・・・
 ・・・・・・真昼に・・・・・・流星?
(モニターに何かが移る)
 ・・・・・・OK。奴ら・・・・・
 いつになく本気のご様子だ。
(・・・・・・最大望遠。ミノフスキー粒子と大気のために
揺らぎぼやけた画面に映し出されるはHLVの群れと・・・・・・
 それを次々に飛び立つセンシズU、そしてドップ改戦闘機の姿だった)

738 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 01:41 ID:???
>735
(サーベルをクロスさせながら防いで)
ああ、それと言っておきたい事がある
(そのまま振りぬこうと力を入れる)
お前は軍人に向いていないタイプだ

739 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト:04/04/18 01:41 ID:???
>728
余り養成所の整備班を甘く見ないことだ。
彼らは何時も、自分達の仕事に誇りを持って完璧な仕事を目指す。
俺達が、そんな事も判ってやれないでどうする。

<通信>格納庫
こちらゲイルだ、雪風教官のGセイバーを至急第三格納庫へ。
出撃準備は出来てるな?
「勿論、五分でやります!」
三分で行くぞ、急げ…!

(二分後)
着いたぞ、俺はこのまま第五格納庫まで下がらなければいかん。
後はお前次第、行くが良い。
(コクピットを開く、降りた女性が機体から離れるのを確認すると、
 他の格納庫へ向かって飛んでいく…)

740 :自称17歳の教官@ドム・トローペン:04/04/18 01:42 ID:???
>725
(やっと止まったらしく、ガキョンガキョンと駆け足で向かっていく)

ヒートサーベル・・・折れるなよ。
(授業で磨耗してるサーベルを逆手に構え・・・)
>734
今、援護する!
(リックディアスの背中目掛けて、ジャンプ。距離は飛べるか微妙だ)

741 :エンジェル@センシズV:04/04/18 01:42 ID:???
>731メガネ
(こちらもVザンバーを抜くと、フェンリルの斬撃を押さえつけつばぜり合いに持ち込む。
 振動するザンバーが発生させる磁界がメガ粒子で構成された刃を反発する。
 漏れ飛び散るミノフスキー粒子の光粒)

誰だと?知らねえな!
そんなことより、選べ!

(激しくフェンリルを押し返すと、胸部に直角にザンバーを振り抜く。)

ミンチがいいか、三枚におろすか!
それだけ選ばせてやるさぁ!

742 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 01:45 ID:???
>>739
ありがとう!
(灰色に礼を言うと自分の機体に駆け寄って乗り込む)
オールグリーン・・・・・・いける。
雪風・S・深井、Gセイバー地上戦モード出撃します!

743 :キュベレイ乗り:04/04/18 01:45 ID:???
>732
 あぅぅっ!!!!
(思うさま吹き飛ばされるキュベレイ。頭部は、完全にへしゃげていた・・・・・・)
 ・・・・・・・
 強い・・・・・・
 お前は、強すぎる・・・・・・!
 なんて力・・・・・・
 そんなちからで、お前は・・・・・・見たんだ。
 あたしをその目で汚したんだ・・・・・・!

 力があるからってそういう真似を平気でできる!
 力がありすぎる奴はみんなそう・・・・・・・
 そうやって何もかにもを踏みにじる!企業みたいな奴!
 おまえだってそうやって、何人も踏みにじってきたんだろうに!
 それが今のお前の力なんだ!

 ・・・・・・今の衝撃でメガ粒子砲をやられた!?
 作動しない・・・・・・!
 くぅ!
(サーベルを構えなおし、対峙する)

744 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 01:45 ID:???
>736
適当:お〜い。どうすんの?
帽子:こうするの!
適当:おいおいおいおい!!
(後ろに転んでいるとはいえ、6つある車輪の内後部の2つは地面に接している。
 それらを回転させれば・・・)
帽子:ほらまだ動ける!
適当:なんかガクガクしてて酔いそうだ・・・。
(ようするに倒れたままの姿勢で走り出したのだ。
 背面が地面に当たっているため、絶えず物凄い振動がコクピットを襲う)
適当:ぅぅぅ・・・マジで気持ちワリィ・・・。
帽子:気合が足りてないのよ気合が!!
(そのまんまネロは無視してヘキサを追いかける)

745 :イーグル@アクアウィップス:04/04/18 01:47 ID:???
>737
やれやれ・・・・・・
様子見に先行したらこれか・・・・・・
仕方ない。
少々試運転と行くか。
(水中から、両掌部に内蔵されたフォノンメーザーを打ち込んでいく)

746 :流石な傭兵兄弟@量産型ν:04/04/18 01:48 ID:???
「兄者、今回の作戦、やたら気合入ってるな」
「嗚呼・・・なんかヤケクソな感じだな弟者」
「で・・・兄者、コックピットの側面モニターに映ってるのは・・・角煮板か?」
「う・・・今、切り替える所だ弟者」
(一台のSFSに二人乗りで、センシズに混ざって戦闘地域に降下)

747 :リック・ディアス乗り@リック・ディアス改:04/04/18 01:49 ID:???
>734
 んーナックル。いーい判断だ、いーい早さだ!
 この国じゃ何番目か知らないな〜ぁ?だがなんとなく俺より下!
 腕と足なら足の勝ち!
(思い切り足を振り上げ、跳躍・・・・・サマーソルトキック。
 ターゲットは胸板・・・・・・バーニアまで吹かしている。
 噴射の熱で焼くつもりか・・・・・・!そのまま空中で反転)
>740
 あーらよっと♪
(空中でさかさまになりながら、飛んでくるドムに正対。
 思うさま放たれる散弾バズーカ)

748 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/18 01:50 ID:???
>743
 腕を引き、サーベルを展開する。

「欲しくて手に入れた力だとでも言う気かっ!
  力なんて……力なんて……」

 ビームサーベルを持つ腕を切り落とすように振るう。

「持ってからでないと、その恐ろしさに気付けもしない!
  その持ってしまった力を……
  どう使うかが、問題なんだろうっ!」

 意識が拡大する。

「理解(わか)り合えるかもしれないのに……
  何故その可能性を自分で潰すんだよっ!」


749 :Vガンダムヘキサ+ガンイージ+EWACネロ(頭部中破):04/04/18 01:50 ID:???
>744
(Vガンダムヘキサはそのまま速度を上げて先行逃げ切り体勢へ。
 EWACネモは懸命に追いかけてくるが・・・・・・やはり追いつけず
 離されて行く)

750 :ギラ・ドーガ:04/04/18 01:50 ID:???
>733
(さらに吹っ飛ばされるギラ・ドーガ。
 マリのように転げ跳ねながら吹っ飛ばされる。 
・・・・・・・
 中の人が気絶したのだろう。
 ギラ・ドーガは動かない・・・・・・)

751 :暴力主義者の女性:04/04/18 01:51 ID:???
>735
「そーさ、私はテロリストって奴だよ!」

 ニィっと笑いながら、サーベルの出力を上げる。

752 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/18 01:53 ID:???
>741エンジェル
(弾き飛ばされるのと同時にライフルを真上に放り投げ、
 両手でビームソード『フラガラッハ』を持つ)
知らないなら教えてやる!
(Vザンバーの一撃を『フラガラッハ』で受け止め)
俺の知りうる限り最強の『バカ』だっ!!
(気合一閃
 Vザンバーを強引に押し返して後退し、『フラガラッハ』を構える
 構えは脇構え……それは彼が生身でもっとも得意とする形)
…来い、格の違いを教えてやる…!
(全神経を次のセンシズIIIの一撃に集中させる)

753 :所属不明機ネモ:04/04/18 01:54 ID:???
>750
・・・・よし、20秒待っても動かない 戦闘区域を離脱して手を直さなければ・・・
(帰還ルートを一直線に走り抜けようとする)

754 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 01:54 ID:???
>>747
どおぉぉ〜〜!?
(噴射の熱で焼かれる事は無かったがそのまま後ろに倒れる)

755 :自称17歳の教官@ドム・トローペン:04/04/18 01:57 ID:???
>747
うらぁぁ!
(胸部装甲に散弾の一部が当たるが、そこは胸に分厚い装甲を持つドム。
コックピットは多少揺れたが、何事もなかったように向かってくる)
くたばれや!
(十数発しか弾がない、ほとんど弾切れ同然のマシンガンを取り出し、発砲。
 ヒートサーベルは、もう片方の手で持ったまま)


756 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/04/18 01:58 ID:???
【企業軍駐屯基地。
 敵部隊による奇襲に対応し切れなかった凡庸な指揮官が、顔を青くしながら戦況を見つめている。
 AEMAの部隊の猛攻の前に、基地周辺の防衛部隊は軒並み劣勢を強いられ、防衛戦の後退を余儀なくされているのだ】

『……この反応は……!?』

『どうした! この期に及んでまだ増援か!?』

【悲鳴を上げる指揮官。
 だが、彼の耳に届いたのは、兵士たちの歓喜の声だった】

『き……来てくれました!
 少佐です! あの朱色のトールギスV、間違いありません!!』

『あ・・・ああ・・・っ!!』

「こちらNZ駐留艦隊、エンネア=カーン少佐です。
 これより基地周辺の敵部隊の殲滅を開始します……あとは私に任せてくださいね♪」

『魔女だ……来てくれたぞ、朱い月の魔女が来てくれたぞ!!』

【兵士達のアイドルであり、企業軍屈指のエースパイロットであるエンネア。
 彼女の来訪は兵士達の士気を高め、その機体の威容は敵部隊の士気を挫く。
 事実、10分程度の戦闘で指揮系統を分断された敵部隊は、撤退を余儀なくされたのだった】


757 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 01:58 ID:???
>751暴力主義
そうか…なら
来世は軍人に生まれ変るといい、苦労がわかるぞ
(其の言葉と共にMk-Vに迫る一条のビーム
 発信源ははるか遠く、視界に写すのも難しいほどの距離…!)

758 :キュベレイ乗り@ヤクトキュベレイ:04/04/18 01:58 ID:???
>748 
 パワーダウンしているの!?
 わかっているのに・・・・・・!
(クィン・マンサのサーベルが、音もなくキュベレイの腕を切断する)
 ・・・・・・違う、この感じ・・・・・・吸われている!
 おまえ、おまえたち・・・・・・ 
 戦いだけがすべてじゃないって、力の使い方を間違ってるって、
そう言ってるの・・・・・・・

(一瞬、心を包む安らぎ。吸われていく殺意を自覚する。
 彼女は男の背後に数々の魂を見る。その無言の意思に、
一瞬同調する。その能力の高さゆえに、彼女は見てしまう。

 だが・・・・・・

 再び、憎悪は噴火した)

 ・・・・・・汚すな!入ってくるな!気持ち悪い!
 私は私であんたじゃないんだ!あんたのりくつを私に押し付けるな!
 殺す・・・・・・・いつか、絶対あんたも殺す!
 気持ち悪いんだそんな奇麗事っ!
(捨て台詞を残し、女はひたむきに逃げていく) 

759 :刀女@Gセイバー地上戦モード ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 01:58 ID:???
>>754
インディ!!
(やっと先頭エリアに到着した)

>>747
さっきはよくも・・・・・
(地上擦れ擦れを高速で飛びながらBライフルを放つ)

760 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 01:59 ID:???
>749
適当:・・・もうどうにでもして・・・。(完全にぐったりしてます)
帽子:お、いい出っ張り見っけ!しっかり捕まっててよ!
適当:あ〜〜〜?(よく聞こえてない)
(砲撃か何かで地面にちょっとした斜面が出来上がっている部分があった。
 その部分を走り抜けるとかすかだが機体が地面から離れる)
帽子:ここでスラスター全開!!
(この機体、重心が大分低い位置にあり、そのせいでスラスター位置が少々高めに来てしまっている。
 そこでいきなり全開で吹かしたため・・・起き上がりこぼしの如く勢いで状態が起き上がる)
適当:ををををっ!?ガンッ (気を抜いていたためコンソールパネルに頭を打ち付ける)
帽子:コレでOK!ほら!さっさと撃ち落して!!
(元の体勢に戻った事で本来のスピードが出せるようになり、ヘキサを追い始める)

適当:・・・ちょ〜〜〜っとだけ時間もらうな。(煙草を取り出して咥える)
帽子:あ!この子の中は禁煙!!
適当:っさい!!コレだけは何があっても譲らないんだよ!!
帽子:う・・・。

適当:プハー・・・あ〜〜〜生き返る〜〜〜。

761 :エンジェル@センシズV:04/04/18 02:00 ID:???
>743キュベレイ乗り
(サブモニターで劣勢なキュベレイをチラと確認する)
このバカ女が!
ぼさっとしてんじゃねえ!
いまさらそんなやつに飲まれるな!
今までたくさんの死を飲み込んできたお前だろうが!

>748神経質
おい、そこのオカマ野郎!
こっちだ、こっちに来い!
(言葉で挑発し神経質の意識をこちらに向けようとする。
 さらに、フェンリルとの戦いの合間に牽制の椀部グレネードランチャを一発。
 しかし、メガネの生徒を相手にしている彼には余裕はそれだけしかなかった。)

>752メガネ
なら、俺も教えてやるぜ、坊や…
戦場じゃ名前なんて飾りにもならねえ!
死んだやつが弱かっただけだ!

(脇構えのフェンリルに対峙する、右上段に構えたセンシズV
 その位置から、ザンバーを袈裟に振り下ろす。
 しかし、その一撃が受け止められる、あるいは避けられる一瞬前…
 全身に配置されたアポジモーターで強引に挙動を停止する。
 そして、さらにアポジモーターからジェット風を噴出し…
 袈裟ギリとは逆回転に回転、バットのようにザンバーを振り回す。
 フェンリルが袈裟の一撃を受けようとすれば、その逆側から高速振動する刃が襲い掛かるだろう)

762 :ギラ・ドーガ:04/04/18 02:00 ID:???
>753
(・・・・・・消えたモノアイが・・・・・・
 再び輝いた。
 緩やかに立ち上がりながら・・・・・
 ビームマシンガンを構え・・・・・・
 トリガーを・・・・・・・
 ネモの無防備な背中向け・・・・・・
 引きしぼる)

763 :暴力主義者の女性:04/04/18 02:00 ID:???
>757
「ちぃ!」

 たてを持つ腕を根元から打ちぬかれる。

「やるじゃんか」

 ビームサーベルを投げつけ、もう一本を引き抜く。

764 :緑猫@A2:04/04/18 02:01 ID:???
>762
(腕部ビームキャノンの照準をBMに合わせて撃つ)

765 :センシズU部隊+ドップ改:04/04/18 02:02 ID:???
「地上の連中、粘りがねえ!
 くそ・・・・・・!
 逐次投入になったか!」
「養成所を舐めすぎなんだよ!
 まぁいい、現状の戦力でもやれる!
 まずは挨拶だ!」
(HLVともども降下を開始する部隊。
 ・・・・・・・
 HLVは速度を緩めない。
 ・・・・・・・
 養成所に直接ぶつけるつもりのようだ)

766 :所属不明機ネモ:04/04/18 02:02 ID:???
>762
・・・?
後ろから変な駆動音が・・・
(振り向く)

767 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/18 02:03 ID:???
>758
「ここは……今戦いなんだよぉ!」

 相手のかたくなな、頑固とも言える拒絶にある意味原を立て、叫ぶ。
 周囲を囲むように展開し、動きを止める為にファンネルが火を吹く。

「誰の理屈でもいい!
  こんな事は……悲しいだろうにっ!」

768 :Vガンダムヘキサ:04/04/18 02:03 ID:???
(Vガンダムヘキサはそのまま後ろも無理向かずに進撃し続ける。
 そろそろ養成所の敷地内まで到達しそうなところだ。
 EWACネロは・・・
 頭部が中破しているのに全力移動をしたためにバランスを崩し
 木にぶつかり転倒してそのまま炎上する。
 パイロットの安否は定かでは無い・・・)

769 :リック・ディアス乗り@リックディアス改:04/04/18 02:08 ID:???
>755
(マシンガン、至近距離で着弾・・・・・・!
 細かいパーツが破壊される。横に旋回軌道。
 だが・・・・・・しかし、戦闘能力を奪うにはいたっていないようだ・・・・・!)
 ふん、言ってみりゃおまえさんこのリック・ディアスの親父みたいなもん?
 ま、ロートルはなんつーか息子に後を任せて引退。
 そのための○○●fxxk。OK。
 というわけで●●●〜!!!
(旋回しつつ、バズーカを構え・・・・・・立て続けに連射! 
 後方をとる腹のようだ)
>759
 んー。ガンダムさんのご到着〜こーの感じは地上で撃たれてた
あの子? 
 いいねー俺結構M。攻めて攻めて〜責めてったら〜ね〜ってばさぁぁぁ!?
(背を向けつつ、旋回軌道で同時にライフルまでもを回避。空いた手のビームサーベルを投擲。それめがけて背部ビーム
ピストルを動かし発砲、爆発させて目くらまししつつもう一発を

今度はコクピットめがけて発射!)

770 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 02:08 ID:???
>768
帽子:教官さん!ちょっとヤバイって!!
適当:プハー・・・慌てなさんな・・・スー。
帽子:ほら!もうすぐそこが養成所!!
適当:わーったわーった。
    そいじゃ・・・お仕事再開!
(急に正確になった砲弾がVヘキサに襲い掛かる)

帽子:そういえば追ってきてたのどうしたんだろう?

771 :ギラ・ドーガ:04/04/18 02:09 ID:???
>766
(・・・・・・雨あられと迫るビーム。
 ・・・・・・寝起きできわめて不機嫌なご様子です)

772 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/18 02:10 ID:???
>761エンジェル
じゃあオレの前に弱い人間なんて一人もいねぇことになるな…!!
もらっ…!
ーwヘ√レvv〜
(受け止めようと振り上げた『フラガラッハ』
 それが当たる直前でとめられるVザンバー
 MSでしかすることの出来ないフェイント、その完璧な動きは『フラガラッハ』を空振らせ)
見え……てんだよっ!
(――無い)
(少し遅れてフェンリルも全挙動停止、フレームを軋ませながら旋回する
 胴の装甲を切り裂かれながらも、Vザンバーをビームソードで受け止め)
コンノォォ!!
(そのままフル加速で体当たりを仕掛ける


773 :所属不明機ネモ:04/04/18 02:11 ID:???
>771
ぁン・・があがああぁえあけあかいああげあ!?!!
(20発ほど被弾、右肩からうつ伏せに倒れる)

774 :キュベレイ乗り@ヤクトキュベレイ:04/04/18 02:12 ID:???
>767
 うるさい!
 これだけ積もった悲しみを、殺す以外にどうやって晴らせって言うっ!
 そういうことをほざくなら、まず武器を捨てて見せろ!
 捨てられないお前に・・・・・・言われる義理はない!
(・・・・・・癇に障ったのだろう。
 全身を打ち砕かれながら・・・・・・
なおも残ったスラスターで正対してみせる)
 ・・・・・・殺す・・・・・・
 お前だけはこの身に変えても殺す!

775 :Vガンダムヘキサ:04/04/18 02:12 ID:???
>770
「この作戦。必ず成功させて見せる。
 部下の命の答える為に!!」
(頭部、両脚部、左腕と各部に回避しきれず被弾していくが、
 右腕とメガビームライフルは死守する。
 そして、養成所の敷地が視認できると同時にメガビームライフルを
 構えて発射体勢を取る)

776 :ギラ・ドーガ:04/04/18 02:13 ID:???
>773
(ざまぁみろ、と言いたげな様子で、徐々に接近・・・・・・
 止めを刺すつもりのようだ。
 動作系に不調があるのか。
 よろめきながら、じわり、地割と近づいてくる)

777 :刀女@Gセイバー地上戦モード ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 02:13 ID:???
>>769
これはガンダムではない!
Gセイバーだ!
(聞いてるかどうか分からないけど無線で言い放ち、Bシールドで防御してBライフルをバースト発射する)
乙女にあんな事をする貴様は・・・・・・ただでは済まないぞ!

778 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/18 02:16 ID:???
>774
「っのぉ……あぁ、もう!」

 ハッチを開く。

「顔が見えるだろ?
  そうやって、殺し殺されて……何時まで続ける気だよ!」

 身体を乗り出し、ヘルメットのバイザーを開く。

「そうでもなけりゃ、人に希望なんてありゃしない!」

 戦場の真中、重装甲のクインマンサが動きを止めている。

779 :自称17歳の教官@ドム・トローペン:04/04/18 02:16 ID:???
>769
なんの!
(胸部の拡散ビーム砲と、唯一の武装と化したヒートサーベルを振り回し相殺)
まだまだ現役、余計なお世話だ!
(とは言うものの、かなりガタがきており、操縦席の計器はオーバーヒート目前を示している)

この!
(反転後、前のめりにジャンプ、そしてサーベルを突き出す)


780 :所属不明機ネモ:04/04/18 02:18 ID:???
>>776
んが〜・・・死ぬのか、俺。
まだ・・・何一つ親孝行なんて・・・してねぇんだぜ?
・・・・・・・・・・
そうだよな・・・死ねるわけねぇよな・・・
こんな所で・・・死ぬなんて・・・ まっぴらごめんだぜぇ!
(ゆっくりと起き上がり、持っていた少し小さくなった盾をギラドーガに投げつける)

781 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 02:19 ID:???
>775
適当:多パーツ構成MSはこれだからっ!
帽子:かなりヤバイと思うんですけど!!
適当:とにかく飛ばせ〜〜!
(急速接近しつつそれでも正確にメガビームライフルに狙いをつける)
適当:そこっ!
(しかし、砲弾が放たれる事はなかった)
帽子:どうしたの!?
適当:あちゃ〜〜〜〜、弾切れだわ(汗)
帽子:どーすんのーーーー!?
適当:とりあえずもっと近寄れ!!
帽子:体当たりはやだかんね!!
(ガトリング砲の射程に入るように更に接近を試みる)

782 :エンジェル@センシズV:04/04/18 02:19 ID:???
>772
なんだ、お前…
童貞か?
いいぜ〜、殺しはよ〜!
少なくともそいつよりオレが上っていう絶対的な価値基準になるからな!
人間、自分の立場を確認するのは重要だよな?

(無駄口を叩きながらも、激しく浮き出す額の血管。
 この男とセンシズVにとっても、この挙動はかなりの無茶だったのだ。
 しかし、その一撃はかろうじてだが受けられる)

このクソザルがぁ!

(体当たりに来たフェンリルの肩を、足を振り上げて蹴るセンシズ。
 その反動と胸部のスラスターを併用して、一気に後ろに飛ぶ。
 そして、距離を取って着地しながら、胸部にマウントされた小型のスパーク・キャノン二門から電撃弾を放つ。
 皮肉なことに、この武装、ビーム兵装に比べてパイロットを殺さずにMSの機動を停止することが容易だ。
 操縦者に殺意がなければ、の話だが…)

>774キュベレイ乗り
いいから退け、バカ野郎!
てめえ、ここで死んだらやらせてもらえなくなるだろうが!


783 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/04/18 02:19 ID:???
>775
【大気が、爆ぜる。
 巨大な質量の物体が、空気の壁を切り裂いて接近する。
 それは、白き閃光。
 否―――
 それは、白き衣を身に纏った、朱き月の女神。
 月の処女神の名を戴く朱色のMSが、上空に舞い―――】

「させません!!」

【弓矢ならぬヒートロッドが、その背中へと叩きつけられる!】

784 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 02:20 ID:???
>763
(サーベルを弾き飛ばし)
ちっ、一発で終わりか…、存外に使えんな
(右手のサーベルでMk-Vを指し)
まだやる気か?

785 :キュベレイ乗り@ヤクトキュベレイ:04/04/18 02:22 ID:???
>778
 こいつ!?
 ふざけて・・・・・!
(見える。彼女には何かが見えている)
 おまえ・・・・・・
 あたしより・・・・・・
 悲しいものを、
見てきたの・・・・・・?
(不意に動きが止まる)

786 :暴力主義者の女性@ガンダムMk−X:04/04/18 02:23 ID:???
>784
「……勝負だ、ガンダムもどき!」

 同じくサーベルでシスクードを指す。

787 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/18 02:26 ID:???
>785
 上げたバイザーの下から怒鳴る。

「知りませんよ!」

 だが、言葉とは裏腹に、他人からは見えうるその記憶。
 記憶ではない、記録とも言うべき情報の断片。

「俺は混線前の記憶がごっちゃになってるんだよ!
  そんな見てきたかどうかなんて……解るものか!」

 だが、確かに断片は一本のラインを辿っている。
 本人に気付く事が不可能なだけで…。

788 :ギラ・ドーガ:04/04/18 02:26 ID:???
>780
(放り投げられたシールドが、頭部に命中する。
 携帯用シールドとはいえ、それは巨大な金属の塊である。 
 時速にして数百キロ以上の速度で振るうことすら可能と
言われるマニピュレータによって、恐るべき運動エネルギーを
与えられたそれをまともに食らい、よろめくギラ・ドーガ。
 それは同時にモノアイを砕き、目を奪う・・・・・
 しかし、ギラ・ドーガはあきらめるつもりはないようだ。
 よろめきながら、ビーム・トマホークを改めて構える・・・・・!)

789 :Vガンダムヘキサ 全滅:04/04/18 02:26 ID:???
>781
「この瞬間。
 神もとうとう俺たちに味方したようだな。
 長き因縁に今決着を!!」
(トリガーを引き絞ろうとするが)

>783
(瞬く間に接近をされ、反応すら出来ず。
 いや、裏の機体に機を取られすぎていたが為に気がつかず、
 トリガーを引き絞る寸でのところでヒートロッドが
 背中から突き抜け、コクピットまで到達し、
 その指がトリガーを完全に引き絞る事は叶わなかった。
 そのまま、役目を果たす事も出来ぬまま爆炎へとその身を転じ
 人生の幕は閉じられた。)

790 :イーグル@アクアウィップス:04/04/18 02:28 ID:???
>765
ちっ。
あのままHLVを質量爆弾としてぶつけるつもりか。
一応やらせては困るんでな。
(水中から飛び出し、高出力のスタスターでそのままHLVに
 突っ込んでいく)

791 :適当&帽子@ランドマスター:04/04/18 02:31 ID:???
>783
適当&帽子:を?

>789
適当&帽子:ををををををををを!!

(通信)魔女
適当:だれだか知らんがナイス!
帽子:あっぶなかった〜〜〜〜。
適当:それじゃ後は任せた〜〜。
帽子:こんどなんか奢るねー!


適当:さて・・・一旦戻るか〜。
帽子:もう出る幕無いと思いますけど。
適当:ならそれもいい。
(帰還していく)

792 :リック・ディアス乗り@リック・ディアス改:04/04/18 02:31 ID:???
>778
 ・・・・・・ゥボァー。
 至近距離射撃なんて、かわせねえよ・・・・・・

 なんつって♪
 コイツハ・・・・・・・・こう♪
(・・・・・・宙返りしながら、空中に逃れ、上空から必殺の
ビームを浴びせようとして・・・・・・・)
>779
(もろに肩口にサーベルの突きを食らう・・・・・・貫通!)
 ちぃ!舐めたのがよくなかったなぁ今畜生!
 重量を生かした剣技・・・・・ドムならではってやつか!?
 くそ、右はだめか!
(右腕を肩ブロックごとパージ)
 ・・・・・・やーや不利・・・・・・でもないかね?
(にやり、とする。
 上空から降り注ぐ、センシズUからの援護射撃)

793 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 02:31 ID:???
>765
…………とんでもないことやるね…。
(HLV目掛けアグニが乱射されている…。)

794 :ぽややんな教官@代理:04/04/18 02:31 ID:???
以下、甜菜用にお借りしまつ。

>765
各コンデンサ充電完了。
全回路を直結、発射準備。

(養成所の格納庫から現れたV2R。その双肩に、B装備に似た巨砲が背負われている)

狙い撃ちだね。その無謀さに敬意を表して、この砲を捧げる事にしよう。

(その一言と共に引かれる引き金。太く熱く、眩しい殺意がHLVを穿たんと放たれる。
 戦艦の主砲と見間違う程の、MSの火器の範疇を越えかねない強大な一撃。
 Destructive New Accelaration system beam Cannon.
 対DG戦闘さえも視野に入れた、準戦略級火器がHLVに迫る)

795 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 02:31 ID:???
(養成所から少し離れた、とある場所にて……
 警備厳重なMS工場のひとつに、噂好きの姿があった)

……戦況、どうなってますぅ?
……良くないですねぇ♪ 敵の数、かなり多いですねぇ。

(工場の中を振り返って)

……『ゼファー』と『エアリアル』、出せますかぁ?
できれば、どちらももう少し訓練させてからにしたかったですけどぉ……

ええ。装備は全部実弾装備で。
倫理コードのアーマープロテクト解除、敵はAEMA軍に設定。
敵味方識別コードは「企業軍実験部隊」で。
企業軍、養成所の双方に、援軍が出撃する旨、連絡お願いしまぁす☆

……『エアリアル』はもう少し時間がかかりますかねぇ?
じゃ、先に『ゼファーロード』だけでも出して下さぁい♪

(……しばらくして、工場の格納庫の扉が開き……
 一機のMSが出てくる。
 両肩に翼のようにシールドを装備した、UC系ガンダムの面影を備えた重厚な姿。
 『彼』は重量がないかのようにフワリと浮くと、戦場に向かって飛んでいく……

 工場では、他のMSの起動準備も行われているようである)

796 :HLV:04/04/18 02:32 ID:???
>793
(巨大なHLVに、それを交わすすべなどない。
 一撃で、あっさりとしとめられる・・・・・・・。
 爆発。
 爆炎が渦巻く・・・・・・・!)

797 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/18 02:32 ID:???
>782エンジェル
絶対的な価値基準なんていらねぇよ…ただオレは
ダレカが悲しむのを見たくない!
(向こうにとっても無茶な機動は、確実にフェンリルにとっても無茶であった
 だがリーディス・ラザフォードは、その無茶を不自然なまでにものともしていない)

来るっ!

(足を地面に押し付けて、急ブレーキをかけて停止
 迫る電撃弾のうち一発は身を捻り回避するが、もう一発を左手で受け止める
 左手から発生したスパークは左腕を覆い、一瞬にして全身を覆う)
ガァァァ!
(膝から崩れ落ちるフェンリル、コクピットへ漏れ出した電気は
 パイロットを殺すことは無いが、その意識を奪い取るには十分すぎる量)


798 :所属不明機ネモ:04/04/18 02:34 ID:???
>788
・・・ケッ、上等じゃねぇか マジの接近戦 やらしてもらおうじゃないの
(近くに落ちていた取り落とした改良ビームサーベルを「左手に」持ち、ビームを発生させて構える
ちなみに改良ビームサーベルはバッテリー式 残り稼動時間は黄色のあと十数分)

799 :自称17歳の教官@ドム・トローペン:04/04/18 02:36 ID:???
>792
・・・ああ、上か!?

ちっ…両腕・・・いや、冷却周りもやられた!
(前によろめく機体のバランスを制御し、仰向けに倒れさせる)


800 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/04/18 02:38 ID:???
>789
【狩猟の女神は、射止めた獲物を振り返る事すらしない。
 純白の衣を脱ぎ捨て、すぐさまその場から飛び去っていく】

「HLV……降下中の敵部隊……」

【国防軍の索敵網が捉えた敵部隊に関する情報を受け取り、暫しの間思案する】

>796
「爆発……あの近辺ですか!」

【HLVの予測降下地点へと到達すべく、TOGAを纏わずに接近していく】

801 :HLV:04/04/18 02:38 ID:???
>794
(いや・・・・・・内部に、まだ、何かが・・・・・・
 ある!
 ・・・・・・・アンチビームコーティングを施された、
超大型爆弾・・・・・・!
 ・・・・・・アグニの直撃にすら耐えたそれを、
直接養成所の中枢に叩き込み・・・・・・
 一撃で指揮機能を破壊する腹のようだ!)
集団戦教官「二段構えかよ!?」
ふくかん「まずいですね。あのタイプのやつは・・・・・・
生半な火砲じゃ破壊できない・・・・・!
 ・・・・・・落下速度が速いですね、やってくれます、つくづく・・・・・!」
集団戦「南無三!」
 
 だが。
 しかし。
 閃光が閃く。世界を一瞬まばゆく照らし出すほどの、超出力の砲火!
 それは、表面のビームコーティングをものともせず、地中深くに
もぐりこむために施されたガンダリウムガンマの装甲をたやすく射抜き・・・・・・

 そして、爆弾は跡形も残らない。 
 巨大な花火が、咲き誇る・・・・・・・・・)

 ・・・・・・
集団戦教官「・・・・・・いつもながら。ものすごく迎撃がうまい人だな」
ふくかん「ですねぇ」
(唖然とする二人)
 

802 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 02:39 ID:???
>>792
俺を忘れてるぜ!
このイピカイエー、マザーファッカー!
(何時の間にか体勢を立て直したRGM−196が至近距離からBライフルを発射!
ついでに再装填したグレネードランチャーも発射)

803 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 02:39 ID:???
>796
……ッ…。
(他の空中の敵目掛けアグニを連射する…。)

804 :養成所・大型戦闘機用滑走路横:04/04/18 02:40 ID:???
ゴゴゴゴゴゴ

「あ、あれは!」
「格納庫の屋根が割れていく・・・」

シャシャシャシャシャシャシャ
ウィィィイィィン

「な、なんだぁ?!」
「ボールなんですか、これ全部」

整備班による、悪あがき――開始。
 十数機のケーブル付き無人ボールが、対艦ミサイルに背負われ空へ。
                               そして、ドップ隊に突っ込んでいく。


ビバ、養成所整備班の(ある意味)秘密装備。

805 :店長代理@シスクード・sin:04/04/18 02:40 ID:???
>786
(ハァ、とため息一つ)
まったく…おかしな女だ
(踏み込みと同時にフルスラスト、両手のサーベルで
 十字に切りつける)

806 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 02:41 ID:???
>801
………又…一本とられたね…。
(溜息をつくと迎撃に集中しだす。)

807 :エンジェル@センシズV:04/04/18 02:41 ID:???
>797
安心しろよ。
もうお前が誰かの死を見て悲しむことはねえ。
今度死ぬのはお前の番なんだからな!

(いびつで歪んだ笑顔を浮かべるエンジェル。
 額に血管を浮き出させ、子供が見たらひきつけを起こしそうな顔だ。
 地に倒れようとするフェンリルに向かってスパークライフルを構える)

808 :キュベレイ乗り:04/04/18 02:42 ID:???
>787
 ・・・・・・そう。

 ・・・・・・今日は・・・・・・
 もう、やりたくない。
 
 帰るわね・・・・・・
 悪いこといわない。戦うの、もうやめたほうがいい。
 あんたは強い、強すぎる、だから知らぬ間に悲しみの真ん中に
行くんだ。
 
 ・・・・・・帰るわ。次の戦いで、あんたのことを見ないことを願うわね。
(全速力で離脱していく)

809 :気分屋な男@ゼク・アイン:04/04/18 02:43 ID:???
>796
HLVを落とすか……やるねぇ〜。
≪真面目にやってるんですか!?≫
やってるって♪
≪もう!いいから出撃してください!≫
へーい……かわいい声が聞こえなくなるのは惜しいけど、通信。切らせてもらうよ♪
≪馬鹿!≫

(通信後、表情を急変させるパイロットが一人。)
ま、落としてくれるぐらいじゃなきゃ困る。
大渦の中心は見えれども、その渦が何を巻き込むのかを悟るのは難しい。
さ、出来れば先頭はしたくないが、ちょっと前に出ようか。

(戦闘区域を見据え、悠長に考え事をする隠れたエースパイロットが一人、前へと進む。)

810 :ギラ・ドーガ:04/04/18 02:44 ID:???
>798
(そのまま、間合いを狭めていくギラ・ドーガ。
 ・・・・・・ビームホークを頭上高く構えている。
 ・・・・・・サーベルの間合い。
 リーチ不足は承知、加速して一気に振り下ろす!)

811 :流石な傭兵兄弟@量産型ν:04/04/18 02:45 ID:???
「兄者・・・」
「ん・・・!?い、いや、決して戦闘中にエロパロ板を覗いていたわけでは」
「そろそろ、SFSの燃料切れ兼養成所の弾幕スレスレだ、離脱するぞ」
「うむ、シールドにビームガン、おやつは300円までと」
「兄者、遠足じゃないんだぞ、それに・・・そのウメボシ、駄菓子屋のやつだろ、多分おやつに入るぞ」
「なんだってー!?」
(とにもかくにも、着地する2人)

812 :センシズU部隊:04/04/18 02:47 ID:???
>800
(・・・・・・勝負にならない、ということを自覚しているのか。
 ・・・・・・降下ルートを変え、別方面へと降下していく
センシズUの群れ。
 着地と同時に、例によって施設を片っ端から破壊していく。
 積年の鬱憤を晴らすかのように)

813 :??@西風の王 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 02:47 ID:???
>797>807

(……倒れたフェンリルの前に、風のように凄まじい速度で割り込む影。
 中のパイロットがGで潰れかねない急ブレーキで停止する。

 それは、両肩に盾を持った『ガンダム』。
 その盾で攻撃を防ぎつつ、両手には何やら大降りな『拳銃』を持っている。

 ゼファーロード。それが、この『ガンダム』の名前。
 その『パイロット』は、倒れた者・撃とうとする者、双方に対して無言を貫く……)

(この機体のスペックデータは、
h ttp://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/comic/288/1052241267/358-360
 参照のこと)

814 :神経質な候補生@クインマンサ:04/04/18 02:50 ID:???
>808
「……くそっ!」

 装甲を叩く。

815 :所属不明機ネモ:04/04/18 02:50 ID:???
>810
勝負は一瞬、やるかやられるか・・・だがなっ!
そう単純に来ると思ったら大間違いなんだぜっ!
(左に半身ずらして横からビームサーベルを一閃させる)

816 :リック・ディアス乗り@リックディアス改:04/04/18 02:52 ID:???
>802
 ・・・・・・わーすれてた!

 ・・・・・・とおもう?
(わずかに機体を動かして、かわす。
 動かなければ直撃する。
 しかし、大きく機体を動かせば確実に二撃目で
しとめられる。
 ・・・・・・砲身の動きから射撃を予測し、寸部で見切り回避する。
 言葉の軽薄さとは裏腹に、このパイロット・・・・・強い)

 ・・・・・・大体にしてさ。
 全身をいじくられて。
 まして脳みそまでいじられて。
 人に扱えないMSを乗りまわーすこの俺様を、
ここまでやってくれるとはさすがとしかイイ用がない。
 そして。あんたの言葉。
 マザーふぁっカー。
 やり忘れてたことを思い出させてくれてありがとう。
 ・・・・・・お礼・・・・・・受け取ってー♪
(全身が爆発する・・・・・・いや。
 装甲の中に埋め込むようにして設置されたクレイモアが一斉機動したのだ。
360度全体にばら撒かれるボールベアリングの嵐!)

817 :『嵐の精霊』部隊 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 02:52 ID:???
>812
(そのセンシズU部隊の前に、GM系の、しかし見たことのないMS部隊が割り込んでくる。
 両肩に翼のように盾を備え、重量がないかのように空中を舞う、GMの部隊……

 センシズU部隊の攻撃を、ことごとく両肩の盾でブロックし、受け流していく。

 その名は、『エアリアル』。
 企業穏健派の秘密計画『テンペスト計画』によって生み出された、嵐の申し子たち……

 彼らは、一斉に、両手にビームピストルを構える。
 両肩のシールドは肩アーマーから伸びるアームに支えられているので、両腕とは別に、自由自在に動かせるらしい)



(この機体のスペックデータは、
 h ttp://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/comic/288/1052241267/361
 参照のこと)

818 :エンジェル@センシズV:04/04/18 02:53 ID:???
>813
(ライフルのトリガーに掛けられた指が引き絞られる一瞬前…)

…なんだ?

(外気から遮断されたコクピット内に一陣の風が吹いた。
 いや、それは気のせいだったのか…
 とにかく、彼が気がついたときには『ガンダム』はそこにいた)

迂闊…
こんな距離まで寄せるとはな。
オレも随分焦ったもんだぜ…

(もう一度額に浮いた血管がピクついた時には、既にライフルは『ガンダム』に向けられていた。
 何のためらいもなく発射される高圧電流を秘めた銃弾)


819 :ギラ・ドーガ:04/04/18 02:55 ID:???
>815
(振り下ろしたビームホークを跳ね上げるより早く・・・・・・
 ビームサーベルが胴体を真横に凪ぐ。
 出力が強化されたサーベルの刀身は、熱したナイフでバターを裂くように
装甲を溶かし、引き裂き・・・・・・

 一瞬の後。ギラ・ドーガの上半身が、大地に落下する。
 下半身は、踏み出された状態のまま、いついつまでも立ち尽くす・・・・・・・)

820 :センシズU部隊:04/04/18 02:56 ID:???
>817
 ・・・・・・来たかよ・・・・・・!新型!
 だが・・・・・・早々簡単に、やらせねえっての!
(フライングユニットがうなり、センシズUの群れは
いっせいに襲い掛かる)

821 :流石な妹者@ガンキャノンU改:04/04/18 02:57 ID:???
>811
(その後ろから追ってくる一機のSFSに乗ったガンキャノンU)

あにじゃ〜
ははじゃが今日は早く帰ってこいって言ってたのじゃ〜
それを伝えに来たのじゃ〜

(そして、二人と一緒に着地する)

822 :所属不明機ネモ:04/04/18 02:57 ID:???
>819
・・・これが、戦争か・・・
むなしいな・・・


帰還しなきゃな。全速力だ!
(帰還ルートを一直線で走り抜け、戦闘区域離脱)

823 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 02:57 ID:???
なんとか邪魔も入らずに降下できましたか・・・。
(大気圏突入を無事に済まし、高空から養成所を目指す)

あれ・・・?もしかして、戦闘中だったり・・・?
どうしてこう毎度毎度問題が・・・。
愚痴ってもしょうがないですね。
とにかく何とかしませんと。
(ゆっくりと降下していく)

824 :流石な傭兵兄弟@量産型ν:04/04/18 02:58 ID:???
>817
「む・・・こいつら、心の色みたいなのがまったく読めねぇ・・・」
「MDなのか、兄者?」
「とりあえず、味方を出汁にして様子見るか」
「流石だな、兄者」
(センシズ部隊の後ろの方で、兄者がビームガン、弟者はビームランチャーを散発的に撃っている)


825 :メガネをかけた生徒@フェンリル(ビームライフル:04/04/18 02:58 ID:???
>807
(普通の人なら完全に気絶する電力
 だが彼の体にあるDG細胞がすぐに気を失うことを許さない
 故に彼は顔を挙げ、自らを殺そうとするものを見た)
ここで……終わりか…?
(悔しそうに歯噛みし、センシズIIIを力なく睨みつける)

>813
(死の確信とともに吹く風
 それは彼の故郷に吹いていたさわやかな風にも似ていた)
な……に…?
(そうして驚愕する、そのMSにはパイロットが乗っていない
 MDやMWではない、完全な無人機)
ゼファー…ファントム……だと……?
(そこで彼の意識は途切れ、フェンリルは地面に伏した)

826 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/04/18 02:59 ID:???
>>813
あの動き・・・・・・
(突然現われた味方MS・・・・その動きに見覚えがあった)
無人・・・・・・・・MWか!?

>>816
ぐおぉぉ!!
(再度、Bライフルを発射した瞬間、ボールベアリングを受け爆発!
周囲に白煙が立ち込め、視界が制限される)

827 :・・・・・・:04/04/18 02:59 ID:???
我ら主に対し罪を犯したり。我ら攻め上り、我らの神、主が命じしままに戦わん・・・・・

828 :金髪@アストレイ相乗り:04/04/18 03:00 ID:???
>823
…。
(虚ろな目でその情景を眺めている…。)



829 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/04/18 03:02 ID:???
>812>817>820
【降下してくる敵部隊を一気に殲滅すべく、右肩の巨砲を構えようとする。
 しかし、チャージ完了よりも先に降下コースを変更されてしまう】

「流石に施設を巻き込むわけには……白兵戦ですか、仕方ありま―――」

【エアリアルの一団に驚く】

「―――識別コードは……味方、ですね」

【彼女はタイミングを窺う。
 エアリアルとの交戦の為、再び舞い上がったセンシズUの部隊を一網打尽にできる、そのタイミングを。
 女神の弓に、ゆっくりと矢が番えられていく……】

830 :流石な傭兵兄弟@量産型ν:04/04/18 03:03 ID:???
>821
「早く帰って来いだとよ、兄者」
「は・・・もしや、今日は父者と母者の結婚記念日だったか!?」
「どうしたんだ、兄者。射撃が、ぶれてるぞ」
「今夜は外食かもしれんぞ・・・」
「兄者、いっつも俺らファーストフードや定食屋通いじゃないか、何を今更・・・」
「いや、高級な所に連れて行ってもらえるかもしれんぞ」
「・・・食い意地の塊だな、兄者」
「了解、妹者。キリが良いところで切り上げて、早めに帰る」


831 :ゼファー@西風の王 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 03:03 ID:???
>818
(無言のまま、左肩のシールドが電撃弾の進路を遮る。
 そして、命中の直前……左肩のシールドが、「光る」。

 シールドの表面を覆うように展開されたビームシールド。
 それが、電撃弾を完全にブロックし、蒸発させていた。)


……ゴゥッ!!

(風が、吹く。
 重力を無視した動きで空中に浮かび上がると、急加速でエンジェル機に接近。
 加速そのものはミノフスキーフライトのスペック内だが、乗り手は高いGで攻撃どころではないはずの加速。
 なのに……平然と、そのガンダムはピストルを手にし、正確無比な連射をしてくる!
 右手の銃からは実体弾が、左手の銃からはビームの閃光が、それぞれ放たれる!)

832 :気分屋な男@ゼク・アイン:04/04/18 03:03 ID:???
んー………戦況は……っと。
解らないなぁ……もう少し眺めていようか……。

≪サボるなぁ!≫

アイニちゃん。お耳が痛いよ……
それに俺はデータ取ってるんだよ♪勉強熱心でしょ?

≪戦えぇ!!って、コラ!通信切るなぁっ!≫

(ぷつん)

ふぅ………。

(戦闘区域を空の雲と同じぐらい虚ろに漂う。)

833 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 03:03 ID:???
>825
リーディス!?
気絶しただけ・・・ですよね?
今いきます!
(フェンリルの落ちたポイントを目指そうとするが)

>828
っと・・・。
その前にこのままじゃいけませんね。
格納庫に行けば誰かいるでしょうし・・・。
それまで見逃してくれるかどうか・・・?
(進路を変えて戦場を横切るように格納庫を目指す)

834 :リック・ディアス乗り:04/04/18 03:07 ID:???
>826 
 あーらよ!
(玉切れのバズーカを放り出し、両手にビームピストルを構える。
 そのまま刀女とついてない教官のフリーダムめがけ連射、
一息に高みにまで駆け上がる!)
 ・・・・・・ったく、ここまでてこずらせる・・・・・・
 ガイアの技術を舐めてたぜ・・・・・

 だがよ、こいつで・・・・・・仕舞いってわけで!
 犯させろ!今! 
 
(駄目押しとばかりに空中からピストルを連射)

835 :エンジェル@センシズV:04/04/18 03:07 ID:???
>825
(センシズのモノアイがフェンリルを一瞥する。
 そして、それっきり興味を失ったかのように、視線を『ガンダム』に戻す)

>831
へえ、なかなかやるじゃない。
時代遅れのガンダムタイプで…

(その言葉は一発の銃弾により強制的に中断させられた。
 彼が戦場で習い覚えた「常識」から逸脱した接近速度。
 にもかかわらず、正確すぎる射撃は彼をたじろがせるには充分だった)

なn…

(とっさに腕でかばわなければ、実体弾がコクピットにめり込んでいただろう。
 半分千切れかけ、ダラリと垂れ下がるセンシズの右腕はもう武器を握れない)

なんだ、コイツ!

(恐慌状態に陥ったセンシズVのパイロットはとっさに下がった。
 そして、左腕部のグレネードをばら撒くと、距離を取り始めた。
 逃げるつもりだ…)

836 :『嵐の精霊』部隊 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 03:08 ID:???
>820>824

(エアリアルの群れが、動く。

 それは一種異様な光景だった。
 同じように動き、同じように防御し、同じように攻撃する。
 部隊の構成員の「個性」がないかのような動き。
 いや、まるで、全部が同じ一人の人間のコピーであるかのような……!

 教科書に出るような理想的な攻撃と防御。
 ちょっとしたエース並の技量。
 時々被弾しているが、小破以上のダメージを受ける機体はない。

 ただ、その行動は防御が優先され、周囲施設への被弾の回避が優先されている。
 また反撃は手足や頭部などの末端に限られ、コクピットの直撃は一発もない……)


837 :センシズU部隊:04/04/18 03:11 ID:???
>836
 ・・・・・・なんだ、こいつら、薄気味悪い・・・・・!
 ・・・・・・ライフルをやられた!艦隊に帰還する!
 くそ、動きがいい・・・・・・人が乗っているのか!?
 まるで機械だ!
(口々に悲鳴を上げるセンシズのパイロットたち。
 ・・・・・・
 人ならぬ怪物の群れに見込まれた彼らこそ、災難のきわみだろう。
 徐々に、徐々に、押されていくセンシズ部隊)

838 :ぽややんな教官@V2R−D(試作) :04/04/18 03:11 ID:???
>801
……うん。
ここまで要求通りに「準戦略級火器」に仕上がるとは思って無かったなぁ……
お陰で……

(コンソールを軽く操作し、今の砲撃で得られた機体への負荷や砲撃中の加速部の挙動、
 左肩に増設された積層式コンデンサの状況等をチェックしていく。
 その内容は喜ばしく、手放しに喜ぶ気にはなれなかった)

砲塔の受ける熱量が相当大きい……ハードポイントへの負荷も高いし
コンデンサのチャージは時間がかかるねぇ〜
まぁまだ試作だし、是だけの火力ならペナルティも止むなし、かな。


839 :流石な妹者@ガンキャノンU改:04/04/18 03:12 ID:???
>830
(着地と同時に正確な射撃を開始するガンキャノンU。
 一機の企業軍ヘビーガンがひとたまりもなく爆散する。
 でも、本人はやる気なさげ)

うむ、きょうはおにくを食べると言ってたのじゃ〜
ちちじゃのへそくりが見つかったって…
それじゃ、私は先に帰るのじゃ〜

(戦火の中をテクテクと歩いて帰り始めるガンキャノン。
 まるで散歩中の紳士のような優雅な足取りだ)

840 :金髪@アストレイ相乗り:04/04/18 03:13 ID:???
>833
(それで生じるGに必死に耐えてたり…。)

841 :・・・・・・:04/04/18 03:13 ID:???
主は告げたり。
「攻め上り戦してはならじ。我は汝らの内にあらず。敵に撃ち破らるるはならず」
わたしはそう伝えたが、あなたたちは耳を貸さず、主の命令に背き、傲慢にも山地へ上って行った。
山地に住むアモリ人たちはあなたたちを迎え撃ち、蜂が襲うようにホルマまで追撃し、セイルであなたたちを撃ち破った

我。帰り来たり。

842 :ゼファー@西風の王 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 03:14 ID:???
>835
(グレネード弾を正確に打ち落とし、爆風を両肩のシールドをかざすことで防ぎ。
 その「ガンダム」は、全くひるむ様子を見せない。

 だが、センシズVが恐慌に陥り、逃げるそぶりを見せると、追撃をやめる。
 背中に向けて散発的な射撃を浴びせるが、ボディにも足にも当てる様子はない。
 単なる牽制、ときたま、右腕部を狙っての射撃。

 その行動は、百の言葉よりも雄弁に語っていた。
 「逃げたければ逃げろ、殺す気はない。戦闘力だけ奪わせてもらう」と。)

843 :流石な傭兵兄弟@量産型ν:04/04/18 03:14 ID:???
>836
「しかし、オーナーへの手土産も必要だよな・・・」
「ん・・・まさか、兄者」
「援護、頼むぞ!」
(ビームガンを腰に掛け、ビームサーベルの二刀流+インコムで突貫する兄者)
「死ぬなよ!」
(右手のビームランチャーと左手のビームライフル、そしてインコムでそれを援護)

「所謂、合体攻撃みたいなもんだな・・・!」
「それは言わん約束だろ、弟者!」
(端の一機に、4基のインコムの一斉攻撃、ビーム砲の一斉発射、ビームサーベルによる剣撃が続く)

844 :刀女@Gセイバー地上戦モード ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 03:15 ID:???
>>826
インディ!!

>>834
よくも・・・・・・許さない・・・・・
(この時、彼女の体内のある『細胞』が活性し始めていた・・・・・・・・)
私の大切な人を・・・・・殺したな・・・・・・・
お前を・・・殺す・・・・
(無線に流れるのは先程とは少し違う声・・・・・・
ビームを僅かな動きだけで避けつつ、Bライフルを放つ。
今度は恐ろしいほど正確に撃っている)

845 :・・・・・・:04/04/18 03:19 ID:???
(・・・・・・何かが、緩やかに降りてくる。
 それは、漆黒のガンダム。
 赤く暗く輝く光翼を背負い、さながら天使のように。
 
 ・・・・・・左の手に、輝きがあった。 
 右の手に、闇がわだかまっていた。
 ゆるゆる。 
 ゆるゆる。
 と、それは降りてくる。

「我ら町を一つとして残すまじ。男も女も子も滅ぼし尽くす。
 一人とても残すまじ。

 我は帰り来たり。我は帰り来たり」

846 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 03:19 ID:???
>840
もうすぐですからね。
(それから数分して何とか格納庫につく)
救護班を!怪我人がいます!!
(救護班の到着を待ち、金髪少女を渡す)
大人しく待っててくださいね。
間違っても出てきたりしないように。
では、行って来ます。
(再び飛び立つ)

リーディスがいたのは・・・。
(そこで>832のゼクが目に入る)
あれは・・・敵!?
(ライフルを構え、慎重に近付いていく)

847 :エンジェル@センシズV:04/04/18 03:21 ID:???
>842
へへへ…
逃がしてくれるのかい…
ありがたい、それじゃあな!

(まったく悪びれることもなく背中を向けると一気に戦場を離脱する。
 ブースターによる加速の衝撃で千切れかけの左腕がちぎれ、地面にバウンドする)

…噂どおりだな…
養成所は化け物ぞろいだぜ。
それにしても、最後に出てきた『ガンダム』…
データベースに無いな。
なにもんだ?

(モニターから警告音)

やばい、大分機体が傷んだな。
間接がメロメロになってるぜ。
無事帰れるかな…

(言うとさらに加速をするセンシズV
 無事に母艦に帰るつくころには推進剤も切れるだろう)

848 :リック・ディアス乗り@リック・ディアス改:04/04/18 03:22 ID:???
>844
 ・・・・・・んだぁ?こいつ・・・・・
 よくなってきやがったのか?
 くそ、いい喘ぎだ、今畜生!
 こいつ、俺と五分にやりやがってる!?
(必死に弾丸を避けるが・・・・・・しかし手数が及ばない)
 くそ・・・・・・!

 なーんてな♪
(刀女の足元に転げるバズーカめがけ、ピストルを発射。
 爆発するバズーカ・・・・・!)

849 :ゼファー@西風の王 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 03:22 ID:???
>837
(エアリアル部隊は、決して無理して追わない。
 自分自身の防御。施設の被弾防止。優先順位がはっきりとしている。
 そして、相手の動揺を知ってか知らずか、全く同じ攻撃を繰り返している。
 教科書に出てくるような、極めて「きれい」な、そして個性のカケラもないような攻撃……)


>843
(端の一機が、その集中攻撃を流石に防ぎきれず、被弾する。
 威力の高いビーム砲は両肩のシールドで防ぐが、インコムを防ぎきれず、片足が吹き飛んで倒れこむ。

 が……即座に、他の一機が飛び出し、ビームサーベルを抜いて剣撃を受け止める。
 さらに、他の部隊員も正確な攻撃を兄者の機体に集中!

 普通、部隊行動している者は、その一端が崩れれば何らかの「動揺」が起こるはずだが……それが一切、ない。
 味方を庇うには庇っているが、その行動には何の乱れもない)


850 :金髪:04/04/18 03:22 ID:???
>846
(結局、あっさりと救護班によって診療所逝きに…。)

851 :『嵐の精霊』部隊 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 03:23 ID:???
>849 はコッチの名前です、訂正(汗


852 :気分屋な男@ゼク・アイン:04/04/18 03:23 ID:???
>846
お!何か居た。

(あからさまに振り向き、銃器を構える。
 そして、回避命に向かって通信を試みる。)

853 :センシズU部隊:04/04/18 03:24 ID:???
>849
 遊ばれたままで・・・・・終われるかよ!
(一機が吶喊するが・・・・・腕を破壊され、あえなく撃退、無力化される)

854 :AEMA@センシズU:04/04/18 03:24 ID:???
>845
そろそろ時間か…
行って来い、戦争の犬ども!
企業の飼い犬どもののど笛を食いちぎれ!

(深く潜行していた潜水母艦が爆発的な気泡の発生とともに急速浮上する。
 戦闘の初めからここに潜んでいたのだろう。
 ニュージーランドの美しい海を割るように現れるその姿。
 開放されたハッチから次々と飛び出していくセンシズ達。
 目指すは養成所…!)

855 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 03:28 ID:???
>845
!!
何・・・この気配・・・どこかで!?
(一瞬そちらに気を取られる)

>852
はっ。
(気を取り直して通信を開く)
(通信)
貴方の所属と目的はなんでしょう?
返答如何によっては、戦わねばなりません。

856 :流石な傭兵兄弟@量産型ν:04/04/18 03:30 ID:???
>849
(戦闘で巻き上がる砂煙で見えなくなる兄者機)
「あ、兄者ぁぁ!!」

「・・・なんだ、弟者。」
(兄者は無事・・・いや、無事というより寧ろ数の差を押し返す勢いだ)

「心配させやがって・・・」
「ま、こんな化け物相手なら、足の一本も取れれば十分か」
(全身の、ありとあらゆる固定武装を総動員して攻撃を続けながら、ゆっくり後退していくる)

「さ、飯だ飯!」
「本当に・・・食事が絡むと本領発揮するよな、兄者は・・・」
(2人で、手持ちの火器をけん制に撃ちながら、地を這うかのような低空飛行で海岸線まで後退)

857 :刀女@Gセイバー地上戦モード ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 03:30 ID:???
>>848
(一瞬、爆発の中に消えるが次の瞬間、爆発の中から飛び出して猛スピードでBライフルを撃ちながら間合いを詰めていく)
ソノテイド・・・・・
(間合いを詰めると素早くBサーベルに持ち替え、横一線に切り払う)
キサマハワタシガコロス

858 :気分屋な男@ゼク・アイン:04/04/18 03:31 ID:???
>855
≪通信≫
おおっとぉ、いきなり血気盛んなお兄さんに遭遇か。悪くないね。
見ての通りAEMAさ♪

で、一応教えてくれよ。あんた……養成所の者か?

859 :ゼファー@西風の王 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 03:31 ID:???
>847
(静かに見送る、ゼファーロード。
 とうとう彼は、敵にも味方にも一言も発しなかった)

>845
(……まだ、センサーは明確な情報を何も感知していない。
 だが、『彼』は、明らかにそちらの方を『向いた』。
 次の戦闘相手を探して移動しながら、明らかに、身構えている……)

860 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/04/18 03:32 ID:???
>845
「……この感じ……何者?」

【違和感と不快感とが混ざり合った奇妙な感覚。
 舞い降りてくるその場からは相当に距離が離れているものの、プレッシャーがひしひしと伝わってくる】

861 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 03:33 ID:???
>858
(通信)
血気盛ん・・・そう取られますか。

ええ、確かに養成所の生徒ですよ。
(構えていたライフルを降ろして)
退いては、もらえませんか?

862 :・・・・・・:04/04/18 03:33 ID:???
(静かに、空中から地上を睥睨するガンダム。
 ・・・・・・ゆるゆると。諸手を頭上に掲げる。
 手の光が闇にとけ、闇は光と混ざり合い、赤い輝きが生まれた。
 
 その輝きが、前に向けられ・・・・・・
 企業軍の基地めがけ、放たれる。
 
 暴風を食らったかのように、生き残ったヘビーガンが地面にたたき伏せられる)

「汝は何という災いを我々にもたらしたことか。
今日は、主が汝に災いをもたらされる」
(左の腕をかざす。
 次々に放たれるビームが、倒れたヘビーガンを射抜いていく)

863 :『嵐の精霊』部隊 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 03:34 ID:???
>853
(徹底的に、「無力化」のみに拘った攻撃。
 外見はGMながら、実はそのスペック的にはUC世界の最後期、ザンスカールの時代にも匹敵している。
 この機体性能と乗り手の技量の差があれば、相手を撃破するのは簡単だったはずだ。
 なのに、一発たりとて、コクピットやエンジン誘爆を起こす攻撃はなかった……)

>856
(一機、また一機と、量産νの攻撃で被弾していく。
 さすがにインコム攻撃は両肩のフレキシブルシールドでも防ぐのは困難だ。

 だが、それでも高い防御の技量を駆使し、中破はしても大破する機体はない。
 その分、反撃の精度が少し落ちるのだが……。
 下がっていく相手に、追いすがる様子はない。あくまで拠点の防衛が目的のようだ)


864 :・・・・・・:04/04/18 03:36 ID:???
>857
 おぉっと!
(とっさにビームピストルから発生させたビーム銃剣で斬劇を受け止める)
 
 っつーか。早くね? 
 
 こいつ・・・・・人間じゃねえ。間違いない。俺と同じく。
 うーん・・・・・
 まさかこーも押されるとわねー。

 ったく。 
 だからといって食われてあげるわけにも、いかなーい。
 
 化け物の相手は化け物に、んじゃさよならー(閃光弾を焚き、
全速逃亡)

865 :刀女@Gセイバー地上戦モード ◆0A4b0vnAIg :04/04/18 03:42 ID:???
>>864
マテ、ニゲルナ
>>864を追いかけようとするが・・・・・)
ク・・・・・・・
ゲンカイカ・・・・
(コックピットの中で目眩を覚え・・・・・・次の瞬間、気を失う。
機体はそのまま地面に倒れこむ)

866 :・・・・・・:04/04/18 03:42 ID:???
・・・・・・
(コクピットの中の男は、静かに目を開いた)
 ・・・・・・
 一度死に、一度生まれた・・・・・・
 なんと久しきことか、現世。
 なんと久しきことか、命。
 ・・・・・・おお。
 おお。まさに・・・・・・・我、復活を遂げん。
(そして、すべてを見下ろす)
 

867 :気分屋な男@ゼク・アイン:04/04/18 03:43 ID:???
>862
なんだかおっかねぇのが来ちまったな………。

>861
≪通信≫
悪いが退けないねぇ…………あんた達と話せる機会はこういう時しか無いんでね。
んじゃ。ちょっと移動して貰うよ。

納得の行く「答え」をくれたら……どうぞお通りくださいなって所だ。
(そういうと右手に持たれたマシンガンを撃ちこんで行く。
 単純に言って殺意が全く無い。
 
 自然に打ち込んでいるように見えるものの、肝心の突破コースを塞ぐようにばら撒き、
 だんだんと前へつめる。一転突破が出来ない程ではないが、不気味な雰囲気を漂わせていることは確かだ。
 どうやら現在の場所を変更するように促しているらしい。
 それを簡単にこなす辺り、このパイロットもかなりの手練と見て取れるだろう。)

868 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 03:47 ID:???
>866
やっぱり、この感じ・・・!

>867
え!?
(他に気を取られたところで数発の弾丸が装甲を掠めていく)
・・・集中せずに、相手できるレベルじゃないようですね。

移動ですか?
どうぞ。そこが『地獄』とか言うのでなければね。
(導かれる方へと)

869 :ついてない男@RGM−196 ◆NrScghljNI :04/04/18 03:49 ID:???
(爆発の後の白煙・・・・・その中からチョバムアーマーが無くなりスマートになったRGM−196が飛び出してくる)
クソ・・・・・・・・実戦じゃチョバムは初めてだから頭打っちまったぜ。

>>865
『ピーピー!』
ん・・・・あれは・・・・・?
(大地に倒れてるGセイバーを発見する)
おい・・・雪風!
雪風、聞こえてるのか!?
おい!
クソ・・・・・損傷は無いな・・・・・
(雪風のGセイバーを抱き抱えると一旦戦闘エリアを離脱する)

870 :気分屋な男@ゼク・アイン:04/04/18 03:51 ID:???
>868
ははっ……話のわかる人間で幸いだ。

(ある程度場所を変えると、マシンガンでの射撃をとめる。)

じゃぁ……聞くぜ?
養成所は何故戦う?何故企業と共にある?
あんた達の意志って結局何だ?

問いはそれだけだ。応えてもらうぜ?先生。

871 :・・・・・・:04/04/18 03:51 ID:???
(男は吟じるようにつぶやく)
あなたたちの神、主が二人の王に対してなさったことをすべて、
あなたは自分の目で見た。
主は、あなたがこれから渡って行くすべての王国にも同じようにされるであろう。
彼らを恐れてはならない。
あなたたちの神、主が自らあなたたちのために戦ってくださる。

センシズUパイロット
「なんだ・・・・・・頭に、言葉がぁ!」
「ああ・・・・・・うぁ・・・・・・飲まれる・・・・・・!」
「神・・・・・これは・・・・・ああああああああ!!!」
(次々に悲鳴を上げ、気絶していくセンシズUのパイロットたち。
 ・・・・・・そして、目覚める。 
 その目に意思の光はない・・・・・・ただ、何かだけを信ずる
光がある。それは狂信の光・・・・・・)
 aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaag!
(被弾することすらかまわず、施設を破壊し、テンペストの群れに襲い掛かる
センシズUの群れ。
 ・・・・・・平然と、命をかなぐり捨てる。それはまさに殉教者の群れ)


872 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 03:51 ID:???
>866
………5…4…3…2…1…っ!
(アグニによる猛連射が降りそそぐ…。)

873 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 03:54 ID:???
>872
 ・・・・・・
(両腕を再び掲げる。 
 生み出されるは巨大な赤光の剣。
 あまりに巨大なそれを振るい、アグニの弾丸をかき消し、打ち飛ばしながら、
茶髪めがけて突進する黒い影)

874 :センシズU:04/04/18 03:55 ID:???
>872
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaag
aaaaaaaaaaaaaaaag
(3機ほどのセンシズ2が、突進してくる。
 回避運動も何もあったものではない。
 めちゃくちゃにマシンライフルを連射しながら、
 ただひたすらに突進してくる)

875 :『嵐の精霊』部隊 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 03:56 ID:???
>871
(エアリアルたちも、引かない。
 その場を死守したまま、なおも「攻撃力の剥奪」だけに徹する。

 ある者は、体当たりしてきたセンシズUと共に刺し違え、爆発する。
 ある者は、施設を守ろうとしてコクピット付近に貫通弾を受け、しかしなおも相手に2、3発ほど反撃してから、沈黙する。

 こちらも、機械的な命知らずな様子を見せ、精一杯の抵抗を続ける……)

876 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 03:59 ID:???
>873 >874
…………ミーティア並…か…それ以上のサーベル…か・・・。
(マシンライフルの被弾は無視。…アグニを三機目掛けぶっ放すとすぐに上空に飛び、
アグニによるシャイニングへの連射攻撃を継続する。)

877 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 04:00 ID:???
>870
いいでしょう。
ただし、最初に断っておきます。
これから答える事はあくまでも私個人の意見です。
養成所の全ての人間が同じ考えではないということは覚えておいてくださいね。

何故戦うか・・・。
第一の理由は、貴方達AEMAが仕掛けてくるからです。
それに対して大人しく蹂躙されるほど、出来た人間じゃ有りませんので。
第二の理由は、戦う以外で身を守る方法がないから、でしょうか?
貴方のように話し合いに応じてくれる人は殆どいませんから・・・。
力に力で対抗するのは、悲しい事だと解ってはいるんですがね。

次に何故企業と共に有るか・・・。
この辺も見解の相違があるとは思いますが、
あくまで企業はスポンサーの一つにすぎません。
その出資額が他のスポンサーと比べて抜きん出ていますし、
それによって養成所への発言力が大きい事は承知しています。
ですが、全てが企業の言いなりになっているわけではありません。

そして私たちの意志・・・。
これは難しいですね。
どこぞの宗教団体のように統一された意志、のようなものはないのではないでしょうか?
パイロットになりたい、整備士になりたい、通信士になりたい。
それぞれの夢のために、あるいは生活のために、ここへ学びにやってきます。
そしてそれを邪魔するものがいて、その排除のために戦わざるを得ない、そんなところじゃないでしょうか?

878 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 04:04 ID:???
>876
(一瞬にして撃破される3機のセンシズU。
 連射されるアグニを、小型軽量ゆえの敏速さで縫うように飛ぶ。
 ・・・・・・光の翼が揺らめいた。
 翼がねじれ、曲がり・・・・・・・その先端部がストライクを
指し・・・・・・・不意に、伸び、ちぎれ・・・・・・・

 ビームの弾丸となって、ストライクを次々に襲う!

879 :西風の王&『嵐の精霊』部隊 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 04:04 ID:???
>875
(そんなエアリアルの上に、影が差す。
 ……バーニアの噴射なしに宙に浮く、ミノフスキーフライト装備のガンダム。
 ゼファーロード、西風の王。

 風が、通り抜ける。
 狂乱のセンシズUの間を超人的な動きで駆け抜けながら、両手の拳銃を乱射する。

 『ロード』の支援を受け、『風の精霊たち』が再び体制を立て直す。
 駆け抜けた風によって多少乱れたその機を逃さず、さらなる攻撃を叩き込む。)

>873>876

(西風の王は、振り返りもせず、センシズUの間をすり抜けてその『先』を目指す。
 その先にいるのは、狂信者たちの『王』……!) 


880 :茶髪@ストライク・キャノンパック:04/04/18 04:09 ID:???
>878
……へぇ…。
(それを後退しつつシールド防御とビーム切りを織り交ぜて防ぐ…。)

…でも…「アレ」は間違いなくこんな物じゃないからね…。
(アグニで…>879の攻撃をサポートするように断続的に攻撃を放つ。
一発一発がコロ二ーに大穴をあけるような破壊力の為、牽制といえど
驚異である。…一般的MSが直撃すれば…跡形もなく溶け去るだろう…。)

881 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 04:09 ID:???
>879
 ・・・・・偶像をあがめるならば・・・・・・
 焼き払うのみ。
 我こそは意思、我こそは神意。
 そむくならば、ただ硫黄の火にて・・・・・・焼き、滅ぼすのみ!
(右腕を振り向ける。
 ・・・・・・・・
そこから放たれるは巨大な炎!
 電磁加速されたプラズマの火炎である。 
 その炎は、唐突に空中で大爆発を起こした・・・・・・!
 熱と爆風とが、同時にゼファーを襲う!)

882 :気分屋な男@ゼク・アイン:04/04/18 04:09 ID:???
>877
ふーん………

(不敵な笑みを浮かべながら、聞き入っている。)

あんたの話を聞いてもう一つ疑問が湧いちまった。
答えてくんな。

夢や生活の為に戦っていると言ったあんた個人の意見で十分だ。
俺等みたいな連中がいなくなったら、最低限武力以外を捨てると思うか?

いや。こんなこと聞いたって仕方ないな。
そうだ……っと。

あんた。人が夢や生活を考えて生きられる様になった時に、平和を考えて世界に尽力できるか?
正直に答えてくれ。人類の為に自分を擲ってしまう事が惜しくないと思うか?

883 :ゼファー@西風の王 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 04:16 ID:???
>880
(後ろにも目があるかのように、援護射撃を最大限に利用。
 もし教本に「援護射撃の使い方」という教科書の項目があれば、まさにそこに書かれた理想の動きだろう)


>881
(アポカリプスに突進するゼファー。
 その軌道が、放たれた炎を避けるように、急に方向転換する。
 有人機には不可能な急な方向転換。
 その直後、爆風と爆炎に包まれ……)

(……その煙の中から、両肩のシールドを排除したゼファーが突進する!
 NTにはその思念を感じられず、武道家にはその「気」が読み取れず。
 ほぼ全ての「気配」を持たない「モノ」が、突進してくる!
 その両手には拳銃でなくビームサーベルが握られ……

  斬 撃 ! )


884 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 04:16 ID:???
>882
最低限度外の武力・・・?
それは
(返答は遮られる)

まったく惜しみのない奉仕ができるかと問われれば・・・正直自信がないですね。
やれるだけの事はやるつもりですが、世界全てより優先すべき何かが見つかってしまうかもしれませんし。
ただ、より平和になるための努力・・・それを全て捨て去るだけの価値があるものが見出せるかどうか・・・?


ところで、こちらからも聞きたいことがあるのですが。
(MSの指でアポカリプスを指し)
ああいう存在、放って置けますか?貴方は。

885 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 04:17 ID:???
>880
 ・・・・・・力に拠るものは力によって滅ぶ。
 剣による者は剣によって滅ぶ。
 神のみ言葉を聴かざるものはそれゆえに・・・・・・滅ぶ。
(左の手の輝きが増す・・・・・・・
 巨大な光の剣。 
 コロニーをも破壊し去るビームの弾丸が、いともたやすく
切り裂かれていく・・・・・・! )

 滅びるがよい。人ならざる人、偽りの肉と血を持つものよ!
(光の剣がゆがみ・・・・・・拡散し、放たれる。
 強烈な閃光の塊が、拡大しながらストライクめがけ、突進する!)

886 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 04:21 ID:???
>883
 意思持たぬ意思。 
 禍なる言葉を持たぬものよ・・・・・・!
(とっさに光の翼をうねらせ、斬撃を受ける)
 ・・・・・・汝に・・・・・・禍あれ!
(至近距離から、爆発する火炎を浴びせかける)

887 :茶髪○ストライク・キャノンパック:04/04/18 04:22 ID:???
>885
……なるほど…向こうも「使い手」なんだね…。

…でも、その弱点を…僕は知っている。…それを使う事は…他の行動が困難という事。
(そのままアグニの連射をただ続けている。…相手に向けられたアグニの巨光が、
ストライクへの直撃コースのビームのみを打ち消し、そのまま相手に牙を向く。
……ビームを撃ち落とす。その難易度最大の大技も、結局は…常に相手に
銃口を向けておくという基礎の最終進化形態でしかない。
…極めて大口径の武器を用いればそう極端に困難な事でもないのだ。
…今回の彼の技は偶然に近いが。)

888 :ゼファー@西風の王 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 04:24 ID:???
>886
(至近距離から受けた爆炎が、モロにMSの腹部に命中する。
 装甲を焼かれ、爆風を叩きつけられ……
 コクピットハッチが内側に叩き込まれ、腹部に大きな穴が開く。
 明らかにパイロットが即死するようなダメージ。

 そのまま、全身の力を失って落下するゼファーロード……)


889 :気分屋な男@ゼク・アイン:04/04/18 04:28 ID:???
>884
ふっ………はっはっはっはっは………ッ!!
ククク……ッ……すまんな……っ

(唐突に笑い声を上げる。何がおかしいのかというほど、抑え切れない笑いに表情を歪める。)

ククク………ッ。立派だよ……馬鹿みたいにな……
だが、本気で言っているようだな。気に入った……

ああいう存在?関係無いねぇ……俺にはよ。
あんたが答えを探したように、俺も今探してる途中だ。じっくり、ゆっくりだけど。

聞きたいことは聞いた。


行けよ。今度はあんたがアイツとどう戦うか見たくなってきたし、な。
立派な事言ったんだ。逃げるなよ……?

(すーっと横に逸れる。敵意は感じられない。後は回避命が進むか、退くかだけだ。)

890 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 04:34 ID:???
>899
何かおかしな事言いましたかねぇ・・・?

答えですか・・・できれば、貴方と戦わないで済ませたいですね
貴方の見つける答えが、それを導いてくれる事を祈って。

では、失礼します。

(彼は向かう。狂気の王のもとへと、どう考えても強大すぎる敵へと・・・)

>886
ただの力押しが効く相手じゃない。
確実なポイントを狙わなければ・・・!
(サーベルを持つ手元に照準を合わせ、隙を窺う)

891 :白金の聖少女&メタルドールズ:04/04/18 04:37 ID:???
>885-886

(北からゆっくりと接近してくる一隻の万能戦艦。
 金属光沢を放つその艦は……企業軍特殊部隊「メタルドールズ」旗艦、「ドールハウス」。
 そのブリッジには、遠くの戦場を目を細めてみやる一人の少女の姿があった)


あれは……なるほど、かの養成所が苦戦するはずですわね。
ましてや、あれとの対決以前に、大軍を相手に消耗していれば……。


あれが、報告されていた「神父」と同等の能力を持つ者なら、後々の憂いとなります。
全力をもって、排除いたしましょう。

メタルドールズ、出れる者は全て出て下さい。
目標はAEMA軍の撃退。逃げる敵を深追いすることは厳禁とします。
あとは、各自の判断で、好きなようにやって下さい。

わたくしも、出ます。

(ブリッジから身を翻し、格納庫に消える少女。
 やがて、「ドールハウス」のMSデッキから、次々とMSが発進する。
 白金色に輝くサンドロックカスタム・改。
 赤銅色に輝くヘビーアームズカスタム・改。
 青銅色に輝くレオパルドバースト・改。
 さらに、続々とMSが吐き出されていく……)

892 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 04:39 ID:???
>887 
 ・・・・・・
(再び両手を構え・・・・・・・
 巨大なたそがれの力場を、正面に作り出し・・・・・・・
 突進する。
 アグニをはじき、砕きながら・・・・・・!)
恐れてはならない。おののいてはならない。
強く、雄々しくあれ。
主の御言葉に拠り、汝を打つ!


893 :茶髪○ストライク・キャノンパック:04/04/18 04:42 ID:???
>892
………ロクでもない化け物だね…。

せめてフリーダム使いたいよ…。
(後退しつつ、尚もアグニを連射。)

894 :気分屋な男@ゼク・アイン:04/04/18 04:43 ID:???
>890
さぁな。俺は気分屋だからな。
進みたい方向に進み、後は流れに任せるタイプ。

ま、彼女居るならそれだけは大切にしてやんな♪
もしかしたら唯一の理解者に成り得る……なんてな♪

(言いたいことだけ言って通信を切る。)

>891
おっと。変な機体まで来ちまったなぁ……まぁ……適当に逃げておこうかな。

(ある程度はなれた位置で全く動かず、浮遊しているだけの機体。)

895 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 04:43 ID:???
>893
(力場を発生させたまま、高速で回転するアポカリプス。
 翼がうなり、回転しながらストライクを打ち据えんと次々に
襲い掛かる・・・・・・・!)

896 :仮面の少女達@TS&SS ◆QF5oszRdpY :04/04/18 04:44 ID:???
>891
『了解しましたわ。お姉様』
(通信をカットしたコクピット内で一人呟く)
『さぁ、久しぶりの骨のある相手です。
 存分に楽しみましょう』
(出撃していく五機の銀色のVヘキサダッシュ)

897 :茶髪○ストライク・キャノンパック:04/04/18 04:45 ID:???
>895
……………冗談…じゃないね…。
(翼を紙一重で全てかわして行ってはいるのだが…その為に、アグニ2つをパージした為、
攻撃能力に乏しい…。……回避だけで精一杯である。)

898 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 04:46 ID:???
>894
承知しているつもりですよ。

>895
その回転の中心!
(回転する翼の中心部を狙い右肩のシヴァが火を吹く)

899 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 04:54 ID:???
>898
 ・・・・・・
 神に反逆するモノの意思・・・・・・わが耳に届かん。
 神の御名は偉大なり!
(正面の輝きがうせ、右腕の闇が伸び、シヴァを食らう)

 ・・・・・・
ずいぶんと懐かしい響きですね・・・・・・
 これは、かりそめの死を迎える前・・・・・・
覚えがあります、あなたの意思・・・・・・

 ふふ・・・・・・あの堕ちた天使はここにはいないのですか?
彼にこそ借りを返したかったのですがね・・・・・・

>人形
 ・・・・・・ 
 力を信ずるものたちがここにも。
 ・・・・・・逝け、死徒たち。
 彼らに命もて神の道を説くがいい。
(センシズUたちが、いっせいにドールスを迎撃せんと襲い掛かる)

900 :白金の聖少女&赤銅・青銅:04/04/18 04:56 ID:???
>899
(大きくVの字型に展開する3機のMS。
 中央には、武装を何も手にしていない白金のサンドロック。
 片翼には「ブロンズ・ドール」のレオパルド改、「ブロンズシールド」。
 反対側には「カッパー・ドール」のヘビーアームズC改、「カッパーランス」。
 過剰武装を備えた二機のMSが、その過剰なまでの武器を、神父に向ける。
 ……その側にいる茶髪の機体になどお構いなく。)


白金「わたくしが、黄銅の代理を務めます。
   二人とも、データリンクお願いいたします」
青銅「……了解した」
赤銅「あいよ、攻撃の方は任せときな(ニヤニヤ」
白金「では……ファイヤ!」

(白金の号令に、二機のMSが大量の弾丸とミサイルを吐き出す。
 それはサンドロックの高いセンサー能力によって照準を補正され、正確にセンシズUの群れ、そしてその中心にいる神父を狙って放たれる!
 常識外れなまでに濃密な、しかし極めて正確な『弾幕』が戦場を覆いつくす!)

901 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 04:59 ID:???
>899
くっ・・・やはり生半可な攻撃では無理ですか・・・。

こっちとしてはようやく忘れてきたところだったんですが・・・。
そちらも忘れててくれて結構なんですけどね。

堕ちた天使?
ウイング教官殿は・・・堕ちてなんかいませんよ!!

(ビームライフル、シヴァ、ミサイルポッドによる一斉攻撃。
 それらの矢が、時間差でほぼ全てが右手の甲を目指し突き刺さらんと走る)

902 :茶髪○ストライク・キャノンパック:04/04/18 04:59 ID:???
>900
…ホント……PS装甲様々だね…。
(その弾幕の中、シールドで身を守りながらも被弾しつつ、
後退していくストライク…。パワーエクステンダー搭載のおかげか、
バッテリー切れは格納庫に戻った直後だったようだ…。)

903 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 05:01 ID:???
>900
(神父をかばうようにして、立ちふさがるセンシズUの群れ)
(次々に爆発、四散していく・・・・・・
 それはあまりに効率的で、無慈悲で、絶対的な、破壊)
・・・・・・まさしく悪魔の所業。
・・・・・・わが力は、汝らがごとき魔を打つべく、主より与えられしもの! 
主の名によって命ず!退け!
(センシズUの爆発を貫き、立て続けにビームショットがドールスめがけ
放たれる。正確にして高速、精密!機関銃のごとき連射はしかし同時に
狙撃にもにた精密さでドールスを襲う!)

904 :仮面の少女達@TS&SS ◆QF5oszRdpY :04/04/18 05:04 ID:???
>900
『攻撃力では、あのお二方には敵いませんからね。
 防御に徹させて頂きましょう』
(メガビームシールド二枚を構えたシルバーシールドがサンドロックのすぐ下につく
 金色のアサルトアーマーを装備するシルバーアーマーがブロンズシールドの脇に、
 背中にメガビームキャノンとビームスプレーポッドを背負ったシルバーガンがカッパーランスの脇に、
 サンドロックの後方に控えるトゥルーシルバーを護る位置に大型のビームサーベルを構えるシルバーソードが、
 それぞれ攻撃に備えて待機している)

905 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 05:09 ID:???
>901  
 陰なる翼の名、そして命絶つ生業、しかしそれもて
私は彼を堕ちたとみなしてはいません。
 彼が堕ちたるは神の御言葉をもてあそびたるがゆえに。
 いずれ、裁きが彼の身に下りましょう!
(再び両の手を合わせ、アポカリプス・フィールドを前方に形成。
同時に光の翼のうち二本を回避命目かげて伸ばす。
 翼がちぎれ・・・・・・ちぎれたそれは高速のビームとなって
回避命を襲う!)

906 :白金の聖少女&赤銅・青銅:04/04/18 05:11 ID:???
>903>904
(攻撃をしながら、背後に控える戦艦ドールハウスを伺う白金)

白金「……間に合いますわね、このタイミングなら。」

(その言葉が終わるか終わらないかのうちに、センシズUの爆発の中からビームショットが飛び出す。
 そして、複数の爆発……!!)

赤銅「……ありがたいねぇ、モビルドールってのは♪」

(爆風が晴れた時、そこにいたのは無傷の3機。
 いや、数が増えている。5機、6機、7機、いやまだまだ増える……
 無傷の3人の前には、それぞれ1機ずつのマグアナックの残骸。
 そう……白金のサンドロックにコントロールされた、MDマグアナックが、身を挺して3機を守ったのだ!
 さらには、白金の前には、白銀のMSたちが鉄壁の防御陣形を敷いて次の攻撃に備えている。
 次々とドールハウスから出てくるMDマグアナック隊も攻撃に加わり、さらに攻撃が濃密になる……)

青銅「……俺のGビットも出せるか? 来い!」

(さらにそこに、青銅色のレオパルドGビットも出てくる。
 気がつけば、3機だけで構成されていたVの字に、そのままMSが並んで砲撃している!!)

907 :回避命の生徒@アストレイAS+フライングアーマー:04/04/18 05:13 ID:???
>905
言葉を遊ばれたくらいで・・・よほど狭量な人なんですね。貴方は。

これはっ!?
(フライングアーマーの推力を全開にするが、一方の翼がFAを貫く。
 そしてもう一方の翼は狙い過たずコクピットに・・・)
こんな・・・ところでっ!!
(広がる爆発が、アストレイASの姿を覆い隠す)

908 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 05:17 ID:???
>906
 ・・・・・・恐るべきかな。
 まさに・・・・・魔王の所業。
 
 人形が人形を駆り人形を操るこの情景・・・・・・・
 これぞ終末。これぞ、地獄。

 恐れるなかれ!神の加護は汝等とともに!
(生き残ったセンシズ部隊が、マグアナックとGビットに襲い掛かる)
(光の翼を振るいながら、堅固な陣に襲い掛かる神父のアポカリプス。 
 
 黙示録さながらの情景・・・・・・
 いずれが魔王の軍勢なのか、天の遣わした軍団なのか。
 それともどちらも悪であるのか・・・・・・)

909 :仮面の少女達@TS&SS ◆QF5oszRdpY :04/04/18 05:18 ID:???
>903
(その猛攻の中、シールドはメガビームシールドで、
 アーマーはIフィールドと耐ビームコーティングで、
 ガンは二つのキャノンからの弾幕で、
 ソードはその大振りのサーベルで、
 それぞれの護衛対象への攻撃の悉くを防ぎきっていた。
 マグアナック隊による防御も相まって、自身へのダメージも比較的少ない)
『この程度・・・ではありませんわよね?』

910 :金髪@診療所:04/04/18 05:18 ID:???
(診療所のベットより…外の戦闘風景を眺めている…。…が…途中、不自然なショックを
受けたかのようにベットに倒れこむ…。)


911 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 05:24 ID:???
>909
 ・・・・・・高き城壁を、今まさに信徒の供犠もて
打ち砕かん!
(右腕のプラズマフレームランチャーを、四方八方にばら撒く・・・・・・


そして、起爆。
 
 落下し行くセンシズUが、マグアナックが、Gビットが、
爆発によって次々に四散し、周囲に破片の嵐を撒き散らす・・・・・・!
光の翼がアポカリプスをくるみ、破片によって致命的な損害が
出ることを防ぐ)

912 :白金の聖少女:04/04/18 05:24 ID:???
>905
(謡うように、白金の聖少女が声を放つ)

 神の意思、神の言葉、神の僕。
 善なるもの、善なる意思、善なる魂。
 ……それらを決めるのは、何でしょう?

 それは、ヒトであろうはずがない。
 自らがそれを決められると断ずるのは、自らが神であると言うのも同様。
 まさに、不遜。

 わたくしは、イエスの言葉の全てを妄信する者ではありませんが……
 彼の解く「愛」に対しては、謙虚な気持ちをもっています。
 そして、ある意味においてもっともその「愛」から遠いのが……

 原理主義者。聖書の文言をそのままに妄信する者たち。
 すなわち、あなたのような方々です。

 ……神があなたの僕であるというのなら、わたくしたちを塩の柱にでもしてみせなさい。
 ラッパの一吹きで、このMSの壁を打ち破ってごらんなさい。



 我らの名はレギオン。我らは群をなすがゆえに……!


(神の愛を説きつつ、自ら悪魔の名のりを上げる少女。
 数十機のMDマグアナックとレオパルドGビットを率い、
 正面からセンシズU隊とアポカリプスにぶつかりあう……!!) 

>909
助かりますわ、シルバー。
あなたがたがいるから、わたくしも戦える……!

913 :気分屋な男@ゼク・アイン:04/04/18 05:26 ID:???
ふぅん………あれが………噂の……

予定より良い物が見れた。来て正解だったね〜。
さて。

(銃撃の飛び交う中、射撃に対して故意に右腕と左足を吹き飛ばさせる。)

中破……っと。
ザク・アイン機損傷率40%及び、弾薬切れ。
アイニちゃーん。帰還するよー?

(我関せず、といった感じで帰還してゆく。)

914 :仮面の少女達@TS&SS ◆QF5oszRdpY :04/04/18 05:29 ID:???
>911
『その武器は・・・確かに厄介かもしれませんわね。
 ですが・・・』
(スクラップシルバーの機体がそれぞれボトムリムを分離させ、
 襲いくる破片の中へと突撃させる。
 そしてそれらをビームで撃ち抜き爆破。
 その勢いで降り注ぐ破片を吹き飛ばす)


>912
『当然のことをしたまでです。
 私の命は、お姉さまの為にのみ存在しているのですから』

915 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 05:33 ID:???
>912
 汝等こそ不遜にして、哀れなる者。
 神の言葉を疑う、探り、みなし、述べる。
 神の言葉は神の言葉なるがゆえに絶対にして、それゆえに
禁じられし果実に拠り与えられし知に拠りて探るはまさに
神意に叛くもの。
 ああ、まさに。わが力は汝等がごときものを滅ぼさんがために、
与えられたのだ・・・・・・・
 かのヨシュアに主が告げたがごとく、私は汝等を滅ぼし、主が告げるがごとく
何者も奪うまい。
 ただ主が告げるごとく、我は主の意を完遂するのみ!!!!
(炎は荒れ狂い、鋼を打ち据え、舞わせる。
 吹き荒れる鋼鉄の疾風。
 翼によって己の身を守りながら・・・・・・
再び両手を構え、巨大なたそがれの大剣を突き出し・・・・・
 壁為すシルバードールの群れめがけ、すべてを破壊し破砕する
力場をふるいに振るう!)

916 :回避命の生徒@アストレイ:04/04/18 05:34 ID:???
(爆煙が収まり・・・ゆっくりとその中から姿を現すアストレイAS
 否、アストレイ・・・。
 翼がヒットする直前、ASをパージして盾とし、コクピットへの一撃をかすかに逸らした)
言ったでしょう・・・こんなところで、死ぬわけにいかないと!
(大きく切り裂かれたコクピットハッチから、その顔が窺える)

917 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 05:41 ID:???
>916
 ・・・・・・
 なんと・・・・・・生き延びるとは!

 ・・・・・・
 恐るべし・・・・・・
 
 いや。むしろ必然なのか。
 そう。貴様らが、貴様らこそが・・・・・・
 代行が言うがごとく、我らの真敵。
 打ち据えるとも砕けず、
 切り裂くとも裂けず、
 焼くとも燃えず!
 
 かくも矮小なる魂が、主の意思を阻むか!
 ついえよ!魂!
(右腕を振り向け・・・・・・連続での射撃を続行する)

918 :白金の聖少女&赤銅・青銅:04/04/18 05:41 ID:???
>911
(青銅が、自らのミサイルを自らのガドリングで打ち落とし、その爆風で破片の雨を吹き飛ばし、相殺する。
 赤銅が、ひとつひとつの破片の動きを完全に見切り、手近にいた無傷のマグアナックを盾にし、身を守る。
 そして、白金は……

>914
(動かない。完全に、白銀の能力を信頼している)

ありがとう、シルバー。
こちらも大分MDとGビットを失いましたが……まだまだ、大丈夫。
もう少しの間、お願いいたします。

>915

 神ならぬヒトの身によって記され、編集され、翻訳を重ねられ。
 神ならぬ身のすること、その度ごとに過ちが重なるでしょう。
 そのような言葉の羅列を妄信することこそ、偶像崇拝でしょう。
 あなたの魂には届かぬ言葉だとは思いますが……

 もっとも大事なことは、「愛」。
 汝、隣人を愛するが如く、敵をも愛せよ……!

 もちろん、わたくしは、あなたをも愛しますわ。
 その上で……この手は、止めません。

(巨大な滅びの剣を目前にしても、白金の浮かべた微笑は揺るがない。
 ただ、サンドロックの両手に、ショーテルを構える。
 一見したところ、白金色にしか見えない二本のショーテルを……)

919 :ぽややんな教官@V2R−D(試作) :04/04/18 05:42 ID:???
>アポカリプス
神なんてモノが在るならば──
(砲塔から光が漏れる。ありとあらゆる回路が一つの因の為に繋ぎ合わされる。
 うなりの様な音はMSがたてるのか、それともその中に座すモノの意志なのか)

全知全能の下に答えろ、何故僕はここにこうして在るのかを、その生誕を許したのかを!!

(それは果として柱となる。支えるモノを知らぬ、只々穿つ為に柱としての矛盾と共に。
 神の慈悲さえも喰い尽くさんとする現実。破壊の奔流。
 強大な力の反動は左肩とハードポイントと間接に。
 MSとしての範疇を越えて壊す為にMSとしては受けきれない反動。
 故に、その破壊もMSには受けきれられまい)

くっ、たった全開二発で戦闘機動に支障をきたすなんて……!
目算を謝るにも程がある!!

(唇を強くかみしめて、V2Rを撤退させる)

…………後、頼んだよ…………


920 :仮面の少女達@TS&SS ◆QF5oszRdpY :04/04/18 05:44 ID:???
>915
『私の役目は・・・お姉様を護り抜く事!!』
(スクラップシルバー達は護衛対象を護るために、敢えて前に出て力場に触れ、
 そして砕け散っていく・・・)
『お姉さまの前に立ち塞がる者は、なんであろうと排除するのみ!!』
(トゥルーシルバーはトップ&ボトムアタックを敢行。
 コアファイターはそのまま残りサンドロックの盾となる)

>918
『御意のままに・・・』

921 :アスクィール・エルト@アストレイ ◆LLDJDNg/kE :04/04/18 05:52 ID:???
>917
ものの大小に囚われるものが、そんなものが神と呼べるのか!?
(次々に撃ち落されていく手足。
 いや・・・それらの攻撃は本来コクピットを狙ったもののはず。
 辛うじてそれらを犠牲にしてかわしているのだ)

砕けず、裂けず、燃えず・・・自らの力不足を棚に上げ、
意に添わぬものは悪扱いか・・・どうしようもないほどに愚かだなっ!!
(手足を失い、すでに武器など残ってはいない。
 それでも尚、その意志だけは放たれる。けして折れない刃として)

お前の言う小さき魂・・・その力、とくと見るがいい!!
(力あるものなら見えただろうか、その意志の力を。
 だがしかし、その力は急速に消えていく。
 亀裂の入ったコクピットハッチから中を覗くと、彼の左胸に一つの破片が突き刺さっているのが見えた。
 
 そして・・・力を失った機体は地に落下し、その動きを止める)

922 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 05:57 ID:???
>920
 群れなす魔の群れ・・・・・・同じ場に共にあるほど
汚らわしきことはない!
(トップとボトムを、一息に力場の剣の一閃で切り裂き・・・・・・
そのまま刃を振り上げ・・・・・)
>918
 その言葉もまた、汝が言うがごとき過ちに満ちしを基としている・・・・・・
汝は主を信ずるにあらず、汝自身を信ずるのだ。
 主のごとく語り、主のごとく諭す。不遜、不遜、不遜のきわみ!
 そして、大いなる怒りと悲しみをもて、われ、刃を振り下ろさん。 
 この裁きにより死して煉獄に赴き、苦を持てその魂が清められんことを!
 汝が語るごとくに言うならば、これこそが汝等への愛である!
 主の御心のままに!
(一息に、アポカリプスを振り下ろす!)
 ・・・・・・


923 :西風の王&『嵐の精霊』部隊 ◆oFk.XKUV0M :04/04/18 06:01 ID:???
>911
(エアリアル軍団、もはや無傷の者は一機もいないが……
 それが、動く。
 町を守るために。施設を守るために。倒れて動けぬ兵士やMSを守るために。
 己の身を挺し、その両肩の盾と己自身の身体を防壁として。

 飛び交う大量の流れ弾、MSの破片、爆風、ビームの粒子。
 彼らは、敵味方構わず、可能な限りを防御した。
 その代償は……彼ら自身。
 もはや、満足に動けるエアリアルは、いない……)

>921
(一機のMSが、地に落ちたアストレイを抱え上げ、退却する。
 両肩の盾を失い、全身にダメージを受けた、一機のガンダム。
 そのコクピットは大穴が開き、あきらかに乗り手が生きているはずもないのに……
 死者、あるいは初めから命無き者のMSが、傷ついたMSを後方に搬送する)

924 :白金の聖少女:04/04/18 06:09 ID:???
>920
(白銀の少女たちの鉄壁の攻撃が、乱される。
 そこに降って来る、破壊の刃、だが……


>922
(目の前に迫る破滅の刃にも、動揺の色はない。
 ただ、いつもどおりの微笑で、それを見る)

 主のごとく語り、主のごとく諭す。
 あなた自身も、そうですわね。

 言葉で通じるのなら、誰も武器を手にとったりしない……
 それは、分かっていたのですけれどね。

(……その「アポカリプス」を、比すればあまりに貧弱な二本の剣をクロスさせ……

    受け止める。

 白金の刃、その一方が放つのは光の輝き。
 白金の刃、その一方が纏うのは闇の影。
 その二本の刃の交差点にあるのは、黄昏のような紅い光。)

その規模こそ、あなたのものには遠く及びませんが……
養成所で、すでにその「タネ」は見せてもらいました。
わたくしの、忠実なる部下たちの目を通して。
これは、あなたの破壊の刃と同質の存在。同質の力場。
小さなものではありますが、再現させて頂きました。

(押し返すだけの力はない。だが、そのまま潰されることもない。
 しばしの、停滞……)

>919
(そこに、ぽややんな教官の決死の一撃が放たれ……!!)


925 :シャイニングガンダム・アポカリプス:04/04/18 06:23 ID:???
>924 
 ・・・・・・まさに汝等こそ魔よ。
 神の言葉を借り、人の心を惑わす魔よ・・・・・・
 神の愛はもはや尽きた・・・・・・
 主の名を持ちて、汝等と汝等が愛するこの穢れに満ちた世を埋葬する・・・・・・
それを阻む・・・・・・まさに恐るべき魔よ!
>919
(白金に対し、全力で打ち込んでいた・・・・・・・
 そうであるがゆえに。
 その一撃は・・・・・・神父の意の外から神父を襲う。
 翼がとっさに機体を守るが、しかしその翼もろとも
その圧倒的な威力は神父を襲う。
とっさに急上昇をかけ、回避・・・・・・・しかし、その一撃は、両の足と
右の腕を一瞬に蒸発させていた)

 ・・・・・・魔にとらわれ、そうであるがゆえに、魔にそそのかされし
人の存在を忘れたか・・・・・・・迂闊!
>921
 受け入れぬからこそ力を用いざるを得ぬ。この嘆きがわかるか?
 
 ・・・・・わかるまい。その愚直さ・・・・・・それこそがもっとも
恐るべきものなのだ。

>919
 ・・・・・・
 己が存在を呪うか?小さき子よ。
 汝は汝。それゆえに生まれ、それゆえに苦しむ。
 それは人の業。
 我を傷つけし者よ。生きる限り汝は苦しもう。
 生まれるに故はない。ただ、神が命ずるがごとく人は生まれ、
増える。狂った地の塩。それはまさに世界を枯らす。
 苦しむことに飽いたか?
 ならば、選ぶがよい。
 我らと共に歩むか、抗い死して業より救われるか・・・・・・

 ・・・・・・さらばだ。人の子!
(すでに全身が、廃熱によって紅く輝くにいたっている。 
 紅く輝くガンダムは、光の翼を閃かせ・・・・・・
 いずこへともなく、信じがたいほどの速度で飛び去っていった)

926 :養成所防空指揮所:04/04/18 06:33 ID:???
集団戦「・・・・・・勝てるか?フミ」

ふくかん「ドールスなら、1対1でやや不利か、よくて五分。
 あの化け物相手には・・・・・・ブラック・ウィドウでも
やや厳しいですね。正直に言うなら、勘弁してくださいってとこです」

集団戦「・・・・・・絶対不利ってわけか。
    ・・・・・・あんなもんを・・・・・・あんな連中を。
    将来の仮想敵にしろってのかよ・・・・・・
    ・・・・・・冗談きついぜ」

ふくかん「・・・・・・でも、やるしかない。
     それがあたしたちの商売。違います?」

集団戦「・・・・・・敗北の中から勝利を掠め取る。
    所詮俺らはそういう定め、か。
    くそ・・・・・・
    ドールス、そしてあの『神父』・・・・・・
    手立てなんぞ何も浮かんでこねえぞ、くそ、畜生・・・・・・」

927 :白金の聖少女:04/04/18 06:34 ID:???
>925

 神に代わりて黙示録を代行せんと欲するあなたこそ、恐るべきものでしょうね。

(一言だけ、哀れみでも怒りでもなく、ただただ穏やかな微笑のまま答える。
 その手元では、二本のショーテルが過負荷に耐え切れず、破砕寸前、しかし……)


>919
(ぽややんな教官の攻撃で、ショーテル破損の寸前で救われる。
 彼の、魂からの叫び。白金の少女が、思わず呟く。)

 ……お兄様?

(完璧を誇ったドールズ軍団の動きが、わずかに、乱れる。
 それは「完全な指揮官」たる「プラチナドール」にはありえない乱れ。
 ドールズメンバーさえ見たことのない揺らぎ……)

>925
(そして、その揺らぎを突き、アポカリプスは戦場を脱出する)

(アポカリプスを追わず、見送りながら、少女は小さく呟く。
 通信に拾われることのない、微かな、しかし、確かな言葉)

 全知全能ならずとも……わたくしは、知っている。
 お兄様の苦しみを、その根にあるものを……知っている……

(噛み締めるように、呟く。
 彼女の周囲では、敵の最後の切り札が退却し、戦闘が終結しつつあった……)

928 :助教授:04/04/18 06:43 ID:???
・・・・・・
やれやれ・・・・・・

さて。俺はどう動いたもんかな、神父。

あんたにしてみれば、俺だって滅ぼす対象だろう。
だが、戯曲のようにはいかないね・・・・・・
 死んでいった連中の意思やら魂やらを、あんたの
考える天国とやらに連れ去られたんじゃ、それこそ
面目って奴が立たないのさ。
 俺の本懐にもかかわってくる・・・・・・

 しかし何より恐ろしいのは。 
 俺の考えをおそらく読んでいながら、平然と
放置するあの男・・・・・・総統代行さ。

 何を考えているのか、何が狙いなのか、それとも・・・・・・
いや、よすさ。
 俺は俺がかんがえるままやるだけ。
 出し抜きあいなら負けるつもりはないんでね・・・・・・

 ・・・・・・
 ファクターとしてのドールス。
 いい加減、無視してばかりもいられないか・・・・・・
 頭が痛いね。しかしどうにも・・・・・・面白い。
 これが業さ、俺の。
(ラーガルムのブリッジで。男は誰に言うともなくつぶやく)

929 :茶髪:04/04/18 21:39 ID:???
(養成所付属病院内の…ロビーで検査結果を待っているようだ。
……まぁ、見た目はピンピンしてる為大丈夫なんだろうが。)

930 :蛙連れ:04/04/18 21:43 ID:???
蛙連れ「ぶえぇぇぇえっくしょい!!」
(鼻水垂らして蛙連れ登場。入る時に止められたのか、いつもの蛙トリオはいない。)
>929
蛙連れ「……んー?
    あ!えーっと……誰だっけ?
    ともかく、知ってる人!」

931 :茶髪:04/04/18 21:45 ID:???
>930
…………やぁ。
(内心、色々と溜め込んでるがそれを顔に出さずに自然な笑みで挨拶。)

932 :蛙連れ:04/04/18 21:48 ID:???
>931
蛙連れ「どもども〜♪
    何してるの?あ、検査待ってる事はわかってるから……
    そうか、検査待ってるのか。
    ……ぶええええええええええええええっくしょい!!」
(鼻水と唾が茶髪を襲う)

933 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/18 21:49 ID:???
>930
(その後ろから入って来る教官一名。
 戦闘終了後の日課(?)は、この男の場合事後処理ではなく
 医者に厳命されている精密検査らしい)

…病院では静かにしろ、叫ぶなそこ………
(苦笑しつつ声をかける。

 …どうでも良いですが、蛙は駄目でも刀持ち込みOKというのも
 ちょっとズレてませんかこの病院。)

934 :茶髪:04/04/18 21:50 ID:???
>932
…そんなところかな。

…ワッ…と。…そっちは風邪?
(ちょっと異常な動体視力と3m級の垂直ジャンプで鼻水と唾を全部かわす奴。)

935 :赤毛(眼帯):04/04/18 21:52 ID:???
おーす。
(□∀・)ノシ


936 :蛙連れ:04/04/18 21:53 ID:???
>933
あー、すみません
教官も風邪か何か……で……ぶえぇぇぇっくしょ!っぇくしょ!!
(鼻水と唾が時間差で二つ、教官を襲う。
 というか、横向けよ。)
>934
そ…風邪。
(懐からトイレットペーパーを取り出して二つ目の切り目で切り取り、チーン。)
やっぱ面倒くさいからって裸で寝ちゃ駄目だね。
君も気をつけないといけないよ?

937 :お調子者の女中尉:04/04/18 21:54 ID:???
(企業の病院へと運び込まれた中尉。
 先の戦闘で大打撃を受けた企業基地には怪我人、及び死者が後を絶たない。
 病院には疲れ果てた医師や看護婦の走る中、集中治療中の一室に手術中のランプが点る。
 
 数時間後………そのランプの光は消えた。)

938 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/04/18 21:56 ID:???
>937
【手術室の傍のソファーに腰掛けて待っていたが】

「……終わったようですね」

【襲撃の事後処理後、すぐに駆けつけて来た為に、パイロットスーツの上にジャケットを羽織っただけの格好になっている】

939 :洋銀@V2ABCDEF ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 21:57 ID:???
>925
(それを、追いすがる機影。ドールズが一人、ニッケルシルバーのガンダムが『光の翼』をきらめかせ……

30分後、目標をロストして……と言うか、追加装備の殆どもあわせてロストして戻って来た)
……ぐあぁ、情けねぇ。
(イヤ、本体無事で戻ってこれただけましかと思われ)

940 :茶髪:04/04/18 21:57 ID:???
>933
教官も精密検査ですか?

>935
…やぁ。…その目…どうしたの?

>936
……僕、風邪はあんまり引かないから大丈夫。
(そう言う問題じゃ無いとw)

941 :赤毛(眼帯):04/04/18 21:59 ID:???
>940
 あーもろに破片が刺さっちゃって(苦笑)
 引退かなー・・・・・・

942 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/18 21:59 ID:???
>935
ん、そちらも大変そうだな…?
>936
(右手で蛙連れの首根っ子を抑え、左手でその右手を掴む。
 首を下に向けさせて右手を添えさせてやる。
 その瞬間、放たれるくしゃみと唾、回避成功。)
ちょっとした持病みたいな物だ、戦闘の度に検査が必要な物でな。

(そして手を離して、解放)

健康管理は、パイロットの仕事の一つだぞ?
(この時代においては実戦的とは言えない日本刀の扱い等、
 無駄な所にその余りあるポテンシャルを投入する男。
 それが、グレイ・ヴィクトリア。)

943 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/18 22:01 ID:???
>940
あぁ、最近は大分良くなってるんだが…
何時悪くなるか解らないからな(苦笑しつつ言う

944 :茶髪:04/04/18 22:01 ID:???
>941
……銃弾頭に受けて平気だったらしいし…治るんじゃない?
(無責任発言。)

……それより…はぁ。
(溜息。)

945 :白金の聖少女:04/04/18 22:02 ID:???
>939
(帰ってきた洋銀を、戦艦ドールハウスのデッキで、天使の笑みを浮かべて迎える)

……お帰りなさい。
色々と言いたいことはありますが、暫定的な罰として、一週間ドールハウスのトイレ掃除を命じます。
わたくしの唯一の命令、聞いてなかったようですのでね(ニッコリ)

(よくわからない人は、>>891を再読のこと)
(そのまま、プラチナはニッケルシルバーの弁明も聞かずに立ち去ってしまう)

946 :蛙連れ:04/04/18 22:04 ID:???
>940
そっかー。身体強いんだねー。
俺なんか昔っからもやしみたいにひ弱だったから、風邪とかに弱くて弱くて。
ふぇ、ふぇ、ふぇ……ふぇー……
(不発。)
>941
……
(((´д`)))は、破片が目……目……
(想像してガクガクしてます)
>942
あー、すみません。
でもまさか風邪ひいちゃうなんて思わなかったですからねー。
ふぇ、ふぇ…………ふぇっく
(何故かしゃっくり)

947 :お調子者の女中尉:04/04/18 22:06 ID:???
(すぐに別室へと移される。その後に明らかに気疲れした医者も出てくる。
 声をかける事すら悪い事の様に思えてしまう、それぐらい深刻な量の仕事に追われていることであろう。
 
 また数分もすれば次の患者が現れるであろう中、医者は青ざめた顔を俯ける。)

948 :赤毛(眼帯):04/04/18 22:06 ID:???
>942
 あー、まぁ。
 さすがに昨日の戦闘ほど大変じゃありませんけど(苦笑)
>944
 あたしをなんつーか不死身かなんかだとおもってんの茶髪君。

 嘘。ものもらい。目がろくに見えない状態だから出撃できなかったわけよー。

 ・・・・・・ま。出なくて正解だったけどー(とおひめ)

949 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/18 22:08 ID:???
(病院内を誰かを探してるらしくウロウロと)

>>944
(茶髪を見つけると側に来て)
よぉ。
お前さんに聞きたい事が有るんだがいいか?

950 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/04/18 22:10 ID:???
>947
【声を掛けよう、容態を問いかけよう。
 そういった思いは、彼の顔を見て心の底へと引っ込んでしまう。
 結局、病院の事務室に見舞いの品を預けるだけに留めておいた】

「……彼らにとっては、今この時こそが戦いなのですね……」

【事務室に預けたのは、メッセージ入りのメモリースティック。
 ニュミフェイの部下達から彼女への励ましの言葉が収められている】

951 :電波気味の少女:04/04/18 22:10 ID:???
>945
「ねぇ〜プラチナさまぁ〜
 いっそドォン! っと脳ミソぶちまけよぅよぉ……
 プラチナ様にさからったんだから解体処理ぃ〜……」

(服の裾を引きながら後ろを歩いて行く)

952 :茶髪:04/04/18 22:11 ID:???
>948
うん。
(即答するなと。)

…まぁ、あんな戦場は…ねぇ。今回機体は壊してないけど…
ドールズとそれに匹敵する化け物の攻撃同時に受けるって
考えられる限り最悪に近い状況体験させられたし…_| ̄|○

953 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/18 22:11 ID:???
>946
ふむ…まぁ、お前はまだ学生だから、
とやかく言う事では無いが………

…ん、夫婦喧嘩でもしたのか?(苦笑)
>948
ものもらいか……確かに、昨日の戦闘は辛かったが……
それは別にして、痛々しいな。
>949
…………ん……。
(声をかける事はしない。)

954 :茶髪:04/04/18 22:12 ID:???
>949
…何…ですか?
(振り返って。)

955 :赤毛(□∀・):04/04/18 22:16 ID:???
>952
 っていうかよく生きてたわね(遠すぎる目)

 ・・・・・・
 まーそのなに。
 えーと。その。

 ・・・・・・
 またくるのかしらーしかもこんどは群れとかだったりー(棒読み)
>953
 めっさ痛いです。ま、怪我よりいいですけど。
 
 ・・・・・・っていうか。

 また出番ロストの予感です教官on_
 ああ、もう影が三十センチしかない・・・・・・

956 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/18 22:17 ID:???
>>954
お前さんはさっきの戦いに居たよな。
戦いで雪風・・・・・Gセイバーが何か変な動きをしなかったか?
急に動きが良くなったり変な声を出してたり・・・・
どうだ?

957 :茶髪:04/04/18 22:19 ID:???
>955
…………………僕もそう思う。

……フリーダム…使いたいなぁ…(危険発言。)

>956
……そっちまで…目、回りませんでした。

958 :蛙連れ:04/04/18 22:19 ID:???
>953
あははー……そうか、俺学生なんだなぁ
学割……きくのかな?

夫婦喧嘩なんてw
したら、俺が生きてここに立っているわけないじゃないですか


ぶええええええええええっくしょい!!!!!!
うー、早く診てもらわないとな……
あ、それじゃまた〜♪
(そう言って小児科のほうへ進んでいく蛙連れ。)

959 :洋銀 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 22:19 ID:???
>945
………………へ?
(呆然としているニッケルシルバーにバケツとモップを持たせるブリキたち)

…………あれ?あれれれれ!?(そこで記憶がプレイバック)



…………………………ぷ、プラチナ様ァァァァあぁぁぁぁあああああ(ドールハウス内に響き渡るニッケルシルバーの絶叫)……

メモリーナ「やっかましいっ!!」(投げたスパナがニッケルシルバーに直撃)

960 :チタン:04/04/18 22:21 ID:???
>959
…………ウダウダいわない。
(戦闘中、熟睡してた為に同じく罰掃除を課せられたこやつ。)

961 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/18 22:22 ID:???
>955
痛いって言えるのは良い事だ、多分な。

安心しろ、俺みたいな前座が居るんだからな。
(…コラ、中の人的に恐い事を言うなソコ)
>958
まぁ確かに、お前の家の夫婦喧嘩は想像したく無いな。

あぁ、お大事にな。
………自分が子供っぽいと、自覚しているのか…?
(苦笑しつつそれを見送る)

962 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/18 22:22 ID:???
>>957
そうか・・・・・
雪風が寝たまま起きないんであの戦いで何か起きたのかと考えたんだが・・・・

まさか、『細胞』が・・・・
いや、何でも無い。

963 :白金の聖少女:04/04/18 22:27 ID:???
>951>959
そうですわね、同じミスを繰り返すようなら、処分も検討致しましょう。
でも今回は、無駄に消耗した武装の分だけ働いてもらえば結構でしょう。
この程度でバラしていては割りに合いませんわ。
マーキュリーが「オモチャ」が欲しいなら、別に用意いたしますよ。だから彼はもう少し待ってくださいね。

(天使の笑みのまま、マーキュリーの質問に物騒な答えを返す。
 完全に洋銀に聞こえるような声でw
 そして、マーキュリーの頭を撫でて微笑むと、一人で情報処理室に入ってしまう。
 先ほどの戦いの詳しい分析に入るようだ……ドアが閉じる)

……アポカリプス。穏健派の無人機。そして養成所の面々………。
非常に、興味深いですわね……。

(広い部屋、壁面いっぱいに広がる無数のモニター。
 先ほどの戦闘の様子が、様々な視点からの映像が同時に数十、映し出される。
 それを眺めながら複数の考え事を同時に進めていく白金……)

964 :黄金&砲金 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 22:28 ID:???
『ただいま戻りました!』(シンガポールに出張していた二人がドールハウスに戻って来た)

ギコハロ「ハラヘッタ〜〜、メシ〜〜♪」
砲金「御土産のマーライオンサブレ食い尽くしてまだ言うかこいつは」

965 :AEMA残存部隊:04/04/18 22:45 ID:???
「やれやれ・・・・・・どうにか、逃げ切れた、か」
「逃げ切れたっていうのか?こっちは内陸なんだがな・・・・・・」
「・・・・・・まぁ。救援は・・・・・・いずれ、来るだろ。うん。
 たぶん」
「・・・・・・」
「不安だ・・・・・・」


(養成所北東部20キロの山岳地帯に築かれた人造湖。
 戦闘のさなか、どうにかこうにか逃げ出すことに成功した
AEMA軍モビルスーツ部隊の一部は、ここのダムを占拠し、
救いの手を待っていた)

966 :偵察中:04/04/18 22:49 ID:???
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

 ・・・・・・よりにもよって養成所の管轄区域のダムに逃げ込みよって・・・・・・
 ぼろぼろやっちゅーにどないせーゆーねん・・・・・・

(欝オーラ全開で病院にいるやつ)

967 :茶髪:04/04/18 22:51 ID:???
>966
………………あの…今なんていいました?ダム…?
(問題なしとの診断書を受け取った直後に聞く。)

968 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/18 22:54 ID:???
>966
……嘘…では無い様だな……………
(検査は終わった、簡単な結果報告を待っている間にそれを聞く)

969 :偵察中:04/04/18 22:55 ID:???
>967
 今から話すわ。残存ミノフスキー粒子のおかげで携帯はつうじひんし
ケーブルがずたずたやから電話もつうじひんし・・・・・・しゃあないから
こうして来たわけなんやが。
 どいつもこいつも病院あつまっとる、聞いたしな。

>ALL
 昨日の戦闘で逃げ損ねたAEMAの連中が、こともあろうにダムに立てこもりよった。
 企業軍は打撃を受けて身動き取れへんときとるし、NZ政府に連絡いれよったら
「そちらの管轄区域ですので」とまあこれや。
 一応何ぞあったときのために軍は動いとるようやが・・・・・・
 正味、あてにならへん。
 
 政治的要求なんぞは特にでとらへん。 
 さて、どうするかやな。

970 :ふくかん:04/04/18 22:58 ID:???
(駆け込んでくる)
 あー。戦術偵察機からデータ来ました。
 タイプセンシズを主力とした部隊ですね。
 即座にダムを吹っ飛ばしたりはできないでしょうが・・・・・・

 早めにたたいたほうがいいでしょうね。

971 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/18 22:58 ID:???
>965
 上空を低速で飛びながらスピーカーを開く。

「諸君等の身柄は、旧国際法にのっとって、正当に保護される。
 我々にもその義務が存在し、武装を解除する限りはその権利が諸君等には保証されている。
 ダムを占拠し、立て篭もると言う行為は、この権利を自ら放棄する事にあたる。
 その自覚、結果は認識しているのかどうか、もう一度よく考えたらどうだ」

 ばつの悪そうな顔でスピーカーに向かって口を開く。

972 :茶髪:04/04/18 23:00 ID:???
>969
………一切追撃しないからさっさとカエレ!って言う訳にも行きませんしね…。

…ストライクはアグニでダムが危ないしなぁ…。

973 :AEMA残存部隊:04/04/18 23:01 ID:???
>971
「だってよ」
「っていわれてもなぁ・・・・・・
 ほら。なぁ・・・・・・」
「テロリスト扱いだっけ?おれら」
「・・・・・・保護されないよなぁ・・・・・・」
「ぁぅぁー」
「とりあえず・・・・・・交渉しつつ、援軍待つかぁ」
(通信)
 んーとだなぁ・・・・・・
 保護されるっていうけど・・・・・・
 飯とか出るわけ?

「回線ひらかねー」
「いいから続けろよ。どうにかつながりさえすれば・・・・・・」

974 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/18 23:04 ID:???
ぅぅ〜〜〜気持ちワリィ・・・。
(病院の待合室。そのソファに何故か両手を縛られた状態で横たわっている)

975 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/18 23:04 ID:???
>973
 計器類をがちがち弄る。

「無視か、それともミノフスキーか……
  参るな、こいつは」

 再びスイッチを入れる。

「無視しているのなら、構わない。
  交渉の余地があるのなら、機体にアイーンでもさせてくれや」

 下を確認しつつ、旋回。
 ゆったりと、安定した旋回。

976 :偵察中:04/04/18 23:05 ID:???
>972
 今鳥人間の教官がどうにか説得しようと現地でがんばっとる。
 
 ・・・・・・やがなぁ・・・・・・


 AEMAやしなぁ・・・・・・

 連中の上の連中が何言うかや・・・・・・
 

 ちゅうか。
 艦隊はどーにか生き延びとるしな。


 再攻撃の恐れあり、ちゅうやつやな、これは。

977 :AEMA残存部隊:04/04/18 23:06 ID:???
>975
「・・・・・・」
「・・・・・・」
(とりあえずお空にあいーん)

978 :新三人娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 23:06 ID:???
>965
(離れた所から様子見。ちなみにMS無し)
赤「……ところで、何で私まで来てるの?」
海&種『バギーの運転手』(双眼鏡から目を離さず突っ込み)
>971
種「教官も大変だよね……」
赤「ねぇ……ここだとダムが決壊したら流されない?」(三人のバギーは川沿いに)
海「……浮き輪浮き輪……(二人の視線を感じた)

 だって、ここ以外だとすると……徒歩で山登り、行く?」

979 :AEMA独立機動艦隊:04/04/18 23:08 ID:???
「・・・・・・なるほど。こいつは・・・・・・チャンスかも知れん」
「・・・・・・ダム、ですか」
「水計、というやつだな。大兵力を叩き込んで・・・・・・かなわなかった
養成所攻略、われわれが成し遂げる好機」
「了解しました。総員、降下用意!」

980 :茶髪:04/04/18 23:09 ID:???
>976
……どうにもなりませんね。

…ブリッツでも派遣して奇襲で殲滅…失敗したらダム崩壊か・・・
(溜息。)

……パラディンソードパーツ、まだ出来てないですからね…。
(又溜息。)

981 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/18 23:09 ID:???
>969-970
…敗残兵が立て篭った、か…
強行してもこちらの損害は少ないだろうが、逆に意味が無いな。
しかもダムが傷ついてもアウト、これは厳しいな。

…尤も、俺は行けないんだがな………_| ̄|○
(手には「以上アリ、至急検査入院の必要アリ」と
 記入された診断書が………先程渡された物だ。


 無駄な所に強化人間としてのポテンシャルの低さを現す男。
 それが、グレイ・ヴィクトリア。)

982 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/18 23:10 ID:???
>977
 アイーンを確認し、機体をくるりと反転。

「よぉし、今からそっちに降りる。
 こちとらワイバーン一機だ、撃ちたければ何時でも撃つと良い」

 徐々に速度を落とし、ゆっくりと前に機体を下ろしていく。

983 :新三人娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 23:10 ID:???
>975,977
『……』(あまりのしょ〜も無さにずっこける)

984 :偵察中:04/04/18 23:12 ID:???
>980
 いや。ぶっちゃけ、連中の戦力ではダムを破壊できんやろ。
>981
 まぁ、満水っちゅうわけやない。
 ダムっちゅうのはあれでなかなか堅固やからな。
 一トン爆弾やら巡航ミサイルやらが直撃でもせんかぎり、
破壊はされんやろ。
 問題は、やな・・・・・・


 増援や。
 ・・・・・・たたくならたたくで早めにしたほうがええな。


985 :お人よし@ブリッツ:04/04/18 23:13 ID:???
(ミラージュコロイドで隠れて、ダムに立てこもっている
 部隊にこっそりと接近中)
何事も無く終わってくれればいいんですけど・・・

986 :AEMA残存部隊:04/04/18 23:14 ID:???
>982
 ・・・・・・
(とりあえず手を振ってみる)
 捕虜、か。
 
 ・・・・・・なんか悔しいなぁ。

 ・・・・・・ま、これで戦争も終わりか・・・・・・俺たちにとっては。

 ・・・・・・ああ。

(通信傍受)
 ・・・・・・ただいまから救援に向かう。コールサインはアルファ。
 今しばらく粘れ。
 以上だ。
. . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

. . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

. . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

 余計な真似を・・・・・・



987 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/18 23:16 ID:???
>984
いずれにせよ、今は良く目を凝らして警戒しないといかんな。
増援が来るなら海から…警戒機、多めに飛ばした方が良い。
もしMSで来るなら、逆にそれ相応の兵力を投入する筈、
尻尾を押さえれば、こちらも互角以上に立てるだろ。

988 :茶髪:04/04/18 23:16 ID:???
>984
(近寄って…周囲に聞こえないよう小声。)
…一ついいことを教えますね。前、AEMAに潜ったとき…
自爆で核爆発を起こせるMS、見たんですよ。
…油断は死を招きますよ?


989 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/18 23:18 ID:???
>986
 ワイバーンを前面に固定し、コックピットから降りてヘルメットを脱ぐ。

「さって、これでやっと交渉開始かな?
  責任者は誰だ? 暫定でも構わんから出してくれ」

 辺りを見回す。

990 :偵察中:04/04/18 23:18 ID:???
>987
 ・・・・・・・
 そうやな・・・・・・
 
 ・・・・・・めんどいが、スクランブルかけよか。

 フミぃ!
「はーい」
(ダッシュで病院を出て行くふくかん)
>988
 ・・・・・・
 ・・・・・・わざわざ派手な自爆機能くみこみよってあほかと馬鹿かと・・・・・・

 ・・・・・・
 まぁ、それでもどうにかするしかないわけやが。


991 :茶髪:04/04/18 23:21 ID:???
>990
(小声)
………まぁ、頑張るしかないですよね。
(微妙に疲れ気味。)

992 :AEMA少尉:04/04/18 23:21 ID:???
>989

∠(´−`)

 ・・・・・・投降します。

 が。

 ・・・・・・その。なんですか。
(指差す。
 ・・・・・・流れ星が・・・・・向かってくるのが見える)

 ・・・・・・昨日の戦闘で、ひとまず俺たち戦争にはうんざり
しましてね・・・・・・
 戦術ならわかりますが、ああも直接的に盾にされるのは・・・・・・

 ってわけで。助けてください。

993 :放送:04/04/18 23:24 ID:???
「軌道上から敵の小規模艦隊接近中。
 各パイロットは空戦仕様で出撃してください!」
(ひと時の安らぎを断ち切る、スクランブルが養成所に鳴り響く)

994 :新三人娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 23:27 ID:???
赤「教官、降りてったね」
種「だよね」
海「交渉成功したらそれなりの反応するはずだし、MSも展開しているはずだし……(お人よしのいるであろうあたりに当たりをつける)」

995 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/18 23:28 ID:???
>990
NZの防空サイトよりも、こちらの方が柔軟性がある…
苦労をかけるが、仕方無いだろうな………
後は万一に備えてSFSも準備しないといけないか……

……ん、そろそろ俺は行かなきゃな……
それじゃ、悪いが俺はこれで。
(そう言うと病院の奥に消えていく。
 まるで自分の家の様に慣れているその姿には余裕すら…
 自分が身を置くこの場所に居る者を、
 それだけ信頼していると言う事なのか。)

996 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/18 23:28 ID:???
>992
(向かってくる流れ星を見る)

「……ジョーダンだろ?」

(コクピットの通信機に取り付き、最大出力でスピーカーを入れる。
  ダムという地形じょう、音は良く響くはず)

「AEMAダム占拠グループは投降した!
 彼等の移動は一時的に彼等自身によって行う!
 また、緊急時における火力発揮を許可した!
 彼等を攻撃!、乃至撃墜した場合は俺の権限において撃った奴を処罰する!」

(後ろのAEMA兵たちを振り向く)

「人形は動くのか!?」

997 :AEMA少尉:04/04/18 23:31 ID:???
>966
 かろうじて、ですがね。 
 ろくに部品交換も行ってませんし、実のところ推進剤もぎりぎり・・・・・・
 
 そういうわけです。
 
 ・・・・・・自爆でもしなきゃ、抗戦なんぞできやしない。
 まぁ、ハッタリかましてダム占拠して時間稼ぎ、といこうと
思ってましたが・・・・・・
 ・・・・・・それも正直。

998 :お人よし@ブリッツ:04/04/18 23:31 ID:???
>996
了解しました
(ミラコロの展開を解除し、素早くダムの方へ向かう)
できれば、一刻も早く部隊の移動の先導をお願いします。
この場が戦場になるわけにはいきませんので。

999 :養成所の北の方の島:04/04/18 23:33 ID:???
???「・・・どうやらダムにAEMA軍残党が立て篭もり中、
    養成所のワイバーンとの交渉に応じたようですが・・・
    宇宙からダムに近づいてくる戦艦があります」

?? 「あの下流には人が居るだろ?あんな所で戦闘するとは思えないが・・・
    一応注意した方が良いか。第1、第2小隊に出撃命令を出しておこう」

???「養成所からもスクランブルが出ました。
    気をつけて戦闘してください。」

?   「わーかってるって!昨日みたいなヘマはしねぇよ!
    ついでにみやげの一つでも持って帰ってやろうか?!」

(とある島から、グフフライトタイプ3機
グフ達が持っているコンテナにそれぞれドム1機ザク1機エレバド1機が乗り出撃する)

1000 :AEMA独立機動艦隊:04/04/18 23:34 ID:???
(最大望遠でダムを確認)
 
 ・・・・・・投降、か。
 ・・・・・・裏切りものども・・・・・・

 ・・・・・・まぁいい。
 全モビルスーツ部隊発進。
 艦砲射程にダムが納まるまで、敵モビルスーツの接近を許すな!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

347 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)